加藤肇の「前向き!!投信ゼミナール!!」

・「よくわからないまま」投信を利用してる方!!

・銀行での投信窓販解禁以来、16年!!
・お客様向けセミナー講師回数3500回超!!
・指導した販売担当者は10000人以上!!
・お客様目線から「やさしく」「大事なとこだけ」
 解説します!!

【昨日のマーケットから:160208】円高

□■前向き!!投信ゼミナール!!■□第151号

☆彡:根本的解決を認識しない限り、一時的な上げ下げで「騒ぎ」「燥ぐ」のは己が愚かさを露呈するだけだと心に刻もう

 >昨日は三ヶ月に一回の心臓の定期検診で大阪へ…
・「心筋梗塞を起こした心臓としては立派なもの」との結果
・しかし…昨年の補強手術の点検のため3月下旬に「再入院」してカテーテル検査となった…
・仕方ない…「生き延びるためだ」と言い聞かす(笑)
******************************

【当面見通し&方針:1511末時点】 (追加(6)訂正あり(4)…)
(1)年初急落…持ち直しは年央以降…年末急進
(2)日経平均は14000円(ちょい割れあり)から22000円
(3)ドル円は115円(ちょい割れあり)から125円
(4)反発のきっかけは「インフラ公共投資」の推進を相場が認めること
  訂正前:「中国」の「本格的財政」出動を相場が認めること
(5)新興国関係は「腹を決めて」金利を取るに徹する(投信で言えば基準価額が20%下がったら
買い下がる)
(6)買い下がったもので利益が出たものは10%毎に利食い
******************************

※ご注意ください!! 
・本コミュの情報は…
 信頼できると判断した資料や私の経験をもとに提供させていただいておりますが、
 今後の投資成果を保証するものではありません。
・「投資」にあたっては「自己判断」「自己責任」で行っていただくようお願い致します。 
・*Bはブルンバーグから*nは日経電子版から*Rはロイターからの引用コメントです
******************************

【国内株式市場概況】
2016/02/08 (月) 15:30
・日経平均  17004.30(+184.71 +1.10%)
・TOPIX    1380.41(+11.44 +0.84%)
・東証マザーズ    807.19(+16.42 +2.08%)
・ジャスダック    106.86(+0.73 +0.69%)
・東証REIT指数    1821.27(-0.37 -0.02%)

▽5営業日ぶりの反発
∵先週の下落の反動…先物中心に押し目買い
∵ドル円がしっかりした動き(こっちも買戻しだろう)
★「やってろバカ」と言ってもだれも怒らないだろう…
※因みに中国は「大型連休中」

※東証1部(売買代金):2兆5991億円

<ビスタマックス・ファンド・アドバイザーズ:藤原正邦代表取締役>:*B
・「4日間下落しており、リズムとしていったん反動が出るタイミングだった。」
・「ひどくネガティブな材料もなく、ポジティブな材料もない。」
・「海外投資家が時期的に売り切ったか否かの問題」
・「下落傾向の続く原油価格について…売り込みづらくはなっている。」
・「1バレル=20ドル台までいくとは思っておらず、戻ってきてもおかしくはない」
☆彡:今朝、目を覚まして己が愚かさを嘆いて…いないだろうな(笑)
******************************

【NY外為市場概況】

■円が約1年ぶりの高値に上昇
∵世界経済の底堅さについて不安が強まる中…「安全な逃避先」として円の需要強まる
☆【日本】:経常黒字国…円は混乱が生じた時に強含む傾向
∴この日は主要16通貨全てに対して上昇
▼欧州株…2015年10月以来の安値に沈み+S&P500種株価指数が大幅下落
→外為市場のボラティリティ…2013年6月以来の高水準に

<ウエスタン・ユニオン・ビジネス・ソリューションズ:アナリスト:ジョー・マニンボ>:*B
・「不確実性が高まり…今年の米金融当局にとってドアがまだわずかに開いているように見えるため、市場はその現実に合わせて調整しているのだと思う。」
・「日本の銀行システムは安定しており、経常収支は黒字…そのため、世界経済というグラスの半分が空に見えるときには、日本と円が好ましい逃避先の一つとなる」

☆彡:2月6日のセミナーでの復習になるが…
(1)アベノミクスより前に「東日本大震災」で日本が原発を止め、火力発電のための原油の輸入が増加…30年以上続いた「貿易黒字」が赤字に転じたのを機に円は円高のピークを打った
(2):アベノミクスの「円安」で企業収益が上昇…再び「貿易赤字」を解消した円が「経常収支」の黒字をベースに買われる(「円安」のボトムを打つ)のは何の不思議もないだろう…

【NY株式概況:不透明感強まりダウ一時400ドル急落】…ITハイテク・金融などに売り

NY株式8日(NY時間16:14)
・ダウ平均   16027.05(-177.92 -1.10%)
・S&P500    1853.44(-26.61 -1.42%)
・ナスダック   4283.75(-79.39 -1.82%)
・CME日経平均先物 16475(大証終比:-525 -3.21%)

▼大幅続落
※特段の材料はない中…
(1)原油は再び30ドルを割り込む
(2)欧州株式も大幅安
…先行き不透明感が強まる
…金融やITハイテクなどの景気敏感株に売りが目立つ。消費関連も軟調。

*ダウ平均
・寄り付きから大幅な下げ…一時400ドル超の下げ(15800ドル付近まで下落)
…終盤には急速な買い戻しも

※その他市場
(投資家):安全資産を選好
▽米10年債利回りは1年ぶり低水準に低下
▽独10年債利回りも昨年4月以来の低水準に
▼欧州の高債務国の国債利回りは上昇
▼米ジャンク級格付け企業の社債保証コストは2012年以来の高水準に上昇
▼原油相場は1バレル=30ドルを割込む
▽金スポット相場は7営業日続伸と…昨年3月以降で最長の上げ
******************************

☆彡:当面は「ターゲットバイイング」での「縦分散」継続
☆彡:逃げてはいけない。だが、勝負する時ではない…

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。