加藤肇の「前向き!!投信ゼミナール!!」

・「よくわからないまま」投信を利用してる方!!

・銀行での投信窓販解禁以来、16年!!
・お客様向けセミナー講師回数3500回超!!
・指導した販売担当者は10000人以上!!
・お客様目線から「やさしく」「大事なとこだけ」
 解説します!!

【思考回路:28】170218 大阪!!

>さあ、大阪です!!
★「前向き!!投信ゼミナール!!@大阪2」 ★
 >2017年02月18日(土) 13時~14時半(開場12時45分)
 >場所:NSE貸会議室B(大阪府大阪市北区西天満2-6-8 堂島ビルヂング)…前回と同じです
…淀屋橋駅 徒歩3分(大阪市営地下鉄御堂筋線・京阪本線)
  …大江橋駅 徒歩1分(京阪中之島線)・北新地駅 徒歩5分(JR東西線)
 >定員:38名
 >参加費:1,500円(お一人様)
  ※お申込みは下記メアドまで…
  (1)mstb2021139@goo.jp
  (2)future1139blue@yahoo.ne.jp
****************
****************
●国内株式市場●:201702017【続落】
 *TOPIX*:終値=1544.54前日比▲6.53 ▲0.4%)
 *日経平均株価*:終値=1万9234円62銭(前日比▲112円91銭 ▲0.6%)
 
 ★為替市場で円が強含みで推移…企業業績に対する楽観的な見方後退


 <あすかアセットマネジメント:平尾俊裕社長>:*B
   ・「トランプ米大統領のドル高けん制発言への警戒などから為替が動けず日本株の重しに。」
   ・「米国の経済堅調や財政政策への期待もある程度織り込まれ、次の材料待ち。」
   ・「海外投資家はこれまで買い越してきたため…一度様子見で利食いが出ている。」
   
   >>:国内株式市場は一貫性のない「その日暮らし」が続いている。


   https://kabutan.jp/stock/chart?code=0000


 ※移動平均線循環分析(日経平均:短期>中期>長期…続落…陽線)
 ☆「下降トレンド」への「▼移行期▼」から「天井圏」へ逆循環中(経過観察要!!)
 ◆「トランプ相場はトランポリン相場」は続く
 ◆ローソク足的には「上位の陰線五本」にならず…下降バイアス残るものの一旦買戻しも


◎NY株式市場概況◎170217
 ・ダウ平均   20624.05(+4.28 +0.02%)
 ・S&P500    2351.16(+3.94 +0.17%)
 ・ナスダック   5838.58(+23.68 +0.41%)
 ・CME日経平均先物 19160(大証終比:▲40 ▲0.21%)


 *ダウ平均*:プラス圏で引け。
  ★高値警戒感強まる…今週は最高値更新続く
  ★海外市場で株安進行
  ★ブレジデンツ・デーの3連休前
  ⇒利益確定売り先行
  ☆下値での押し目買い意欲も強い…引けにかけて買い戻し


   ※市場…税制改革・インフラ整備・規制緩和など経済政策の詳細発表待ち
        
   https://kabutan.jp/stock/chart?code=0800


  ※NYダウは依然「天井圏」。5日線・25日線も上向き。まだ売り込み難いだろう。
  …反り返るように「陽線」が連続している(上位の連続陽線)
  …ローソク足の定石からは徐々に「利食い」となるが…
  …「トランポリン相場」が続くだろう。


●NY外為市場概況●
 ■為替が一歩先に行く
  *ドル円*:1ドル=112円台で推移…円買い強まる…ドル円は一時112.60近辺まで急速に下落
    ★高値更新続いた株式市場…高値警戒感⇒リスク回避の円買い強まる
    ★本邦勢の決算期末に向けた米ドル売りも観測
    ★今週のイエレンFRB議長の議会証言…ドル円のモメンタムは高まるも115円達成できず
    ※きょうの下げ…21日移動平均線を再び下回る…下向きの流れに戻ってしまうか警戒
    ⇔
    ☆米ドル自体が売られたわけではなくドル指数は反発
    ☆高値警戒感が出ている米株…ダウ平均は下げていない
    ∴ドル高への期待が持てそうな気配も


