加藤肇の「前向き!!投信ゼミナール!!」

・「よくわからないまま」投信を利用してる方!!

・銀行での投信窓販解禁以来、16年!!
・お客様向けセミナー講師回数3500回超!!
・指導した販売担当者は10000人以上!!
・お客様目線から「やさしく」「大事なとこだけ」
 解説します!!

【161128のマーケットから】当然の利食い(・・?

□■前向き!!投信ゼミナール!!■□第316号
**日記**
>11月28日
・個別指導の準備。今週は5コマ。
・少しでも質の高い講義をしなくては!!
***************************
******************************
※ご注意ください!! 
・本文中の情報は…
・信頼できると判断した資料や私の経験をもとに提供させていただいておりますが、
・今後の投資成果を保証するものではありません。
・「投資」にあたっては「自己判断」「自己責任」で行っていただくようお願い致します。 
・*Bはブルンバーグから*nは日経電子版から*Rはロイターからの引用コメントです.
*****************************
*****************************
<加藤注目>: OECD経済成長見通し…世界全体で2017年を3.3%に上方修正
◎トランプ氏の政策期待が奏功…米国&世界経済は堅調に!?
●英国…足元の経済は予想以上にしっかり⇔EU離脱の不透明感には警戒が必要


>2016年予測(9月時点予測)⇒2017年予測(9月時点予測)
 ・世界全体+2.9%=(+2.9%)⇒+3.3%(+3.2%)
 ・日本   +0.8%>(+0.6%)⇒+1.0%(+0.7%)
 ・米国   +1.5%>(+1.4%)⇒+2.3%(+2.1%)
 ・ユーロ圏 +1.7%>(+1.5%)⇒+1.6%(+1.4%)
 ・英国   +2.0%>(+1.8%)⇒+1.2%(+1.0%)
 ・中国   +6.7%>(+6.5%)⇒+6.4%(+6.2%)
*******
*******
<主要国金融政策>
*******
*******
【161128のマーケットから】
・国内株式市場*:まちまち
 >2016年11月28日
 *TOPIX*:1469.58(前日比+5.05 +0.3%) …12連騰…2015年6月1日の以来
 *日経平均株価*:1万8356円89銭(前日比▲24円33銭 ▲0.1%) …8日ぶり下落
 ※東証1部:(売買高)21億8569万株(売買代金)2兆3547億円


 ◎TOPIXが1年半ぶりの12連騰
  ▽根強い国内企業業績の改善期待
  ▽海外投資家による日本株再評価の動き
  ▽国内年金資金の買い入れ余地…など
  ⇒株式需給に対する楽観的な見方優勢


 <ニッセイ基礎研究所:井出真吾チーフ株式ストラテジスト>:*B
   ・短期的な過熱感と企業業績の回復期待が交錯する局面に入った。
   ・このまま株高やドル高・円安が加速するとは誰もみていないだろうが…
   ・中長期の投資家は米大統領選後の急騰についていけず…
   ・持たざるリスクを強く感じているはずだ。


 >>:まさにその通りだろう。そこを短期筋が買い上げる「踏み上げ」が続いている。


  <テクニカル>
 *日経平均*
 ■エリオットの波■:(月足)では…新しい「上げの鼓動」の上昇第一波に入った可能性大
 ・2016年5月31日の17251.36円を抜き「上昇波動」の復活の可能性可能性が強まった
 >>:18500円を意識する動きに
 ■移動平均大循環理論■(5日‐25日‐75日移動平均ベース)
  https://kabutan.jp/stock/chart?code=0000
  ☆短期>中期>長期=【天井圏】維持・「帯」の幅も拡大
  >>:まるでトランポリンの上で跳ねているような動きが続く
  >>:久しぶりに下ひげが5日線を下回ったが結局サポートされている。
 ■騰落レシオ■>11月28日:(6日)=★200.75(25日)=★132.29(10日=★204.44・15日=★164.36)
  >>:移動平均線との乖離率・騰落レシオは「買われ過ぎ」明らか…調整当然だが(・・?
******
******
●NY株式28日(NY時間16:25)…反落
 ・ダウ平均   19097.90(-54.24 -0.28%)
 ・S&P500    2201.72(-11.63 -0.53%)…5日ぶり反落
 ・ナスダック   5368.81(-30.11 -0.56%)
 ・CME日経平均先物 18295(大証終比:-35 -0.19%)


