加藤肇の「前向き!!投信ゼミナール!!」

・「よくわからないまま」投信を利用してる方!!

・銀行での投信窓販解禁以来、16年!!
・お客様向けセミナー講師回数3500回超!!
・指導した販売担当者は10000人以上!!
・お客様目線から「やさしく」「大事なとこだけ」
 解説します!!

【昨日のマーケット:150827】確信犯たち

>世界中の投資家はいったい、いつの間にこんなに「短気」になったんかいね?
>「売る」ことも」買う」こともできないまま、
  ポートフォリオの見直しの機会を逃した個人投資家が  また取り残される可能性がある…
>その時こそ FPのアドバイスが活きる!! と自分に言い聞かす灰色の朝…
****
■本号メニュー
(1)【昨日のマーケット:150827】:確信犯たち
(2)【お知らせ】:「前向き!!投信ゼミナール!!@小田原3」開催!!
※ご注意ください!! 
・本ブログでの情報は、信頼できると判断した資料や私の経験をもとに提供させていただいて
 おりますが、 今後の投資成果を保証するものではありません。
・「投資」にあたっては「自己判断」「自己責任」で行っていただくようお願いいたします。
・*Bはブルンバーグからの引用コメントです
  ****
【昨日のマーケット:150827】確信犯たち
「矢印は米国から…」
【経済指標】
【米国】
*GDP・改定値(第2四半期)21:30
(前期比年率)
・結果 3.7%
・予想 3.2%
・前回 2.3%
*GDPデフレータ・改定値(第2四半期)21:30
(前期比年率)
・結果 2.1%
・予想 2.0%
・前回 2.0%
*個人消費・改定値(第2四半期)21:30
(前期比年率)
・結果 3.1%
・予想 3.1%
・前回 2.9%
*新規失業保険申請件数(22日までの週)21:30
・結果 271千件
・予想 274千件
・前回 277千件
*中古住宅販売成約指数(7月)23:00
(前月比)
・結果 0.5%
・予想 1.0%
・前回 -1.7%(-1.8%から修正)
⇒米国の景気堅調は確信された
NY株式27日(NY時間16:24)
・ダウ平均   16654.77(+369.26 +2.27%)
・S&P500    1987.66(+47.15 +2.43%)
・ナスダック   4812.71(+115.17 +2.45%)
・CME日経平均先物 19025(大証終比:+455 +2.39%)
<LPLファイナンシャル:チーフ経済ストラテジスト;ジョン・カナリー> :*B
「株価は回復し…今後はGDPや金融当局といった米国内の動向に注目が集まるだろう」
「調整局面は楽しいものではないが…それを超えると再び重要な材料に関心が高まる」
<★???★>
☆「中国は力技の支援策が入れば買えばいい」★「上げたら売りだ」
☆「今年の最後の総仕上げは米国だ」
★「その前に…<円安>を止める動きが必要だな…」
    ↓ ↓ ↓ こういう奴がいる限り・・・(笑)
<ケンブリッジ・グローバル・ペイメンツ:上席為替トレーダー;スティーブン・ケイシー> :*B
「米ドルの支援材料としてさまざまな明るいデータが出た」
「私はなおドル高基調が続くと予想している」
⇒この「確信」はできただろう…ラスト4カ月の心理戦の再開だ
****
>みんなが「アジア」を見ている…「投機」の材料として一番面白いのだろう
>8月28日かぁ…https://www.youtube.com/watch?v=j0cyWtZmLzc
・TOPIX    1500.41(+21.44 +1.45%)…東証1部売買代金=3兆782億円
・日経平均  18574.44(+197.61 +1.08%)…上げ幅を一時400円超
・東証マザーズ    787.84(+15.59 +2.02%)
・ジャスダック    108.33(+1.98 +1.86%)
・東証REIT指数    1622.58(+32.02 +2.01%)…「割安」点火
※投資家心理改善
▽(1)前日…NYダウ平均が7営業日ぶりの大幅反発
▽(2)本日…上海株は6営業日ぶりに反発+ドル円が120円台を回復
>東京時間17:59現在
・香港ハンセン指数   21838.54(+758.15 +3.60%)
・中国上海総合指数  3083.59(+156.30 +5.34%)
 …3営業日ぶり3000台回復
 …上昇率:7週間ぶり高水準
・台湾加権指数     7824.55(+108.96 +1.41%)
・韓国総合株価指数  1908.00(+13.91 +0.73%)
・豪ASX200指数    5233.32(+60.55 +1.17%)
・インドSENSEX30種  26254.56(+539.90 +2.10%)
・シンガポールST指数  2945.76(+72.76 +2.53%)
※投資家心理改善
▽(1)ダドリーNY連銀総裁…「9月利上げの可能性が薄まった」
▽(2)上海株:6営業日ぶり反発…堅調に推移…力技で上下のブレ大きいからこそ狙われる!!
    …今週に入って中国人民銀行の利下げや流動性供給など
    …立て続けの株価対策  
    ∴過度な警戒感は後退(ではないだろうね…確信犯は上へのブレを狙ってきてる…)   
※本日:株価対策で政府は介入実施
   …9月3日の抗日戦争勝利70周年記念行事を控えて神経質に⇔優良銘柄に買い


