加藤肇の「前向き!!投信ゼミナール!!」

・「よくわからないまま」投信を利用してる方!!

・銀行での投信窓販解禁以来、16年!!
・お客様向けセミナー講師回数3500回超!!
・指導した販売担当者は10000人以上!!
・お客様目線から「やさしく」「大事なとこだけ」
 解説します!!

【160921のマーケットから】

□■前向き!!投信ゼミナール!!■□第282号
**日記**
>9月21日
・【新騰落表】不着事件…MNさん・KWさんにはどうやら送れたようだ。どうやらgmail経由で不着が起きているらしい。
・午後から船橋イオン散策へ…ひたすら3時間歩いた…なぜか文具や本を買っていた(笑)
・同期が亡くなった。62歳…豪快に笑い、呑み、食べた…あの姿が甦る。
・『逝く君を 天も惜しむか 秋の雨』合掌。
******************************
******************************
※ご注意ください!! 
・本文中の情報は…
・信頼できると判断した資料や私の経験をもとに提供させていただいておりますが、
・今後の投資成果を保証するものではありません。
・「投資」にあたっては「自己判断」「自己責任」で行っていただくようお願い致します。 
・*Bはブルンバーグから*nは日経電子版から*Rはロイターからの引用コメントです.
*****************************
*****************************
●<ドル円> チャート
■移動平均大循環理論■(5日‐25日‐75日移動平均ベース)
  https://kabutan.jp/stock/chart?code=0950
★長期>短期>中期=位置的には…上昇トレンドへの「移行期」から「大底圏」への逆行か?
…トピックスとチャートを睨んだ攻防が続いたがいよいよ決着か(・・?
●<日経平均>チャート
■エリオットの波■:(月足)では…「下げの鼓動」最後の調整波にある。
・2016年5月31日の17251.36円を抜くと「上昇波動」の復活の可能性強まるが…
 https://kabutan.jp/stock/chart?code=0000
■移動平均大循環理論■(5日‐25日‐75日移動平均ベース)
 https://kabutan.jp/stock/chart?code=0000
・中期>短期>長期=「下降トレンド」への移行ゾーンに入る
…ローソク足も「窓」が空いており波乱注(読み通り…当面続く)
■騰落レシオ■>9月21日:(6日)=121.68(25日)=111.69(6日・15日「買われ過ぎ」ゾーン入り)


☆彡注目☆彡
<イエレンFRB議長>:FOMC後の発言
『(政策金利引き上げについては)今後の景気改善の継続を待ちたい。』
・われわれは非常に苦労して互いの見解を理解した。・利上げのタイミングは様々な選択肢がある。
・労働市場が改善しリスク増えなければ年内1度利上げに。
・短期的な経済リスクは概ね安定的。・今後2~3年で物価は目標の2%に届くと予想。
・米経済は数年間に渡り緩やかに拡大。(GDP見通しは緩んだ…生産性の弱さ反映)
・労働市場は今後も引締る見通し。(18万人の雇用増は非常に底堅いが長期的には持続不可能)
『改善に自信がないことが利上げ見送りの理由ではない。』
・緩やかなペースでの利上げが適当。・金融政策に決まった道のりはない。
『11月会合で利上げが正当かどうかを判断へ。』
****************************
****************************
【懸念要因動向】 (■=更新)
■米国利上げ
<FRB政策金利>:結果 0.25%~0.50%=予想 0.25%~0.50%=現行 0.25%~0.50%(据置)
◎7人が「据置」に賛成⇔●3人が反対…0.25%利上げ求める。
<FOMCメンバーによる金利見通し(前回)>
>2016年:0.375%…3人(0)・0.625%…10人(6)・0.875%…3人(9)・1.125%…1人(0)
<FOMC声明>
『利上げの根拠は強まったが…しばらく景気状況を見守る。』☆
◎短期リスクは概ね安定的・◎労働市場は引き続き拡大・◎成長も上向き・◎家計支出は増大。
●物価は引き続いて短期的には2%を下回ると予想・●設備投資は引き続き軟調。
<FOMC経済見通し()は6月時点>
*実質GDP*
・2016年+1.8%(+2.0%)・2017年+2.0%(+2.0%)・2018年+2.0%(+2.0%)・2019年+1.8%
・長期+1.8%(+2.0%)
*失業率*
・2016年:4.8%(4.7%)・2017年:4.6%(4.6%)・2018年:4.5%(4.6%)・2019年:4.6%
・長期:4.8%(4.8%)
↓ ↓ ↓…ほぼ昨日のコメント通り
>今週のFOMC…市場コンセンサス
・「FOMCでは利上げ見送りはほぼ確実。」
・「イエレン議長の会見・経済見通し・FOMCメンバーの金利見通しに注目。」
・「メンバーの中には慎重派も少なく無く…成長見通しも前回6月から下方修正してくる可能性も。」
・「金利見通しでは年内は利上げ無しの予想に投票してくるメンバーがいないとも限らない。」
・「見通しは立てづらい状況ではあるが…思ったほどタカ派な雰囲気はない。」
・「FOMC後の為替市場の反応はドル売りになるのでは…(・・?」


