加藤肇の「前向き!!投信ゼミナール!!」

・「よくわからないまま」投信を利用してる方!!

・銀行での投信窓販解禁以来、16年!!
・お客様向けセミナー講師回数3500回超!!
・指導した販売担当者は10000人以上!!
・お客様目線から「やさしく」「大事なとこだけ」
 解説します!!

【160811のマーケットから】

□■前向き!!投信ゼミナール!!■□第257号

**日記**
>8月11日
・渋谷でFP2級受験講座(個別指導)の講師
・その後、渋谷から新橋まで3時間の「ポケモン散歩」(笑)
・久しぶりによく歩いた…歩けた
・よく「営業」で取った道で懐かしかった…

**お知らせ**
・次回セミナー予定
・夏を行き、秋が来て…果たして年末にマーケットはどこに向かうのか?
・独自の切り口の<加藤節>でお届けします(笑)
<小田原>
>10月23日(UMECO)
<大阪>★←NEW!!…「行くぞ!!関西!!」
>10月29日(堂島…予定)
<東京>
>11月05日(場所未定)
※ご参加お申込みは…mstb2021139@goo.jpまで
******************************
******************************
※ご注意ください!! 
・本文中の情報は…
・信頼できると判断した資料や私の経験をもとに提供させていただいておりますが、
・今後の投資成果を保証するものではありません。
・「投資」にあたっては「自己判断」「自己責任」で行っていただくようお願い致します。 
・*Bはブルンバーグから*nは日経電子版から*Rはロイターからの引用コメントです.
*****************************
*****************************

【懸念要因動向】 (■=更新)
■米国利上げ
<ウィリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁>
・経済は目標に近づいている。
・そろそろ緩和を解除するとき。
・緩やかな解除が適切。
・年内の利上げは適切と見ている。★

■中国景気…成長率鈍化は明らか…人民元売り止まらず…今後の「売り」要因として注不気味
>10日
<中国国際金融有限公司(CICC)>
▼急速に拡大する住宅ローンについて…一部の都市で政策調整が実施される可能性を示唆

■原油価格…値ぶれ大きいが安定目指す($40~$50/Bの安定目指す)
>8月11日NY原油市場…急騰
*NY原油先物9月限(WTI)*(終値):1バレル=43.49(+1.78 +4.27%)
▽9月に産油国が会合
<サウジアラビア:ファリハ・エネルギー相>
・「OPEC加盟国と非加盟国が来月にアルジェリアで開催される会合の席上…原油安定化に向けた対応策などについて協議する。」
・「産油国と石油消費国で構成する国際エネルギーフォーラム(IEF)がアルジェリアで9月26日から28日に会合を開く。」
・「サウジアラビアは市況を注意深く見守っており…必要に迫られれば市場の再均衡化に向けOPEC加盟国および非加盟国と協力する。」
  
□欧州経済…英国EU離脱…長期戦へ
●7月の英経済はマイナス成長
<英有力シンクタンク:英国立経済社会研究所(NIESR)>
*5-7月期のGDP予想*
・前期比+0.3%<前回(4-6月期):+0.6%…大きく伸び鈍化
…6月下旬の英国民投票後の動きが一部反映された内容
…7月単独では…▲0.2%(マイナス成長)
>欧州株式9日終値
・英FT100  6851.30(+42.17 +0.62%)
・独DAX  10692.90(+260.54 +2.50%)…2月安値から2割超上昇…「強気相場」入り(・・?
・仏CAC40  4468.07(+52.61 +1.19%)

□日銀追加緩和…政府経済対策をサポート(・・?
>04日
<岩田日銀副総裁>:横浜市内での講演
・「今までの金融緩和の程度を縮小することはありえない。」
※市場の思惑錯綜
<黒田日銀総裁>
・「次回9月の決定会合で…今の金融緩和策を総括的に検証。」
▼日銀限界説台頭…日銀は緩和を縮小するのではとの憶測も
▽現実的には…例え限界が来ているとしても…緩和政策を止めるという選択肢はない?
∵唯一景気が好調とも言われている米国…このところ先行き不透明感増加
∴ここで日銀が緩和政策を止めたら日本発の世界不況に陥る可能性も皆無とは言えない…
⇒「限界だから止めるという選択肢はない。」
*****************************
*****************************
【160811のマーケットから】
**国内株式市場** :「山の日」
>>:誰がみても…今日は「大はしゃぎ」…だろう