****
<中国の動き>
>27日 【中国政府】
◇株式相場下支えのための介入再開
◆人民元の急落を防ぐドル売り介入…保有米国債売却  …介入は非公表
<匿名関係者> :*B
(1)「政府は9月3日の<抗日戦争勝利記念行事>の軍事パレードを控え市場の安定化を望んでいる」
>今週初
◆政府…株式市場での介入せず→中国株は2日間で1996年以来最大の下落
    ∵<国際通貨基金:IMF>  
     「市場介入で株を買い支える中国の措置は外国人投資家の中国離れを引き起こす」
      「最終的にはそのような措置を解除するべき」
       …「国家威信」のために背に腹はかえられないってことか
(2)「突然の切り下げの後の人民元急落を防ぐために必要なドルを米国債売りで調達した」
>8月11日に発表した新たな為替制度
[中国人民銀行(中央銀行)]
・日々の中心レート設定よりも介入によって元相場をコントロールする政策に転換
●投資家…政策変更の中国経済への影響懸念…市場混乱
  …「介入」による買い支え実施
<海通国際証券集団:セールス・トレーディング責任者;アンドルー・サリバン> :*B
「中国当局は市場とのコミュニケーションにおいて一貫していない」
「投資家はコロコロ変わる当局にいら立っている」
  ⇒そりゃそうだろう…自分のやりたいようにやる「未熟な」「ガキのような」大国なんだから…(笑)
<関係者> :*B
◆中国の米国債売り
(1)市場での直接売却
(2)ベルギーとスイスの代理機関経由でも実施
★米国債売却について…米当局に連絡(売却規模不明)
※中国の外貨準備高:3兆6500億米ドル…過去1年で▲3150億米ドル
>ブルームバーグ・ニュース調査
▼介入のために年末まで1カ月に約400億米ドルずつ減少
>ソシエテ・ジェネラル
▼人民銀は過去2週間に米国債を含め少なくとも1060億米ドル相当の準備資産を売却
<キャンター・フィッツジェラルド:債券ストラテジスト;オーウェン・カラン> :*B
「中国の米国債売りは驚きではないが… 市場参加者はこの可能性を十分には織り込んでいなかったかもしれない」
「中国が今後6カ月にかなり大量に売るかもしれないことを考えると… 米国債相場の見通しは大きく変わるだろう」
⇒これはちょっと頭に入れておこう…
(2)【お知らせ】 「前向き!投信ゼミナール:第3弾@小田原」
☆日時 10月3日(土曜日) 14:00−15:30
☆場所 小田原商工会議所 第一会議室…JR小田原駅近く!! ご来場しやすくなりました!!
         〒250-0014 神奈川県小田原市城内1-21 0465-23-1811
         http://www.odawara-cci.or.jp/
☆ご参加費用
・1,000円
・リピーター様 お1人700円
・ペア割引 お2人で1,500円
☆お申込み
(1)小田原FP事務所さま
   0465−38−2302
   関連ブログ  http://ameblo.jp/odawarafp/entry-12047277592.html
          http://www.odawarafp.com/news.htm
   ※小田原FP事務所さんは本セミナーだけでなく、幅広い「資産」に関する相談を展開中で
    す!!
    ぜひブログをご覧下さい!!
(2)前向き!!投信ゼミナール!!
   mstb2021139@goo.jp
・季節もいい頃です…小田原でお会いしましょう!!


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。