■中国景気…成長率鈍化は明らか…人民元売り止まらず…今後の「売り」要因として注不気味
◎中国景気の過度な鈍化懸念後退
<李克強首相>:「中国経済は中高速ペースの成長が年末まで続く」と楽観


■原油価格…値ぶれ大きいが安定目指す($40~$50/Bの安定目指す)
>160921:大幅続伸
◎NY原油先物10月限(WTI)(終値):1バレル=45.34(+1.29 +2.93%)
▽米石油協会(API)統計と米エネルギー情報局(EIA)統計の原油在庫がともに予想に反して急減
▽EIA統計…原油在庫が2月以来の水準に落ち込む
▽FOMC…利上げ見送り→ドル下落
*EIA週間石油在庫統計(バレル・前週比)*
・原油在庫▲620万・ガソリン▲320.4万・留出油+223.8万
 (クッシング地区) 原油在庫+52.6万
>>:1バレル=$40~$50なら「大騒ぎ」する必要はないだろう…


□欧州経済…英国EU離脱…長期戦へ
・特になし


■日銀追加緩和…政府経済対策をサポート(・・? 」
*日銀政策決定会合*
<黒田日銀総裁>:会見
・「短期金利と10年物国債金利の2つを操作する。」
・「物価2%目標のオーバーシュートを認める。」
・「金利操作と時間軸の両面で従来の枠組みを強化した。」
>市場の反応
●今後のマイナス金利深堀りや量的緩和拡大などの具体的な言及なし…やや失望感広がる
<安倍首相>
・けさ日銀から電話で政策決定に関する説明があった。
・長短金利操作付きQQEは政府としても歓迎。
・政府・日銀が一体となって緊密に連携。
・金融・財政・構造政策のアベノミクスを加速させる。
※TPP以外はいい事言っている!!
・世界は第4次産業革命に直面。
・AIなどの分野に民間投資回るよう環境整備。
・人口減少はむしろ追い風、ロボット・AI活用の加速化促す。
・働き方改革は生産性向上に向けた最善の道。
・国会でTPPの早期承認求める。米国にはリーダーシップを期待


(ETF買入状況):判明分
●従来型ETFの買入実施せず (02日・08日・20日)
◎従来型ETFの買入実施
・12日:737億円 ・13日:733億円 ・14日:733億円 ・21日:733億円
*****************************
*****************************
【160921のマーケットから】
**国内株式市場**: 大幅上昇
>前場:手控えムード
∵日銀の金融政策決定会合&米連邦公開市場委員会(FOMC)という2つのビッグイベント控え
>後場:日銀の決定会合結果を好感…大きく買い優勢に傾く
∵追加緩和とはいえないものの…金融緩和の枠組みを変更したことを評価
∵ETFの買い入れ方法の変更(TOPIX優先)…金融株上昇
∵為替円安…輸出株などにも有利に
※売買代金:2兆7000億円台(7月29日に3兆3000億円弱をこなして以来の高水準)


<SMBC信託銀行:山口真弘シニアマーケットアナリスト>:*B
・「マイナス金利の深掘りがなく…銀行株のウエートが高いTOPIX型のETFを買い入れ対象とすることで金融株の上昇は継続しそう。」
<三井住友アセットマネジメント:吉川雅幸チーフマクロストラテジスト>:*B
・「今後はTOPIX型ETFへの支援材料が増えるとみられる。」
・「TOPIXと日経平均の相対位置関係を示したNT倍率(日経平均÷TOPIX)は12.4倍と6月24日以来、約3カ月ぶりの低水準となった。」(株式市場全体が上がっていないことを示す)
・「ETFに関する日銀の新方針は…NT倍率の拡大を是正する意図がある。」
※東証1部・売買高:25億8902万株・売買代金:2兆7152億円…ともに7月29日以来の高水準


