加藤肇の「前向き!!投信ゼミナール!!」

・「よくわからないまま」投信を利用してる方!!

・銀行での投信窓販解禁以来、16年!!
・お客様向けセミナー講師回数3500回超!!
・指導した販売担当者は10000人以上!!
・お客様目線から「やさしく」「大事なとこだけ」
 解説します!!

【161205のマーケットから】またしても安堵感

□■前向き!!投信ゼミナール!!■□第320号
**日記**
>12月05日
・新しいハーフコートを買った。
・きっと、人生最後のハーフコートだろう(笑)
***************************
******************************
※ご注意ください!! 
・本文中の情報は…
・信頼できると判断した資料や私の経験をもとに提供させていただいておりますが、
・今後の投資成果を保証するものではありません。
・「投資」にあたっては「自己判断」「自己責任」で行っていただくようお願い致します。 
・*Bはブルンバーグから*nは日経電子版から*Rはロイターからの引用コメントです.
*****************************
*****************************
<加藤注目>
・オーストリアで一旦歯止めがかかった欧州ポピュリズムの進行は…
・「より迅速な改革」を図った国民投票が否決され、またしても「見通しのない勝利」が現出した
・しかし…市場が恐れた(期待した(・・?)混乱は一瞬で吸収され市場は平穏を取り戻した
・オーストリアはともかく、伊は必要である改革(意思決定の迅速化)が頓挫したことで「財政健全化」も立ち遅れることになるだろう。
・それでも市場が大きな混乱に陥らなかったのは、BREXITの学習効果と、ドラギ総裁(元伊中銀総裁)率いるECBの事前対応への信頼感があったということだろう。
・それは…混乱への対処であり、南欧諸国財政への具体的対処ではない…
・問題はなにも解決されないまま…市場はまたしても「安堵感」に包まれた。


>>:チャートを見てると売れない…
>>:しかしポピュリズムの「見通しなき勝利」によって買い上がる気には到底なれない。
>>:買っては売り・・売っては買い…の短期売買に徹する時
>>:もしくは泰然自若として「高みの見物」だろう。
*******
*******
<主要国金融政策>
*******
*******
【161205のマーケットから】
・国内株式市場*:続落
 >2016年12月05日
 *TOPIX*:1466.96(前日比▲11.02 ▲0.7%)
 *日経平均株価*:1万8274円99銭(前日比▲151円09銭 ▲0.8%)
 ※東証1部:(売買高)20億6800万株(売買代金)2兆2938億円(4営業日ぶり3兆円割れ)
 
 ●米国の雇用統計(まちまちな内容)…米長期金利低下→為替もドル安・円高方向に
 ▼収益環境の好転期待が後退


 <三菱UFJ国際投信:経済調査部;向吉善秀シニアエコノミスト>:*B
   ・「米雇用統計は内容がまちまちだった。」
   ・「リスク資産への資金シフトが予想以上に早かった。」
   ・「短期的には米金利上昇にスピード調整が入りつつある。」
   ・「相場の長期トレンドが続くには…ガス抜きも必要。」
   ・「米FOMC前の今週はちょうど利益確定売りも出やすい。」


 <テクニカル> *日経平均*
 ■エリオットの波■:(月足)では…新しい「上げの鼓動」の上昇第一波に入った可能性大
 ・2016年5月31日の17251.36円を抜き「上昇波動」の復活の可能性可能性が強まった
 >>:18500円到達!!(調整2波待ち)
 ■移動平均大循環理論■(5日‐25日‐75日移動平均ベース)
  https://kabutan.jp/stock/chart?code=0000
  ☆短期>中期>長期=【天井圏】維持・「帯」の幅も拡大
  >>:まるでトランポリンの上で跳ねているような動きが続く
  >>:5日の移動平均線との乖離大・窓空け・上髭の長い陰線…18000円割れを試すか?
 ■騰落レシオ■>12月05日:(6日)=100.52(25日)=119.38(10日=★126.23・15日=★150.38)
  >>:騰落レシオは「過熱感」サインが2つの期間で消灯。
******
******
◎NY株式5日(NY時間16:23)…NYダウ最高値更新
 ・ダウ平均   19216.24(+45.82 +0.24%)
 ・S&P500    2204.71(+12.76 +0.58%)
 ・ナスダック   5308.89(+53.24 +1.01%)
 ・CME日経平均先物 18405(大証終比:+145 +0.79%)


