加藤肇の「前向き!!投信ゼミナール!!」

・「よくわからないまま」投信を利用してる方!!

・銀行での投信窓販解禁以来、16年!!
・お客様向けセミナー講師回数3500回超!!
・指導した販売担当者は10000人以上!!
・お客様目線から「やさしく」「大事なとこだけ」
 解説します!!

【160511のマーケットから】トヨタは先に行く

□■前向き!!投信ゼミナール!!■□第206号

**日記**
>5月11日
・ほんのわずかな人が知っているが(別にたいしたことではないけれど(笑))…
・僕の卒業論文は「児童文学の中の子供たち」である。
・ゼミ(社会学)の担当教授だった川合先生は「ユニークな」卒論と評されたが社会学としては何の価値もなかったのは明白である。
・つまり、学生時代、僕はひたすら「児童文学」と「ファンタジー」を読んでいた。
・社会人になってからは途絶えていたが、最近またその世界に入っている。
・「乾石智子」という作家が最近のお気に入りだ…
・マーケットとファンタジー…2つの世界の往復は楽しい

*トヨタ:今期純利益予想5期ぶり減益*
<豊田章男社長>:決算会見
・「今年に入り潮目が変わった。」
・「今年は私たちの取り組みが試される年。」
・「これまでは為替の追い風を受けて実力以上の成績を出すことができた。」

>>:トヨタ財務関連部署はとっくに行動しているだろう。(元トヨタ担当の一人として確信する)
>>:円高になったから困りました…と言っているのではない
>>:取り組みが正しいかどうか試される(おそらく正しいだろう)と言っているのだ
>>:日経の記者もマーケットの「子ども」たちもよく噛みしめて欲しい言葉だ
******************************
******************************
※ご注意ください!! 
・本ブログの情報は…
・信頼できると判断した資料や私の経験をもとに提供させていただいておりますが、
・今後の投資成果を保証するものではありません。
・「投資」にあたっては「自己判断」「自己責任」で行っていただくようお願い致します。 
・*Bはブルンバーグから*nは日経電子版から*Rはロイターからの引用コメントです
******************************
******************************

**昨日の各市場概況**

【国内株式】:まちまち
>東京時間15:24現在
・日経平均  16579.01(+13.82 +0.08%)…小幅続伸
・TOPIX    1334.30(-0.60 -0.04%)…3営業日ぶりマイナス
・東証マザーズ    1225.40(+28.80 +2.41%)
・ジャスダック    111.46(+0.65 +0.59%)
・東証REIT指数    1924.74(-22.42 -1.15%)

>序盤は好調(上げ幅200円超)
▽前日の海外市場で原油相場や米欧株が上昇
▽ドル円が109円台を回復
>日中
▼円安相場に調整(109円割れ)
…(225)一時マイナス圏に突入する場面も
…大引けはかろうじてプラス圏を回復。

※東証1部(騰落銘柄数)↑899↓925→127…高安まちまち(業種別)↑14/33業種(売買代金)2兆2864万株(出来高)21億2864万株

>>:つまり…為替だけ見て動いていただけってことか…

【米国株式】:大幅反落
>NY株式11日(NY時間16:28)
・ダウ平均   17711.12(-217.23 -1.21%)
・S&P500    2064.46(-19.93 -0.96%)
・ナスダック   4760.69(-49.19 -1.02%)
・CME日経平均先物 16450(大証終比:-130 -0.79%)

*ダウ平均*:前日の上げを帳消しに(マイクロソフトを除く29銘柄が下落)
▼決算を嫌気してディズニーが大幅安…ダウ平均を圧迫
▼大手百貨店のメーシーズも大幅安…消費関連株が総じて軟調な動き…相場の重し
▼直近相場のバロメータ…金融や資源関連…終盤売りに押される

<USバンク・ウェルス・マネジメント:チーフ株式ストラテジスト;テリー・サンドベン>:*B
・「業績に伸びがない中を株価が最高値まであと約3%に迫っていることを考えれば…狭い誤算の範囲内で株価は完璧なものを織り込んでいる。」
・「前日の上げはやや予想外で…今後数週間に見られそうなトレンドではなかった。」
・「どのような基準を用いても…株価は下落に向かっている。」
・「今後1年のトレンドは横ばいになるだろう。」

※<S&P500種構成銘柄の第1四半期業績>
■アナリスト見通し:▲7.4%減(4月の▲10%から上方修正)
・決算を発表した構成銘柄のうち…約75%で利益>予想&54%で売上高>予想

<セブン・インベストメント・マネジメント:インベストメントマネジャー;ベン・クマール>:*B
・「決算シーズンはエネルギーと金融を除けば悪くはなかったが…気に入らないものを何でも除くわけにはいかない。」
・「楽観的な見方が広がった後…リスクを回避する日が数日続いたが…どちらも本物の勢いがない。」
・「石油がセンチメントを再び左右している。その他ではあまり動きがないためだ。」

>>:まだまだ、上にも下にも強いトレンドはでていないようだ…

【NY外為】 ::ドル円利食い
●ドル売り優勢
*ドル円*…一時108円台前半まで下落
⇔特段の売りを誘発する材料は見当たらず…単に利益確定売りに伴う下げ(・・?

