加藤肇の「前向き!!投信ゼミナール!!」

・「よくわからないまま」投信を利用してる方!!

・銀行での投信窓販解禁以来、16年!!
・お客様向けセミナー講師回数3500回超!!
・指導した販売担当者は10000人以上!!
・お客様目線から「やさしく」「大事なとこだけ」
 解説します!!

【思考回路:95】20170613

:☆彡緋色の龍[暁天雄飛] ☆彡95


<初夏のセミナー>


■ 新宿も満席盛況で終了!! ありがとうございました!! ■
■ いよいよ今週末 大阪です!! ■
■ 当日のご参加もお待ちしてます!! ■


★大阪 ★
  >6月17日(土):13時から14時半 「前向き!!投信ゼミナール!!@大阪3」
  ・会場:NSE貸会議室B(大阪府大阪市北区西天満2-6-8 堂島ビルヂング1F)…前回と同じです
   …淀屋橋駅 徒歩3分(大阪市営地下鉄御堂筋線・京阪本線)
   …大江橋駅 徒歩1分(京阪中之島線)・北新地駅 徒歩5分(JR東西線)
  ・定員38名
  ・参加料:お一人様1,500円
 ****************
 ****************
【注目】


 【株式投信4カ月ぶり流出超(5月:個人が利益確定 )】:*日経0612夕刊


  ●個人マネー…国内株式を主な投資対象とするファンドから流出。
   ※5月:追加型株式投資信託(上場投資信託=ETF=を除く)の資金動向
    ▼1449億円の流出超…購入に伴う設定額が解約などを下回るのは4カ月ぶり。
    >5月下旬:株式相場大幅に上昇…<個人投資家>:目先の利益確定目的で売却加速


  >>:この資金は夏の株価押し上げのためにストックされるはずだ…


  <野村総合研究所>
   ・「国内株式投信から差し引きで3562億円流出した。」
   ・「流出超は11カ月連続。規模は昨年12月以来の大きさ。」
  <ドイチェ・アセット・マネジメント:藤原延介資産運用研究所長>
   ・「販売手数料がかからない商品が多いインデックス型投信からの流出が目立った。」
   ・「同様のファンドは再購入の際に手数料がかからないため短期売買の対象になりやすい。」
   ⇔
  ◎海外株式を主な対象とする投信には差し引きで2403億円が流入。
   ☆流入超は9カ月連続…人工知能(AI)やビッグデータなどテーマ型投信の健闘目立つ。


  ※公募投信全体(含 公社債投信)
   >5月末残高=99兆8279億円(9カ月連続で増加…節目の100兆円には届かず)


 【投信…REIT売り越し>5月=147億円… 「毎月分配」資金流出で 】:日経170613


  ●投資信託による不動産投資信託(REIT)売りが目立ってきた。
  <東京証券取引所>:>12日発表の統計「上場REITの投資部門別売買動向」
    ★5月の売越額=147億円(およそ1年ぶりの高水準)
     ▼「毎月分配型」投信(分配金引き下げや販売自粛などの影響で資金流出続く)
       …換金のための売りを出している。
       …投資信託の売り越しは2カ月連続。
       …売越額は前月比+88億円(2016年4月:455億円以来の大きさ)


  <金融庁>
     ▼元本を取り崩す分配
     ▼中長期の資産形成を考慮すると複利効果が得られないこと…などを問題視


     ⇒・運用会社…分配金引き下げ ・販売会社…販売を自粛


     >>:資産運用のひとつのカテゴリーを「おかしな正義感」「机上の正論」が潰していく…


  <SMBC日興証券:鳥井裕史シニアアナリスト>
     ・「5月末時点でREIT特化型投信純資産残高は3.8兆円。」
     ・「これはREITの時価総額11.8兆円の32%を占める。」
     ・「投信からの資金流出はしばらく、REIT市場の重荷となりそう。」


  <みずほ証券:大畠陽介シニアアナリスト>
     ・「東証REIT指数は年初から6%下落している。」
     ・「小幅高の米国や2割高の香港など…S&Pグローバル算出の主要国REIT指数比見劣り。」      ・「日本特有の商品である毎月分配型投信が日本のREIT指数の足を引っ張っている。」


    >>:REIT市場を支えた投信の功績を忘れた↑発言。お前はアホか!!


