加藤肇の「前向き!!投信ゼミナール!!」

・「よくわからないまま」投信を利用してる方!!

・銀行での投信窓販解禁以来、16年!!
・お客様向けセミナー講師回数3500回超!!
・指導した販売担当者は10000人以上!!
・お客様目線から「やさしく」「大事なとこだけ」
 解説します!!

【昨日のマーケット:151022】マジック

□■前向き!!投信ゼミナール!!■□:第85号
>みなさん!! おはようございます!! 加藤です!!
・今朝は船橋は曇り空ですね。夜半には海沿いで雨とか…
・家内は、英国を満喫しているようです。ミュージカルだけでなく「ハムレット」も観劇した模様…
・僕は、我が家でただ1人の「働き手」息子のために主夫に専念しております(笑)
・久しぶりに、スパゲッティとかラーメンとか豚肉の生姜焼きとかピザトーストとか…
・学生時代の料理のスキルを繰り出してます(笑)
  ****
※ご注意ください!!
・本コミュの情報は、信頼できると判断した資料や私の経験をもとに提供させていただいております
 が、 今後の投資成果を保証するものではありません。
・「投資」にあたっては「自己判断」「自己責任」で行っていただくようお願いいたします。
・*Bはブルンバーグから*nは日経電子版からの引用コメントです
****
  ■外国人投資家(NYのヘッジファンドや年金基金)が日本株を買う理由■
  <We love Japan>
・興味深い記事が日経電子版にあった(詳細はmixiコミュ#FUTURE BLUE#で)
 ◇マクロ経済的に…
  ・国際収支の海外子会社や投資先からの配当金収入などにあたる『第1次所得収支』の
   黒字が高水準で続いていること」  が大前提となる。そして…  
 ◇世界的運用難のなかで…民間の稼ぐ力に期待して…
   日本の企業業績の『買えるセクター』を模索している
****
●国内株式市場●:反落
・TOPIX 1518.22(-8.59 -0.56%)・ 日経平均18435.87(-118.41 -0.64%)…3営業日ぶり反落
・東証マザーズ    788.79(+0.75 +0.10%)・ ジャスダック   109.53(+0.02 +0.02%)
・東証REIT指数    1687.13(-3.40 -0.20%)
  ∵(1)昨日…節目とされた18500円を回復→達成感からの売りが先行 ∵(2)昨晩の米株安
  ∵(3)取引時間中に為替が円高に
 ∵(4)上海株が一時下に突っ込む(東証引後上昇) →後場に入って先物主導で一段安に 
※東証1部:売買代金=1兆9835億円(現物商いは低調)
<損保ジャパン日本興亜アセットマネジメント:中尾剛也シニアインベストメントマネジャー>:*B
「企業決算は想定線」「マクロは悲観に振れたが…ミクロのコンセンサスは下がったわけではない」
「実態に比べ日本株は売られ過ぎた」
「ただ7月までは日経平均2万円を超えてもまだ上値を狙う強気の買いが多かったため…                                                  簿価を回復した時点で売っておこうという心理もあり…一本調子ではいかない」
  <三菱UFJモルガン・スタンレー証券:荒井誠治投資ストラテジスト>:*B
「欧州中央銀行(ECB)会合や日本銀行会合など来週にかけてイベントが目白押し…
   全体としては様子見ムードが強い」
「個別で決算を発表した銘柄は動いており…全体より個別で動く相場」
****
  >経済指標チェック<
  【英国】
*小売売上高(9月
>前月比: 結果 1.9% >予想 0.4% 前回 -0.4%(0.2%から修正)
>前年比: 結果 6.5% >予想 4.8% 前回  3.5%(3.7%から修正)
  ⇒当然英ポンド買い
【ユーロ圏】
*ユーロ圏消費者信頼感・速報値(10月) 結果 ▲7.7<予想 ▲7.4 前回 ▲7.1
【伯剌西爾】
*失業率(9月) 結果 7.6%<予想 7.8% 前回 7.6%
【米国】
  *新規失業保険申請件数(17日までの週)
                結果 259千件<予想 265千件 前回 256千件(255千件から修正)
