加藤肇の「前向き!!投信ゼミナール!!」

・「よくわからないまま」投信を利用してる方!!

・銀行での投信窓販解禁以来、16年!!
・お客様向けセミナー講師回数3500回超!!
・指導した販売担当者は10000人以上!!
・お客様目線から「やさしく」「大事なとこだけ」
 解説します!!

【思考回路:3】20171012

■トランプ記者会見期待外れ■
(1)「3点盛り」で株価は上昇
(2)為替は転換点移行の可能性高まる
【現在の懸念材料】
(1)米国景気動向…>11日:トランプ記者会会見…経済政策に具体的コメントなし
(2)為替動向…>11日:トランプ当選後初の記者会見(140字以上喋れるか(・・?)前に持高調整★
(3)中国景気動向…>11日:上海銀行間取引金利(SHIBOR)…今月に入り上げ急ピッチ
 ※1カ月物=約1年半ぶりの高水準を連日で切り上げ→実体経済への悪影響不安視される状況★
(4)石油価格動向…>12日:WTI:1バレル=52.25(+1.43 +2.81%)急反発…下過ぎ感⇔在庫増
 ※<イラク:ルアイビ石油相>:「12月のペルシャ湾岸南部港湾からの輸出が過去最多になった。」★
(5)欧州景気動向
 >11日:<カーニー英中銀総裁>
 ・英EU離脱はリスクを増大させる可能性を含んでいる★
 ・英EU離脱による金融安定のリスクは国内よりも大陸のほうが大きい★
 ・英EU離脱による目先のリスクは小さくなった☆ ・英EU離脱に関する英中銀の分析は正しかった。
 ・英中銀は英EU離脱によるリスク軽減に支援。・一部データは最新の英中銀の見通しに沿っている。
 ・今年の成長は鈍化が見込まれると再表明★ ・インフレ上昇に注目し始めている。
 ・経済は力強く成長している☆ ・金融政策は量的緩和の開始以来の不均衡を減少させた。
 ・低金利の導入以来、経済の富は増大している☆
(6)欧州金融不安…消えては浮かぶ時限爆弾
(7)日銀緩和政策…>11日:ETF購入せず
(8)新興国景気懸念…強いドルによる資金流出
   >12日:【ブラジル】中銀政策金利:結果+13.00%<予想+13.25%・現行+13.75%(引下げ)
    ※<ブラジル中銀>
      ◎インフレ懸念の後退→ブラジル経済の再生を最優先する熱意を強調する強いメッセージ
       (1)抑制されたインフレ期待とディスインフレの広がり
       (2)経済活動の予想以上の弱さ …を踏まえると…
      「金融緩和サイクルの進行が適切であり…新たな緩和のリズムを設定することが可能だ。」
   >10日【インド】*2016年度(17年3月まで1年間)成長予想*下方修正:7.1%(前年度=7.6%)★
             ※高額紙幣廃止…流動性不足→短期的に国内総生産(GDP)を鈍化
(7)IS国テロ…地政学的リスクの「拡散」


>>:現状のマーケットは(1)を重要視 (2)以下を軽視した格好となっている。
>>:しかし、米国株式市場が史上最高値水準に達している現状、更なる上昇を目指すには
かなり強いインパクトが必要となるだろう。
>>:逆に、「トランプ勝利」以来、ここまでパンパンに張って来たロングポジュションをヘッジファンドが
どこで外してくるのか(・・?機関投資家は戦々恐々であるのは違いないだろう。
>>:1月20日のトランプ大統領就任式に向けて腹の探り合いは続くだろう…
>>:「王様は裸だ!!」の声ははたしてでるのだろうか(・・?


>01月11日
◎NY株式概況◎
 ・ダウ平均   19954.28(+98.75 +0.50%)
 ・S&P500    2275.32(+6.42 +0.28%)
 ・ナスダック   5563.65(+11.83 +0.21%)
 ・CME日経平均先物 19390(大証終比:+40 +0.21%)


 ▽昨日の日経平均は+63.23円(19364.67円)
 <ニッセイアセットマネジメント:久保功株式ストラテジスト>:*B
   ・「米次期政権の政策に絡む悪材料が出てくるとの懸念がありつつも…
    …今のところ悪材料は出ておらず…投資家はこわごわではあるが買いを入れ始めた。」
   ・「11日のトランプ次期米大統領の会見は財政出動規模に関する質疑応答が注目点。」
   ・「選挙中に示唆した規模から大きく変わることはない。」
>>:結局、「懸念↓」→「安堵」→「期待↑」の3点盛りが投資家の頭に沁みついたということだろう。