  <地銀担当者>
     ・「REIT指数の12日終値は1739.40…分配金利回りは3.9%と割安感も出てきた。」
     ・「1700を割る動きになれば…押し目買いを入れたい。」


   >>:多分買わないだろうけど(笑)…「真っ当な」考えだ。
****************
****************
 【市場概況】:20170612
●国内株式市場●:【反落】
  *TOPIX*:終値=1591.55(前日▲0.11 ▲0.01%)
  *日経平均株価*:終値=1万9908円58銭(前日比▲104円68銭 ▲0.50%)


  ★下げ材料がやや上回るも下方圧力は限られる☆
   ▼米国…アップルなどテクノロジー関連株に悪材料
    →半導体や電子部品下げ&情報・通信株にも売り
   ▼国内機械受注悪化…機械株も安い


  ☆内需セクター堅調(食料品や建設株など)
  ☆米金利の下げ止まり期待や米金融株高…保険株上昇。
  ☆国際原油市況上昇…石油株も高い


  <三井住友アセットマネジメント:金本直樹シニアファンドマネージャー>:*B
    ★5月の雇用統計を受け米金利は簡単には上がらないと市場は判断した。
    ★それを受けてステーブルグロースとしての『FANG』銘柄の上昇が目立ち始めた。
    ★買われ過ぎ銘柄と売られ過ぎ銘柄との差が開き過ぎて先週末の米国その調整が入った。
    ☆そうした動きは一時的な調整の可能性が高い。
    ☆景気のファンダメンタルズ自体は悪くなく…株式市場からマネーが逃げるわけではない。


  >>:超お気楽「どうせ買われる」派登場…


   【チャート】   https://kabutan.jp/stock/chart?code=0000
     ※移動平均線循環分析(日経平均:短期>中期>長期…反落…陰線)
      ☆【天井圏】
      ☆中期線>長期線の上向き「帯」幅拡大
      ※常識的には…ファンダメンタルズを大幅に上昇乖離した状況 は続いている
      ⇒個人的には直近の動きは「正気の沙汰」ではなく、とても強気にはなれないが…
      ※方針変えず…日経平均は年末2万円割れで終わる!!
      ※ローソク足…目まぐるしいが「トンボ」に近い「下影陰線」は失望感の現れか(・・?
      ★トランプ政権不安定化懸念でまだまだ高値波乱の様相も…
      ◆まだまだトランプ相場の「トランポリン」は続くだろう…


●NY株式市場概況●【上値重い】
 ・ダウ平均   21235.67(▲36.30 ▲0.17%)
 ・S&P500    2429.39(▲2.38 ▲0.10%)
 ・ナスダック   6175.47(▲32.45 ▲0.52%)
 ・CME日経平均先物 19850(大証終比:▲10 ▲0.05%)


  ★IT・ハイテク株は売りに押される…金曜日からの流れがなお続く。
  *ナスダック指数*
   ▼寄り付きから大幅安…一時1.5%安まで急落(序盤の売り一巡後は下げ渋る動きも)
   ※IT・ハイテク株
    …好決算で今年に入って急ピッチに上昇→過熱感高まる
    …アップル・アマゾン・グーグルなどの時価総額は巨大化→調整が入ってもおかしくはない状況
  ☆市場ではあくまでスピード調整の範囲
    …IT・ハイテク株の業績への先行き不透明感が高まっているわけではなさそう。


  【チャート】 https://kabutan.jp/stock/chart?code=0800
    ★NYダウは「短期」>「中期」>「長期」…【天井圏】
    ☆大きな「窓」が空けた上昇後、5日線に絡みつくような動きから一転「陰の寄付き坊主」出現
      →一気に窓埋め完了→リバウンドへ …再び5日線に絡む
    ◆「トランポリン」相場はまだまだ続く


  ■NY市場:ヒンデンブルグオーメン■発生中…詳細は【思考回路:92】ご参照
    ※一度サインが出ると「40営業日(約2カ月弱)は有効」
     ●77%(80%との意見も)の確率で…株価は5%以上下落
     ●「パニック売り」となる可能性は41%
     ●「重大なクラッシュ」となる可能性は24%
    