∵**ドル円*
▽大型連休中の105円台半ばから3.5%上昇
▽21日移動平均線も越えた
∴一旦利益確定売りが出てもおかしくはない水準
>>:安倍首相や麻生財務相などの口先介入は全く無関係と思われる…(笑)

<黒田日銀総裁>:独経済紙のインタビュー
・「日銀の政策は限界に達しておらず…必要なら大幅に緩和できる。」
・「テクニカル的にはECBと同程度の水準まで金利を引き下げることができる。」
>>:ハイハイそうですか…程度に受け止められた…と思われる

*ドル円
(チャート):目先の下値サポート
・108.25付近(週初のNY時間に強いサポートとなっていた水準…108.00にかけて買いオーダー並ぶ)
・107.90付近(大型連休中からの上げのフィボナッチ38.2%戻しの水準)

*ユーロ*
▽買い優勢の展開
*ユーロドル*:1ユーロ=1.1440米ドル近辺まで上昇
*ユーロ円*:ドル円に連れ安して一時123.60近辺まで下落。ドル円の戻りの中もユーロ自体の強さから下げ渋る動き。
…ユーロドル・ユーロ円とも21日移動平均線を土台にしっかりとした動き

*カナダドル*:買い郵政
・米週間石油在庫統計(原油在庫▲341万バレル…大幅な減少)
*カナダ円*:84.60円近辺まで上昇
…商品市場で原油も急伸
******************************
******************************
■エリオットの波■は日経平均(月足)では…「下げの鼓動」最後の調整波にある。
■エリオットの波■:加藤のチャート利用法
※mixiコミュ:「SCMTBはじめくん」に掲載!!
******************************

※こんな時だからこそ…確認しておこう…振り落とされないために…しっかりつかまっているために…

<偉大な先達「山崎和邦」氏(元野村證券営業本部長)の見通し…>
<当面の注意事項>
(1)これからの上昇は「中間反騰」だから戻りのメドを見切って…出来るだけ沢山売っておくことだ。
(2)そのあとにバーゲンセールが来る。
(3)その時は何を買っても儲かる。⇔怖い自己を乗り越える自律が必要…それが儲ける資格!!
※買下がり戦略は第152号ご参照

<加藤補足>
>日経平均で17000円までの戻りは「想定の範囲内」である…突破「18000円」が想定内にも反落
☆:25日移動平均線との▲12%乖離超(1月21日と同様)で反発すると予測
※2月12日で▲13.5%→反発した(騰落レシオも58.67%<70%と割安ゾーン入りしていた)
※5月11日で乖離は+0.5%・騰落レシオは102.3%(乖離率>+4%・騰落レシオ<120%)

>世界全体の「金融政策」協調に加え「財政政策」での協調がない限り上昇には限界
●今回のような「意味不明」の上昇には必ずそれ以上の「咎め」が…
>一旦の戻りの後…「作られた」金融不安などを起因に再び下落へ…
※覚悟すべき目処(山崎氏):1万4809円!!(始動点から大天井までの半値押し)
…このころ世間はみんな弱気になる…だからこそ安値で買えるのだ…と山崎氏は言う
******************************

<加藤の予測>
【当面見通し&方針:1511末時点】 (追加(6)・…訂正(4)&(3)…3回目)
(1)年初急落…持ち直しは年央以降…年末急伸
(2)日経平均は14000円(ちょい割れあり)から22000円
(3)ドル円は106円(ちょい割れあり)から125円(リスクは円高に)…160408
  訂正前:ドル円は110円(ちょい割れあり)から125円(リスクは円高に)
  訂正前:ドル円は113円(ちょい割れあり)から125円 (年央までなら120円)
  ★03月01日の時点で円高目処を112.30円→111.50円→110.90円 と算出…突破!!
  ※04月08日の時点で円高目処を108.00円→106.50円→105.20円と算出
  ※現在の水準108.40円(05月12日)で上値抵抗は109.40円・下値抵抗は107.30円
  ★為替は苦手だぁ!!
(4)反発のきっかけは「インフラ公共投資」の推進を相場が認めること (金融政策ではない!!)
  訂正前:「中国」の「本格的財政」出動を相場が認めること
(5)新興国関係は「腹を決めて」金利を取るに徹する(投信で言えば基準価額が20%下がったら
買い下がる)
(6)買い下がったもので利益が出たものは10%毎に利食い
******************************

**お知らせ**
<セミナー>
>7月10日(日) 13:30‐15:00 
・会場:小田原(おだわら市民交流センターUMECO…前回と同じです
・小田原FP事務所さんのご協力をいただいています
・小田原駅から徒歩1分)
・定員:20名(参加費:1000円…リピーター・ペア割引あり)

>7月30日(土) 11:15-12:45
・会場:SOBIZGATES 2FA会議室(東京都新宿区新宿5-11-2 SOBLD)…前回と同じです
・都営新宿線「新宿三丁目」駅&都営副都心線「新宿三丁目」駅より徒歩1分
・JR山手線「新宿」駅より徒歩5分
・定員:36名(参加費:1000円)
※おかげさまで前回も定員をオーバーするご参加をいただきました。お早目のお申込みを!!


>5月21日
・受かるぞ!!FP3級!! 9月試験対策講座(全8回)の体験講座:500円
…日本カルチャー協会 東村山校
>5月28日
・新入銀行員のためのマーケット知識基礎講座
…「ストリートアカデミー」 https://www.street-academy.com/steachers/62329


※お問い合わせは…mstb2021139@goo.jpまで

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。