加藤肇の「前向き!!投信ゼミナール!!」

・「よくわからないまま」投信を利用してる方!!

・銀行での投信窓販解禁以来、16年!!
・お客様向けセミナー講師回数3500回超!!
・指導した販売担当者は10000人以上!!
・お客様目線から「やさしく」「大事なとこだけ」
 解説します!!

【昨日のマーケットから:160115】悲鳴

□■前向き!!投信ゼミナール!!■□第138号
>昨日の私の「思い出話」はNYの急落を予感していたわけではありません。
・しかし…一度でもあの独特の緊張感を持ってマーケットに臨んだ人間としてなにか感じるものが
あったのかも知れません。
・あらためて、O課長の顔を思い出します。「Oさん、Oさんならどうしますか(・・?」と…
******************************
※ご注意ください!! 
・本ブログの情報は…
 信頼できると判断した資料や私の経験をもとに提供させていただいておりますが、
 今後の投資成果を保証するものではありません。
・「投資」にあたっては「自己判断」「自己責任」で行っていただくようお願い致します。 
・*Bはブルンバーグから*nは日経電子版からの引用コメントです
******************************
【国内株式概況】:日経平均…大幅高で始まるも大引け続落
>2016/01/15 (金) 15:50
・日経平均         17147.11(-93.84 -0.54%)  ・TOPIX         1402.45(-4.10 -0.29%)
・東証マザーズ    800.59(-25.11 -3.04%)  ・ジャスダック   108.90(-1.15 -1.04%)
・東証REIT指数     1663.48(-7.51 -0.45%)
*日経平均株価*:終値…昨年9月29日以来の安値
>序盤
▽昨晩の米株高…寄り付き:280円高…上げ幅はすぐに350円まで広がる

