加藤肇の「前向き!!投信ゼミナール!!」

・「よくわからないまま」投信を利用してる方!!

・銀行での投信窓販解禁以来、16年!!
・お客様向けセミナー講師回数3500回超!!
・指導した販売担当者は10000人以上!!
・お客様目線から「やさしく」「大事なとこだけ」
 解説します!!

【160428のマーケットから】:泣く子

□■前向き!!投信ゼミナール!!■□第201号

**日記**
>4月28日
・頭痛・…
・昨日、少し無理したようで(そんな気はなかったが)だるかった…

>日銀の動きをネットで追う…
・結局「発車のベル」は鳴らず…
・代わりに聞こえたのはお父さんやお母さんの言うことをきかず勝手に走っていった子供の泣き声だ…
・そう…国内のマーケット参加者の殆どが「子ども」なのだ…

******************************
******************************
※ご注意ください!! 
・本ブログの情報は…
・信頼できると判断した資料や私の経験をもとに提供させていただいておりますが、
・今後の投資成果を保証するものではありません。
・「投資」にあたっては「自己判断」「自己責任」で行っていただくようお願い致します。 
・*Bはブルンバーグから*nは日経電子版から*Rはロイターからの引用コメントです
******************************
******************************

**昨日の各市場概況**

【国内株式】:下げ幅▲624.44円(またかよ…)
>東京時間15:25現在
・日経平均  16666.05(-624.44 -3.61%)
・TOPIX    1340.55(-43.75 -3.16%)
・東証マザーズ    1131.56(-30.97 -2.66%)
・ジャスダック    108.86(-0.68 -0.62%)
・東証REIT指数    1924.44(-10.70 -0.55%)

●大型連休を前に4日続落

>序盤…堅調な推移
▽外部環境好転
(1)前日の米FOMC…利上げが見送り…米株は買いで反応&ドル円…111円台後半まで一時上昇
(2)原油相場・・・45ドル/バレル台乗せ
→上げ幅を200円超に拡大⇒17572.27円まで高値を伸ばす

>昼休みの時間帯
<日銀>…金融政策据置を発表(あると勝手に思い込んだ「子ども」には予想外)
*ドル円*…108円台に急落&*日経平均先物*…売り殺到

>後場・・・一転売り優勢
▼下げ幅は600円超に拡大
…大引け前:16652.74円まで下押し→ほぼ安値の大引け

※東証1部:(業種別)全33業種が下落・(騰落銘柄数)↑228↓1681→41・(売買代金)3兆1868億円(出来高)31億5932万株…出来高膨らむ(買戻しか?新規買いか?)

<菅官房長官>
・「 現在の金融緩和の目的とねらいを丁寧に説明する必要。」
>>:まさか…物価を2%上げるとはどういうことかを市場参加者に説明するってことか?
>>:政府も市場参加者を「しょうもねぇガキども」(麻生さん口調だが(笑)と思ってるのかね?
・「 日銀、期待を持って見守っていきたい。」
>>:まあ、株価対策のために無理くり追加緩和させなかっただけでも政府のほうが「大人」か?

<富国生命投資顧問:奥本郷司社長>:*B
・「日銀が消費者物価指数(CPI)の見通しを下げることで、何か行うだろうというのは市場の共通認識としてあった。」
・「期待が剥落して短期トレード主体のポジションが整理され…株価や為替はごくニュートラルな水準に戻った。」
・「日銀の判断については…金融政策の限界論が出ている中で…手段が今後限られてくることことから少し慎重になった可能性がある。穏当な決定。」

<みずほ投信投資顧問:柏原延行執行役員>:*B
・「さまざまな手段が検討されているとの見方や国内景況感の足踏み感から…株式市場には今回過大な期待と先走り感があった。」
・「実体経済の下振れに対する感覚について…株式市場と日銀との中で温度差が生まれた。」
・「金融政策は実体経済への効果が表れるまでタイムラグがあり…このタイミングでの追加緩和は早過ぎる。」

>>:上2つは、いかにも役員(一人は社長様!!)らしいね…結果出てからコメントしても響かない。

<いちよしアセットマネジメント:秋野充成執行役員>:*B
・「今期の企業業績は『想定通り悪い』とした上で…今期5%減益を織り込んだ日経平均の妥当水準は1万6500円程度で…それ以上は政策期待が加わった水準とみている。}
>>:ほおー…ってことは下値はあと1,000円ってことね?