   >週末の米国…ブレジデンツ・デーで3連休
   >連休明けの注目点
    ・税制改革・インフラ整備・規制緩和などの具体策が出てくるか
    <トランプ米大統領>
     >2月28日:米議会上下両院合同本会議
      「政権運営の大枠を示す議会演説」(例年の一般教書演説)実施


   【経済指標:米国】
  *景気先行指数(1月)*>前月比:結果+0.6%>予想+0.5%・前回+0.5%


   *ドル円*  
   >現在値=112.90円 本日予想レンジ=112.15円⇔113.95円
                     今週予想レンジ=110.50円⇔115.20円
   
    https://kabutan.jp/stock/chart?code=0950


    ☆75日線が予想に反してサポートラインとなり反発
    ☆日々線>5日線>25日線となり【天井圏】への逆循環(要経過観測)
    ☆2/07の111.60がエリオット波動の調整の4波の底ならば…
    …118.66(17/12/15)を抜いてくることになるが…
    ★中期と長期の作る「帯」の幅が狭まってきていることにも注意
    ◆依然「常識外」の「トランポリン相場」だけに予断許さず
   
  *豪ドル円*: 豪ドルは基本的に底堅いイメージ
   >現在値=86.55円 本日予想レンジ=85.90円⇔87.55円
                     今週予想レンジ=84.00円⇔88.20円
  [経済指標]
****************
****************
【現在の懸念材料】
(1)米国動向


(2)中国動向
  
(3)石油価格動向…>2月17日:WTI:1バレル(3月)=53.40(+0.04 +0.08%)【小幅続伸】
    ★足元の供給過剰や改質ガソリン安などが重し
    …3連休を控えたポジション絡みの動き
    
    ※<米大手石油ガス開発:ベーカー・ヒューズ>
     *今週の米国内の原油の掘削装置(リグ)稼動数*
      結果:597基(先週比+6基)
      …原油市況が50ドル台を回復→操業を再開するリグが増加(5週連続増加)


(4)欧州動向 (含 欧州金融不安…消えては浮かぶタイマー付爆弾)
  [経済指標]
   *ユーロ圏経常収支(12月)*
    ・季調済:結果+310億ユーロ<前回+364億ユーロ(+361億ユーロから修正)
    ・季調前:結果+470億ユーロ>前回+408億ユーロ(+405億ユーロから修正)


(5)BREXIT
  [経済指標] ★ポンド売り
   *小売売上高(1月)*
    >前月比:結果▲0.3%<予想+1.0%・前回▲2.1%(▲1.9%から修正)
    >前年比:結果+1.5%<予想+3.4%・前回+4.1%(+4.3%から修正)


(6)日銀緩和政策
  <安倍首相>:衆院予算委員会答弁
    ・黒田日銀総裁を信用している
    ・金融政策の具体的な手法は日銀に委ねられるべきだ
    ・日銀が大胆な金融緩和を着実に推進することを期待
    ・為替については日米財務相間で議論することで合意
    ・為替については日米首脳会談で全く議論にならなかった
    >>:つまり…米国側はいつでも「円安牽制」を持ち出すことができる…ってことか…
  <ETF購入>:2月16日
    ・従来型ETF=704億円…2日連続購入(2月購入4回・総額2815億円)
    ・設備・人材投資企業支援関連ETF=12億円購入 (2月購入9回=計108億円)
    ・J-REIT=0億円(2月購入2回=24億円)
  [経済指標]
               
(7)新興国景気懸念…強いドルによる資金流出
 ※全体としての…☆サポート材料 ★懸念材料
  ☆中国経済指標堅調 ★★米トランプ大統領保護主義的通商政策 ☆石油価格安定
 >16日
 【ロシア】
  ●米政府…ロシアに実施している経済制裁の撤廃は時期尚早だ


(8)IS国テロ…地政学的リスクの「拡散」
****************
****************
【各国金融政策】
****************
****************


※加藤の夢…もう一度「東京フォーラム」でセミナーを!!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。