加藤肇の「前向き!!投信ゼミナール!!」

・「よくわからないまま」投信を利用してる方!!

・銀行での投信窓販解禁以来、16年!!
・お客様向けセミナー講師回数3500回超!!
・指導した販売担当者は10000人以上!!
・お客様目線から「やさしく」「大事なとこだけ」
 解説します!!

【昨日のマーケット:151014】

□■前向き!!投信ゼミナール!!■□:第80号
>みなさん!! おはようございます!! 加藤です!!
>「前向き!!投信ゼミナール!!」@東銀座2の開催が近づきました!!
★「前向き!!投信ゼミナール!!:@東銀座2」!!★
・10月17日(土曜日)11:30~13:00
・詳しくはこちら… http://www.jcai.jp/shop/day_chair.php?sid=186&dcid=395
・お申込みは mstb2021139@goo.jp か future1139blue@yahoo.ne.jp でもお受けしております
****
※ご注意ください!! 
・本コミュの情報は、信頼できると判断した資料や私の経験をもとに提供させていただいております  
 が、今後の投資成果を保証するものではありません。
・「投資」にあたっては「自己判断」「自己責任」で行っていただくようお願いいたします。
・*Bはブルンバーグから*nは日経電子版からの引用コメントです 
****
>珍しく東京が「下げ」を牽引した…
東京時間15:26現在
・TOPIX    1470.83(-32.30 -2.15%)
・日経平均  17891.00(-343.74 -1.89%)
・東証マザーズ    796.71(-15.93 -1.96%)
・ジャスダック    109.19(-0.94 -0.85%)
・東証REIT指数    1683.58(+5.61 +0.33%)…「逆行高」
■大幅続落
▼終値は9/14以来の1万8千円割れ
∵(1)昨日の中国貿易統計の輸入大幅減
∵(2)きょうの中国物価指標も弱い
⇒景気動向に不安広がる
∵(3)米国の企業決算や経済指標にも警戒感
∵(4)原油相場も上値重い
∵(5)外部環境の不透明感…ドル円も119円台半ばへと円高傾向…輸出企業などに重し
∵(6)9月の企業物価が3.9%下落
∵(7)政府月例報告…景気判断を下方修正
⇒投資心理を削ぐ
⇒「弱気材料」の叩き売りになってきた感じだが…
<しんきんアセットマネジメント投信:鈴木和仁シニアストラテジスト>:*B
「目立った売り材料があったわけではないが…これまでだいぶ上げてきたので利益確定売りが出た」
「昨日の中国の貿易統計があまり良くなく…中国への警戒もくすぶる」
「きょう発表された中国9月の消費者物価指数(CPI)については…
      デフレは気になるが…そうなる前に追加緩和に動くのではないかとの期待は強まる」
⇒ノー天気な奴はどこにでもいる…(笑)
****
>経済指標チェック<
【豪州】 *Westpac消費者信頼感(10月) >前月比:(結果)+4.2%(前回)▲5.6%
【中国】
*消費者物価指数(9月) >前年比:(結果)+1.6%(予想)+1.8%(前回)+2.0%
*生産者物価指数(9月)…3年7カ月の前年割れ=過去最長
             >前年比:(結果)▲5.9%(予想)▲5.9%(前回)▲5.9%
<大和証券投資戦略部:高橋卓也シニアストラテジスト> :*B
「中国の先行きに対し半信半疑であるため…悪材料に過剰に反応しがちな地合い」
「中国経済の先行きに不安があると…景気敏感株としての日本株として売られやすい」
【伯剌西爾】
*小売売上高(8月) >前年比:(結果)▲6.9%(予想)▲5.8%(前回)▲3.9%(-3.5%から修正)
【米国】
*小売売上高(9月) >前月比:(結果)+0.1%(予想)+0.2%(前回)0.0%(0.2%から修正)
  …除 自動車:(結果)▲0.3%(予想)▲0.1%(前回)▲0.1%(0.1%から修正)
<チャプデレーン:為替責任者:ダグラス・ボースウィック>
「今の市場で起きているのはドル強気シナリオの反転だ」
「経済データが最近のような内容だと…米当局に利上げの根拠は何もないということになる」
****
>米国企業決算<
<ウェルズファーゴ>:第3四半期1株利益(発表)1.05ドル>予想0.9ドル
<ウォールマート>:17年度のEPS(1株あたり利益)…16年度比:▲6~12%
<jpモルガン>:第3四半期1株利益(発表)$1.37(予想)$1.37  
         売上高:(発表)$227.8億(予想)234.4億ドル
****
欧州株式14日終値
・英FT100  6269.61(-72.67 -1.14%)
・独DAX  9915.85(-116.97 -1.16%)
・仏CAC40  4609.03(-34.35 -0.73%)
<コメルツ銀行:株式ストラテジスト;マルクス・ウォルナー>:*B
「先週にやや反発したものの投資家らは引き続き警戒している」
「問題は中国の需要減退が世界経済にどれだけ打撃を与えるかを見極めることだ」
「業績見通しの下方修正が続くだろう」
「中国政府が景気支援策を強化すれば…相場は年末に向けて上昇するだろう」
⇒まるで日本の株式市場のコメントを聞いているようだ…
****
NY株式14日
・ダウ平均   16924.75(▲157.14:▲0.92%)
・SP500    1994.24(▲9.45:▲0.47%)
・ナスダック   4782.85(▲13.76:▲0.29%)
■続落
∵(1)<ウォルマート・ストアーズ>:来年度・利益急減の見通し示す
∵(2)<JPモルガン・チェース>」決算<予想 ⇒企業利益への不安高まる
<スタイフェル・ニコラウス:運用担当者;チャド・モーガンランダー>
「ウォルマートの大幅な収益見通し修正は米国内外の成長全般への不安を生じさせた」
「その動揺は市場全体に広がった」
「S&P構成企業の増益率見通しが見直されており…それがこの日の取引を圧迫した」
⇒世界中で、なぜか、みんなが突然「不安」になり「弱気」になった…
…昨日は「新月」の翌日…関係ないか?(笑)


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。