 ▼今週予定されているOPEC総会への不透明感高まる
 ∴株式市場…利益確定売り優勢
  ※先週…トランプ氏の経済対策への期待から最高値更新続く
  ∴OPECへの不透明感→利益確定売りのタイミング(ダウ平均…一時80ドル近く下落)
 ⇔下値では押し目買いも…下押す動きまでは見られていない。
 ▼先週末=ブラックフライデー
  <全米小売業協会(NRF)>発表
    ・24日から4日間の週末の買い物客1人当たり平均支出額…昨年よりも減少
    …値引きすれば買うという状況…消費者の財布の紐は固い(・・?
    …路面販売減少→百貨店株が軟調な動きに
   ⇒今週からの(サイバーマンデー)に期待


 <バンクハウス・ランプ:ストラテジスト;ラルフ・ツィマーマン>;*B
   ・S&P500種が最高値を更新し…
   ・財政のリフレーションに対する過剰な期待が少なくとも短期的には相場に織り込まれた。
   ・投資家は今後の刺激策については何も知らない。
   ・この日の先物下落は石油輸出国機構(OPEC)合意への期待が薄れたことが手掛かりだった。


 <テクニカル>
 ■移動平均大循環理論■(5日‐25日‐75日移動平均ベース)
  https://kabutan.jp/stock/chart?code=0000
  ☆短期>中期>長期=トランポノミクス期待で「大底圏」から一気に【天井圏】へ
  >>:この【天井圏】はまだ入り口と思われる。
******
******
●NY外為市場:28日…ドル買い一服
 *ドル・円*:1ドル=112円75銭から112円07銭まで反落し112円25銭で引け。
  ▼米国債利回り上昇&株高…一段落→ドル売り・円買い優勢に
 *ユーロ・ドル*:1ユーロ=1.0564ドルまで下落後1.0605ドルへ上昇し1.0600ドルで引け。
 *ユーロ・円*:1ユーロ=119円36銭から118円71銭へ下落。
  ▼株式相場の下落を嫌いリスク回避の円買いが再燃
 *ポンド・ドル*:1ポンド=1.2435ドルから1.2387ドルへ下落(ドル高)
 *ドル・スイス*:1ドル=1.0168フランへ上昇後1.0134フランへ下落(ドル安)


 [経済指標]・【米国】
 ・11月ダラス連銀製造業活動指数:10.1>予想:1.5・10月:▲1.5


 <ウエストパック銀行:シニア為替ストラテジスト;ショーン・キャロー>:*B
   ・米10年債利回りの低下で今週が始まり対円でのドルは苦戦しているようだ。
   ・米国債市場のトランプ・タントラム(かんしゃく)が弱まる兆候は…
   ・利回りに敏感な対円のドルに打撃を与えるだろう。


 <テクニカル>
 ■移動平均線循環分析理論■
 *ドル円*(5日‐25日‐75日移動平均ベース)
  https://kabutan.jp/stock/chart?code=0000
 ☆短期>中期>長期=【天井圏】
 >>:107.50円を抜けたので糸の切れた「凧」状態…
 >>:昨日先週からの窓を埋める「大陰線」…仕切り直しへ
  ※現在の水準:111.90円(11月29日午前06時45分)
   ※本日(161129)予測レンジは…111.20⇔112.50
  ※週間(161128‐1202)予測レンジは…111.05⇔114.60
***********
***********
【懸念要因動向】 (■=更新)


■トランプ新大統領関係
 <トランプ氏>:ツイッター
  ・キューバが同国の市民やキューバ系米国人および米国全体のためになる優れた取引に応じるつ  もりがないならば…取引は打ち切る!!


