加藤肇の「前向き!!投信ゼミナール!!」

・「よくわからないまま」投信を利用してる方!!

・銀行での投信窓販解禁以来、16年!!
・お客様向けセミナー講師回数3500回超!!
・指導した販売担当者は10000人以上!!
・お客様目線から「やさしく」「大事なとこだけ」
 解説します!!

【161107のマーケットから】安堵感再び

□■前向き!!投信ゼミナール!!■□第307号
**日記**
>11月07日
・一日読書
・電通の「事件」は胸が痛む。巨大組織を蝕む悪しき週間は徹底的に壊して欲しい。
・若い有能な人材を一部「狂人」の「虐め」で失ってはならない。
******************************
******************************
※ご注意ください!! 
・本文中の情報は…
・信頼できると判断した資料や私の経験をもとに提供させていただいておりますが、
・今後の投資成果を保証するものではありません。
・「投資」にあたっては「自己判断」「自己責任」で行っていただくようお願い致します。 
・*Bはブルンバーグから*nは日経電子版から*Rはロイターからの引用コメントです.
*****************************
*****************************
【テクニカル】
◎<ドル円>
■移動平均大循環理論■(5日‐25日‐75日移動平均ベース)
  https://kabutan.jp/stock/chart?code=0000
☆彡短期>中期>長期=「天井圏」での波乱
>>:「天井圏」での波乱は「ヒラリー追訴せず」で収束に向かうか?
>>:5日と25日のデッドクロスを回避すれば「ドル堅調」地合い継続だろう
>>:105.50円を抜ければ107.50円が当面目処か?
>>:ヘッジ付外債はそのまま保有(大統領選以後の「ヒラリーデメリット」に備える)
◎<日経平均>
■エリオットの波■:(月足)では…新しい「上げの鼓動」の上昇第一波に入った可能性大
・2016年5月31日の17251.36円を抜き「上昇波動」の復活の可能性可能性が強まった
>>:18500円を意識する動きになるか?
■移動平均大循環理論■(5日‐25日‐75日移動平均ベース)
  https://kabutan.jp/stock/chart?code=0000
☆短期>中期>長期=「天井圏」での波乱
>>:まるでトランポリンの上で跳ねているような動き…
>>:今日もNY高を受けた「買戻し」圧力は壮途に強いだろう
■騰落レシオ■>11月07日:(6日)=85.32(25日)=121.73(★10日=112.34・★15日=129.53…★「過熱ゾーン」)
***********
***********
[各国金融政策]
 とくになし
***********
***********
<<お知らせ>>
 >> 『前向き投信ゼミナール!!』: 2016年秋(年末から年始へ)
  (1)開催日直近まだのトピックスからマーケットの大きな流れを解説
  (2)チャート(移動平均線大循環理論)を基に当面の「日経平均」「NYダウ」「ドル円」の動きを予測
  (3)投資信託情報 など…
■新宿11月12日※詳細は一番最後に!!
***********
***********
【161107のマーケットから】
*国内株式市場*:大幅反発
 >2016年11月07日
 *TOPIX*:1362.80(前日比+15.76 +1.2%)
 *日経平均株価*:1万7177円21銭(前日比+271円85銭 +1.6%)
 ※東証1部:(売買高)17億6163万株(売買代金)1兆9179億円<6営業日ぶり2兆円
  ▼売買高・売買代金とも先週末比▲10%超…コンディションは良くない(・・?