<野村証券:佐藤雅彦エクイティ・マーケットアナリスト>:*B
・「アルプス電や航空電子の急伸など…全般的に悪くとも好反応。」
・「イビデンのように悪いと言われたものでも1日で切り返してくる。」
>>:野村のアナリストとは思えない駄コメントだな…


【米国株式】:大幅安
>NY株式28日(NY時間16:45)
・ダウ平均   17830.76(-210.79 -1.17%)
・S&P500    2075.81(-19.34 -0.92%)
・ナスダック   4805.29(-57.85 -1.19%)
・CME日経平均先物 16365(大証終比:-135 -0.83%)

▼日銀ショック
▼米GDP<予想…2年ぶりの低い伸び
*GDP・速報値(第1四半期):結果 0.5%<予想 0.6%<前回 1.4%(前期比年率)
*個人消費・速報値(第1四半期):結果 1.9%>予想 1.7%<前回 2.4%(前期比年率)
▼アップル下げ(⇔フェイスブックの強い決算やM&Aの動きなどで下支えされる場面も)

*ダウ平均*…18000ドルの水準が重しに→下放れる動きも

<ミラー・タバク:株式ストラテジスト;マット・メイリー>:*B
・「アイカーン氏によるアップル株売却のニュースが伝わると…市場参加者の間に不安が広がった。」
・「アップル株が上昇できない状況では…相場全体が高値を更新するのは難しい。」
・「フェイスブックが日本銀行のニュースを相殺したように見えたが…アップルが下げるにつれて市場参加者の不安は一段と強まり…ポジティブなニュースを圧倒した。」

※アイカーン氏は米国著名投資家であり、かれのグループはアップルを高評価していた…
>>:しかし…日銀はFacebookでお相手可能ってことか(笑)

<ロバート・W・ベアード:機関投資家担当株式セールス・トレーダー;マイケル・アントネッリ>:*B
・「これまでさえない決算があまりに多く発表される中で市場の持ちこたえる力には驚かされてきた。」
・「きょうの相場展開は投資家が上昇局面で売ろうとしていることを示している。」
・「きょう遅くに見られたような動きは…短期的な地合いにとって極めて良くない。」

※*アマゾン*
>第1Q決算実績
☆1株利益:1.07ドル>(予想 0.57ドル)。
☆売上高:291億ドル>(予想 280億ドル)。
>第2Q(4~6月)見通し
☆売上高280億~305億ドル>(予想 283億ドル)
∴株価・・・時間外で12%上昇

>>:株価は業績…「大人」のNYは気づくのも早い…

 【NY外為】 :米ドル下落
●ドル指数…昨年6月以来の低水準

▼米経済成長率<市場予想
※金融当局の主張の裏付け…一段の金融引き締めに踏み切るにはデータを引き続き注視する

*米ドル*
●主要通貨すべてに対して下落
▼米国・第1四半期の実質国内総生産(GDP・季節調整済み・年率)速報値は2年ぶりの低い伸び
▼日本銀行…金融政策現状維持決定(⇔米金融当局…3会合連続で政策金利を据置)
→日本円急伸

<コモンウェルス・フォーリン・エクスチェンジ:チーフ市場アナリスト;オマー・エシナー>:*B
・「米GDPの数字はもちろん重要だが…世界の他の中央銀行のニュースで影が薄れている。」
・「ドルは大半の主要通貨に対して下げている。」

