加藤肇の「前向き!!投信ゼミナール!!」

・「よくわからないまま」投信を利用してる方!!

・銀行での投信窓販解禁以来、16年!!
・お客様向けセミナー講師回数3500回超!!
・指導した販売担当者は10000人以上!!
・お客様目線から「やさしく」「大事なとこだけ」
 解説します!!

【思考回路:54】20170405

文責:☆彡緋色の龍[暁天雄飛] ☆彡


【お知らせ】4月のセミナー
◎小田原
 >4月22日(土)
 (1)10:30‐12:00 ★投資の窓口2(チャートの見方の基礎講座)…始めるならここから!! 
 (2)13:30-15:00 ★前向き!!投信ゼミナール!!@小田原9
 ・会場:小田原(おだわら市民交流センターUMECO…前回と同じです
 ・共催:(社)小田原ファイナンシャルプランナー協会
 ・定員:(1)15名(2)30名
 ・参加料:(1)・(2)とも…お一人様1,000円((1)・(2)両方参加の方は両方で1,500円)
 ※小田原は会場が公共施設で参加料に上限が設定されています
****************
****************
【注目】
****************
****************
【市場概況】:20170404   
*国内株式市場*:【反落】 
 *TOPIX*:終値=1504.54(前日比▲12.49 ▲0.8%) …16/12/07以来安値
 *日経平均株価*:終値=1万8810円25銭(前日比▲172円98銭 ▲0.9%) …17/01/24以来安値


   ★自動車販売の下振れ…米国経済に対する楽観的な見方後退
    ▼米金利の低下や為替のドル安・円高推移も嫌気


   <ちばぎんアセットマネジメント:加藤浩史シニア・ポートフォリオ・マネジャー>:*B
     ・3月の米自動車販売は弱い。
     ・米国の景気サイクルがピークに近づきつつある…との見方が一部で出ている。
     ・機関投資家による期初の益出しとみられる売りが続いている。
     ・早めに売った方が得とみて…利益を確定する動きが強く出ている。
   >>:…と自分の「利食い」(ひょっとして損切り(・・?))を正当化(笑)
  
  【チャート】   https://kabutan.jp/stock/chart?code=0000


     ※移動平均線循環分析(日経平均:中期>長期>短期…反落…陰線)
     ★「下降トレンド」継続
     ★日々線は75日線(投資家の中期的採算コスト)を下回っている
     ▼ローソク足が「下げ足のクロス」(本日陰線なら手仕舞いサイン)完成
     ★売った材料が「とってつけた」感じが否めない…
     ◆まだまだ「トランプ相場のトランポリンは続くだろう…


◎NY株式市場概況◎【小反発】
 ・ダウ平均   20689.24(+39.03 +0.19%)
 ・S&P500    2360.16(+1.32 +0.06%)
 ・ナスダック   5898.61(+3.93 +0.07%)
 ・CME日経平均先物 18960(大証終比:+140 +0.74%)


   >寄付…銀行株やハイテク株の売りで下げて始まる。
        ↓
  >買戻し
   ☆トランプ大統領…インフラ整備法案の規模は1兆ドルを超える可能性を指摘→産業株
   ☆原油相場…51ドル台まで上昇→エネルギー関連株
  ⇒ダウ平均プラスへ
  
   ◆全体的には模様眺め気分強い。「見極める」材料多数
    <米中首脳会談>:北朝鮮問題や貿易問題が協議…その動向を見極めたい
    <トランプ政権政策実行性>:大型減税や金融規制緩和など…期待と同時に不安も高まる
    <1-3月期の決算発表>
 
   【チャート】 https://kabutan.jp/stock/chart?code=0800


  ★NYダウは「中期」>「短期」>「長期」…下降トレンドへの【▼移行期▼】に入った
  ◆ここ3日間実質狭いレンジで殆ど動かず…大きくぶれる前兆ともいえるが…さて?
  ◆まだまだ「トランポリン相場」が続くだろう。