 ◎3営業日ぶり反発
  ▽米国大統領選への警戒感が後退+為替の円安推移も好感


  <アストマックス投信投資顧問:山田拓也シニアファンドマネジャー>:*B
    ・「FBIのクリントン候補に対するメール問題の再調査をきっかけに…悲観に傾き過ぎた分、        ショートカバー中心にその反動が出た。」
    ・「時間外で米国株先物が上昇していることも安心感につながった。」
    ・「8日の米大統領選結果が出るまで動きにくいものの…きょうの反発をみる限りは市場はほぼ
     クリントン氏の勝利を予想している。」
******
******
>07日
[経済指標]
 【米国】
  ・10月労働市場情勢指数(LMCI):+0.7(予想▲1.5・9月:▲0.1←▲2.2)
  ・9月消費者信用残高:前月比+192.92億ドル(予想+175億ドル・8月+267.5億ドル←+258.7億   ドル)
******
******
☆米国株式市場☆:大幅反発
>NY株式7日(NY時間16:20)
 ・ダウ平均   18259.60(+371.32 +2.08%)
 ・S&P500    2131.52(+46.34 +2.22%)
 ・ナスダック   5166.17(+119.80 +2.37%)
 ・CME日経平均先物 17325(大証終比:+95 +0.55%)


 ◎ダウ平均…370ドル高まで上げ幅拡大→先週までの7営業日分の下げを一気に回復


  ▽クリントン氏のメール問題で再捜査していたFBI…同氏の訴追を求めないことを表明
   →トランプリスクへの警戒感後退
  ▽最新のABCの世論調査(支持率)…クリントン=47%⇔トランプ=41%
   →クリントン氏優勢⇒市場は安心感を強める
   ※恐怖指数(VIX指数)…先週末より17%超急落→18ポイント台半ばまで下がる
  ▼世論調査…依然僅差…開けて見なければわからない情勢
    ★クリントン当選でも株高が続くかどうかは未知数
    ★市場…トランプの外交に対するスタンス・貿易・移民政策などを敬遠


  <ウェドブッシュ・セキュリティーズ:株式トレーディング担当MD;マイケル・ジェームズ>:*B
    ・「先週末まで9日続落だった。」
    ・「ドナルド・トランプ共和党候補が勝利する可能性が市場に強い警戒感をもたらしていた。」
    ・「クリントン候補の電子メール問題に関するFBIの発表で警戒感はある程度取り除かれた。」
    ・「8日の投票に伴い週内は強いボラティリティがみられることは確実に分かる。」
******
******
☆NY外為市場☆:ドル反発
 *ドル・円*:1ドル=104円28銭から104円62銭まで上昇⇒104円50銭で引け。
  ▽クリントン前国務長官の私用メール問題を再捜査していた米連邦捜査局(FBI)
   …不起訴とした7月の決定を維持する方針を明らかに
  ⇒米国の大統領選挙への警戒感を受けたリスク回避の動きが大きく後退
 *ユーロ・ドル*:1ユーロ=1.1066ドルから1.1028ドルへ下落⇒1.1045ドルで引け。
  ▼独製造業受注…予想外に減少→ユーロ売り優勢に
 *ユーロ・円*:1ユーロ=115円55銭から115円27銭へ軟化
 *ポンド・ドル*:1ポンド=1.2437ドルから1.2379ドルへ下落
 *ドル・スイス*:1ドル=0.9779フランまで上昇後→0.9737フランへ下落
  ▽安全通貨としてのスイスフラン買い継続


  <ウエストパック銀行:金融市場戦略責任者;ロバート・レニー>:*B
    ・「クリントン氏が勝利し…ドルは堅調になって」12月のFOMCを迎える…というのが当社の基本     予測だ。」
    ・「クリントン氏勝利の場合のドル相場を105円と予想。」
    ・「この日の市場は明らかにこの見方を共有しているようだ」
***************
***************
【懸念要因動向】 (■=更新)
□米国利上げ
 とくになし
  
■中国景気…成長率鈍化は明らか…人民元売り止まらず…今後の「売り」要因として注不気味
 *外貨準備高:10月末時点*
  ・結果:3.12兆ドル(前月比:▲457憶ドル)…予想以上の減少
  ●単月の減少幅としては今年1月以来
  ▼10月…米利上げ期待からドル高優勢
  ▼人民元…対ドルで一本調子の下げ⇒1.53%下落…昨年の8月以来の下落率
  ⇒資金流出継続
  ※(現状)中国経済への警戒感は一服してはいるものの…
    ▼依然として…不良債権問題+国有企業改革+過剰生産設備など不信感根強い
    ▼実体経済も指標以上に悪化しているとの指摘も
    ⇒人民元安はもうしばらく続く可能性大(・・?
    ⇔米大統領がクリントン氏orトランプ氏どちらでも人民安放置はしない


