加藤肇の「前向き!!投信ゼミナール!!」

・「よくわからないまま」投信を利用してる方!!

・銀行での投信窓販解禁以来、16年!!
・お客様向けセミナー講師回数3500回超!!
・指導した販売担当者は10000人以上!!
・お客様目線から「やさしく」「大事なとこだけ」
 解説します!!

【昨日のマーケットから:160325】唖然

□■前向き!!投信ゼミナール!!■□第184号

**日記**
>3月25日
・精密検査に呼び出しておいて「ああ、これじゃわんないわ」と追加検査を指示…たった3分で診療を終われせたF総合病院H医師…
・妻も家族も友人も自民党も自分のために巧妙に利用したO氏…
・自分が監督時代の不祥事もなんの「開幕戦」の解説を平然と行うH氏…
・歳をとる…ということは世の中への文句が増える…ということかな(・・?…未だ悟れず(反省)
******************************
******************************
※ご注意ください!! 
・本ブログの情報は…
 信頼できると判断した資料や私の経験をもとに提供させていただいておりますが、
 今後の投資成果を保証するものではありません。
・「投資」にあたっては「自己判断」「自己責任」で行っていただくようお願い致します。 
・*Bはブルンバーグから*nは日経電子版から*Rはロイターからの引用コメントです
******************************
******************************

>>:今朝の日経から…

【マイナス金利下の企業年金(下)】… 脱・債券…運用先を模索→利回り求めてリスク分散 

>2016/3/26 :朝刊(担当:堤正治・田口良成・野口和弘)

■国債運用に代わる手立てはないか■

<DIAMアセットマネジメント>
>4月…「マイナス金利対応」の新商品設定
◎マイナス金利下で債券運用に行き詰まる年金基金向け
…配当や金利といった「現金収入(インカムゲイン)」重視

(設定例)
・「買い」:高めの配当が期待できる銘柄を複数組み合わせ&日経平均株価との連動性
・「売り」同額分だけ日経平均先物
⇒配当分だけ差額を得られる仕組み
・目標利回り=約3%
・初年度で100億円程度の残高を見込む

<格付投資情報センター(R&I)>
●主要年金基金の運用資産のうち国内債券が占める比率…時価ベース=約35%
∴日銀のマイナス金利政策…利回り低下+国債価格上昇
…直近に限れば運用中の債券には含み益発生
●マイナス金利長期化…金利収入見込めなくなる
<ラッセル・インベストメント:荒川光弘>
・「国内債券は割高でリスクの高い資産となりつつある。」

▼刻々と厳しさ増す運用環境▼
●主要企業年金の2015年度の運用利回り…5年ぶりにマイナスになる公算大
∵国内外の株式相場の下落+円高・ドル安が逆風
 ↓  ↓  ↓
(相場急変のリスクを避けたい投資家)
◎機動的な運用ができる商品への需要高まる
<三井住友アセットマネジメント>
(新規設定)
・期間30年以上といった超長期国債で運用
・金利が急上昇(債券価格が急落)した場合には素早く現金に変え…下落幅を抑える

(利回りを求める投資家)
◎投資対象拡大⇒「代替投資」
…国内外の債券・株式といった従来型の資産とは異なる値動き→分散が効きやすい

<三菱商事アセットマネジメント:三好一郎社長>
・「これまでになく関心が高い」
…海外の空港や港湾といったインフラに投資するファンドの説明会開催
・「昨年の倍近い参加者が集まった」

<ラッセル・インベストメント:荒川光弘>
・「日本の代替投資などの比率は13.8%。」
・「2割を超える全世界平均とは開きがある。」
・「カナダのオンタリオ州教職員年金基金…2月下旬に他の投資家と組んでロンドンの空港買収に乗り出すなど実物資産に幅広く投資している。」