●NY外為市場概況● ■為替が一歩先に行く
 *ドル・円*:1ドル=110円28銭から110円81銭まで上昇。
  ☆2月貿易赤字…予想以上に縮小
  ☆トランプ米大統領:企業CEOとの会合で…
   ▽金融規制改革法(ドッド・フランク法)の大幅緩和
   ▽インフラ規模が1兆ドル以上に達する可能性…を示唆
  →米債利回り上昇を受けたドル買い+リスク選好の円売り再燃
 *ユーロ・ドル*:1ユーロ=1.0647ドルから1.0673ドルへ上昇。
  ☆<ドラギECB総裁>:「単一通貨ユーロへの支持は危機前に記録した高水準に並んだ」
   ▽ユーロを肯定発言→ユーロ売りが一時後退。
 *ユーロ・円*:1ユーロ=117円43銭から118円19銭へ上昇。
 *ポンド・ドル*:1ポンド=1.2465ドルから1.2424ドルへ下落。
  ★低調な経済指標を嫌ったポンド売りが継続。
 *ドル・スイス*:1ドル=1.0012フランから1.0034フランへ上昇。
  ★安全通貨としてのフラン買いが後退。
  [経済指標:米国]
   ・2月貿易収支:▲436億ドル>予想:▲446億ドル・1月:▲482億ドル←▲485億ドル
   ・2月製造業受注:前月比+1.0%=予想:+1.0%・1月:+1.5%←+1.2%
   ・2月耐久財受注改定値:前月比+1.8%>予想:+1.7%・速報値:+1.7%


  【チャート】 https://kabutan.jp/stock/chart?code=0950
  *ドル円*  
   >現在値=110.70円 本日予想レンジ=110.20円⇔111.15円
                    ※今週予想レンジ=110.00円⇔112.40円
   
   ・長期(75日)>中期(25日)>短期(5日)
    ★【大底圏】
    ★米国利上げは下支えながら更なるドル買いには新規材料必要
    ★トランプ政権への「夢」と「期待」が剥がれかけている。
     ※市場のコンセンサス
     …経済データに注目しつつ…トランプ政権による税制改革などの行方を見極める
    ★「トランポリン相場」は続くだろう。
   
  *豪ドル円*:貿易黒字拡大が下支え
    >現在値=83.75:本日予想レンジ=83.30円⇔84.25円
                     今週予想レンジ=83.30円⇔87.30円
    [金融政策]
    *豪中銀政策金利*結果+1.50%【据置】=予想+1.50%=現行+1.50%
    *中銀声明*
    ★豪ドルの上昇は経済の調整を複雑化する。
     ・政策金利の据え置きは長期のインフレ目標に合致するもの。
      …インフレ率は2017年に2%を超える
     ・労働市場の一部が最近軟化している。
     ・国際商品貿易と工業出荷は拡大
     ・貸出の増加は依然として収入の増加を上回っている。
    [経済指標]  
     *貿易収支(2月)*:結果+35.74>予想+19.00・前回+15.03←13.02(単位:億豪ドル)
     <ロウ豪中銀総裁>:住宅市場について発言
      ・新規の貸し出し制限はより持続的なシステムに寄与するだろう
      ・必要ならば…より一層の住宅ローン制限の検討も
      ・経済の信頼感回復には雇用の改善が必要
      ・住宅市場の供給面での課題の解決を
****************
****************
【現在の懸念材料】
(1)米国動向
 <トランプ大統領>
  ・周主席と北朝鮮問題で協議する。
  ・中国との貿易赤字問題は進展させなければならない。
   …「為替操作国」認定をするか(・・?
   …したら日本の「量的緩和」に影響あり★要注意!!
  ・インフラ整備法案の規模は1兆ドルを超える可能性。
  ・多くの国が米国を食い物にしてきたが、それも終わる。
  ・大型パイプラインの建設で4万2000人の雇用を創出。
 >>:「夢」と「期待」を繋ぐのに必死だな。


 <ラッカーリッチモンド連銀総裁>
  ★本日突然の辞任を発表。
   ▼辞任理由は不適切な情報公開が原因
   …中央銀行の動向に強いとされるシンクタンクのメドレーへのFOMCに関する情報提供不適切


(2)中国動向
  [経済指標]
    
(3)石米油価格動向…>4月03日:NY原油先物5月限(WTI)(終値)=51.03(+0.79 +1.57%)【反発】 
   ☆OPEC主導の協調減産の延長の可能性
   ☆OPECCの3月の原油生産の減少観測
   ☆あす5日発表の米エネルギー情報局(EIA)統計での原油・ガソリン在庫の減少見通し…など
  >>:$40~50/バレル台で動いて入れば騒ぐ必要ない!!(どうせ談合市場だ)


(4)欧州動向 (含 欧州金融不安…消えては浮かぶタイマー付爆弾)
   <クーレECB理事>
     ・ECBの金利が債券市場の機能にリスクである兆しはみられず。 
   [経済指標]
    *ユーロ圏小売売上高(2月)*
     >前月比:結果+0.7%>予想+0.5%・前回+0.1%(▲0.1%から修正)
     >前年比:結果+1.8%>予想+1.0%・前回+1.5%(+1.2%から修正)


