加藤肇の「前向き!!投信ゼミナール!!」

・「よくわからないまま」投信を利用してる方!!

・銀行での投信窓販解禁以来、16年!!
・お客様向けセミナー講師回数3500回超!!
・指導した販売担当者は10000人以上!!
・お客様目線から「やさしく」「大事なとこだけ」
 解説します!!

【思考回路:30】170222 再稼働

****************
****************
【注目】
 >2016年12月
 【ロシア】…サウジアラビアを抜き世界最大の原油生産国に
 (背景)
 >2017年01月
  ・昨年来のここ数十年で最大の原油供給過剰を受けた世界の産油国
   …その緩和に向けて原油減産合意を実行
  …先行する形でロシア&サウジアラビアは12月に供給制限開始


 <共同機関データイニシアティブ(JODI)>:ウェブサイト
  >2月20日発表
  ☆ロシアの12月の産油量=日量1049万バレル(前月比:同▲2万9000バレル)…1位
  ☆サウジの12月の産油量=日量1046万バレル(前月比:同▲26万バレル)…2位
  …ロシアの産油量がサウジを上回ったのは昨年3月以来。
  >>:サウジアラビアがきちんと減算を実施した結果


  ・3位…米国:日量880万バレル(前月:同890万バレル)
  ・4位…イラク:日糧450万バレル
  ・5位…中国:日糧398万バレル
****************
****************
◎国内株式市場◎:201702021【続伸】
 *TOPIX*:終値=1555.60(前日比+8.59 +0.6%)
 *日経平均株価*:終値=1万9381円44銭(前日比+130円36銭 +0.7%)


 ☆欧州の政治に対する過度な不安が後退
 <東海東京調査センター:仙石誠マーケットアナリスト>:*B
  ・「昨年の英米政治イベント後の堅調な株価推移を踏まえると…
   …フランス大統領選などの欧州政治は市場を揺るがす材料にはならないだろう。」
 ☆為替の円安推移
 ☆金融の業界再編期待


 <しんきんアセットマネジメント投信:藤原直樹運用部長>:*B
  ・「前日の米国市場が休場で動かない日と思っていた。」
  ・「為替動向に反応してのは…結局は米国の金利上昇への期待が根強いということだ。」
  ・「市場はその期待に投資している。」


 <ニッセイアセットマネジメント:久保功株式ストラテジスト>:*B
  ・「米国の税制改革に対する期待感もあり…2月一杯は米国を中心に世界株は好調を維持する。」
  ・「一方で…
   …トランプ政権政策が公約通りにまとまるかどうか疑わしい
   …史上最高値圏にある米国株が既に政策期待を先行して織り込んでいる…
   ∴発表後は調整する可能性がある。」


   https://kabutan.jp/stock/chart?code=0000


 ※移動平均線循環分析(日経平均:短期>中期>長期…続落…陽線)
 ☆「下降トレンド」への「▼移行期▼」から「天井圏」へ逆循環中(経過観察要!!)
 ◆「トランプ相場はトランポリン相場」は続く
 ☆日々線再び5日線超え


◎NY株式市場概況◎170221
 ・ダウ平均   20743.00(+118.95 +0.58%)
 ・S&P500    2365.38(+14.22 +0.61%)
 ・ナスダック   5865.95(+27.37 +0.47%)
 ・CME日経平均先物 19455(大証終比:+75 +0.39%)


  *ダウ平均*…最高値更新続く
   ▼先週は利益確定ムードも
   ▽株式市場は底堅さを堅持…トランプ大統領の経済政策への期待が相場を支えている
         
   https://kabutan.jp/stock/chart?code=0800


  ※NYダウは依然「天井圏」。5日線・25日線も上向き。まだ売り込み難いだろう。
  …反り返るように「陽線」が連続している(上位の連続陽線)
  …ローソク足の定石からは徐々に「利食い」となるが…
  …「トランポリン相場」が続くだろう。


