加藤肇の「前向き!!投信ゼミナール!!」

・「よくわからないまま」投信を利用してる方!!

・銀行での投信窓販解禁以来、16年!!
・お客様向けセミナー講師回数3500回超!!
・指導した販売担当者は10000人以上!!
・お客様目線から「やさしく」「大事なとこだけ」
 解説します!!

【昨日のマーケットから:160114】右往左往

□■前向き!!投信ゼミナール!!■□第137号
>私が、まだ駆け出しのファンドマネジャーだった頃…
・ブラックマンデーが市場を直撃した(古いなぁ…(笑))
・「右往左往」する私に、(今も尊敬するO課長(当時)は言った)
・「加藤!! 相場は止まらない。お前は相場から逃げられない!!」
・「昨日までお前の言っていたことはなんだったんだ!?」
・「投げるのか!?持ち続けるのか!?買うのか!?…腹を決めろ!!」
>普段無口の課長の激しい言葉にハッとしたことを思い出す。
・投資をすると言ううことは、マーケットと闘うことだ
・だからこそ、信念を持て…遊び半分で相場に入るな…とも教えられた。
☆:今、そんなことを言ってくれる課長はいるのだろうか(・・?
******************************
※ご注意ください!! 
・本ブログの情報は…
 信頼できると判断した資料や私の経験をもとに提供させていただいておりますが、
 今後の投資成果を保証するものではありません。
・「投資」にあたっては「自己判断」「自己責任」で行っていただくようお願い致します。 
・*Bはブルンバーグから*nは日経電子版からの引用コメントです
******************************
【日本株概況:日経平均は大幅反落(終始300円超安)】
・日経平均     17240.95(-474.68 -2.68%)  ・TOPIX    1406.55(-35.54 -2.46%)
・東証マザーズ    825.70(-27.01 -3.17%)
・ジャスダック    110.05(-1.80 -1.61%)
東証REIT指数     1670.99(-4.55 -0.27%)
▼大幅反落…下げ幅は一時750円を上回る…昨年9月29日以来の17000円割れとなる場面も
∵(1)原油価格の軟調地合いに昨日の米株が急落…東京市場も売り先行
∵(2)取引前に発表された弱い機械受注の数字
∵(3)取引時間中…インドネシアで爆発騒ぎ
⇔後場中ごろに先物に買い戻しが入り下げ幅縮小…終始300円超安水準の推移
※東証1部(売買代金):2兆8562億円
<大和住銀投信投資顧問・経済調査部:門司総一郎部長>:*B
・「日本株安は中国株&人民元など中国関連の材料が要因
・「原油安も中国株が下げ止まれば自然に下げ止まる」
・「中国株の12月にかけての回復が行き過ぎだった上にそれを支えた政策への期待感が剥落したこと
による失望売りが続いている」
☆彡:この人も「盆が見えている」…
******************************
>弱気を煽るのは日経の得意とするところ…(笑)
【公募投信:4年ぶり運用損 昨年2兆円規模に…海外資産の評価減響く】
2016/1/15 3:30日本経済新聞 朝刊[有料会員限定]
※原文もとに加藤がまとめました
■投資信託の運用成績悪化
>2015年
●公募投信
▼4年ぶりに運用損計上(損失規模=分配金を払い出す前のベースで2兆円規模)
∵中国景気不安&原油安&米国利上げ→海外資産で運用する投信などの評価額減少
▼投信の年間ベースでの運用損
…2011年のマイナス4.2兆円以来
>2015年
・分配金総額=約6.4兆円…分配金含め約8兆円が運用関連でマイナスに
(国内投信市場)
○全資産の約6割を海外の株式・債券・不動産投資信託(REIT)などで運用
∴2015年は日経平均株価が9%上昇した恩恵<海外株式相場の下落や円相場の上昇による影響
→合算すると運用損に
<野村総合研究所>:投信の投資対象別の運用成績(分配金再投資ベース)
(1)日本株式=平均+7%
(2)海外株式=▲10%
(3)海外債券=▲9%
(4)REIT:国内=▲6%
(5)REIT:海外=ほぼ変わらず
★大苦戦
(新興国や原油関連)
<三菱UFJ国際投信>
・「米国エネルギーMLPオープン」(原油のパイプラインなどに投資)…年間▲48%
<HSBC投信>
・「ブラジルオープン」(ブラジル株で運用)…年間▲43%
◎公募投信:「資金流出入額」(購入額-解約・償還額)
>2015年=13兆円近い流入超…07年(14.3兆円)以来の8年ぶりの高水準
◎公募投信:「純資産残高」
>2015年末=98兆円弱…14年末比+4兆円超
…資金流入額が運用損や分配金による資産の目減り分を上回る
→年末の残高は3年連続で最高額更新
∵資金流入:運用成績が比較的好調な日本株投信や海外REITなどがけん引
<投信評価会社イボットソン・アソシエイツ・ジャパン:島田知保>
・「少額投資非課税制度(NISA)などを通じた新たな個人マネーが資金流入を下支えする」
******************************
【NY株式概況:大幅反発…きょうは失速せず上げ維持(石油関連・金融株上昇)
>NY株式14日(NY時間16:16)
・ダウ平均   16379.05(+227.64 +1.41%)
・S&P500    1921.84(+31.56 +1.67%)
・ナスダック   4615.00(+88.94 +1.97%)
・CME日経平均先物 17525(大証終比:+215 +1.23%)…はてさて、今日の東京は…(・・?
▽大幅反発…きょうはリスク回避の雰囲気は一服しており上げを維持
∵(1)原油反発
∵(2)JPモルガンの決算が予想を上回る
…資源関連や金融株中心に買い戻しが強まる
<ロバート・W・ベアード:チーフ投資ストラテジスト;ブルース・ビトルズ>:*B
・「待望のリリーフラリー(安堵感からくる上昇)だ」
・「悲観的な見方から取引を控えて積み上がっていた資金は…少なくとも短期の上昇をもたらすのに
十分だった」
・「予想を上回る決算を強気筋が好機とみなし…この反発局面が持続する可能性はある」
☆彡:JPモルガンが起点になるかも知れない…

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。