加藤肇の「前向き!!投信ゼミナール!!」

・「よくわからないまま」投信を利用してる方!!

・銀行での投信窓販解禁以来、16年!!
・お客様向けセミナー講師回数3500回超!!
・指導した販売担当者は10000人以上!!
・お客様目線から「やさしく」「大事なとこだけ」
 解説します!!

【GWのマーケットから】記憶

□■前向き!!投信ゼミナール!!■□第202号

**日記**
>GW
・FP3級受験講座GW特訓の講師に専念。
・ひさしぶりに4日間連続で渋谷に通った。
・名古屋から泊りがけで参加の受講生もいて驚いた。

>4月28日のこの欄で…

・結局「発車のベル」(日銀の追加緩和)は鳴らず…
・代わりに聞こえたのはお父さんやお母さんの言うことをきかず勝手に走っていった子供の泣き声だ…
・そう…国内のマーケット参加者の殆どが「子ども」なのだ…

と書いた。

・「子どもたち」にとって、このGWは「針のむしろ」の上に座った心境だったろう…

>僕が運用担当者だった頃、同じように日銀の金融緩和を期待して買い上げられたマーケットが意に反して崩れる場面を何回も見た。
・今や、自民党の大物議員(・・?におなりになった小池百合子さんが東京12ch(現テレビ東京)のモーニングサテライトで当時の三重野日銀総裁に「どうした!!利下げ!!」と叫んでいたのも懐かしい。
・「失われた20年」が始まろうとしていた(誰もそんなことになるとは思っていなかったが)当時、何度も日銀が緩和に打って出るという期待は強かった。
・「早く緩和を!!」叫ぶマーケットに対して、日銀は「勝手に木に登っておいて、降りられなくなったから梯子を掛けてくれという我儘に付き合うつもりはない」と突っぱねた。
・ある意味、中央銀行としての意地と潔さが感じられた。

・今は…
・あの金融政策据置の記者会見での黒田総裁のヘラヘラぶりはなんなんだろう(・・?
・「すいませんぇ。」「一生懸命やらせてもらってるんですけどねぇ。」「もうちょっと待ってもらえますか」
・新興市場の急成長企業の社員ならその場ですぐクビになったかもしれない。
・あの会見は海外投資家には「不真面目」としか映らなかっただろう。
・つまり「このおっさんに調整能力はない」…と全世界に曝け出したということだろう。

>ルー米財務長官は、ご丁寧に日本を「為替監視国」に指名した。
・さすがに麻生さんも「それはちょと・・・」と異を唱えたが…
・僕は前から「米国大統領選は円高要因」と申し上げ且つ「米国主要企業500社の利益が減少に転じている」と申し上げてきた。
・この2つが重なれば…当然アメリカは「ドル安」誘導に動く…読み通りの結果で驚かない…
・「日銀が緩和するから円安だ」…金利差による為替の動きは近年、万能ではなくなってきたことをそろそろ理解しないと同じ失敗を繰り返すことになるだろう。
・米国は唯一「為替操作」が認められた国…という事実も認識すべきだろう。

>豪州利下げ
・これは不意打ちに近いと思うが…
・さすがスティーブンスは老練だ(セミナーでも申し上げたが僕よりは若いが…(笑))
・これで豪ドルが売られた…
・しかし、この利下げは「豪州経済」維持の下支えとなるだろう…
・世界景気がジリジリしている時の予防的利下げ…あの時もそうだった…

>機動的財政出動…
・憲法改正のためになんとしても政権を維持したい安倍総理は各国首脳に念仏のように唱え続けている
・サミット開始国の首相としての地ならしという意味もあるだろうが、各国首脳に世界景気維持を根回した…イメージアップに利用しているだけだろう。
・中国が8兆円の大減税策を打ち出したように、まず日本でもやるべきことをやってから言うべきだろう。IMFの世界GDP成長継続のための世界的インフラ整備のための主要国協調のインフラ投資こそ本質なのだが…坊ちゃん首相は理解していないだろう(彼の目的は「憲法改正」(彼にとって)なのだから)

>で…マーケットは?
・為替は105円台つけたことで一旦止まるだろう。
・米国も日本に一応お灸をすえた感もあり、当面は市場に任せるだろう。
・円高は106円、円安は110円のレンジか?

・国内株式は…子供の遊び場だからよくわからない(笑)
・昨日NYが下げなかったのと為替が107円に戻しているのと今夜の米国雇用統計が堅調であろういう予想から…200-300円は買い戻されるかも知れない。
・梯子がこないならもっと上に登ってやる…子供ならやりそうなことだ(笑)…最後は泣くが…

>いずれにしても「エリオットの波」は静かに時を刻んでいる。
・上昇波動はでていない。
・年央といったが、11月ぐらいまで大きな円高と株安の流れは続くかもしれない…
******************************
******************************
※ご注意ください!! 
・本ブログの情報は…
・信頼できると判断した資料や私の経験をもとに提供させていただいておりますが、
・今後の投資成果を保証するものではありません。
・「投資」にあたっては「自己判断」「自己責任」で行っていただくようお願い致します。 
・*Bはブルンバーグから*nは日経電子版から*Rはロイターからの引用コメントです
******************************
******************************