□米国利上げ
 
■中国景気…成長率鈍化は明らか…人民元売り止まらず…今後の「売り」要因として注不気味
 ◎景気回復期待強まる
  >27日:国家統計局発表
  *10月:工業利益(一定規模以上の工業企業)*結果:+9.8%>前月+7.7%
 ◎市場活性化
  >25日深センと香港の証券当局発表
  ・両市場間の「相互乗り入れ」(両株式市場の相互取引)…12月5日スタート


■原油価格…値ぶれ大きいが安定目指す($40~$50/Bの安定目指す)
 >161128:反発
 ◎NY原油先物01月限(WTI)(終値)*:1バレル=47.08(+1.02 +2.22%)
  ▽注目のOPEC総会(30日)に向けイラク石油相が協力する意向示す
  ⇒減産履行に向けた最終合意への期待感広がる


 ●>引け後のニュース
 <OPEC加盟国での協議>:ロイター通信…関係筋の話
  ・先ほど協議が終了…生産枠の詳細については合意できなかった。
 >>:1バレル$40~50近辺で動いていれば大騒ぎする必要はないだろう。
 
■欧州経済…英国EU離脱…長期戦へ+欧州金融不安再燃
 【ユーロ圏】
 <メルケル独首相>
  ・ポピュリストに政治を決めさせることはできない。
  ・米大統領選のキャンペーンは好きではない…敵同士でも互いに尊重し合わなければならない。
 <ドラギECB総裁>:議会証言
  ・政治リスクが新たな不透明感の最大の要因。
  ・英EU離脱の経済への影響を予測することは困難。
  ・ユーロは建設中の家屋であり脆弱感が残ることは警戒。
  ・12月の理事会で選択肢を評価する。
  …緩和的な政策を継続する⇔長期の低金利は不安定な土壌を作る。
  …社債購入は奏功している。
  …資産購入プログラムは十分柔軟性はある。
  ・財政政策はEUの規律を遵守する必要。
  ・自身は欧州委員会の財政政策に賛同する。
 <ストゥルナラス・ギリシャ中銀総裁>
  ・(QE延長について)現行の政策が継続する見込み
  ・QEの期間延長には買い入れペース減額案も検討
 【英国】
 <ブリヘ英中銀政策委員>
  ・低金利は経済問題ではない…低金利は低インフレによるものでもない。
  →金利水準は適切。
  ・ポンド安からのインフレは一時的。
  ・金融政策では問題を解決できない。
 <メイ英首相報道官>
  ・英国はEU加盟国としての地位においてのみEEAに参加している。
  …EU離脱後はEEAに参加しない方針を示唆
  ※EEA参加国は欧州単一市場へのアクセスを認められている
  ∴これから脱退することはアクセスを認められないということを意味
  ⇒当然英ポンド売り要因!!


□欧州金融不安…現れては消え、消えては現れる…潜在的リスク
 
■日銀追加緩和…政府経済対策をサポート(・・?
 [経済指標]
 *全国消費者物価指数(10月)*
 >前年比:結果+0.1%>予想±0.0%・前回▲0.5%
 >同:除く生鮮):結果▲0.4%=予想▲0.4%・前回▲0.5%


 (ETF買入状況)*:11月判明分 :11月28日現在
  ◎従来型ETFの買入実施 :01日=707億円 02日・09日・28日=各706億円
  ●従来型ETFの買入実施せず :07日・08日・10日 ・15日・16日 ・21日 ・24日・25日
 
■BRiC’s…更なる成長への挑戦
>25日 (先週末)
 【ブラジル】ボベスパ指数=61559.08(前日比+0.27%)…小反発
  ●政治的不安定続く
  ★腐敗捜査拡大…テメル政権が進めている財政赤字の縮小案の承認期待後退
 【ロシア】MICEX指数=2098.15(前日比▲0.23%)…5日ぶりに反落
  ●30日の石油輸出国機構(OPEC)総会での減産合意に対する不安拡大
  ●今年はプラス成長に回復できないとの見通し強まる
  <ロシア政府>:2016年の成長率予測=▲0.6~0.7%⇒2017年の成長率=+1%
 【インド】SENSEX指数=26316.34(前日比+1.76%)…反発
 【中国本土】上海総合指数=3261.94(前日比+0.62%)…続伸(今年1月6日以来の高値切り上げ)
  ◎景気回復期待強まる。
  <国家発展改革委員会(発改委)マクロ経済研究院:陳東キ・副院長>
    ・中国経済は回復軌道に乗った。
    ・16年第4四半期(10~12月)GDP成長率は1~9月実績の6.7%をやや上回るとみている。


