加藤肇の「前向き!!投信ゼミナール!!」

・「よくわからないまま」投信を利用してる方!!

・銀行での投信窓販解禁以来、16年!!
・お客様向けセミナー講師回数3500回超!!
・指導した販売担当者は10000人以上!!
・お客様目線から「やさしく」「大事なとこだけ」
 解説します!!

【161226のマーケットから】お休みモード

□■前向き!!投信ゼミナール!!■□第331号
<お知らせ>
◎来年のセミナーご案内…お申し込みはお早めに!!
◎小田原 1月15日(日)午前中は「初心者」
 >1月15日(日) 
 (1)10:30‐12:00 ★投資の窓口(市場の流れがわかる基礎講座)…始めるならここから!! 
 (2)13:00-14:30 ★前向き!!投信ゼミナール!!@小田原8(八回目!!…末広がり!!)
 ・会場:小田原(おだわら市民交流センターUMECO…前回と同じです
 ・共催:(社)小田原ファイナンシャルプランナー協会
 ・定員:(1)15名(2)30名
 ・参加料:(1)・(2)とも…お一人様1,500円((1)・(2)両方参加の方は両方で2,000円)
 ※グループ(2人以上)割引・リピーター割引あり…お一人様1,000円…値上げお許しくださいm(__)m


◎新宿  2月04日(土)11時15分から12時45分 「前向き!!投信ゼミナール!!@5」
 ・会場:SOBIZGATES2階A会議室
 ・住所:東京都新宿区新宿5-11-2 SOBLD
 http://www.kaigi-room.com/build/access/c001346.php
 ・定員35名
 ・参加料:お一人様1,500円…値上げお許しくださいm(__)m


**日記**
>12月26日
・3月の心臓補強手術の事前検査に大阪へ
・夜は古い友人と会食。お店の抽選で「充電式カイロ」(小型)が当たる。
・小さくも師走の福に緩む頬
***************************
******************************
※ご注意ください!! 
・本文中の情報は…
・信頼できると判断した資料や私の経験をもとに提供させていただいておりますが、
・今後の投資成果を保証するものではありません。
・「投資」にあたっては「自己判断」「自己責任」で行っていただくようお願い致します。 
・*Bはブルンバーグから*nは日経電子版から*Rはロイターからの引用コメントです.
*****************************
*****************************
【加藤注目】
<独連邦銀行(中央銀行):バイトマン総裁>;*B
  ・「伊の銀行モンテ・デイ・パスキ・ディ・シエナの救済で公的資金活用のハードルは高くすべきだ。」
  ・「公的資金は『最後の手段』として用いることが目的だ。」
  ・「伊政府が計画している措置は中核が健全な銀行のみ適用すべきだ。」


 >バイトマンの主張の裏側には…


  <欧州中央銀行(ECB)>:26日
   ・直近のストレステストの結果を基にした試算としてモンテ・パスキ銀に対し…
   ・最大88億ユーロ(約1兆1000億円)の増資が必要になる可能性があるとの書簡を送付
   …モンテ・パスキが発表資料で明らかに


  <欧州連合(EU)各国政府>
   ・『ベイルイン・ルール』の枠組みを構築
   …破綻にひんした銀行の救済コストを納税者ではなく投資家に負担させる!!
   ・2008-14年に金融セクター救済のため約2兆ユーロの公的支援実行
   ・危機収束後…銀行支援(特に存続可能な銀行への資本基盤強化)で公的支援実施要件厳格化
   ⇔
  <伊政府>
   ・同ルールの適用回避を目指す
   ・22日に発表されたモンテ・パスキ救済の概要(一部に不透明な部分が残っているものの)
   …銀行と国の関係を断とうとするEUの取り組みに逆行していることは明白。


 >更にバイトマンは吠える!!
   ・「われわれは原則的には新ルールに合意した。」
   ・「新ルールは特に納税者を保護し…投資家に責任を負わせるべきだ。」
   ・「公的資金は最後の手段としてのみ提供され従ってハードルは高い!!」