 ◎ダウ平均…最高値更新!!
 >日曜日…伊:憲法改正の是非を問う国民投票…レンツィ首相の改正案否決
  ▽市場…当初は混乱も直ぐに落ち着きを取り戻す
  ▽原油が堅調な動きを続けていることも支援。


 *ダウ平均*…一時104ドル高まで上昇⇔上値では最近の急上昇からの利益確定売りで伸び悩む


 <テクカル>:NYダウ 
 ■移動平均大循環理論■(5日‐25日‐75日移動平均ベース)
  https://kabutan.jp/stock/chart?code=0000
  ☆短期>中期>長期=【天井圏】維持・「帯」の幅も拡大
  >>:5日移動平均線に絡みつくように動く
  >>:この【天井圏】はまだ入り口の可能性大
******
******
◎NY外為市場:05日…ドル円乱高下
 *ドル・円*:1ドル=114円78銭まで上昇後…113円16銭へ反落→113円70銭で引け。
  ▽米国:11月ISM非製造業景況指数>予想…ほぼ1年ぶりの高水準
  →債券利回り上昇に伴うドル買いが加速
  ▼その後…債券利回り低下に転じる→ドル売り強まる。
 *ユーロ・ドル*:1ユーロ=1.0685ドルから1.0796ドルへ上昇し1.0760ドルで引け。
  ▽伊国民投票&墺大統領選挙のイベント通過…ユーロのショートカバー継続
 *ユーロ・円*:1ユーロ=123円19銭へ上昇後…122円04銭へ反落
 *ポンド・ドル*:1ポンド=1.2698ドルから1.2745ドルへ上昇
 *ドル・スイス*:1ドル=1.0116フランから1.0051フランへ下落
 [経済指標]
  ・11月ISM非製造業景況指数(総合):57.2>予想:55.5・10月:54.8
  ※詳細 (前回)
   ・総合:57.2(54.8)
    ・事業活動:61.7>(57.7)・新規受注:57.0<(57.7)・雇用:58.2>(53.1)・入荷遅延:52.0>(50.5)
    ・仕入価格:56.3<(56.6)・輸出:57.0>(55.5)・輸入:54.0>(53.5)
  ・11月労働市場情勢指数(LMCI):1.5>予想:0.2・10月:1.4←0.7)
  ・11月サービス業PMI改定値:54.6<予想:54.9・速報値:54.7
  ・11月総合PMI改定値:54.9=速報値:54.9


 <テクニカル> *ドル円*
 ■移動平均線循環分析理論■ (5日‐25日‐75日移動平均ベース)
  https://kabutan.jp/stock/chart?code=0000
 ☆短期>中期>長期=【天井圏】
 >>:107.50円を抜けたので糸の切れた「凧」状態…
 >>:昨日先週からの窓を埋める「大陰線」…仕切り直しへ⇒米長期金利睨む動きへ
  ※現在の水準:113.85円(12月06日午前06時45分)
   ※本日(161206)予測レンジは…112.95⇔114.55
  ※週間(161205-09)予測レンジは…111.50⇔115.15
***********
***********
【懸念要因動向】 (■=更新)
■トランプ新大統領関係
 <ダドリーNY連銀総裁>
   ・次期財務長官と緊密に協力へ


■米国利上げ
 <ダドリーNY連銀総裁>
   ・FOMCの2大責務の達成に近づいている
   ・2%のインフレ目標に向けて前進
   ・より引き締め気味の政策が経済の過程にふさわしい
   ・債券市場の調整は恐らく遅過ぎた可能性も。
   ・賃金はもう少し上昇するのが望ましい★
   ・景気の下振れリスクは恐らく縮小。
   ・ドル堅調は景気見通しの改善が理由。


 <エバンス・シカゴ連銀総裁>
   ・FOMCは財政政策の現状を考慮する必要。
   ・FOMCは株式市場の水準や金融の安定を考慮。


■中国景気…成長率鈍化は明らか…人民元売り止まらず…今後の「売り」要因として注不気味
 ●資金流出懸念強まる
  ▼<中国人民銀行(中央銀行)>:人民元対米ドル基準値を小幅ながら元安方向に設定
  …上海外国為替市場でも元売りの動き優勢
  ∴中国当局(人民元の流出を抑えるため)市場介入に乗り出したとの観測
  ▼本日スタートした深セン・香港株相互取引…売買低調