(5)BREXIT
  [経済指標] 
    *3月英建設業PMI*:結果=52.2<予想=52.5・前回=52.5
               
(6)日銀緩和政策
   <黒田東彦日銀総裁>:衆院財務金融委員会答弁
    ・出口戦略の議論を今開始することはかえって混乱を招く可能性高い。
    ・ETFの購入について
     …2%の物価目標を達成するために必要な手段。
     …今後の購入を含めて出口戦略を議論するのは時期尚早。
     …ETF買い入れによって株式相場の価格形成を歪めてはいない。
    ・為替相場については財務省の所管。
   <ETF購入>:4月04日
    ・従来型ETF=725億円(4月購入1回・総額725億円)
    ・設備・人材投資企業支援関連ETF=12億円購入 (4月購入2回=計24億円)
    ・J-REIT=0億円(4月購入1回=12億円)
  
  [経済指標]
                         
(7)新興国景気懸念…強いドルによる資金流出
 ※全体としての…☆サポート材料 ★懸念材料
  ☆中国経済指標堅調 ★★米トランプ大統領保護主義的通商政策 ☆石油価格安定


 >04日
  【ブラジル】*鉱工業生産(2月)*:>前年比:結果▲0.8%★<予想+0.3%・前回+1.4%
 
(8)IS国テロ…地政学的リスクの「拡散」
****************
****************
【各国金融政策】
****************
****************
【今週の新規設定投信】 毎週月曜日版に掲載
****************
****************
※次回セミナーは…
◎小田原
 >4月22日(土)
 (1)10:30‐12:00 ★投資の窓口2(チャートの見方の基礎講座)…始めるならここから!! 
 (2)13:30-15:00 ★前向き!!投信ゼミナール!!@小田原9
 ・会場:小田原(おだわら市民交流センターUMECO…前回と同じです
 ・共催:(社)小田原ファイナンシャルプランナー協会
 ・定員:(1)15名(2)30名
 ・参加料:(1)・(2)とも…お一人様1,000円((1)・(2)両方参加の方は両方で1,500円)
 ※小田原は会場が公共施設で参加料に上限が設定されています
◎新宿  
 >6月10日(土):11時15分から12時45分 「前向き!!投信ゼミナール!!@新宿6」
 ・会場:SOBIZGATES2階A会議室 …前回と同じです
 ・住所:東京都新宿区新宿5-11-2 SOBLD
 http://www.kaigi-room.com/build/access/c001346.php
 ・定員35名
 ・参加料:お一人様1,500円
 ※懇親会(自由参加)あり
◎大阪
 >6月17日(土):13時から14時半 「前向き!!投信ゼミナール!!@大阪3」
 ・会場:NSE貸会議室B(大阪府大阪市北区西天満2-6-8 堂島ビルヂング1F)…前回と同じです
  …淀屋橋駅 徒歩3分(大阪市営地下鉄御堂筋線・京阪本線)
  …大江橋駅 徒歩1分(京阪中之島線)・北新地駅 徒歩5分(JR東西線)
 ・定員38名
 ・参加料:お一人様1,500円


※随時受付中…
◎「受かるぞ!!FP」…2級・3級講座(個別指導&グループ指導):回数・費用はご相談
◎「受かるぞ!!証券外務員」…1種・2種(個別指導&グループ指導):回数・費用はご相談
◎「マーケット基礎知識」…初心者向け


 >>上記 お申込み・お問い合わせは…future1139blue@yahoo.ne.jp まで
 >>「ストリートアカデミー」 https://www.street-academy.com/steachers/62329
 でもお申込みいただけます!!(除 セミナー)


・日程・時間はいかようにもアレンジ可能です。おひとりでもグループ(割引あり)でもお受けします!!
************
************


※加藤の夢…もう一度「東京フォーラム」でセミナーを!!
◎「マーケット基礎知識」…初心者向け


 >>上記 お申込み・お問い合わせは…future1139blue@yahoo.ne.jp まで
 >>「ストリートアカデミー」 https://www.street-academy.com/steachers/62329
 でもお申込みいただけます!!(除 セミナー)


・日程・時間はいかようにもアレンジ可能です。おひとりでもグループ(割引あり)でもお受けします!!
************
************


※加藤の夢…もう一度「東京フォーラム」でセミナーを!!


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。