>>:常に負担を強いられる独国民のためにもバイトマンはドラギ(元伊中銀総裁)に挑み続ける。
*******
*******
<主要国金融政策>
*******
*******
【161226のマーケットから】
●日本株:3日続落…米雇用不透明と過熱感…売買はトランプラリー後最低
 >2016年12月21日
 *TOPIX*:1538.14(前日比▲5.68 ▲0.4%)
 *日経平均株価*:1万9396円64銭(前日比▲31円03銭 ▲0.2%)
 ※東証1部:(売買高)14億4186万株(売買金額)1兆6303億円
   ・売買代金は22日に比べ2割以上減…10月24日以来の低水準…11月のトランプラリー以降最低
   ・日経平均の高安値幅=46.5円…2014年9月1日(37.7円)以来の小ささ。


 ▼米国新規失業保険申請件数…予想以上の悪化→米国雇用に対する不透明感台頭
 ▼中国の成長鈍化懸念
 ▼米金利上昇の一服傾向


 <アセットマネジメントOne:武内邦信シニアフェロー>:*B
   ・「トランプ次期大統領を評価して上がってきた相場は期待を全て織り込んだ。」
   ・「東証1部の騰落レシオの歴史的な高さなど…ここから買うのはテクニカル的に難しい。」
   ・「足元の米経済はまだら模様だが…市場関係者の目線は先行きに移ってきた。」
   ・「あとは現実がどうなるか。来年1月の新大統領の就任演説まで様子見となりそう。」
 >>:夢は醒めかけているのか?


 <テクニカル> *日経平均*
 ■エリオットの波■:(月足)では…新しい「上げの鼓動」の上昇第一波に入った可能性大
   ・2016年5月31日の17251.36円を抜き「上昇波動」の復活とみてよいだろう
   >>:18500円到達→19000円超え…(調整2波待ち)
 ■移動平均大循環理論■(5日‐25日‐75日移動平均ベース)
  https://kabutan.jp/stock/chart?code=0000
  ☆短期>中期>長期=【天井圏】維持・「帯」の幅も拡大
  >>:まるでトランポリンの上で跳ねているような動きから一転小幅な動きに
  >>:ローソク足の動きは「下げ」を示す
  >>:先々週の2日続きの「陰のコマ」…買い方の気迷い=相場の転換点接近を示していたが…
 ■騰落レシオ■>12月26日:(6日)=95.03(25日)=★135.66(10日=109.63・15日=★126.74)
  >>:騰落レシオ…6日・10日が「過熱」脱出 (平常より高い水準であることは変わりないが…)
******
******
◆NY株式市場:12月26日…休場(クリスマス振替休暇)
  
 <テクカル>:NYダウ 
  ■移動平均大循環理論■(5日‐25日‐75日移動平均ベース)
  https://kabutan.jp/stock/chart?code=0000
  ☆短期>中期>長期=【天井圏】維持・「帯」の幅も拡大
  >>:この【天井圏】はまだ入り口の可能性大
  >>:短期的な大幅調整の可能性はあるが…
******
******
◆NY外為市場:26日…ほぼ休場


  <テクニカル> *ドル円*
  ■移動平均線循環分析理論■ (5日‐25日‐75日移動平均ベース)
  https://kabutan.jp/stock/chart?code=0000
  ☆短期>中期>長期=【天井圏】
  >>:107.50円を抜けたので糸の切れた「凧」状態…まずは118円50銭か
  >>:小さなペナント形成…現状からは上抜けの可能性大 …逆に下抜けしたかも?
  ※現在の水準:117.10円(12月27日午前07時50分)
   ※本日(161227)予測レンジは…116.70⇔117.40
  ※週間(161226-30)予測レンジは…115.80⇔119.50
***********
***********
【懸念要因動向】 (■=更新)
□トランプ新I大統領関連
□米国経済
  [経済指標]など
 
■中国景気…成長率鈍化は明らか…人民元売り止まらず…今後の「売り」要因として注不気味
 ◎国有企業改革の進展期待
  >2017年は国有企業の「混合所有制改革」が加速


