加藤肇の「前向き!!投信ゼミナール!!」

・「よくわからないまま」投信を利用してる方!!

・銀行での投信窓販解禁以来、16年!!
・お客様向けセミナー講師回数3500回超!!
・指導した販売担当者は10000人以上!!
・お客様目線から「やさしく」「大事なとこだけ」
 解説します!!

【思考回路:88】20170601

:☆彡緋色の龍[暁天雄飛] ☆彡88


>もう6月ですね。


【お知らせ】6月のセミナー…新宿&大阪(お申込み受付中!!)
◎新宿  
  >6月10日(土):11時15分から12時45分 「前向き!!投信ゼミナール!!@新宿6」
  ・会場:SOBIZGATES2階A会議室 …前回と同じです
 ・住所:東京都新宿区新宿5-11-2 SOBLD
 http://www.kaigi-room.com/build/access/c001346.php
 ・定員35名
  ・参加料:お一人様1,500円
◎大阪
  >6月17日(土):13時から14時半 「前向き!!投信ゼミナール!!@大阪3」
  ・会場:NSE貸会議室B(大阪府大阪市北区西天満2-6-8 堂島ビルヂング1F)…前回と同じです
  …淀屋橋駅 徒歩3分(大阪市営地下鉄御堂筋線・京阪本線)
   …大江橋駅 徒歩1分(京阪中之島線)・北新地駅 徒歩5分(JR東西線)
  ・定員38名
  ・参加料:お一人様1,500円
 ****************
 ****************
【注目】
 <独:メルケル首相>:今回G7について
   ・ほかの国々を全面的に当てにできる時代は過ぎ去りつつある。
   ・そのことをこの数日間…痛感した。
   ・我々欧州人は…自分たちの運命を自分たちで切り開いていかなければならないということだ。
   ・もちろん米国とも…英国とも…ロシアを含む近隣諸国とも友好的な関係を保つ必要はある。
   ・しかし…我々は自分たちの将来のために自ら戦う必要がある。
 <リチャード・ハース:米外交問題評議会トップ…米外交政策の第一人者の一人>
   ・メルケル首相の発言は(欧州外交の)転換点と言える。
   ・それは…米国が第2次世界大戦以降にまさに避けようとしてきたことだ。


  >>:トランプのやんちゃはメルケルを切れさせた可能性大。独政界は反トランプで結束
  >>:今後の展開要注目
****************
****************
 【市場概況】:20170531
●国内株式市場●:【下げる】
  *TOPIX*:終値=1568.37(前日▲4.30 ▲0.30%)
  *日経平均株価*:終値=1万9650円57銭(前日比▲27円28銭 ▲0.10%)


   ★米国長期金利低下を嫌気…銀行株安い
   ★海外原油市況の下落…石油・石炭製品株に売り
   ⇔
   ※下げは限定的
    ・海外で進んだ円高の勢い限定的
    ・中国の経済統計悪化せず


   >大引け段階
    <機関投資家や指数連動型ファンド>
      ・世界的な株価指数のMSCI指数の半期見直しに伴うリバランス実施
       …買いインパクトの影響上位だったJR九州・ディスコが取引終了間際に急伸。


   <アセットマネジメントOne・調査グループ:清水毅ストラテジスト>:*B
      ・米国景気は「1ー3月期に落ち込んだ後に戻ってくるとみられていたが…
      ★回復を示す状況証拠が出てきておらず…不透明感が募っている。
      ・週末には「雇用統計」…来週は「英国選挙」や「FOMC」などイベント目白多し
      ★様子見ムードが強い。 


    【チャート】   https://kabutan.jp/stock/chart?code=0000
      ※移動平均線循環分析(日経平均:短期>中期>長期…続落…陽線)
      ☆【天井圏】
      ☆中期線と長期線の再逆転示現
      ※常識的には…ファンダメンタルズを大幅に上昇乖離した状況 は続いている
      ⇒個人的には直近の動きは「正気の沙汰」ではなく、とても強気にはなれないが…
      ※ローソク足…「陽のコマ」…上昇期待の中、気迷い。
      ★トランプ政権不安定化懸念でまだまだ高値波乱の様相も…
      ◆まだまだトランプ相場の「トランポリン」は続くだろう…


