加藤肇の「前向き!!投信ゼミナール!!」

・「よくわからないまま」投信を利用してる方!!

・銀行での投信窓販解禁以来、16年!!
・お客様向けセミナー講師回数3500回超!!
・指導した販売担当者は10000人以上!!
・お客様目線から「やさしく」「大事なとこだけ」
 解説します!!

【20160621のマーケットから】両議長

□■前向き!!投信ゼミナール!!■□第230号

**日記**
>6月20日
・午前中…歯医者へ。右下奥の歯がやっと入って治療終了。
・午後…神田鎌倉橋へ「日経電子版」使い方セミナーへ…電子版も日々進化してる…
・平日に「街」に出ると感じること…「背広」を着なくなってまだ(もう(・・?)1年半だ…
******************************
******************************
※ご注意ください!! 
・本ブログの情報は…
・信頼できると判断した資料や私の経験をもとに提供させていただいておりますが、
・今後の投資成果を保証するものではありません。
・「投資」にあたっては「自己判断」「自己責任」で行っていただくようお願い致します。 
・*Bはブルンバーグから*nは日経電子版から*Rはロイターからの引用コメントです
*****************************
*****************************

★懸念要因動向★
●米国利上げ…FRB:金融政策据置…利上げは年1回
●原油価格…$50/バレル接近はリグ稼働数増加へ…ドル高は原油価格にプラスは作用か(・・?
●中国景気…成長率鈍化は明らか…人民元売り止まらず…今後の「売り」要因として注
--------------
●英国EU離脱…今が「旬」の「売り要因」…離脱実現後の混乱注…主要国中銀連携発動か(・・?
●日銀追加緩和…物価の反発期待薄いなかでは温存止む無しか…首相判断入るか(・・?

>昨日のマーケットから
*国内株式市場*…3営業日続伸…
・日経平均 16169.11(+203.81 +1.27%):騰落レシオ95.2%・25日移動平均乖離率▲2.0%
・TOPIX    1293.90(+14.71 +1.14%)
・東証マザーズ    982.40(+11.78 +1.19%)
・東証REIT指数    1845.62(+11.47 +0.62%):利回り3.41%(リスクプレミアム=3.555%)

<大和住銀投信投資顧問:株式運用部;岩間星二ファンドマネジャー>:*B
・「英選挙結果が出てこなければリスクの取りようがない。」
・「どちらかにベットするのは危険。」
・「離脱可能性までの悲観をいったん株価が織り込んだ後で残留を織り込む方向へ行っている。」
・「日本株はかなり下げており…ここからあらためて売るような材料もない。」

<大和証券投資戦略部:石黒英之シニアストラテジスト>:*B
・「手口からみて…6月に入りヘッジファンドは大量に日本株の先物を売り越していたと推測。」
・「一方で…英国のEU離脱懸念がやや後退する流れの中でも前日まで買い戻しは進んでいなかったので…下がったところではアンワインドによる買い戻しが入りやすい。」

<SMBCフレンド証券投資情報部:松野利彦チーフストラテジスト>:*B
・「投票日まで流動的な側面は残るが…世界的なリスクオフ緩和基調は日本株の下支え要因。」
・「日経平均のバリュエーションも13倍台と過去1年の下限で割安感は強い。」

>>:聞いた連中が「悪い」(笑)が、国内の連中は英国関連は「なかったこと」として消化しつつあるようだ…(チャート的にはまだまだ上値は重そうなことは事実だが…)

>>:結局、この日は朝方103円58銭と16日の高値103円55銭に迫ったドル円の動きが止まると「買い戻し」(アンワインド)を入れてきたということだろう。
>>:最新の英タイムズ紙の世論調査では…離脱派が2%上回ったようだが、本日は無視された。
>>:ソロスの懸念もいまのところは「無視」された格好だ…

**東京外為市場**
>>:今朝の日経の5面「英EU残留」でも円先高観の図は見ておいて欲しい
>>:経常黒字の拡大している国の通貨は売られにくい…は頭に入れておこう

**NY外為市場**
*ドル円*…再び103円台へ

<オッペンハイマーファンズ:世界マルチ資産グループ運用者;アレッシオ・デロンジス>:*B
・「米金融当局の姿勢がハト派寄りに傾いたことで…向こう数週間にドルが下げる可能性はある。」
・「英国民投票で『EU残留』が示されれば…ドルは一段と下落する公算が大きい。」
>>:これはかなり思い切った発言…このドル安は株価を押し上げるだろう…

*NY株式市** :小幅続伸
NY株式21日(NY時間16:23)
・ダウ平均   17829.73(+24.86 +0.14%)
・S&P500    2088.90(+5.65 +0.27%)
・ナスダック   4843.76(+6.55 +0.14%)
・CME日経平均先物 16205(大証終比:+45 +0.28%)

<ロバート・W・ベアード:機関投資家担当株式セールス・トレーダー;マイケル・アントネッリ>:*B
・「ギリシャ情勢のようになっている。」
・「EU離脱をめぐる世論調査が発表されるたびに…それに合わせて市場が小刻みに変動する。」
・「投票までは何も起こらないだろう。」
・「イエレン米連邦準備制度理事会(FRB)議長が本日議会証言したが…わたしが話した人たちからの扱いや関心は薄かった。」