■原油価格…値ぶれ大きいが安定目指す($40~$50/Bの安定目指す)
 >161205:続伸
 ◎NY原油先物01月限(WTI)(終値)*:1バレル=51.79(+0.11 +0.21%)
  ▽前週に引き続き石油輸出国機構(OPEC)の減産合意による先行きの供給過剰解消見通し
  ▽10日予定のOPECと非加盟国の会合での減産合意期待・・など背景→一段と上値切り上げる


  >>:1バレル$40~50近辺で動いていれば大騒ぎする必要はないだろう。
 
■欧州経済…英国EU離脱…長期戦へ+欧州金融不安再燃
 【ユーロ圏】
  <オランド仏大統領>:「2017年の大統領選には出馬しない。」
  <メルケル独首相>:CDUのフォーラム…ウェブを通して演説
    「人・モノ・金・サービスの移動の自由が確保されない限りEUは単一市場へのアクセスに関して     譲歩することはできない・」
  [経済指標]
   *ユーロ圏小売売上高(10月)*
    >前月比:結果+1.1%>予想+0.8%・前回▲0.4%(▲0.2%から修正)
    >前年比:結果+2.4%>予想+1.7%・前回+1.0%(1.1%から修正)
   *ユーロ圏非製造業PMI・確報値(11月)*結果 53.8<予想 54.1・前回 54.1
   *独非製造業PMI・確報値(11月)*結果 55.1>予想 55.0・前回 55.0
   *仏非製造業PMI・確報値(11月)*結果:51.6<速報値 52.6
   *伊非製造業PMI(11月)*結果:53.3>予想51.6・10月51.0…今年2月以来の高水準回復
   …今回の数字には昨日の国民投票結果の影響はまだ反映されていない


 【英国】
  <カーニー英中銀総裁>
    ・高インフレの許容にも限界がある。
    ・政策はどちら方向にも対応可能。
    ・財政政策からの抑制は緩んだ。
    ・金融政策と財政政策と構造改革のミックスが必要。
    ・向こう数年は成長は平均以下。
    ・英成長は個人消費が牽引している。
    ・インフレ期待は明らかに高まった。
  [経済指標]
   *CIPS非製造業PMI(11月)*:結果 55.2>予想 54.0・前回 54.5…ポンド買い


□欧州金融不安…現れては消え、消えては現れる…潜在的リスク


■日銀追加緩和…政府経済対策をサポート(・・?
 <桜井日銀審議委員>:原油価格上昇についてコメント
  ・OPEC合意で原油価格が値上がりしている
  ・一般論でいえば他の条件を一定とすれば物価を押し上げる
  ★一段の追加緩和の必要性が後退しているとの印象を与える面も(・・?
 [経済指標]
   -
 (ETF買入状況)*:12月判明分 :12月01日現在
  ◎従来型ETFの買入実施 :05日=742億円
  ●従来型ETFの買入実施せず :01日
 
■BRiC’s…更なる成長への挑戦
>12月05日
 [経済指標]
  【中国】*財新サービス業PMI(11月)*結果 53.1>前回 52.4
>12月02日
 【ブラジル】:ボベスパ指数=60316.13(前日比+1.36%)…反発
  ▽通貨レアル反発…資金の流出懸念をやや緩和
  <ブラジル中央銀行>…米ドル売り・レアル買い介入を実施
  ▼弱い経済指標
   *鉱工業生産(10月)*>前年同月比:▲7.3%<予想▲6.5%<前月▲4.7%市
 【ロシア】:MICEX指数=2128.99(前日比+0.34%)…3日続伸
  ▽ブレント原油…1バレル当たり53米ドル台維持
  ▽景気の回復見通しも引き続き好感
  ▼<ロシア中央銀行>・年内利下げ実施せず…の方針示す
 【インド】:SENSEX指数=26230.66(前日比▲1.24%)…続落
  ▼成長予想の下方修正相次ぐ
  <バンクオブアメリカ・メリルリンチ(BOA/ML)>:最新リポート
  *成長予想*
   >2016年度(17年3月まで1年間):+6.9%(従来:+7.4%)
   >2017年度:+7.2%
   ∵500ルピー(約800円)と1000ルピーの高額紙幣の突然廃止が流動性不足を引き起こしている
   ∵第3Q国内総生産(GDP)成長率が予想下振れ
 【中国本土】:上海総合指数=3243.84(前日比▲0.90%)…反落
  ▼市場活性化の期待やや薄らぐ
  >週明け5日にスタートする深セン・香港株相互取引に関し…
  <両取引所幹部>「当初は盛り上がらない」との見方述べる