●NY株式市場概況●【続落】
 >31日
 ・ダウ平均   21008.65(▲20.82 ▲0.10%)
 ・S&P500    2411.80(▲1.11 ▲0.05%)
 ・ナスダック   6198.52(▲4.67 ▲0.08%)
 ・CME日経平均先物 19670.00(大証終比:+45 +0.23%)


  ★原油安嫌気
    ▼石油メジャーを含む石油関連産業株価…昨日に続いて値を落とす
    ▼原油安…追加利上げ(6月はほぼ確定的→年内もう一回)時期を遅らせるとの思惑広がる
     →銀行株に売り


  【チャート】 https://kabutan.jp/stock/chart?code=0800
   ★NYダウは「短期」>「中期」>「長期」…【天井圏】へ逆循環
      ☆大きな「窓」が空けた上昇後、5日線に絡みつくような動きから一転「陰の寄付き坊主」出現
      →一気に窓埋め完了→リバウンドへ
   ◆「トランポリン」相場はまだまだ続く
    
●NY外為市場概況● ■為替が一歩先に行く
 *ドル・円*:1ドル=110円91銭から110円49銭まで下落し…110円75銭で引け。
   ★米国:5月シカゴ購買部協会景気指数…当初発表で予想以上に低下
   ★米国:4月中古住宅販売成約指数…予想外に2カ月連続減少
  ⇒米株安・長期金利低下によるドル売り・円買いが優勢に…
 *ユーロ・ドル*:1ユーロ=1.1211ドルから1.1252ドルまで上昇。
   ★米経済指標の悪化を受けたドル売りでユーロ買いが強まる。
 *ユーロ・円*:1ユーロ=124円17銭から124円49銭で推移。 
 *ポンド・ドル*:1ポンド=1.2839ドルから1.2921ドルまで上昇。
   ★英保守党が労働党との支持率の差を再び拡大したことを好感したポンド買いが継続。
 *ドル・スイスフラン*:1ドル=0.9726フランから0.9670フランまで下落。
   <ジョーダン・スイス中銀総裁>:講演
     ・金融危機は世界を変えた。
     ・マイナス金利はスイスフランの魅力を低下させた。
     ★スイスフランは明らかに過大評価…この過大評価は大きな課題
      …必要とあれば為替市場で介入を実施。


 [経済指標:米国]
  ・5月シカゴ購買部協会景気指数:59.4(当初発表55.2)>予想:57.0・4月:58.3
  ・4月中古住宅販売成約指数:前月比▲1.3%<予想:+0.5%・3月:▲0.9%←▲0.8%
 [経済指標:カナダ]
  ・1-3月期GDP:前期比年率+3.7%<予想:+4.2%・10-12月期:+2.7%←+2.6%
  ・3月GDP:前月比+0.5%>予想:+0.2%・2月:0.0%
 【チャート】 https://kabutan.jp/stock/chart?code=0950
   ・長期(75日)>中期(25日)>短期(5日)
    ★【大底圏】へ逆循環 (要経過観察)
     >現在値:110.75円:本日予想レンジ=110.20円⇔111.20円
                    今週予想レンジ=110.10円⇔112.15円
     ※米国利上げは下支えながら更なる115円超のドル買いには新規材料必要
     ※市場のコンセンサス
     …企業決算堅調も下支え材料に
     …経済データに注目しつつ…トランプ政権による税制改革などの行方を見極めるは維持も
     …「地政学的リスク」への懸念依然残る
     …「トランプリスク」も加わった
    ★「トランポリン相場」は続くだろう。
    
   *豪ドル円*:
    >現在値=82.30円:本日予想レンジ=81.90円⇔82.90円
                      今週予想レンジ=81.80円⇔84.80円
     [経済指標]  
****************
****************
 【現在の懸念材料】
(1)米国動向
  *地区連銀経済報告(ベージュブック)*
    ◎米経済…12の地区ほとんどで4月初めから5月にかけて緩やかなペースで拡大継続
     …ボストンとシカゴが前回の報告からやや減速
     …小売には大きな変化なし。(自動車…やや減少・住宅…緩かなペースで成長)
    ◎雇用市場は引き締まり継続。
     …幅広い地区で労働不足に陥っている。
     …雇用は緩やかなペースで拡大。…賃金は緩慢もしくは緩やかなペースで拡大。
    ◎物価は総じて変わらず。(一部資源価格は上昇。) 