<野村総合研究所>
▽2~3月の国内債券購入予定資金の一部…私募の不動産投資信託(REIT)などの代替投資変更
・「今後は機関投資家も代替投資を増やす。」
・「先手を打つ必要があった」
<デンソー企業年金基金>
▽不動産など安定成長が見込める投資先選定
…代替投資の比率を現在の5%から大幅に引き上げる方向で検討

※新たなリスク・リターンとの遭遇
(超低金利下で苦境に陥っていた年金運用の現場)
●マイナス金利の浸透でさらに厳しい局面に
…安心して老後を送りたいという年金加入者の負託に応えるために
…年金基金や機関投資家もこれまでとは違う発想でリスクとリターンに向き合う必要が…

>>:加藤は1980年代後半の「不動産バブル」崩壊の頃、海外で運用されていた「代替投資」商品のビジネスに携わったことがある。
>>:あの頃、すでに海外の多くの基金や財団が「代替投資」への投資を積極化していたのを見ていた
>>:あれから…もう四半世紀ですよ…誰かとは年季が違うことは分かってね(笑)
******************************
******************************

**昨日の各市場概況**
【国内株】:3営業日ぶり反発
2016年3月25日(金)15:44:40 
▽前日NY:原油価格が持ち持直し…NYダウも切り返し…13ドル高と小反発
 ↓ ↓ ↓
*日経平均*
▽自律反発
▽為替相場…1ドル=113円台へ
▽期末要因(配当狙)…17000円水準維持
 ↓ ↓ ↓
▼海外市場の休場+週末要因…こう着感の強い展開に

※東証1部(売買高):18億1200万株(売買代金):1兆7746億円

<SMBC信託銀行:山口真弘シニアマーケットアナリスト>:*B
・「ドル・円がじわり円安となっていることが一番大きい。」
・「円安となれば業績は良くなるという傾向は顕著」
・「年度末接近に伴い…そろそろ本邦勢の資金還流が止まり…円高の方向には動きにくく…日本株は上昇していく方向」★

>>:★…日経読んでないな?…(笑)

【欧州株式】【米国株】「グッドフライデー」休場

【NY外為】 : お休みムード
>イースター前の金曜日(グッドフライデー)
●殆どいない参加者
…クリスマスとイースターだけはしっかりお休みというケースが多い

*米:第4四半期GDP確報値*
◎個人消費の伸びや輸出の改善など…改定値から上方修正が見られる好結果*1

*1:
・結果:+1.4%(>改定値:+1.0%>速報値:+0.7%)
▽個人消費…予想以上の伸び
(懸念材料)
▼設備投資…弱い
▼企業収益…低レベル
◎基本的には好結果→市場の利上げ期待を押上げ…米ドルの中期的な買い材料という意識も。
******************************
******************************

**2016/03/28-04/01のイベント**

>28日(月)
・米個人所得支出(2月)
・米中古住宅販売成約指数(2月)
・ユーロ圏・香港市場はイースターマンデーで休場

>29日(火)
・日本雇用統計(2月)
・米消費者信頼感指数(3月)
・米S&Pケースシラー住宅価格(1月)
・イエレンFRB議長・ダラス連銀総裁:講演☆

>30日(水)
・16年度予算案、採決
・独消費者物価指数・速報値(3月)
・米ADP雇用者数(3月)☆
・シカゴ連銀総裁:講演☆

>31日(木)
・独失業率・失業者数(3月)
・ユーロ圏消費者物価指数・速報値(3月)☆
・米新規失業保険申請件数(26日までの週)
・NY連銀総裁:講演☆

>01日(金)
・日銀短観(3月)☆
・中国製造業PMI(3月)☆
・ユーロ圏失業率(2月)
・米自動車販売台数(3月)
・米雇用統計(3月)☆☆☆
・米ISM製造業景況指数(3月)☆☆
・クリーブランド連銀総裁:講演☆
*****************************
******************************
■エリオットの波■は日経平均では…「下げの鼓動」最後の調整波にあり、その中での(下げ)→(上げ)→(下げ)か(・・?
■エリオットの波■:加藤のチャート利用法
※mixiコミュ:「SCMTBはじめくん」に掲載!!
■移動平均循環理論■は大底圏のなかで下降トレンド継続
※新騰落表で表示
******************************