◎NY外為市場概況◎
 ■為替が一歩先に行く
 *ドル・円*:1ドル=113円78銭まで上昇後…113円41銭へ反落し113円50銭で引け。
  ▽米国の3月FOMCでの追加利上げを織り込むドル買いが一時加速
  ▼米2月製造業PMI速報値<予想…伸び悩み
 *ユーロ・ドル*:1ユーロ=1.0526ドルまで下落後…1.0552ドルまで反発し1.0550ドルで引け。
  ▼欧米金利差の拡大観測&欧州の政治的不透明感…ユーロ売り継続
 *ユーロ・円*:1ユーロ=119円85銭から119円56銭へ下落。
 *ポンド・ドル*:1ポンド=1.2406ドルから1.2477ドルへ上昇。
 【経済指標:米国】
  ・2月製造業PMI速報値:54.3<予想:55.3・1月:55.0
  ・2月サービス業PMI速報値:53.9<予想:55.8・1月:55.6
  ・2月総合PMI速報値:54.3(1月:55.8)


 *ドル円*  
   >現在値=113.65円 本日予想レンジ=113.10円⇔114.40円
                     今週予想レンジ=112.00円⇔114.60円
   
    https://kabutan.jp/stock/chart?code=0950


    ☆75日線がサポートラインとなっている
    ★25日線>5日線となり【天井圏】から再び「下降トレンド」への▼移行期▼へ
    ☆2/07の111.60がエリオット波動の調整の4波の底ならば…
    …118.66(17/12/15)を抜いてくることになるが…
    ★中期と長期の作る「帯」の幅が狭まってきていることにも注意
    ◆依然「常識外」の「トランポリン相場」だけに予断許さず
   
  *豪ドル円*: RBA総裁講演控え売りにくい
   >現在値=87.25円 本日予想レンジ=86.65円⇔87.85円
                     今週予想レンジ=85.25円⇔88.70円
  [経済指標] 中銀金融政策理事会議事録…【各国金融政策】へ
****************
****************
【現在の懸念材料】
(1)米国動向
 <カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁>
  ・FRBの第3の責務は金融安定。
  …資産バブルが進んでいるとは思わない⇔ただ、注視はしている。
  …バランスシート縮小は経済が十分健全になってから開始…さほど遠くない将来に開始も。
  ・賃金は上昇も、警戒水準にはない。
  ☆FRBの独立性を守ることは非常に重要。
 <ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁>
  ★今年3回の利上げが妥当…PCEインフレは今年か来年に2%達成へ。
  ・力強い個人消費で今年の成長は2%見込む。
  ・欧州も景気回復を見込む。
  …欧米金利差が拡大し続けるとは予想していない。


(2)中国動向
  
(3)石油価格動向…>2月20日:WTI:1バレル(3月)=54.06(+0.66 +1.24%)【続伸】
  ☆強材料揃う
   ▽ファンド勢による強気なセンチメントの拡大
   ▽先行きの供給過剰の解消期待
   ▽テクニカルな動き
   ▽<OPEC:バルキンド事務局長>:「一段の減産順守を目標にしている。」
    
(4)欧州動向 (含 欧州金融不安…消えては浮かぶタイマー付爆弾)
 [経済指標]
  *ユーロ圏製造業PMMI・速報値(2月)*:結果=55.5>予想=55.0・前回=55.2
  *ユーロ圏非製造業PMI・速報値(2月)*:結果 55.6>予想=53.7・前回=53.7
  *独製造業PMI・速報値(2月)*:結果=57.0>予想=56.0・前回=56.4
  *独非製造業PMI・速報値(2月)*:結果=54.4>予想=53.6・前回=53.4


(5)BREXIT
 <カーニー英中銀総裁>
  ・2月のデータは英インフレが中銀目標2%に達したこと示す
  ・ポンド相場下落がCPIの行き過ぎの主因
  ・11月以降は市場のインフレ期待に一段の上昇はみられないとの認識
  ・インフレの2次波及効果が賃金にも及ぶようであれば…
  …インフレのオーバーシュートに対する忍耐の許容度は限定的となるだろう。
 <英中銀チーフ・エコノミスト:ホールデン理事>:議会証言
  ・市場での急激な金利上昇がリスク
  ・経済見通しには大きな両サイドのリスクが存在している
  ・経済学はこれまでの見通しに関するミスから学ばなければならない
  ・金融政策は双方向どちらにでも動く必要がある可能性
  [経済指標]
   