<円債市場>
・2年:368回▲0.230%・5年:129回▲0.180%・10年:344回 ▲0.030%・20年:158回+0.410%
>午後…急速に売られる(利回り上昇)
【日銀】
・「長短金利操作付き量的・質的緩和の導入」
・「10年債利回りがゼロ%程度で推移するよう国債を買い入れる」


**NY株式市場**:大幅上昇
>NY株式21日(NY時間16:23)
・ダウ平均   18293.70(+163.74 +0.90%)
・S&P500    2163.12(+23.36 +1.09%)
・ナスダック   5295.18(+53.83 +1.03%)
・CME日経平均先物 16570(大証終比:-160 -0.97%)


▽午後に発表されたFOMC結果+イエレンFRB議長会見…株式市場は買い強まる
<FRB>
・年内利上げの方向感を示す⇔しばらく状況を見守る姿勢も示す
・GDP見通しの下方修正+年内の利上げ無しを予想のメンバーも…利上げに慎重さも垣間見られる
⇒株式市場はポジティブな反応を示す
▽金融株が底堅く推移
▽米週間石油在庫統計…原油在庫が大幅減→商品市場で原油上昇→エネルギー関連株も上昇


<FBBキャピタル・パートナーズ:調査ディレクター;マイク・ベイリー>:*B
・「投資家にとっての短期的なリスク要因の一つが除かれた。」
・「市場は確実性を好む。」
・「今回は利上げはないとの見方が市場で一般的だったが実際にその通りとなった。」
・「現在の問題は主要な材料は何かということだ。」
・「現時点で最優先される材料はまず決算シーズンだ。」
・「またイタリアでの国民投票や英国の欧州連合(EU)離脱をめぐる状況といった比較的重要度の低い国外要因…利上げはその次になった。」


**NY外為市場**:予想通りの円上昇
*ドル・円*:1ドル=101円00銭まで上昇後→100円35銭まで下落
▼米連邦準備制度理事会(FRB)…連邦公開市場委員会(FOMC)で利上げ見送り…ドル売り優勢
*ユーロ・ドル*:1ユーロ=1.1134ドルへ下落後→1.1197ドルへ上昇
▽欧米金利差縮小…ユーロ買い・ドル売り強まる
*ユーロ・円*:1ユーロ=112円09銭まで下落後→112円61銭へ上昇
【金融政策】
・米:FOMC)…政策金利(フェデラルファンドFF金利の誘導目標)を0.25-0.50%に据置決定
【FOMC声明】
・「当面はさらなる証拠を待つことに決定」・「利上げの根拠は強まった」


<シリコン・バレー・バンク:上級為替トレーダー;ミン・トラン>:*B
・「長期的な見通しに基づくと…米ドルは想定されていた利上げによる支援を受けられない。」
↓ ↓ ↓
(市場のコンセンサス) …昨日のコメント(市場は狙っていた)
*日本銀行:金融政策決定会合*
・「資産購入の規模拡大&マイナス金利の深掘りを決定するのかどうかに注目。」
▼最近の日銀会合ではいずれも見送り
∴市場参加者の間で政策手段は出尽くしつつあるとの見方が広がる。
<為替ストラテジスト>
・「円にとって最大の注目は…イエレンFRB議長がタカ派的な兆候を示すことだ、」
<三井住友銀行:佐藤慎介為替トレーディンググループ長>:*B
・「そもそも米国の利上げが年内1回程度ならドル高トレンドへの回帰は見込めない。」
・「日銀がマイナス金利の深掘りをやってもやらなくても…イールドカーブが立って円安トレンドに回帰していくということはない。」
*****************************
*****************************
◆ETFおよびETN売買状況◆:21日
・合計売買代金:2949億円(前日比+113.1%)
※日経平均株価に連動するETF(含 ベアETF・レバレッジETF)20銘柄の売買代金
・合計:2700億円(前日比+112.8%)
…『NEXT日経平均レバレッジ』:売買代金1866億6500万円…東証全銘柄でトップ。
…過去5営業日の平均売買代金918億3900万円を大きく上回る


(個別銘柄)
◎上昇
・『東証銀行業株価指数連動型上場投資信託』+8.00%
・『ダイワ上場投信東証銀行業株価指数』+7.14%
・『NEXT:銀行』+6.33%・『ダイワ銀行上場投信・TOPIX−17』+6.18%
・『NEXT:原油ブル』+5.40%
●下落
・『iPath:VIX短期先物指数連動受益証券発行信託』▲8.11%
・『純パラジウム上場信託(現物国内保管型)』▲3.45%