●NY外為市場概況● ■為替が一歩先に行く
 *ドル・円*:1ドル=110円04銭から109円63銭まで下落して109円80銭で引た。
   ▼英国の政局不透明感などを嫌気したリスク回避の円買いに拍車。
 *ユーロ・ドル*:1ユーロ=1.1225ドルから1.1192ドルへ下落して1.1200ドルで引け。
 *ユーロ・円*:1ユーロ=123円39銭から122円79銭まで下落。
 *ポンド・ドル*:1ポンド=1.2684ドルから1.2639ドルへ下落。
   ▼英国の政局不透明感・格下げ懸念燻る。
 *ドル・スイス*:1ドル=0.9670フランから0.9695フランへ上昇。 


 [経済指標:米国]
  ・5月財政収支:▲884億ドル<予想:▲870億ドル・16年5月:▲525億ドル


   【チャート】 https://kabutan.jp/stock/chart?code=0950
   ・長期(75日)>中期(25日)>短期(5日)
    ★【大底圏】入り (要経過観察)
     >現在値:109.90円:本日予想レンジ=109.25円⇔110.45円
                    今週予想レンジ=109.00円⇔111.75円
     ※米国利上げは下支えながら更なる115円超のドル買いには新規材料必要
     ※市場のコンセンサス
     …企業決算堅調も下支え材料に
     …経済データに注目しつつ…トランプ政権による税制改革などの行方を見極めるは維持も
     …「地政学的リスク」への懸念依然残る
     …「トランプリスク」も加わった
    ★「トランポリン相場」は続くだろう。
    
   *豪ドル円*: 景気持ち直し期待で買い継続
    >現在値=82.85円:本日予想レンジ=82.30円⇔83.45円
                      今週予想レンジ=81.55円⇔84.80円
   [経済指標]
****************
****************
 【現在の懸念材料】
(1)米国動向
  <サンフランシスコ連邦高裁>:トランプ大統領の新入国規制に対して違法の判断を下した。


  <メリーランド州&DC>:トランプ大統領を提訴(大統領の事業が憲法に反する疑いがある。)


  <ムニューシン米財務長官>」議会証言
    ・第一目標は経済成長の促進→課題実施後に最低3%の成長を予想。
    ・より良い貿易協定と税制改革と規制緩和を望む。
     …輸入縮小ではなく輸出を拡大したい。
    ・株高はトランプ大統領の経済政策への信頼感の表れ。
    ・債務上限引き上げを長引かせることを市場は望んでいない。
     …債務上限が引き上げられない事態を想像したくはない。
    ・イエレンFRB議長とは生産的な協議をした。
    ・貿易交渉における最優先事項は現在はNAFTA。
    ・税制改革は税控除のカットを相殺する。


(2)中国動向
  ●資金ひっ迫懸念がくすぶる。
   *上海銀行間取引金利(SHIBOR):1カ月物*
     ★足元では約2年2カ月ぶりの高値水準で推移
   <中国人民銀行(中央銀行)>
    >先週…各種ツールを用い巨額の資金を供給⇔金利低下にはつながらず


  [経済指標]
   
(3)石米油価格動向… 【小幅続伸】
  >06月12日:NY原油先物7月限(WTI)(終値)=46.08(+0.25 +0.55%)


   ☆ロシアとサウジの在庫減少見通しなど…底入れの見方から買い戻し優勢→上値を伸ばす。
   ★米リグ稼働数の増加など…供給過剰懸念が残る→戻りは売られて上げ一服に


  >>:$40~50/バレル台で動いて入れば騒ぐ必要ない!!(どうせ談合市場だ)


(4)欧州動向 (含 欧州金融不安…消えては浮かぶタイマー付爆弾)
  <仏国民議会選挙>:マクロン大統領の新党が圧勝!!


  <IMF>:イタリア経済に関するレビュー発表
    *経済成長見通し*
      >2017年:+1.3%(従来+0.8%から上方修正)
      >2018年~2020年の成長平均:1.0%…緩やかな成長を見込む
      ★ECBの正常化による悪影響を他のメンバー国よりも大きく受けるとの見方も示す。
      ★銀行のバランスシート改善が急務


  <米格付け会社S&P>
      ☆仏下院選挙でのマクロン新党の勝利…ユーロ圏の成長見通しが上昇修正される可能性


  [経済指標]