>>:ファンド勢にしても「やばいなぁ」と思いながらのドルロングだったのだろうスッという感じで108円台へ戻していた。

>>:ここで日本はGW入り…月曜(5月2日)は為替も株もどんな顔をして戻ってくるのだろう(・・?
******************************
******************************
■エリオットの波■は日経平均(月足)では…「下げの鼓動」最後の調整波にあり、前週末までの「力強い」(?)上昇も昨年12月上旬高値からの下げトレンドの中にある。
■エリオットの波■:加藤のチャート利用法
※mixiコミュ:「SCMTBはじめくん」に掲載!!
******************************

※こんな時だからこそ…確認しておこう…振り落とされないために…しっかりつかまっているために…

<偉大な先達「山崎和邦」氏(元野村證券営業本部長)の見通し…>
<当面の注意事項>
(1)これからの上昇は「中間反騰」だから戻りのメドを見切って…出来るだけ沢山売っておくことだ。
(2)そのあとにバーゲンセールが来る。
(3)その時は何を買っても儲かる。⇔怖い自己を乗り越える自律が必要…それが儲ける資格!!
※買下がり戦略は第152号ご参照

<加藤補足>
>日経平均で17000円までの戻りは「想定の範囲内」である…突破「18000円」が想定内にも反落
☆:25日移動平均線との▲12%乖離超(1月21日と同様)で反発すると予測
※2月12日で▲13.5%→反発した(騰落レシオも58.67%<70%と割安ゾーン入りしていた)
※4月25日で乖離は+0.2%・騰落レシオは96.2%(乖離率>+4%・騰落レシオ<120%)

>世界全体の「金融政策」協調に加え「財政政策」での協調がない限り上昇には限界
●今回のような「意味不明」の上昇には必ずそれ以上の「咎め」が…
>一旦の戻りの後…「作られた」金融不安などを起因に再び下落へ…
※覚悟すべき目処(山崎氏):1万4809円!!(始動点から大天井までの半値押し)
…このころ世間はみんな弱気になる…だからこそ安値で買えるのだ…と山崎氏は言う
******************************

<加藤の予測>
【当面見通し&方針:1511末時点】 (追加(6)・…訂正(4)&(3)…3回目)
(1)年初急落…持ち直しは年央以降…年末急伸
(2)日経平均は14000円(ちょい割れあり)から22000円
(3)ドル円は106円(ちょい割れあり)から125円(リスクは円高に)…160408
  訂正前:ドル円は110円(ちょい割れあり)から125円(リスクは円高に)
  訂正前:ドル円は113円(ちょい割れあり)から125円 (年央までなら120円)
  ★03月01日の時点で円高目処を112.30円→111.50円→110.90円 と算出…突破!!
  ※04月08日の時点で円高目処を108.00円→106.50円→105.20円と算出
  ※現在の水準108.10円(04月29日)で上値抵抗は109.04円・下値抵抗は106.40円
  ★為替は苦手だぁ!!
(4)反発のきっかけは「インフラ公共投資」の推進を相場が認めること (金融政策ではない!!)
  訂正前:「中国」の「本格的財政」出動を相場が認めること
(5)新興国関係は「腹を決めて」金利を取るに徹する(投信で言えば基準価額が20%下がったら
買い下がる)
(6)買い下がったもので利益が出たものは10%毎に利食い
******************************

**お知らせ**
>7月10日(日) 13:30‐15:00 
・会場:小田原(おだわら市民交流センターUMECO…前回と同じです
・小田原FP事務所さんのご協力をいただいています
・小田原駅から徒歩1分)
・定員:20名(参加費:1000円…リピーター・ペア割引あり)

>5月1日~4日
・受かるぞ!!FP3級!!GW特訓(GWで4日間で一気に合格圏へ!!)
>5月開催予定
・新入銀行員のためのマーケット知識基礎講座
…両方とも「ストリートアカデミー」に詳細掲載してます。

https://www.street-academy.com/steachers/62329

※お問い合わせは…mstb2021139@goo.jpまで


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。