>>:久保氏の予想はトランプ記者会見については見事に外れている。結局、経済については何も
具体的な発言は出なかったのだが…


  ▽NYダウ平均も反発した。
  <トランプ次期大統領会見>
   ●市場の期待とは裏腹な会見
    …ロシアのサイバー攻撃と自身のビジネスと大統領職との利益相反が中心
    ★経済政策…市場が期待していた大型減税やインフラ整備の具体的なヒントは無し!!
            …雇用創出・メキシコとの壁・各国との貿易条件(含 日本)などに若干触れた程度   *ダウ平均*
    ▼会見を受けて上下動しマイナスに転じる場面も
    ⇔2万ドルを目指す展開に変化はなく…引けにかけてプラスに転じる。
     …商品市場で原油が急反発…エネルギー関連株堅調
>>:どうやら、NYでも「3点盛り」が人気のようだ。
>>:12日、再び2万ドルへのアタックとなるだろう…


●NY外為市場概況●
 ■為替が一歩前を行く…
 ※為替の参加者は実態を素直に表現した(思惑と思惑がぶつかり合う激しい展開に)
 ・序盤こそトランプ記者会見への期待からドル円は116円台後半へ乗せたものの…
 ・会見が期待外れとわかると一気に114円台前半まで売り叩く
 ・一気に114円割れかと思いきや、ここは冷静に「突っ込み過ぎ」を警戒して急激な押し目買い
 ・115円台に切り返してやっと落ち着いた。
  ⇒11日:*ドル円レンジ*=114.25⇔116.85(短時間でレンジ内を複数回…激しく上下動)
 ・経済政策…20日の就任後へ持ち越しか(・・?
 ※114円台で止まったということは…今回は失望⇔期待が完全に失われたわけでは無いということ?


 >現在値=115.45円 本日予想レンジ=114.70円⇔116.00円
                     今週予想レンジ=114.30円⇔117.80円
  https://kabutan.jp/stock/chart?code=0950
  ★短期線と中期線が入替る可能性大(「天井圏」から「下降トレンド」への移行期入りか?)


 *豪ドル円*
 >現在値=85.90円 本日予想レンジ=85.50円⇔86.30円
                     今週予想レンジ=84.40円⇔86.30円
****************


◎年始セミナー勢ぞろいです!!


★「前向き!!投信ゼミナール!!@大阪2」正式決定!!
 >2017年02月18日(土) 13時~14時半(会場12時45分)
 >場所:NSE貸会議室B(大阪府大阪市北区西天満2-6-8 堂島ビルヂング)…前回と同じです
…淀屋橋駅 徒歩3分(大阪市営地下鉄御堂筋線・京阪本線)
  …大江橋駅 徒歩1分(京阪中之島線)・北新地駅 徒歩5分(JR東西線)
 >定員:38名
 >参加費:1,500円(お一人様)


★小田原 1月15日(日)午前中は「初心者」
 >2017年1月15日(日) 
 (1)10:30‐12:00 ★投資の窓口(市場の流れがわかる基礎講座)…始めるならここから!! 
 (2)13:00-14:30 ★前向き!!投信ゼミナール!!@小田原8(八回目!!…末広がり!!)
 ・会場:小田原(おだわら市民交流センターUMECO…前回と同じです
 ・共催:(社)小田原ファイナンシャルプランナー協会
 ・定員:(1)15名(2)30名
 ・参加料:(1)・(2)とも…お一人様1,500円((1)・(2)両方参加の方は両方で2,000円)
 ※グループ(2人以上)割引・リピーター割引あり…お一人様1,000円


★新宿  2月04日(土)11時15分から12時45分 「前向き!!投信ゼミナール!!@5」
 ・会場:SOBIZGATES2階A会議室
 ・住所:東京都新宿区新宿5-11-2 SOBLD
 http://www.kaigi-room.com/build/access/c001346.php
 ・定員35名
 ・参加料:お一人様1,500円


※今回より
…会場費・資料作成費を勘案の上、参加費を値上げさせていただきました。
…ご理解たまわりますようお願い申し上げます。m(__)m


※お申込みは下記メアドまで…
(1)mstb2021139@goo.jp
(2)future1139blue@yahoo.ne.jp


※周りの方や、私のセミナーをいつも聞いていただいていたお客様にもぜひご案内ください!!


※加藤の夢…もう一度「東京フォーラム」でセミナーを!!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。