※こんな時だからこそ…確認しておこう…振り落とされないために…しっかりつかまっているために…

<偉大な先達「山崎和邦」氏(元野村證券営業本部長)の見通し…>
<当面の注意事項>
(1)これからの上昇は「中間反騰」だから戻りのメドを見切って…出来るだけ沢山売っておくことだ。
(2)そのあとにバーゲンセールが来る。
(3)その時は何を買っても儲かる。⇔怖い自己を乗り越える自律が必要…それが儲ける資格!!
※買下がり戦略は第152号ご参照

<加藤補足>
>日経平均で17000円までの戻りは「想定の範囲内」である…突破「18000円」が想定内に
☆:25日移動平均線との▲12%乖離超(1月21日と同様)で反発すると予測
※2月12日で▲13.5%→反発した(騰落レシオも58.67%<70%と割安ゾーン入りしていた)
※3月25日で乖離は+2.1%・騰落レシオは116.8%(乖離率:通常・騰落レシオ:通常)

>世界全体の「金融政策」協調に加え「財政政策」での協調がない限り上昇には限界
●今回のような「意味不明」の上昇には必ずそれ以上の「咎め」が…
>一旦の戻りの後…「作られた」金融不安などを起因に再び下落へ…
※覚悟すべき目処(山崎氏):1万4809円!!(始動点から大天井までの半値押し)
…このころ世間はみんな弱気になる…だからこそ安値で買えるのだ…と山崎氏は言う
******************************

<加藤の予測>
【当面見通し&方針:1511末時点】 (追加(6)・…訂正(4)&(3)…2回目)
(1)年初急落…持ち直しは年央以降…年末急伸
(2)日経平均は14000円(ちょい割れあり)から22000円
(3)ドル円は110円(ちょい割れあり)から125円(リスクは円高に
  訂正前:ドル円は113円(ちょい割れあり)から125円 (年央までなら120円)
  ※03月01日の時点で円高目処を112.30円→111.50円→110.90円 と算出
  ※現在値(03/26):113.05円水準では113.25円が上値抵抗に。112.70円が下値抵抗
  ★為替は苦手だぁ!!
(4)反発のきっかけは「インフラ公共投資」の推進を相場が認めること (金融政策ではない!!)
  訂正前:「中国」の「本格的財政」出動を相場が認めること
(5)新興国関係は「腹を決めて」金利を取るに徹する(投信で言えば基準価額が20%下がったら
買い下がる)
(6)買い下がったもので利益が出たものは10%毎に利食い
******************************

**お知らせ**
■4月のセミナー■:「前向き!!投信ゼミナール!!」
>4月23日(土) 11:15-12:45(時間が15分後ろにずれました)
・会場:SOBIZGATES 2FA会議室(東京都新宿区新宿5-11-2 SOBLD)…前回と同じです
・都営新宿線「新宿三丁目」駅&都営副都心線「新宿三丁目」駅より徒歩1分
・JR山手線「新宿」駅より徒歩5分
・定員:36名(参加費:1000円)
※なんと…九州からもご参加申し込みあり!!
>4月24日(日) 13:30‐15:00 
・会場:小田原(おだわら市民交流センターUMECO…前回と同じです
・小田原FP事務所さんのご協力をいただいています
・小田原駅から徒歩1分)
・定員:20名(参加費:1000円…リピーター・ペア割引あり)

※まだまだ予断許さぬマーケット…新宿会場満席!!小田原もあと僅かです…
※新宿会場は今後のお申込み次第では会場変更の可能性あり。
※お早目のご予約を!!
※お問い合わせは…mstb2021139@goo.jpまで

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。