(5)BREXIT
 <米格付け会社ムーディーズ>:先週の英総選挙の結果を受けて…
   ★EU離脱交渉が遅れること懸念
   ★財政赤字縮小の優先順位が下がる…格付けにはマイナス材料。
   ☆ハードブレグジットが緩和されるとの見方…ポジティブ材料
  [経済指標]
         
(6)日銀緩和政策
   <ETF購入>:6月12日
     ・従来型ETF=0億円(6月購入2回・総額1454億円)
     ・設備・人材投資企業支援関連ETF=12億円購入 (6月購入07回=計84億円)
     ・J-REIT=0億円(6月購入0回=0億円)
 [経済指標]


(7)新興国景気懸念…強いドルによる資金流出
  ※全体としての…☆サポート材料 ★懸念材料
  ☆中国経済指標堅調 ★★米トランプ大統領保護主義的通商政策 ☆石油価格安定


  >12日
  【インド】:鉱工業生産(4月):>前年比:結果+3.1%>予想+2.7%・前回+3.8%(+2.7%から修正)
 
(8)地政学的リスク(IS国のテロ「拡散」 ・北朝鮮の自爆)


****************
****************
 【各国金融政策】
 <ウィルキンス・カナダ中銀上級副総裁>
   ・カナダ中銀は刺激策の縮小が必要かどうか評価。
    …現時点では刺激策が重要。
    …直近の経済に励まされている。
    …多様な成長が回復を力強く安定的にする。
****************
****************
 【今週の新規設定は火曜日版で更新】
>2017/6/12 ファンド名/投信会社
 ・eMAXIS JPX日経中小型インデックス/三菱UFJ国際投信
 ・新興国小型株式ファンド/JPモルガンアセットマネジメント
 ・グローイング・フロンティア株式ファンド/三井住友アセットマネジメント


>2017/6/14 ファンド名/投信会社
 ・ピムコ ショートターム・インカム・ファンド(為替リスク軽減型)/三菱UFJ国際投信
 ・ピムコ ショートターム・インカム・ファンド(為替ヘッジなし)/三菱UFJ国際投信
****************
※次回セミナーは…
◎大阪
  >6月17日(土):13時から14時半 「前向き!!投信ゼミナール!!@大阪3」
  ・会場:NSE貸会議室B(大阪府大阪市北区西天満2-6-8 堂島ビルヂング1F)…前回と同じです
  …淀屋橋駅 徒歩3分(大阪市営地下鉄御堂筋線・京阪本線)
   …大江橋駅 徒歩1分(京阪中之島線)・北新地駅 徒歩5分(JR東西線)
  ・定員38名
  ・参加料:お一人様1,500円


◎小田原
  >7月15日(土)
  (1)10:30‐12:00 ★投資の窓口3(経済指標の見方の基礎講座)…始めるならここから!! 
  (2)13:30-15:00 ★前向き!!投信ゼミナール!!@小田原10
  ・会場:小田原(おだわら市民交流センターUMECO…前回と同じです
 ・共催:(社)神奈川県ファイナンシャルプランナー連合会(小田原支部)
  ・定員:(1)15名(2)30名
  ・参加料:(1)・(2)とも…お一人様1,000円((1)・(2)両方参加の方は両方で1,500円)
  ※小田原は会場が公共施設で参加料に上限が設定されています


◎新宿  
 >10月上旬
 ・会場:SOBIZGATES2階A会議室 …前回と同じです
 ・住所:東京都新宿区新宿5-11-2 SOBLD
 http://www.kaigi-room.com/build/access/c001346.php
 ・定員35名
  ・参加料:お一人様1,500円
  ※懇親会(自由参加)あり
※随時受付中…
◎「受かるぞ!!FP」…2級・3級講座(個別指導&グループ指導):回数・費用はご相談
◎「受かるぞ!!証券外務員」…1種・2種(個別指導&グループ指導):回数・費用はご相談
◎「マーケット基礎知識」…初心者向け


 >>上記 お申込み・お問い合わせは…future1139blue@yahoo.ne.jp まで
 >>「ストリートアカデミー」 https://www.street-academy.com/steachers/62329
 でもお申込みいただけます!!(除 セミナー)
・日程・時間はいかようにもアレンジ可能です。おひとりでもグループ(割引あり)でもお受けします!!
 ************
 ************
※加藤の夢…もう一度「東京フォーラム」でセミナーを!!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。