◆新規投信設定◆
>2016/9/21
<ステートストリート> 3本
☆日本株式最小分散インデックス・オープン
★先進国株式・低ボラティリティ・アルファ・オープン
★先進国株式・低ボラティリティ・アルファ・オープン(為替ヘッジあり)
<楽天証券> 3本
★グローバル株式ファンド・★エマージング株式ファンド・●世界債券(為替ヘッジ付)ファンド
******************************
******************************
<加藤の予測>
【当面見通し&方針:1511末時点】 (追加(6)・…訂正(4)&(3)…3回目)
(1)年初急落…持ち直しは年央以降…年末急伸
(2)日経平均は14000円(ちょい割れあり)から22000円
(3)ドル円は106円(ちょい割れあり)から125円(リスクは円高に)…160408
  訂正前:ドル円は110円(ちょい割れあり)から125円(リスクは円高に)
  訂正前:ドル円は113円(ちょい割れあり)から125円 (年央までなら120円)
  ★03月01日の時点で円高目処を112.30円→111.50円→110.90円 と算出…突破!!
  ★04月08日の時点で円高目処を108.00円→106.50円→105.20円と算出…突破 !!
  ★06月17日の時点で円高目処を103.44円→103.06円→102.27円と算出…突破!!
  ★06月27日の時点で円高目処を101.40円→ 99.00円→ 97.37円と算出
  ※現在の水準100.35円(09月22日午前6時20分…昨日予想レンジ下値を1円抜け)
   ※本日(160922)予測レンジは…99.00円⇔101.70円
  ※週間(160919-23)予測レンジは…99.00円⇔103.30円
  ★為替は苦手だぁ!!
(4)反発のきっかけは「インフラ公共投資」の国際協調による推進を相場が認めること
    訂正前:「中国」の「本格的財政」出動を相場が認めること
(5)新興国関係は「腹を決めて」金利を取るに徹する(投信で言えば基準価額が20%下がったら
買い下がる)
(6)買い下がったもので利益が出たものは10%毎に利食い
*****************************
*****************************
**お知らせ**
『前向き投信ゼミナール!!』: 2016年秋(年末から年始へ)
(1)開催日直近まだのトピックスからマーケットの大きな流れを解説
(2)チャート(移動平均線大循環理論)を基に当面の「日経平均」「NYダウ」「ドル円」の動きを予測
(3)投資信託情報 など…


<ついに…関西進出!!>
>10月29日(土) 13:00-14:30 @大阪1★(今回新設!!)
・会場:NSEリアルエステート堂島淀屋橋店C-2会議室
・〒530-0047:大阪市北区西天満2-6-8 堂島ビルヂング(地下)
【アクセス】・ 地下鉄御堂筋線「淀屋橋駅」徒歩4分
・ 御堂筋に面した大阪市役所北向かいの大型ビル
・ 1階が「池田泉州銀行」「ドトールコーヒー」
http://www.nse-r.net/dojima/index.html
・定員:25前(参加費:1000円)
★関西のみなさま!!お待たせしました!!
★久々の「加藤節」をご堪能ください!!(お知合いにもご紹介くださいm(__)m)
★10月ですので…ゆっくりご検討を!!


<いつもの…小田原・新宿も>
>10月23日(日) 13:30‐15:00  @小田原7★(感無量…7回目です!!)
・会場:小田原(おだわら市民交流センターUMECO…前回と同じです
・小田原FP事務所さんのご協力をいただいています
・小田原駅から徒歩1分
http://umeco.info/use/access/
・定員:30名(参加費:1000円…リピーター・ペア割引あり)
★前回はおかげさまで満席になりました!!お早目のご予約を!!


>11月12日(土) 11:15‐12:45 @新宿4★(開場の都合で日程が変更になりましたm(__)m)
・会場:SOBIZGATES2階A会議室
・住所:東京都新宿区新宿5-11-2 SOBLD
http://www.kaigi-room.com/build/access/c001346.php
・定員36名
★毎回満席…ありがとうございます…お早目のお申込みを!!


※ご参加お申込みは…mstb2021139@goo.jpまで


>随時開講中
・新入銀行員のためのマーケット知識基礎講座
・FP2級・FP3級受験講座(短期間で効率よく合格へ!!)
…「ストリートアカデミー」 https://www.street-academy.com/steachers/62329
・日程・時間はいかようにもアレンジ可能です。おひとりでもグループ(割引あり)でもお受けします!!


※上記、お問い合わせは…mstb2021139@goo.jp

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。