■困った時の…【豪州】!!
 ◎現在の水準:83.75円(11月29日午前04時45分)
  ※本日(161129)予測レンジは…82.95⇔84.05
  ※週間(161128‐1202)予測レンジは…82.35⇔85.60
 [経済指標] 等
 *OECD経済報告*
 (豪経済について)
  ☆豪中銀は2017年末に向けて金融引き締めを始めると見込まれると指摘。
  ☆成長見通しは2018年までに3%に達する。
  ∵資源セクターは依然として冴えないことが予想⇔賃金や失業率低下から個人消費が下支え。
  ☆失業率は更なる低下が期待される⇔強いインフレ圧力は発生しない
*****************************
*****************************
◆新規投信設定◆
 >2016/11/28 ファンド名/投信会社
  ・グローバル好利回りCBファンド2016-11(円ヘッジ)(限定追加型)/BNYメロン
****************************
****************************
<加藤の予測>
【当面見通し&方針:1511末時点】 (追加(6)・…訂正(4)&(3)…3回目)
(1)年初急落…持ち直しは年央以降…年末急伸
(2)日経平均は14000円(ちょい割れあり)から22000円
(3)ドル円は106円(ちょい割れあり)から125円(リスクは円高に)…160408
  訂正前:ドル円は110円(ちょい割れあり)から125円(リスクは円高に)
  訂正前:ドル円は113円(ちょい割れあり)から125円 (年央までなら120円)
  ★03月01日の時点で円高目処を112.30円→111.50円→110.90円 と算出…突破!!
  ★04月08日の時点で円高目処を108.00円→106.50円→105.20円と算出…突破 !!
  ★06月17日の時点で円高目処を103.44円→103.06円→102.27円と算出…突破!!
  ★06月27日の時点で円高目処を101.40円→ 99.00円→ 97.37円と算出
(4)反発のきっかけは「インフラ公共投資」の国際協調による推進を相場が認めること
    訂正前:「中国」の「本格的財政」出動を相場が認めること
(5)新興国関係は「腹を決めて」金利を取るに徹する(投信で言えば基準価額が20%下がったら
買い下がる)
(6)買い下がったもので利益が出たものは10%毎に利食い
*****************************
*****************************
※次回セミナー(2017年)は…


◎小田原 1月15日(日)午前中は「初心者」
 >1月15日(日) 
 (1)10:30‐12:00 ★投資の窓口(市場の流れがわかる基礎講座)…始めるならここから!! 
 (2)13:00-14:30 ★前向き!!投信ゼミナール!!@小田原8(八回目!!…末広がり!!)
 ・会場:小田原(おだわら市民交流センターUMECO…前回と同じです
 ・共催:(社)小田原ファイナンシャルプランナー協会
 ・定員:(1)15名(2)30名
 ・参加料:(1)・(2)とも…お一人様1,500円((1)・(2)両方参加の方は両方で2,000円)
 ※グループ(2人以上)割引・リピーター割引あり…お一人様1,000円…値上げお許しくださいm(__)m


◎新宿  2月04日(土)11時15分から12時45分 「前向き!!投信ゼミナール!!@5」
 ・会場:SOBIZGATES2階A会議室
 ・住所:東京都新宿区新宿5-11-2 SOBLD
 http://www.kaigi-room.com/build/access/c001346.php
 ・定員35名
 ・参加料:お一人様1,500円…値上げお許しくださいm(__)m


◎大阪  検討中…開催日は2月を予定しています…具体的ご希望あればお知らせください。


※随時受付中…
◎「受かるぞ!!FP」…2級・3級講座(個別指導&グループ指導):回数・費用はご相談
◎「受かるぞ!!証券外務員」…1種・2種(個別指導&グループ指導):回数・費用はご相談
◎「マーケット基礎知識」…初心者向け


>>上記 お申込み・お問い合わせは… mstb2021139@goo.jp もしくは future1139blue@yahoo.ne.jp まで
>>「ストリートアカデミー」 https://www.street-academy.com/steachers/62329
でもお申込みいただけます!!(除 セミナー)
・日程・時間はいかようにもアレンジ可能です。おひとりでもグループ(割引あり)でもお受けします!!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。