(6)日銀緩和政策
 <黒田日銀総裁>:衆院財政金融委員会
   ・「日銀の金融政策は…物価の2%目標を早期実現するためのもの…為替が目的ではない。」
   ・「物価安定目標の実現のために強力な金融緩和進める。」
 <麻生財務相>:衆院財務金融委員会
   ※米国関連について、
   ・「FRBの言っていることとドル安政策には乖離がある。」
   ・「米国政府とFRBの間に統一見解があるという認識はしていない。」
   ・「米国が検討しているといわれる国境勢に関してはどのような方向でやるのかをよく見極める。」
   ・「現時点では具体的なコメントのしようがない。」
 <ETF購入>:2月21日
    ・従来型ETF=0億円(2月購入5回・総額3519億円)
    ・設備・人材投資企業支援関連ETF=12億円購入 (2月購入11回=計132億円)
    ・J-REIT=0億円(2月購入2回=24億円)
  [経済指標]
               
(7)新興国景気懸念…強いドルによる資金流出
 ※全体としての…☆サポート材料 ★懸念材料
  ☆中国経済指標堅調 ★★米トランプ大統領保護主義的通商政策 ☆石油価格安定


(8)IS国テロ…地政学的リスクの「拡散」
****************
****************
【各国金融政策】
 【豪州】
 <豪中銀:2月の金融政策理事会議事録>
   ・「豪ドルは国際商品価格の上昇に支えられてやや上昇。」
   ・「豪ドル高は経済の移行を複雑化する可能性がある。」
   ・「中期のインフレ見通しは安定している。徐々に上昇してくとみられる。」
   ・「金利の据え置きは経済成長目標&インフレ目標にともに合致する。」
   ・「労働市場には不透明感が残っている。余剰生産力は当面の間継続する見込み。」
****************
****************
※次回セミナーは…
◎小田原
 >4月22日(土)
 (1)10:30‐12:00 ★投資の窓口2(チャートの見方の基礎講座)…始めるならここから!! 
 (2)13:30-15:00 ★前向き!!投信ゼミナール!!@小田原9
 ・会場:小田原(おだわら市民交流センターUMECO…前回と同じです
 ・共催:(社)小田原ファイナンシャルプランナー協会
 ・定員:(1)15名(2)30名
 ・参加料:(1)・(2)とも…お一人様1,000円((1)・(2)両方参加の方は両方で1,500円)
 ※小田原は会場が公共施設で参加料に上限が設定されています
◎新宿  
 >6月10日(土):11時15分から12時45分 「前向き!!投信ゼミナール!!@6」
 ・会場:SOBIZGATES2階A会議室 …前回と同じです
 ・住所:東京都新宿区新宿5-11-2 SOBLD
 http://www.kaigi-room.com/build/access/c001346.php
 ・定員35名
 ・参加料:お一人様1,500円
◎大阪  検討中…開催日は6月を予定しています…具体的ご希望あればお知らせください。


※随時受付中…
◎「受かるぞ!!FP」…2級・3級講座(個別指導&グループ指導):回数・費用はご相談
◎「受かるぞ!!証券外務員」…1種・2種(個別指導&グループ指導):回数・費用はご相談
◎「マーケット基礎知識」…初心者向け


 >>上記 お申込み・お問い合わせは…future1139blue@yahoo.ne.jp まで
 >>「ストリートアカデミー」 https://www.street-academy.com/steachers/62329
 でもお申込みいただけます!!(除 セミナー)


・日程・時間はいかようにもアレンジ可能です。おひとりでもグループ(割引あり)でもお受けします!!
************
************


※加藤の夢…もう一度「東京フォーラム」でセミナーを!!


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。