**NY株式市場**: 反発(米国3指数とも最高値更新…1999年12月31日以来)
>NY株式11日(NY時間16:25)
・ダウ平均   18613.52(+117.86 +0.64%
・S&P500    2185.79(+10.30 +0.47%)
・ナスダック   5228.40(+23.81 +0.46%)
・CME日経平均先物 16890(大証終比:+120 +0.72%)

▽百貨店決算好調+▽原油買戻し強まる+▽新規失業保険申請件数(好調な雇用情勢示す)
・ダウ平均・S&P500…一時142ドル高まで上昇(最高値更新)

*米メーシーズ*
・第2四半期調整後1株利益:0.54ドル>(予想0.45ドル)
*新規失業保険申請件数(6日までの週)*
・結果 266千件≒予想 265千件・前回 267千件(269千件から修正)

<ウィリアムズ・キャピタルG:プリンシパル兼ヘッド株式トレーダー;スティーブン・カール>:*B
・「じり高の展開が続いている。」
・「小売りで予想を上回る決算が発表された上に失業保険申請件数など経済指標が相場の強さに反する内容ではなかった。」

>>:あまり「強い」材料ではないが…薄商いのなせる業か(・・?

**NY外為市場** :米ドル上昇
・特段のドル買い材料は見当たらず
▽原油急上昇→米株上昇→米国債利回り上昇⇒ドル買い加速

※夏休みシーズン…市場参加者が少なく薄商いになっていることも要因
※米利上げに関しては依然不透明感も…本格的に上値を目指すといった雰囲気ではない

*ドル円*:ストップを巻き込んで一時102円台に上昇
⇔米国債の大量償還…102円台では実需の売りオーダーも観測

<メキシコ中央銀行>:政策金利据置…メキシコ・ペソは値上がり
*****************************
*****************************:
■エリオットの波■:日経平均(月足)では…「下げの鼓動」最後の調整波にある。
■移動平均大循環理論■(5日‐25日‐75日移動平均ベース)
・短期>長期>中期=続伸し「上昇トレンド」維持

■騰落レシオ■>8月10日:6日=92.41・25日=98.33
******************************
******************************
<加藤の予測>
【当面見通し&方針:1511末時点】 (追加(6)・…訂正(4)&(3)…3回目)
(1)年初急落…持ち直しは年央以降…年末急伸
(2)日経平均は14000円(ちょい割れあり)から22000円
(3)ドル円は106円(ちょい割れあり)から125円(リスクは円高に)…160408
  訂正前:ドル円は110円(ちょい割れあり)から125円(リスクは円高に)
  訂正前:ドル円は113円(ちょい割れあり)から125円 (年央までなら120円)
  ★03月01日の時点で円高目処を112.30円→111.50円→110.90円 と算出…突破!!
  ★04月08日の時点で円高目処を108.00円→106.50円→105.20円と算出…突破 !!
  ★06月17日の時点で円高目処を103.44円→103.06円→102.27円と算出…突破!!
  ★06月27日の時点で円高目処を101.40円→ 99.00円→ 97.37円と算出
  ※現在の水準101.90円(08月12日朝)
  ※本日予測レンジは101.50円⇔102.30円
  ※今週予測レンジは99.85円⇔103.10円
  ★為替は苦手だぁ!!
(4)反発のきっかけは「インフラ公共投資」の国際協調による推進を相場が認めること
    訂正前:「中国」の「本格的財政」出動を相場が認めること
(5)新興国関係は「腹を決めて」金利を取るに徹する(投信で言えば基準価額が20%下がったら
買い下がる)
(6)買い下がったもので利益が出たものは10%毎に利食い
*****************************
*****************************
**お知らせ**
>随時開講中
・新入銀行員のためのマーケット知識基礎講座
・FP2級・FP3級受験講座(短期間で効率よく合格へ!!)
…「ストリートアカデミー」 https://www.street-academy.com/steachers/62329
・日程・時間はいかようにもアレンジ可能です。おひとりでもグループ(割引あり)でもお受けします!!


※上記、お問い合わせは…mstb2021139@goo.jp

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。