>本日高値後
▼下記<悪材料>で値を崩す
(1)アジア株の下落 (2)ドル円の一段安(円高) (3)人民元基準値引き下げ
(4)原油価格下落  (4)<黒田日銀総裁>「現時点では追加緩和考えていない」
●下げ幅は一時180円
※東証1部:(売買代金)2兆4905億円
☆彡:この時点では、週明けの市場に対してはこんな見方が多かった…
<新光投信:宮部大介ストラテジスト>:*B
・「いったん戻りを試す展開を予想」
・「短期的には売られ過ぎの指標が多く出ており…値ごろ感からの戻りはある」
☆彡:それは、昨日の話だな…
<いちよしアセットマネジメント:秋野充成執行役員>:*B
・「底値固めだろう」
・「今は売り方主導の相場が行き過ぎゾーンに入っている」
・「1つ1つ売り材料がなくなっていけば売り圧力は弱まる」
・「下げ止まれば、売り方の買い戻しが入り株価は戻るだろう」
☆彡:今は珍しい典型的「株屋」の発言だな…
<岡三オンライン証券:伊藤嘉洋チーフストラテジスト>:*B
・「自律反発局面に入りそうだ」
・「日経平均が9月安値1万6901円を割り込まず…チャート上は底割れ形状を回避したことは大きい」
・「1万8000円まで反転すれば、ダブルボトム形成の底入れパターンになる」
・「騰落レシオや25日移動平均線からの乖離(かいり)は底値圏を示唆している」
☆彡:僕も実際は一旦こうなるのかな(・・?と思っていた
******************************
>そしてNYへ…
【NY株式市場:原油安&中国株安止まらず…売り強まる(ダウは一時500ドル超急落)】
>NY株式15日(NY時間16:26)
・ダウ平均   15988.08(-390.97 -2.39%)  ・S&P500    1880.29(-41.55 -2.16%)
・ナスダック   4488.42(-126.59 -2.74%)
・CME日経平均先物 16825(大証終比:-325 -1.95%)
▼大幅反落(ダウ平均は一時530ドル超急落→15800台…ザラ場で2015年8月の水準へ下落)
∵(1)原油が30ドルをブレイク
∵(2)中国株も下げ止まらない
⇒米株式市場はリスク回避の雰囲気を再び強める
<バンク・オブ・アメリカ(BOA)傘下・USトラスト:主任市場ストラテジスト;ジョー・クインラン>:*B
・「市場の焦点は原油であり…原油値下がりの影響がエネルギーセクター以外にも広がっている」
・「市場では不安があらゆる合理性に勝る状況になっている」
・「このパニック期を乗り切って前に進む必要がある」
☆彡:前向き!!…こういうコメントが投資家を勇気づける
☆彡:チャート的には一旦買ってみたくなるちころではあるが…
☆彡:主要国中央銀行の沈黙が不気味だ…
******************************
【NY原油市場:30ドル割れ!!…リスク回避&イラン制裁解除接近…根強い過剰供給懸念】
・NY原油先物2月限(WTI)(終値):1バレル=29.42(-1.78 -5.71%)
・ブレント先物3 月限(ICE)(終値):1バレル=28.94(-1.94 -6.28%)
▼急反落
*2月限*:再び30ドル割れ…一時29.15ドル付近まで下落
<ロシア:エネルギー相>
・「OPECも非OPECも減産で合意することは不可能」
・「ロシアの石油企業の損益分岐点は5~15ドル」
・「10ドルまでは下落することは無いと思う」
☆彡:ってことは…「そこまでは付き合ってやる」ってことかね(・・?
******************************
【アジア株概況】
>2016/01/15 (金) 20:00
・香港ハンセン指数   19520.77(-296.64 -1.50%)
・中国上海総合指数  2900.97(-106.68 -3.55%)
・台湾加権指数     7762.01(+19.13 +0.25%)
・韓国総合株価指数  1878.87(-21.14 -1.11%)
・豪ASX200指数    4892.80(-16.58 -0.34%)
・インドSENSEX30種  24455.04(-317.93 -1.28%)
▼主要指数は台湾株を除いて総じて下落
∵(1)人民元の基準値が引き下げ
∵(2)原油価格下落
⇒香港株=2012年・インド株=2014年以来の安値
*上海株*
▼大幅反落…約13ヶ月ぶりの安値
∵(1)12月の新規融資が予想を下回る
∵(2)来週発表されるGDPなどへの警戒感
∵(3)一部銀行が担保としての小型株受け入れを停止したとの報道も
●昨年12月の高値から2割の下落⇒「弱気相場入り」
******************************
【NY外為市場概況】:円が(117円割れ)4カ月ぶり高値(米小売統計不振+世界景気不安 )
●12月の米小売売上高が減少
…米経済の他セクターが減速しつつある中で「消費者も経済成長を主導できない」との懸念拡大
*日本円*…主要16通貨すべてに対して値上がり
*ドルとユーロ*…大半の主要通貨に対して上昇
∵株と原油相場が下げ幅拡大…安全への逃避買いを反映
∴南アフリカ・ランド:メキシコ・ペソを中心に高利回り通貨は下落
<ステート・ストリート:北米マクロ戦略責任者;リー・フェリッジ>:*B
・「円は安全逃避先のため対円の取引が顕著だ」
※年初来の世界金融市場の混乱
●(中国の政策当局者)…株価や人民元の安定化に苦戦
●商品価格は下落
∴一部アナリストら…「こうした海外市場の混乱で米経済も危機にさらされる」との警戒感強める
※ブルームバーグ「今月のエコノミスト調査」
<米国が向こう1年間にリセッション(景気後退)に陥る確率>
・予想(中央値)=19%に上昇…2013年2月以来の高水準
<HSBCホールディングス:米外国為替戦略責任者;ダラフ・マー>:*B
・「市場は今週何度かリスク選好に戻ろうとする場面もうかがえたが、すぐに頭打ちになった」
・「リスク選好モードに近づくための方向感が得られるまでは、ドル・円の売り、ユーロ・ドルの買いを勧める」
※米小売売上高:12月(速報値:米商務省)
・発表:前月比▲0.1%=予想 前月+0.4%
・2015年通年:前年比_+2.1%…現在の景気拡大局面で最も低い伸び
<モルガン・スタンレー:米通貨戦略共同責任者;カルビン・ツェ>:*B
・「このリスク回避の環境は主に中国発だが、世界的に経済指標が弱いことも要因だ」
・「同行では円・ユーロ・ドルに強気なポジションを勧めている」
・「こうした通貨は安全逃避の動きに支えられる」
☆彡:やっぱり、「買い」にでよう。「縦分散」継続・再開だ!!


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。