加藤肇の「前向き!!投信ゼミナール!!」

・「よくわからないまま」投信を利用してる方!!

・銀行での投信窓販解禁以来、16年!!
・お客様向けセミナー講師回数3500回超!!
・指導した販売担当者は10000人以上!!
・お客様目線から「やさしく」「大事なとこだけ」
 解説します!!

【昨日のマーケットから:160303】ひな祭り

□■前向き!!投信ゼミナール!!■□第169号

**日記**
>3月03日
・確定申告書を船橋税務署に提出(健康のため1時間歩いて提出に行くことにしてます)
・帰りに家内に東船橋「シュガージャック」で「ひな祭り三段ムース」、船橋東武で「ひな祭り海鮮ちらし寿司」を買う(もちろん自分の分も(笑))…お昼と3時のおやつにいただきました。
・夕方、兜町へ。(旧友に会う・その後「たいめいけん」で「昭和の紙カツカレー」を食す)
・4月セミナー新宿会場残席僅か…お早めのお申込みを!!

******************************
※ご注意ください!! 
・本ブログの情報は…
 信頼できると判断した資料や私の経験をもとに提供させていただいておりますが、
 今後の投資成果を保証するものではありません。
・「投資」にあたっては「自己判断」「自己責任」で行っていただくようお願い致します。 
・*Bはブルンバーグから*nは日経電子版から*Rはロイターからの引用コメントです
******************************

**昨日のマーケット概況**

【日本株】:3日続伸
東京時間15:22現在
・日経平均  16960.16(+213.61 +1.28%)…今年初の1万7千円目前
・TOPIX    1369.05(+19.44 +1.44%)
・東証マザーズ    904.89(+34.27 +3.94%)
・ジャスダック    105.75(+0.51 +0.48%)
・東証REIT指数    1869.95(-21.29 -1.13%)

▽3日続伸…3月に入って強い相場展開
∵外部環境回復…(1)原油相場上昇(2)強い米経済指標*1(3)ドル円上昇傾向など
…日米ともに下値での根強い買いを観測

※東証1部(売買代金)2兆5382億円(出来高)27億4428万株(騰落銘柄数)↑1429↓436→77

*1
(1)ADP:2月米民間部門雇用者数=+21万4000人>予想+19万人
(2)FRB:地区連銀報告(ベージュブック)…12地区のうち7地区が景気は「緩やかに」「緩慢なペースで」「若干」拡大

<豪AMPキャピタル・インベスターズ:投資戦略責任者;シェーン・オリバー>:*B
・「グローバルなリセッションに対する投資家の警戒感は弱まっており、円安も進むだろう。」
・「そうすれば、日本の企業業績期待を押し上げる手助けとなる」
・「直近で発表されている米経済統計は良くなってきているが…反発が続くためにはグローバルな景気により自信を持っていく必要がある」

<ソシエテジェネラル証券:杉原龍馬株式営業部長>:*B
・「銀行株はリスクオフの流れの中でグローバルに弱かった。」
・「海外の一部マクロファンドでは、銀行は指数ウエートが大きく…マーケットが上がる時には上がりやすいという考え方がある」
・「年初から2月までの業種別騰落で、銀行はマイナス32.3%と下落率1位。」
・「東証が2日に公表した空売り業種別集計によると、銀行の空売り比率は37.1%で1日の46.1%から減り、買い戻しの動きがうかがえる。 」

>>:この買戻しは意外にしつこいかも(・・?…日経平均18000円抜けの可能性出てきた…
>>:何度も言うが「売り場」探しだということを忘れないように!!

【NY株式】


【NY外為】
*ドル・円*
▼113円97銭から113円30銭まで下落
∵米2月ISM非製造業景況指数や同指数の雇用がほぼ2年ぶりの低水準
∵予想を下回った1月製造業受注
★年内の追加利上げ観測後退→ドル売りに拍車

*ユーロ・ドル*
▽1ユーロ=1.0893ドルから1.0973ドルまで上昇
∵米国の低調な経済指標→債券利回りの低下→ドル売り優勢
*ユーロ・円*
▽123円98銭から124円59銭へ上昇。

[経済指標]…総じて予想を下回る
●米・先週分新規失業保険申請件数:27.8万件(予想:27.0万件、前回:27.2万件)
●米・失業保険継続受給者数:225.7万人(予想:225.0万人、前回:225.4万人←225.3万人)
●米・1月製造業受注:前月比+1.6%(予想:+2.1%、12月:-2.9%)
●米・2月ISM非製造業景況指数(総合):53.4(予想:53.1、1月:53.5)
●米・1月耐久財受注改定値:前月比+4.7%(速報値:+4.9%)
●米・2月サービス業PMI改定値:49.7(予想:50.0、速報値:49.8)
●米・2月総合PMI改定値:50.0(速報値:50.1)

**読んどこ**
【日本株投信の実態】:日経2016/03/04「大機小機」(加藤要約)

●公募投資信託の残高…ひところの100兆円を下回る

◎国民の資産形成を支える重要な役割高まる

>少額投資非課税制度(NISA)…3年目に
*投信*
☆効率的な長期投資の実現に向け本格的な出番の時期に
∴指数連動型の投信…運用報酬率の引き下げ目立つ

<注目点1>
■インデックス運用(日経平均株価などの指数に連動)への賛否交錯
・「上げ相場ならインデックス運用で良いが、下げ相場では下げを受け入れる怠慢な運用」
…手厳しい(ならてめでやれよ!!とつっこみたくなる)批判の声も…

