加藤肇の「前向き!!投信ゼミナール!!」

・「よくわからないまま」投信を利用してる方!!

・銀行での投信窓販解禁以来、16年!!
・お客様向けセミナー講師回数3500回超!!
・指導した販売担当者は10000人以上!!
・お客様目線から「やさしく」「大事なとこだけ」
 解説します!!

【昨日のマーケット:151005】買い戻しの後に来るもの

□■前向き!!投信ゼミナール!!■□:第74号
>みなさん!!おはようございます!! ・加藤です!!
>昨日は、異動で故郷へ帰る仲間の送別会…
・気の置けない同志で話していると…新しい力が湧いてくる
・残る人にも、出発(たびだつ)人にも… また会おう!!
****
※ご注意ください!! 
・本メルマガでの情報は、
 信頼できると判断した資料や私の経験をもとに提供させていただいておりますが、
 今後の投資成果を保証するものではありません。
・「投資」にあたっては「自己判断」「自己責任」で行っていただくようお願いいたします。
・*Bはブルンバーグから*nは日経電子版からの引用コメントです
****
【昨日のマーケット:151005】買い戻しの後にくるもの…
◇日経平均は4日続伸と…
・日経平均  18005.49(+280.36 +1.58%)
・東証マザーズ    803.04(+18.79 +2.40%)
・ジャスダック    108.85(+1.34 +1.25%)
・東証REIT指数    1696.65(+3.03 +0.18)
▽9月18日以来の18000円台で終了
∵(1)予想>米雇用統計を受けて米利上げ観測後退…NYダウ平均→前日比200ドル高
∵(2)アジア株の上昇
∵(3)TPP交渉大筋合意に近づく…本来はこれが一番大きいニュースだろう
*日経平均*…上げ幅は一時350円超
◇NYも…年内利上げ期待後退→買戻し活発化…楽観的な見方広がる
・NY株式5日(NY時間16:24)
・ダウ平均   16776.43(+304.06 +1.85%)
・S&P500    1987.05(+35.69 +1.83%)
・ナスダック   4781.27(+73.49 +1.56%)
・CME日経平均先物 18440(大証終比:+370 +2.01%)
▽先週に引き続き買戻し強まる
∵(1)先週の弱い米雇用統計…年内の利上げ期待後退
∵(2)最悪の事態は株価に既に織り込んだとの見方強まる
∵(3)経済は企業収を支援するのに十分力強いといった楽観的な雰囲気強まる
*ダウ平均*:一本調子の上げを見せ300ドル超上昇
◇米利上げを警戒してきた市場が世界中で一息ついた格好
⇔市場には慎重な見方が根強い
(みずほ証券の三浦豊シニアテクニカルアナリスト):*n
「米利上げの後退を好感した買いは長続きせず…米景気への不安が週後半には勝ってくる」
(楽天証券経済研究所の土信田雅之シニアマーケットアナリスト):*n
「米国の利上げの行方がますます不透明になってきた」
(ウィーデン:主任グローバルストラテジスト;マイケル・パーブス):*B
「利上げ見通しが来年に先送りされたことが大きい」
「この日は売られ過ぎていた状況への反動に過ぎない」
◆市場は不安定な動きが続く
<国際通貨基金(IMF)>
*世界経済見通し:2015年*>今週発表
▼GDP成長率を3.3%から引き下げる見通し
(第一生命経済研究所:主任エコノミスト;西浜徹):*n
「市場は緩和の継続よりも…一段の景気悪化に敏感になっている」
「雇用統計の結果については…米国の輸出への不安がさらに高まった」
「内需の好調さだけで回復を持続できるのか市場の不安を誘った」
(しんきんアセットマネジメント投信:山下智巳主任ファンドマネージャー) :*n
「米利上げが遅れれば…為替は円高・ドル安に振れやすくなり…日本株にとって向かい風だ」
「米景気も減速すれば…外需関連は今まで以上に手掛けづらくなる」
▽国内株式市場…日銀の10月追加緩和観測高まる。
(ソシエテジェネラル銀行:鈴木恭輔氏):*n
「米当局が当面動けないとみた海外勢は…日銀や欧州中央銀行(ECB)に関心を移している」
「米景気にほころびが出始め…株式市場はますます緩和頼みから抜け出せなくなりつつある」
⇒経済成長と金融緩和 …どちらが株式市場の「真っ当な」上げ要因なのか?
…答えは明らかなのだが…
→まだ、世界は「リーマンショック」の影の下にあるのか…
⇒為替は…米国利上げ期待後退で高金利通貨が米ドルに対して買い戻された
…これは、多くの投資信託保有者には良いニュースだったろう


****
>首都圏・都内の方…是非!!
※1万人の証人がいますから書きますが…
>2009年3月:「マーケットは底を打った」「リーマンショック終焉は強いドルの復活と米国利上げ」
>2010年12月:「ドラギはユーロ維持の枠組み創設」「矢印は米国から…米経済が強ければ大丈夫」
>2011年4月:「日本は立ち上がる」「サプライチェーン確保に世界は協調する」
>2013年4月:「2013年は大きな転換点…幸せな5年間の幕は開いた」
>2013年5月:「年末までに日経平均もニューヨークダウも16000を超える」
>2014年1月:「年末までに日経平均もニューヨークダウも18000を超える」
⇒加藤は「大きな流れ」は一年に一度…革新した時点でセミナーなどでお伝えしてきました…
>そして今…2015年は20000→2016年は22000の数字を見込む…と考えています
>今後の動きは…是非下記セミナーで!!
★「前向き!!投信ゼミナール!!:@東銀座2」!!★
・10月17日(土曜日)11:30~13:00
・参加費用:1000円/円
・詳しくはこちら… 
 http://www.jcai.jp/shop/day_chair.php?sid=186&dcid=395
・お申込みは mstb2021139@goo.jp か future1139blue@yahoo.ne.jp でもお受けしております


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。