■原油価格…値ぶれ大きいが安定目指す($40~$50/Bの安定目指す)
 >161226:休場
  ●NY原油先物2月限(WTI)(終値)1バレル=52.49(▲0.81 ▲1.52%) …22日


  ★弱気材料並ぶ
   ▼<中国:習近平国家主席>
      ・経済成長に対して政府目標の6.6%を下回ることを容認する発言
   ▼オイルリグ(掘削装置)稼働数(米国)…8週連続で増加
     >先週末:米オイルリグ数=前週比+13基…523基
     >この3か月間…米オイルリグ数+105基(約+26%)・米ガスリグ数+37基(約+40%)
     …米国の原油生産や天然ガス生産は今後も増加することも予想される
 >>:1バレル$40~50近辺で動いていれば大騒ぎする必要はないだろう。
 
□欧州経済…英国EU離脱…長期戦へ+欧州金融不安再燃
 【ユーロ圏】
   [経済指標] など
 【英国】
   [経済指標]
    
■欧州金融不安…現れては消え、消えては現れる…潜在的リスク
 ※以下と本日の<加藤注目>を読み比べてください…
 ▽伊上院…銀行支援のため債務を200億ユーロ拡大する政府の要請を承認
 →伊金融システムの安定性への当面の懸念が後退
 <伊モンテ・パスキ銀>:同行のウェブサイト
   ・「予想以上のペースで流動性が枯渇する可能性がある。」
   ・「12月16日現在の流動性は106億ユーロ。」
   ・「流動性は4カ月後にマイナスに陥る可能性。」(先週の資料では11ヶ月後としていた)


■日銀追加緩和…政府経済対策をサポート(・・?
 <黒田日銀総裁>:経団連主催で講演を実施。
   ・この3年半あまりで過度な円高が是正され…株価は大きく上昇。
   ・世界経済は全体として上向きつつあるように見受けられる。
   ・リーマン・ショック後の調整局面脱し…新たなフェーズに入りつつある。
   ・長短金利操作付き量的質的緩和については…所期の効果を発揮
   ・国内の金利については…海外の経済の好転が明確になるに連れて上昇圧力を受ける。
   ・2017年はデフレの脱却に向けて…大きく歩みを進める年となる。
   ・日本経済は、これからは追い風を受けてさらに前進可能な状況となる。
   ・個人消費は緩やかに増加していくとみている。
   ・労働需要が引き締まり…賃金上昇の環境は十分に整っている。
 >>:おそらく…経団連の重鎮連は聞いてもいなかっただろう(笑)
  [経済指標]
    *
  (ETF買入状況)*:12月判明分 :12月21日現在
  ◎従来型ETFの買入実施 :05日・13日・14日・19日・20日=742億円
  ●従来型ETFの買入実施せず :01日 ・06日 ・07日 ・08日 ・12日 ・15日 ・16日 ・21日
 
□BRiC’s…更なる成長への挑戦
 
■困った時の…【豪州】!!
 ◎現在の水準:84.15円(12月27日午前07時50分)
  ※本日(161227)予測レンジは…83.30⇔84.90
  ※週間(161226-30)予測レンジは…82.25⇔86.25
 [経済指標] 等
*****************************
*****************************
◆新規投信設定◆
>2016/12/26 ファンド名/投信会社
 ・ベトナム株ファンド/大和アセットマネジメント
****************************
****************************
※次回セミナー(2017年)
◎大阪  検討中…開催日は2月を予定しています…具体的ご希望あればお知らせください。


※随時受付中…
◎「受かるぞ!!FP」…2級・3級講座(個別指導&グループ指導):回数・費用はご相談
◎「受かるぞ!!証券外務員」…1種・2種(個別指導&グループ指導):回数・費用はご相談
◎「マーケット基礎知識」…初心者向け


>>上記 お申込み・お問い合わせは… mstb2021139@goo.jp もしくは future1139blue@yahoo.ne.jp まで
>>「ストリートアカデミー」 https://www.street-academy.com/steachers/62329
でもお申込みいただけます!!(除 セミナー)
・日程・時間はいかようにもアレンジ可能です。おひとりでもグループ(割引あり)でもお受けします!!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。