(投信評価会社)
◎運用期間が5年以上の日本株投信(上場投資信託=ETF除く)
※資産規模上位10ファンド…指数連動型インデックス・ファンド5・積極運用型アクティブ・ファンド5
※パフォーマンス(過去3年・5年)5本のインデックス・ファンド>4本のアクティブ・ファンド
…インデックス運用を上回ったアクティブ・ファンドは1本

>過去5年間(2016/01末)
*日経平均株価*
・2016年01月末=1万7518円
・5年前=1万237円・2012年夏=8500円台・15年夏=2万900円台…上昇と下落の繰り返し
※上昇相場と下落相場を通算した長期のパフォーマンス実績
☆インデックス運用の存在意義を強く示す
∴運用報酬率低下=利用価値は一段と向上

<注目点2>
■米国と極端に異なるインデックス運用への投資家スタンス
◎資産規模上位10ファンド(除くETF)
…海外の不動産投資信託(REIT)などの外国証券が投資対象

◎米国:資産規模上位10のファンド
…5位までがS&P500など米株指数連動のインデックス・ファンド
…残る5本のうちの4本は米国株式中心のアクティブ・ファンド

☆この事実は日本経済の再生にむけて「貯蓄から投資へ」を促進するにあたり、しっかりと受け止めるべき事実ではないだろうか。

(陰陽)

>>:えっ!?えっ!? それは日米の株式の配当利回りの差を投資家がどこで埋めているかってことじゃないの(・・?
******************************

■エリオットの波■は確実に「下げの鼓動」調整波唯一の「戻り」のうねりをみせている
■エリオットの波■:加藤のチャート利用法
※mixiコミュ:「SCMTBはじめくん」に掲載中!!
******************************

※こんな時だからこそ…確認しておこう…振り落とされないために…しっかりつかまっているために…

<偉大な先達「山崎和邦」氏(元野村證券営業本部長)の見通し…>
<当面の注意事項>
(1)これからの上昇は「中間反騰」だから戻りのメドを見切って…出来るだけ沢山売っておくことだ。
(2)そのあとにバーゲンセールが来る。
(3)その時は何を買っても儲かる。⇔怖い自己を乗り越える自律が必要…それが儲ける資格!!
※買下がり戦略は第152号ご参照

<加藤補足>
>日経平均で17000円までの戻りは「想定の範囲内」である
☆:25日移動平均線との▲12%乖離超(1月21日と同様)で反発すると予測
※2月12日で▲13.5%→反発した(騰落レシオも58.67%<70%と割安ゾーン入りしていた)
※3月03日で乖離は+3.0%・騰落レシオは95.2%(ともに割安解消)

>世界全体の「金融政策」協調に加え「財政政策」での協調がない限り上昇には限界
●今回のような「意味不明」の上昇には必ずそれ以上の「咎め」が…
>一旦の戻りの後…「作られた」金融不安などを起因に再び下落へ…
※覚悟すべき目処(山崎氏):1万4809円!!(始動点から大天井までの半値押し)
…このころ世間はみんな弱気になる…だからこそ安値で買えるのだ…と山崎氏は言う
******************************

<加藤の予測>
【当面見通し&方針:1511末時点】 (追加(6)・…訂正(4)&(3)…2回目)
(1)年初急落…持ち直しは年央以降…年末急伸
(2)日経平均は14000円(ちょい割れあり)から22000円
(3)ドル円は110円(ちょい割れあり)から125円(リスクは円高に
  訂正前:ドル円は113円(ちょい割れあり)から125円 (年央までなら120円)
  ※03月01日の時点で円高目処を112.30円→111.50円→110.90円 と算出
  ※現在値:113円半ば水準で115円台は視界入りも当面は上値重いか?
  ★為替は苦手だぁ!!
(4)反発のきっかけは「インフラ公共投資」の推進を相場が認めること (金融政策ではない!!)
  訂正前:「中国」の「本格的財政」出動を相場が認めること
(5)新興国関係は「腹を決めて」金利を取るに徹する(投信で言えば基準価額が20%下がったら
買い下がる)
(6)買い下がったもので利益が出たものは10%毎に利食い
******************************

**お知らせ**
■4月のセミナー■:「前向き!!投信ゼミナール!!」
>4月23日(土) 11:15-12:45(時間が15分後ろにずれました)
・会場:SOBIZGATES 2FA会議室(東京都新宿区新宿5-11-2 SOBLD)…前回と同じです
・都営新宿線「新宿三丁目」駅&都営副都心線「新宿三丁目」駅より徒歩1分
・JR山手線「新宿」駅より徒歩5分
・定員:36名(参加費:1000円)
※なんと…九州からもご参加申し込みあり!!
>4月24日(日) 13:30‐15:00 
・会場:小田原(おだわら市民交流センターUMECO…前回と同じです
・小田原FP事務所さんのご協力をいただいています
・小田原駅から徒歩1分)
・定員:20名(参加費:1000円…リピーター・ペア割引あり)

※まだまだ予断許さぬマーケット…前回は両会場ともほぼ満席となりました。
※お早目のご予約を!!
※お問い合わせは…mstb2021139@goo.jpまで

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。