加藤肇の「前向き!!投信ゼミナール!!」

・「よくわからないまま」投信を利用してる方!!

・銀行での投信窓販解禁以来、16年!!
・お客様向けセミナー講師回数3500回超!!
・指導した販売担当者は10000人以上!!
・お客様目線から「やさしく」「大事なとこだけ」
 解説します!!

【新騰落表】メールコメント 170106

※【新騰落表】…ご希望の方に毎週配信しています。


****************


※お知らせ 
★「前向き!!投信ゼミナール!!@大阪2」正式決定!!


・日時:2017年02月18日(土) 13時~14時半(会場12時45分)
・場所:NSE貸会議室B(大阪府大阪市北区西天満2-6-8 堂島ビルヂング)…前回と同じです
    淀屋橋駅 徒歩3分(大阪市営地下鉄御堂筋線・京阪本線)・大江橋駅 徒歩1分(京阪中之島線)・北新地駅 徒歩5分(JR東西線)
・定員:38名
・参加費:1,500円(お一人様)
・お申込みはこのメールにご返信ください。
・周りの方や、加藤のセミナーをいつも聞いていただいていたお客様にもご紹介していただくと助かります。


****************


>年明け相場が始まりました。


・年初の日経平均は「やっちまえ!!」感が出ていて笑えました。
・日米ともに今回は「2万」台へのチャレンジの週でしょう。


※ https://kabutan.jp/stock/chart?code=0000
※ https://kabutan.jp/stock/chart?code=0800


↑移動平均線循環分析では、日米ともに短基線>中期線>長基線の「天井圏」を維持
・調整があっても25日移動平均線(中期線)がサポートラインとなって跳ね返される動きが続いている。
・こんな時はあるなら急落…と何度も申し上げているが、年末のそれらしい気配も結局吸収されており、基調は依然強いようだ。
・但し、国内株式市場は公的資金によるサポートが大きく、日経平均は約3,000円は嵩上げされており、「売り」のタイミングが
どこかが今後は注目されるだろう。


※ https://kabutan.jp/stock/chart?code=0950


↑ドル円が少しきな臭いか(・・?
・<今年の見通し>でも書いたとおり、為替が一番「人為的」な力が働きやすい。
・チャートも「短基線」が下向きになっており、次への展開の布石をマーケット自身が打ちつつあるようにも思われる。
・「トランプ政策」はどこで「ドル高」との折り合いをつけるか…と言ってもよく、要人発言に注意


****************


■シカゴ筋通貨先物ポジュション推移■:▲売越 △買越 ▼週間売越 ▽週間買越
(主要国通貨):円の売り越し減少&ポンドの売り越し大幅増加。
・日本円=▲86764枚(▽245枚)…一旦の利食い(・・?
・ユーロ=▲70056枚(▼648枚)…戻れば売りが来る
・英ポンド=▲64742枚(▼7643枚)…戻れば売りが来る
・スイスフラン=▲13439枚(▼3348枚)…リスク回避解消
(資源国)
・加ドル=▲3871枚(▼2273枚)
・豪ドル=▲3256枚(▼746枚)
・NZドル=▲11413枚(▼412枚)


■米国雇用統計(12月)■:米労働省>6日
※失業率(家計調査):4.7%(11月:4.6%)
※非農業部門雇用者数(事業所調査:季節調整済み):+15万6000人<予想:+17万5000人(前月:+20万4000人←+17万8000人)
 …年間では6年連続で200万人を超える雇用創出(2016年=+216万人・2015年=+270万人)
 …クリントン政権時代の1999年以降で最長
 …ヘルスケア・社会扶助関連の雇用…+6万3300人(2015年10月以来の大幅増)
※平均時給(前年同月比):+2.9%(現在の景気拡大局面に入って最大の伸び…2009年06月以来)


 <レイモンド・ジェームズ・ファイナンシャル:チーフエコノミスト;スコット・ブラウン>:*B
  ・「労働市場は全般的に非常に力強い。」
  ・「労働市場の状況はさらにひっ迫している。賃金上昇圧力は確実に高まっている。今年は一段と圧力が強まるだろう。」


>>:この数字はFRBに利上げペースの維持に自信を持たせるだろう。
>>:次の展開は利上げによるドル高の弊害に誰がいつ発言するかだ…


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。