>>:イエレンの証言は極めて市場に「優しかった」証拠だろう。「英国のEU離脱にも配慮」とまでコメントしてくれたのだから…

**NY外為市場**

*ユーロ*…米ドルに対し1週間で最大の下げ
<欧州中央銀行(ECB):ドラギ総裁>:議会証言:ブリュッセル
◎「インフレ押し上げに向け行動する用意がある。」…あらためての表明
…「ユーロ圏の景気回復の勢いが年初に強まったにもかかわらず…インフレのダイナミクスはかなり弱い状態が続いている。」
…「ECBの新しい条件付き長期リファイナンスオペ(TLTRO2)は従来の発表通りに実施される。」

<コモンウェルス銀行(CBA):ストラテジスト;ピーター・ドラギセヴィッチ>:*B
・「(ECBの)追加刺激策が控えているとのコメントに市場は飛びついた。」
・「英国の欧州連合(EU)離脱・残留を問う国民投票を控えた非常に静かな状況では…すでに知っているはずのことにも市場は反応する、」

>>:「なにか動く」ものがないと気が済まない短期筋には、ユーロと英ポンドは今現在最高の「おもちゃ」というとこだろう…

>>:日経平均は「新たなペナント」形成に入ったかも…

■エリオットの波■は日経平均(月足)では…「下げの鼓動」最後の調整波にある。
■エリオットの波■:加藤のチャート利用法
※mixiコミュ:「SCMTBはじめくん」に掲載!!
******************************
******************************
※こんな時だからこそ…確認しておこう…振り落とされないために…しっかりつかまっているために…

<偉大な先達「山崎和邦」氏(元野村證券支店長:現武蔵野大学大学院教授)の見通し…>
<日経平均は二番底をつけたか?>
(1)2011年1月安値から2015年6月高値(20952円)までの上げ幅の半値押し
…2016年02月12日(一番底)14865円
(2)一番底からの半値戻し…2016年4月21日17381円…この後、少し上げて下げへ
(3)1990年代以降…一番底→二番底の平均日数=54日…5月18日!!16513円…
(4)つまり、今年のセルインメイはすでに通過したことになる…
(5)これは二番底なのか?
(6)山崎師は「中間反騰に過ぎず」と切り捨てる。 ☆☆☆
(7)ここからは師の経験に基づくものだが…「大相場=日経平均が2~2.5倍になる相場(アベノミクスを含め過去50年で5回)には大天井から4月21日までの日数が11カ月と短すぎる」と言う。
(8)そして…師は更に2016年が二黒の年であり、過去「9」(2+0+1+6=9)に係わった年は非常に強い何か(よくも悪くも)を生み出す…としている…
(9)二番底がまだついていない…とすれば…当面続くと思われる上げは「売り場」ということになるが…

<加藤の予測>
【当面見通し&方針:1511末時点】 (追加(6)・…訂正(4)&(3)…3回目)
(1)年初急落…持ち直しは年央以降…年末急伸
(2)日経平均は14000円(ちょい割れあり)から22000円
(3)ドル円は106円(ちょい割れあり)から125円(リスクは円高に)…160408
  訂正前:ドル円は110円(ちょい割れあり)から125円(リスクは円高に)
  訂正前:ドル円は113円(ちょい割れあり)から125円 (年央までなら120円)
  ★03月01日の時点で円高目処を112.30円→111.50円→110.90円 と算出…突破!!
  ★04月08日の時点で円高目処を108.00円→106.50円→105.20円と算出…突破 !!
  ※06月17日の時点で円高目処を103.44円→103.06円→102.27円と算出
  ※現在の水準104.75円(06月22日朝)で日中予測レンジは上値104.25円・下値105.25円
  ★為替は苦手だぁ!!
(4)反発のきっかけは「インフラ公共投資」の推進を相場が認めること (金融政策ではない!!)
  訂正前:「中国」の「本格的財政」出動を相場が認めること
(5)新興国関係は「腹を決めて」金利を取るに徹する(投信で言えば基準価額が20%下がったら
買い下がる)
(6)買い下がったもので利益が出たものは10%毎に利食い
******************************

**お知らせ**
<セミナー>
>7月10日(日) 13:30‐15:00 
・会場:小田原(おだわら市民交流センターUMECO…前回と同じです
・小田原FP事務所さんのご協力をいただいています
・小田原駅から徒歩1分)
・定員:20名(参加費:1000円…リピーター・ペア割引あり)

>7月30日(土) 17:00-18:30
・会場:日本カルチャー協会 東村山教室:Studio Avanti(スタジオ・アヴァンティ) 
・住所:東京都東村山市本町 2-21-3
・電話番号:042-397-1475
・体験講座として実施(体験講座料 500円)
・今後の定期的開催を予定しております(曜日・時間は再度見直し予定)

>5月28日 から開講しております。
・新入銀行員のためのマーケット知識基礎講座
…「ストリートアカデミー」 https://www.street-academy.com/steachers/62329
・日程・時間はいかようにもアレンジ可能です。おひとりでもグループ(割引あり)でもお受けします!!


※上記、お問い合わせは…mstb2021139@goo.jpまで

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。