**昨日の各市場概況**

【国内株式】:休場

【米国株式】:小幅高
>NY株式5日(NY時間16:25)
・ダウ平均   17660.71(+9.45 +0.05%)
・S&P500    2050.63(-0.49 -0.02%)
・ナスダック   4717.09(-8.55 -0.18%)
・CME日経平均先物 16065(大証終比:-75 -0.47%)

>序盤…原油反発で買い先行→エネルギーや鉱物など資源関連株が上げ先導
>後場…原油伸悩み→株価も伸び悩む展開

→上値の重い展開続く

<ペンション・パートナー:調査ディレクター;チャーリー・ビレロ>:*B
・「2月の安値から大きく反発した後で、センチメントは想像以上にネガティブだ。」
・「これまでに株価が大幅に上昇しており…翌日には雇用統計の発表も控えた中で…これはある種の正常な消化…あるいは値固めと言えよう。」
>>:そんなとこだろう。

【NY外為】 :米ドル続伸
▽米ドル…3日続伸(3日間の上げとしては昨年11月以降で最大)
>6日
・雇用統計の発表
…6月の連邦公開市場委員会(FOMC)は利上げがあり得る「ライブ」の会合であるとの発言が金融当局者から相次いぐ

<セントルイス連銀:ブラード総裁>
・「労働市場は力強いようだ。」
・「6月14~15両日開催の次回FOMCで利上げが正当化されるかどうかについては…先入観を持たずに臨む姿勢に変わりはない。」
<サンフランシスコ連銀:ウィリアムズ総裁>
・「労働市場については…全ての指標が正しい方向を示している。」
・「年内2~3回の利上げが妥当だろう。」
******************************
******************************
■エリオットの波■は日経平均(月足)では…「下げの鼓動」最後の調整波にある。
■エリオットの波■:加藤のチャート利用法
※mixiコミュ:「SCMTBはじめくん」に掲載!!
******************************

※こんな時だからこそ…確認しておこう…振り落とされないために…しっかりつかまっているために…

<偉大な先達「山崎和邦」氏(元野村證券営業本部長)の見通し…>
<当面の注意事項>
(1)これからの上昇は「中間反騰」だから戻りのメドを見切って…出来るだけ沢山売っておくことだ。
(2)そのあとにバーゲンセールが来る。
(3)その時は何を買っても儲かる。⇔怖い自己を乗り越える自律が必要…それが儲ける資格!!
※買下がり戦略は第152号ご参照

<加藤補足>
>日経平均で17000円までの戻りは「想定の範囲内」である…突破「18000円」が想定内にも反落
☆:25日移動平均線との▲12%乖離超(1月21日と同様)で反発すると予測
※2月12日で▲13.5%→反発した(騰落レシオも58.67%<70%と割安ゾーン入りしていた)
※5月2日で乖離は▲2.8%・騰落レシオは89.0%(乖離率>+4%・騰落レシオ<120%)

>世界全体の「金融政策」協調に加え「財政政策」での協調がない限り上昇には限界
●今回のような「意味不明」の上昇には必ずそれ以上の「咎め」が…
>一旦の戻りの後…「作られた」金融不安などを起因に再び下落へ…
※覚悟すべき目処(山崎氏):1万4809円!!(始動点から大天井までの半値押し)
…このころ世間はみんな弱気になる…だからこそ安値で買えるのだ…と山崎氏は言う
******************************

<加藤の予測>
【当面見通し&方針:1511末時点】 (追加(6)・…訂正(4)&(3)…3回目)
(1)年初急落…持ち直しは年央以降…年末急伸
(2)日経平均は14000円(ちょい割れあり)から22000円
(3)ドル円は106円(ちょい割れあり)から125円(リスクは円高に)…160408
  訂正前:ドル円は110円(ちょい割れあり)から125円(リスクは円高に)
  訂正前:ドル円は113円(ちょい割れあり)から125円 (年央までなら120円)
  ★03月01日の時点で円高目処を112.30円→111.50円→110.90円 と算出…突破!!
  ※04月08日の時点で円高目処を108.00円→106.50円→105.20円と算出
  ※現在の水準107.25円(05月06日)で上値抵抗は108.95円・下値抵抗は106.85円
  ★為替は苦手だぁ!!
(4)反発のきっかけは「インフラ公共投資」の推進を相場が認めること (金融政策ではない!!)
  訂正前:「中国」の「本格的財政」出動を相場が認めること
(5)新興国関係は「腹を決めて」金利を取るに徹する(投信で言えば基準価額が20%下がったら
買い下がる)
(6)買い下がったもので利益が出たものは10%毎に利食い
******************************

**お知らせ**
>7月10日(日) 13:30‐15:00 
・会場:小田原(おだわら市民交流センターUMECO…前回と同じです
・小田原FP事務所さんのご協力をいただいています
・小田原駅から徒歩1分)
・定員:20名(参加費:1000円…リピーター・ペア割引あり)

>5月21日
・受かるぞ!!FP3級!! 9月試験対策講座(全8回)の体験講座:500円
…日本カルチャー協会 東村山校
>5月開催予定
・新入銀行員のためのマーケット知識基礎講座
…「ストリートアカデミー」 https://www.street-academy.com/steachers/62329


※お問い合わせは…mstb2021139@goo.jpまで

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。