■困った時の…【豪州】!!
 ◎現在の水準:84.60円(12月02日午前07時05分)
  ※本日(161202)予測レンジは…84.30⇔85.20
  ※週間(161128‐1202)予測レンジは…82.35⇔85.60
 [経済指標] 等
    -
*****************************
*****************************
◆新規投信設定◆
>2016/12/5 ファンド名/投信会社
・インド債券ファンド(年2回決算型)/野村アセットマネジメント
****************************
****************************
<加藤の予測>
【当面見通し&方針:1511末時点】 (追加(6)・…訂正(4)&(3)…3回目)
(1)年初急落…持ち直しは年央以降…年末急伸
(2)日経平均は14000円(ちょい割れあり)から22000円
(3)ドル円は106円(ちょい割れあり)から125円(リスクは円高に)…160408
  訂正前:ドル円は110円(ちょい割れあり)から125円(リスクは円高に)
  訂正前:ドル円は113円(ちょい割れあり)から125円 (年央までなら120円)
  ★03月01日の時点で円高目処を112.30円→111.50円→110.90円 と算出…突破!!
  ★04月08日の時点で円高目処を108.00円→106.50円→105.20円と算出…突破 !!
  ★06月17日の時点で円高目処を103.44円→103.06円→102.27円と算出…突破!!
  ★06月27日の時点で円高目処を101.40円→ 99.00円→ 97.37円と算出
(4)反発のきっかけは「インフラ公共投資」の国際協調による推進を相場が認めること
    訂正前:「中国」の「本格的財政」出動を相場が認めること
(5)新興国関係は「腹を決めて」金利を取るに徹する(投信で言えば基準価額が20%下がったら
買い下がる)
(6)買い下がったもので利益が出たものは10%毎に利食い
*****************************
*****************************
※次回セミナー(2017年)は…


◎小田原 1月15日(日)午前中は「初心者」
 >1月15日(日) 
 (1)10:30‐12:00 ★投資の窓口(市場の流れがわかる基礎講座)…始めるならここから!! 
 (2)13:00-14:30 ★前向き!!投信ゼミナール!!@小田原8(八回目!!…末広がり!!)
 ・会場:小田原(おだわら市民交流センターUMECO…前回と同じです
 ・共催:(社)小田原ファイナンシャルプランナー協会
 ・定員:(1)15名(2)30名
 ・参加料:(1)・(2)とも…お一人様1,500円((1)・(2)両方参加の方は両方で2,000円)
 ※グループ(2人以上)割引・リピーター割引あり…お一人様1,000円…値上げお許しくださいm(__)m


◎新宿  2月04日(土)11時15分から12時45分 「前向き!!投信ゼミナール!!@5」
 ・会場:SOBIZGATES2階A会議室
 ・住所:東京都新宿区新宿5-11-2 SOBLD
 http://www.kaigi-room.com/build/access/c001346.php
 ・定員35名
 ・参加料:お一人様1,500円…値上げお許しくださいm(__)m


◎大阪  検討中…開催日は2月を予定しています…具体的ご希望あればお知らせください。


※随時受付中…
◎「受かるぞ!!FP」…2級・3級講座(個別指導&グループ指導):回数・費用はご相談
◎「受かるぞ!!証券外務員」…1種・2種(個別指導&グループ指導):回数・費用はご相談
◎「マーケット基礎知識」…初心者向け


>>上記 お申込み・お問い合わせは… mstb2021139@goo.jp もしくは future1139blue@yahoo.ne.jp まで
>>「ストリートアカデミー」 https://www.street-academy.com/steachers/62329
でもお申込みいただけます!!(除 セミナー)
・日程・時間はいかようにもアレンジ可能です。おひとりでもグループ(割引あり)でもお受けします!!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。