  (市場活性化策)
   ◎深セン・香港間の「相互乗り入れ」(両株式市場の相互取引)開始に向けたリハーサル
   …6日に終了…今週中にも取引開始の具体日程公表


■原油価格…値ぶれ大きいが安定目指す($40~$50/Bの安定目指す)
 >161107:反発
 *NY原油先物12月限(WTI)(終値)*:1バレル=44.89(+0.82 +1.86%)
  ▽8日の米大統領選挙への警戒感後退
  ▽一方的な下げ局面が続いた前週末までの流れ変化
  ⇔
  ▼選挙結果を見極めたいとの思惑や供給過剰懸念など…
  ⇒立会い開始後は狭いレンジ内で戻り一服
  >>:1バレル$40~50近辺で動いていれば大騒ぎする必要はないだろう。
 
■欧州経済…英国EU離脱…長期戦へ+欧州金融不安再燃
 【ユーロ圏】
  [経済指標]
  *ユーロ圏小売売上高(9月)*
   >前月比:結果▲0.2%>予想▲0.3%・前回▲0.2%(▲0.1%から修正)
   >前年比:結果+1.1%<予想+1.2%・前回+1.2%(+0.6%から修正)
  *ユーロ圏小売業PMI(10月):結果=48.6<9月の49.6…今年5月以来の低水準
    ・独=M51.0<9月 ・仏=47.5<9月 伊=46.5>9月
     ※景況感判断基準=50
  *独製造業受注(9月)*
   >前月比:結果:▲0.6%<予想+0.2%・前回+1.0%から+0.9%に下方修正
   >前年比:結果:+2.6%<予想+3.5%・前回+2.0%
   ▼内需の落ち込みが要因…前月比:▲1.1%<前回の+2.4%…反動減
   ▼外需は小幅のマイナス…前月比:▲0.33%…2ケ月連続のマイナス
   ※地域別:ユーロ圏からの受注=▲4.5%⇔その他地域からの受注=+2.5%


 【英国】
  *英EU離脱交渉*
  <英高裁>・「政府のリスボン条約50条発動には事前の議会承認が必要」…英政府上告
    →審理の場は最高裁判所に
  <EU離脱交渉:デービス担当相>:下院証言
    ・「EU離脱通告は政府に権限がある。」
    ・「従来からの計画通り…3月末までにはEU離脱を通告する計画だ。」
  [経済指標]
   *ハリファックス住宅価格(10月)*
   >前月比:結果+1.4%>予想+0.2%・前回+0.3%(+0.1%から修正)


□欧州金融不安…現れては消え、消えては現れる…潜在的リスク
 とくになし


■日銀追加緩和…政府経済対策をサポート(・・?
(ETF買入状況)*:11月判明分 :11月07日現在
 ◎従来型ETFの買入実施 :01日=707億円 02日=706億円
 ●従来型ETFの買入実施せず :07日
 
■BRiC’s…更なる成長への挑戦  
 【ブラジル】:ボベスパ指数=61598.39(前日比▲0.25%)
  ◎テメル政権による構造改革に対する期待からブラジル株は年初から70%以上上昇
 【ロシア】休場
 【インド】:SENSEX指数=27274.15(前日比▲0.57%)
  ◎外国人投資家(FII)の売り継続警戒…10日連続の売り越し
 【中国本土】:上海総合指数=3125.32(前日比▲0.12%)
  ◎直近で公表された中国PMI良好


