加藤肇の「前向き!!投信ゼミナール!!」

・「よくわからないまま」投信を利用してる方!!

・銀行での投信窓販解禁以来、16年!!
・お客様向けセミナー講師回数3500回超!!
・指導した販売担当者は10000人以上!!
・お客様目線から「やさしく」「大事なとこだけ」
 解説します!!

【週初雑感】

(ご希望の方に毎週お送りしている【新騰落表】のレターコメントです)

<マーケット雑感>
・マーケットは、しばらく「安堵感」と「期待感」に支えられた動きが優先すると思われます。
・今週は26日にFOMC(声明27日)、28日‐29日に日銀金融政策決定会合が注目
・FRBは佳境に入る米大統領選を控え、動かないし動けないだろう。
・さすがの「サプライズ黒田」日銀もここでの追加緩和はない…と見るのが妥当だろう。

・中国でのG20は特に見るべきものはなかった。
・BREXITは先延ばしされた「安堵感」はあるが、不透明感が強まる…というリスクもまた増すというとだろう。

・懸念されて然るべきは「領土拡張」から「テロ拡散」に姿を変えた「地政学的リスク」だ…
・「同時多発テロ」の際に発揮された「テロに屈しない国際協調」もまた進化する必要があるが…

・そして…中国…英ポンドを売ることなく「金」を保有したソロスはいつ仕掛けるか?

・夏休みに突入する欧米の市場参加者たちの間隙を突く動き…下値確認…反発…が現在の個人的シナリオだが…

・チャートも再び微妙になってきた…何年かに一回か二回の「不思議な」相場付きになっている。

<投資信託>:データベース(モーニングスターHP)
・先週の純資産残高増加上位20本を視ると…
・国内株式インデックス型が6本(225連動型3本・TOPIX連動型3本)
・国際REIT型6本(米国REIT型4本・グローバルREIT型2本)
と、リスク選好の流れがはっきりと出た。
・国際REIT型が上位にいるのは、巷言われる「分配型投信にかげり…」とは裏腹…個人はしたたかに利回りを狙っているといううことだろう。
・BREXITの直後にあったヘッジ型外債投信への資金流入はやや落ちているように見られるが、世界的に低金利が続く現状下、「イールドハンティング慎重派」は今後も継続していくだろう。
・3本、国内株式型ベアが入っているのも要注意…野村はしたたかに顧客に「ベア」を売っているのか?…一旦の調整を読んでいるとも憶測したくなるが…

*****************************:
※ご注意ください!! 
・本コミュの情報は…
・信頼できると判断した資料や私の経験をもとに提供させていただいておりますが、
・今後の投資成果を保証するものではありません。
・「投資」にあたっては「自己判断」「自己責任」で行っていただくようお願い致します。

*****************************: 
☆「安堵感」と「期待感」で上昇基調のマーケットだが…
★ある日突然…マーケットは動き出す!!
★当面のマーケットを独自の切り口で解説
『前向き投信ゼミナール!!』
>7月30日(土) 11:15:00-12:45
(1)エリオット波動論(長期)・移動平均大循環理論(中短期)から見る当面のマーケット
(2)「BREXIT ショック」をマーケットはどう吸収するか…次に来るものたちは?
(3)投資信託情報
・会場:SOBIZGATES 2F A会議室
・住所:東京都新宿区新宿5-11-2 SOBLD
・定員36名(参加費:1000円)

*****************************:
※【新騰落表】配布・【セミナー】ご参加お申込みは…いずれもmstb2021139@goo.jpまで



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。