  <ロス商務長官>
    ・トランプ大統領はNAFTAを破棄するとは言っていない。
    ・貿易黒字は貿易赤字よりも国にとって利益がある。
    ・7月のNAFTA交渉に向けて議会と議論が必要。
  <カプラン・ダラス連銀総裁>
    ・インフレは緩やかでまだら模様だが…トレンド性が損なわれているとは考えず
     …今後数年間でインフレ率はゆるやかに2%へと上昇する見込み
     …インフレが制御できない事態は想定していない
     …世界的な過剰設備がインフレにとっての逆風に
    ・今年…失業率は一段と低下へ
    ・人口構成の高齢化の進展がGDPの伸び鈍化に影響
    ・FOMCの金利予測(ドットチャート)はきわめて有用
     …FOMCの行動はドル相場に影響…注視する
     …緩和解除は忍耐をもってゆっくりと
         
(2)中国動向
   ☆株式市場対策…需給改善期待
    <中国証券監督管理委員会(証監会)>:27日
      ・上場企業の大株主などによる保有株の売却規制を強化すると発表。
       …およそ1兆人民元相当の放出が凍結される可能性
   ☆経済指標上振れ
    <中国国家統計局&中国物流購入連合会>:31日
      *2017年5月:製造業購買担当者景気指数(PMI)*:結果=51.2>予想=51.0
    [経済指標]


(3)石米油価格動向… 【続落】
    >05月31日:NY原油先物7月限(WTI)(終値)=48.32(▲1.34 ▲2.70%)


    ★リビア増産
     <リビア国営石油会社>:発表
       ▼原油生産量
         …今月初めに82万7000バレルに到達>過去3年間のピークである80万バレル
       ∴期近7月限…時間外取引の段階から売り優勢
       ▼米国でも増産続く。


     <OPEC&その他の主要な産油国>…来年3月までの協調減産延長を先週決定
       ⇔
       ▼リビアの増産によって価格押し上げ努力が損なわれている。
       ※リビアはOPEC加盟国⇔減産合意から除外されている。


      >>:$40~50/バレル台で動いて入れば騒ぐ必要ない!!(どうせ談合市場だ)


(4)欧州動向 (含 欧州金融不安…消えては浮かぶタイマー付爆弾)
   <バイトマン独連銀総裁>:ドイツ・コンスタンスで講演。
    ・ECBはフォワードガイダンスの調整をいつ始めるのかについて議論をスタートするべき。
    ・直近のインフレ率上昇は一時的なものではない。
     …ECBはインフレについてうまく管理できていない。
     …ECBのサポートが後退してもインフレ率は上昇していく。
   <ラウテンシュレーガーECB専務理事> 
    ・銀行規制改革は最終段階とすべき
    ・緩和的な金融政策は適切
     …ECBはゆるやかな刺激策の解除を準備すべき
    ・状況が変化すればフォワードガイダンスも変更すべき
     …躊躇が長引けば新たな問題引き起こす★


   [経済指標]
    *ユーロ圏失業率(5月)*:結果 9.3%<予想 9.4%・前回 9.4%(9.5%から修正)
    *ユーロ圏消費者物価指数・概算速報値(5月)*
     >前年比:結果+1.4%<予想+1.5%・前回+1.9%
     >同コア :結果+0.9%<予想+1.0%・前回+1.2%


    *独失業率(5月)*:結果 5.7%=予想 5.7%・前回 5.8%
    *独失業者数(5月)*:結果▲0.9万人>予想▲1.5万人・前回▲1.5万人
    *独小売売上高(4月)*
     >前月比:結果▲0.2%<予想+0.3%・前回+0.1%
     >前年比:結果▲0.9%<予想+2.2%・前回+2.3%
                
(5)BREXIT
   [経済指標]
                                        
(6)日銀緩和政策
   <ETF購入>:5月31日
     ・従来型ETF=0億円(5月購入5回・総額3635億円)
     ・設備・人材投資企業支援関連ETF=12億円購入 (5月購入20回=計240億円)
     ・J-REIT=0億円(5月購入5回=60億円)