■困った時の…【豪州】!!
 ◎現在の水準:80.60円(11月08日午前07時55分)
   ※本日(161108)予測レンジは…80.30⇔80.85
  ※週間(161107‐11)予測レンジは…75.90⇔82.15
 [経済指標] なし
*****************************
*****************************
◆ETFおよびETN売買状況◆
 >07日
 ・合計売買代金:1569億円(前日比▲32.0%)
 ※日経平均株価に連動するETF(含 ベアETF・レバレッジETF)20銘柄の売買代金 )
 ・合計:1353億円(前日比▲33.9%)
  ※日経平均連動ETF (日経平均株価…急騰=+271円)
    『NEXT日経平均レバレッジ』:売買代金927億1100万円(東証全銘柄トップ)
    ★過去5営業日の平均1024億7800万円を下回る
◆新規投信設定◆
 >2016/11/03 休場
****************************
****************************
<加藤の予測>
【当面見通し&方針:1511末時点】 (追加(6)・…訂正(4)&(3)…3回目)
(1)年初急落…持ち直しは年央以降…年末急伸
(2)日経平均は14000円(ちょい割れあり)から22000円
(3)ドル円は106円(ちょい割れあり)から125円(リスクは円高に)…160408
  訂正前:ドル円は110円(ちょい割れあり)から125円(リスクは円高に)
  訂正前:ドル円は113円(ちょい割れあり)から125円 (年央までなら120円)
  ★03月01日の時点で円高目処を112.30円→111.50円→110.90円 と算出…突破!!
  ★04月08日の時点で円高目処を108.00円→106.50円→105.20円と算出…突破 !!
  ★06月17日の時点で円高目処を103.44円→103.06円→102.27円と算出…突破!!
  ★06月27日の時点で円高目処を101.40円→ 99.00円→ 97.37円と算出
  ※現在の水準:104.50円(11月08日午前08時00分)
   ※本日(161108)予測レンジは…102.10⇔103.40
  ※週間(161107‐11)予測レンジは…102.15⇔105.75
  ★為替は苦手だぁ!!
(4)反発のきっかけは「インフラ公共投資」の国際協調による推進を相場が認めること
    訂正前:「中国」の「本格的財政」出動を相場が認めること
(5)新興国関係は「腹を決めて」金利を取るに徹する(投信で言えば基準価額が20%下がったら
買い下がる)
(6)買い下がったもので利益が出たものは10%毎に利食い
*****************************
*****************************
■加藤のセミナー『前向き!!投信ゼミナール!!』


<11月は新宿です!!>
>11月12日(土) 11:15‐12:45 @新宿4★(開場の都合で日程が変更になりましたm(__)m)
・会場:SOBIZGATES2階A会議室
・住所:東京都新宿区新宿5-11-2 SOBLD
http://www.kaigi-room.com/build/access/c001346.php
・定員36名
★残席僅か!!


<いつもの…小田原も> :終了!!今回もいっぱいのお運びありがとうございました!!
>10月23日(日) 13:30‐15:00  @小田原7★(感無量…7回目です!!)
・会場:小田原(おだわら市民交流センターUMECO…前回と同じです
・小田原FP事務所さんのご協力をいただいています
・次回は来年1月15日(「初心者向け講座」も新設!!)


<ついに…関西進出!!> 盛況終了!!
>10月29日(土) 13:00-14:30 @大阪1★(今回新設!!)
・会場:NSEリアルエステート堂島淀屋橋店C-2会議室
・〒530-0047:大阪市北区西天満2-6-8 堂島ビルヂング(地下)
【アクセス】・ 地下鉄御堂筋線「淀屋橋駅」徒歩4分
・ 御堂筋に面した大阪市役所北向かいの大型ビル
・ 1階が「池田泉州銀行」「ドトールコーヒー」
http://www.nse-r.net/dojima/index.html
・定員:25前(参加費:1000円)
★関西のみなさま!!ありがとうございました!!


※ご参加お申込み(お問い合わせも!!)は…mstb2021139@goo.jpまで


>随時開講中
・新入銀行員のためのマーケット知識基礎講座
・FP2級・FP3級受験講座(短期間で効率よく合格へ!!)
…「ストリートアカデミー」 https://www.street-academy.com/steachers/62329
・日程・時間はいかようにもアレンジ可能です。おひとりでもグループ(割引あり)でもお受けします!!


※上記、お問い合わせは…mstb2021139@goo.jp





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。