       ・4週平均:26.3万件…1973年以降42年ぶりの低水準
  *中古住宅販売件数(9月)
     結果 5.55百万件>予想 5.39百万件 前回 5.30百万件(5.31百万件から修正)  
    ・中間価格 22.19万ドル(22.80万ドル)・ 平均価格 26.50万ドル(27.13万ドル)
    ・ 在庫  4.8ヵ月分(5.1ヵ月分)(前月)
*景気先行指数(9月>前月比 結果 ▲0.2%<予想 0.0% 前回 0.1%
*シカゴ連銀全米活動指数(9月)結果 ▲0.37<予想▲0.20、前月▲0.39(▲0.41から修正)
  【加奈陀】
*小売売上高(8月)21:30
  >前月比  結果 0.5%>予想 0.1% 前回 0.6%(0.5%から修正)
  >同 除自動車 結果 0.0%<予想 0.2% 前回 0.1%(0.0%から修正)
****
>米国企業決算<:2015年4Q(1株当たり利益)
*米キャタピラー 結果:0.75ドル<予想0.77ドル
*米3M 結果:2.05ドル>予想2.00ドル 1500人削減
*米マクドナルド 結果:1.40ドル>予想1.27ドル
****
>金融政策<
【ブラジル中銀】:政策金利  結果 14.25%=予想 14.25% 現行 14.25%
【ECB】   :政策金利  結果 0.050%=予想 0.050% 現行 0.050%
 *ドラギECB総裁  
 「成長とインフレ見通しに下方リスク」 「ECBは金融刺激の度合いについて12月に再検証」
「QEは2016年9月まで継続…必要ならそれ以降も実施」 
 「ECBは責務に則ってすべての手段を使う準備がある」
「QEは調整するのに十分な柔軟性がある」
「物価回復は予想より緩やかな可能性」…「コアインフレ率は基本的に安定している」
「景気回復は第2四半期と同様のペースで続いている」
「預金金利引き下げを話し合った」
「インフレへの下向きリスクの一つは為替レート」 …「為替レートは政策目標ではない」
「為替レートは物価安定に重要」
「数人はさらなる刺激策決定の希望を示唆」
  ****
◎欧州株式22日終値
・英FT100  6376.28(+27.86 +0.44%)・独DAX  10491.97(+253.87 +2.50%)
・仏CAC40  4802.18(+107.08 +2.29%)
◇大幅上昇
∵<欧州中央銀行(ECB)ドラギ総裁>
 「12月の定例政策委員会で金融刺激の度合いを再検証し…必要ならば量的緩和を2016年9月以降も  
  継続する」と述べたことが好感された
 ・中銀預金金利の引き下げを議論したことも明らかに
<MPPM:ギレルモ・ヘルナンデス・サンペレ>:*B
「この日のドラギ総裁の記者会見は…まさに市場が聞きたかった内容だ」
「ドラギ総裁の言葉の意味を市場全体が判断するまでに数日かかるだろうが…
 個人的な最初の感想はポジティブだ」 「株式市場には一段高のきっかけになるだろう」
  ⇒「ドラギマジック」が久しぶりに炸裂…
****
◎NY株式22日終値
・ダウ平均  17489.16(+320.55 +1.87%)・S&P500  2052.51(+33.57 +1.66%)
・ナスダック 4920.05(+79.93 +1.65%)
・CME日経平均先物 18905(大証終比:+455 +2.42%)
  ◇大幅反発
∵(1)マクドナルド好決算…市場に安心感
∵(2)ECB理事会後のドラギ総裁の会見…追加緩和の可能性強調も株式市場をサポート
<マックイーン・ボール・アンド・アソシエイツ:最高投資責任者;ビル・シュルツ>:*B
「リセッション(景気後退)に陥るとの懸念はなく…景気の大幅な減速も起こりそうにない」
「経済はゆっくりとした成長ながらも明るいトレンドが続くと考えられる」
「問題は企業の利益がどの程度増えるかだ」…「市場では…利益が増える可能性は過去数カ月よりも高 
   いとみている」
  ⇒大きな「過剰流動性」相場の中でこその「企業業績」か…
  ⇒さあ、東京が「飛ぶ」ぞ!?(笑)


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。