    [経済指標]
    *鉱工業生産・速報値(4月)*
     >前月比:結果+4.0%<予想+4.2%・前回▲1.9%
     >前年比:結果+5.7%>予想+6.1%・前回+3.5%
                                           
(7)新興国景気懸念…強いドルによる資金流出
  ※全体としての…☆サポート材料 ★懸念材料
  ☆中国経済指標堅調 ★★米トランプ大統領保護主義的通商政策 ☆石油価格安定


  >31日
   【インド】:GDP(第1四半期)>前年比:結果+6.1%<予想+7.1%・前回+7.0%


   【ブラジル】:失業率(4月):結果 13.6%<予想 13.8%・前回 13.7%


(8)地政学的リスク(IS国のテロ「拡散」 ・北朝鮮の自爆)


****************
****************
 【各国金融政策】
****************
****************
 【今週の新規設定投信】 毎週火曜日版で更新
 >2017/5/30 ファンド名/投信会社


  ・米国コア・アロケーション(毎月分配型)/楽天証券
  ・米国コア・アロケーション(資産成長型)/楽天証券


 >2017/5/31 ファンド名/投信会社


  ・米国連続増配株ファンド(年2回決算型)/レッグメイソン
  ・米国連続増配株ファンド(3カ月決算型)/レッグメイソン
  ・ストラテジック・インカムファンド(為替ヘッジあり/毎月決算型)/アムンディ
  ・ストラテジック・インカムファンド(為替ヘッジあり/年2回決算型)/アムンディ
  ・ストラテジック・インカムファンド(為替ヘッジなし/毎月決算型)/アムンディ
  ・ストラテジック・インカムファンド(為替ヘッジなし/年2回決算型)/アムンディ


 >2017/6/2 ファンド名/投信会社


 ・iインカム/ブラックロック
 ・オーストラリア債券オープン(年1回決算型)/UBS
****************
****************
※次回セミナーは…
◎新宿  
  >6月10日(土):11時15分から12時45分 「前向き!!投信ゼミナール!!@新宿6」
  ・会場:SOBIZGATES2階A会議室 …前回と同じです
 ・住所:東京都新宿区新宿5-11-2 SOBLD
 http://www.kaigi-room.com/build/access/c001346.php
 ・定員35名
  ・参加料:お一人様1,500円
  ※懇親会(自由参加)あり
◎大阪
  >6月17日(土):13時から14時半 「前向き!!投信ゼミナール!!@大阪3」
  ・会場:NSE貸会議室B(大阪府大阪市北区西天満2-6-8 堂島ビルヂング1F)…前回と同じです
  …淀屋橋駅 徒歩3分(大阪市営地下鉄御堂筋線・京阪本線)
   …大江橋駅 徒歩1分(京阪中之島線)・北新地駅 徒歩5分(JR東西線)
  ・定員38名
  ・参加料:お一人様1,500円
◎小田原 【終了】次回は7月15日です!!
  >4月22日(土)
  (1)10:30‐12:00 ★投資の窓口2(チャートの見方の基礎講座)…始めるならここから!! 
  (2)13:30-15:00 ★前向き!!投信ゼミナール!!@小田原9
  ・会場:小田原(おだわら市民交流センターUMECO…前回と同じです
 ・共催:(社)小田原ファイナンシャルプランナー協会
  ・定員:(1)15名(2)30名
  ・参加料:(1)・(2)とも…お一人様1,000円((1)・(2)両方参加の方は両方で1,500円)
  ※小田原は会場が公共施設で参加料に上限が設定されています
※随時受付中…
◎「受かるぞ!!FP」…2級・3級講座(個別指導&グループ指導):回数・費用はご相談
◎「受かるぞ!!証券外務員」…1種・2種(個別指導&グループ指導):回数・費用はご相談
◎「マーケット基礎知識」…初心者向け


 >>上記 お申込み・お問い合わせは…future1139blue@yahoo.ne.jp まで
 >>「ストリートアカデミー」 https://www.street-academy.com/steachers/62329
 でもお申込みいただけます!!(除 セミナー)
・日程・時間はいかようにもアレンジ可能です。おひとりでもグループ(割引あり)でもお受けします!!
 ************
 ************
※加藤の夢…もう一度「東京フォーラム」でセミナーを!!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。