加藤肇の「前向き!!投信ゼミナール!!」

・「よくわからないまま」投信を利用してる方!!

・銀行での投信窓販解禁以来、16年!!
・お客様向けセミナー講師回数3500回超!!
・指導した販売担当者は10000人以上!!
・お客様目線から「やさしく」「大事なとこだけ」
 解説します!!

【思考回路:207】20171219

文責:☆彡緋色の龍[暁天雄飛] ☆彡207


・外房で海を見る。
 >昨夕
  ・水平線の向こうから船が「上がって」きた。
  ・美しい夕陽。
 >今朝
  ・海から上る煙
  ・そして雲の切れ目から顔を出した朝日
**************************************
※セミナー確定(前向き!!投信ゼミナール!!)
(1)@新宿 8…2018年02月03日(土)
 時間:11時15分~12時45分
 場所:SOBIZGATES(エスオービズゲイツ):東京都新宿区新宿5-11-2 SOBLD. 2階
 ※最寄駅:都営新宿線「新宿三丁目」駅より徒歩1分
        東京メトロ副都心線「新宿三丁目」駅より徒歩1分
        JR山手線「新宿」駅より徒歩5分


(2)@大阪5…2018年02月04日(日)
 時間:13時~14時半
 場所:大阪市北区 西天満2-6-8 堂島ビルヂング地下1階(C-1会議室)
 ※最寄り駅:地下鉄御堂筋線「淀屋橋駅」徒歩3分(渡辺橋を渡ったビル)


(3)@小田原12…2018年02月17日(土)…午前中に入門編「投資の窓口」5あり
 場所:おだわら市民交流センター UMECO
  〒250-0011 小田原市栄町一丁目1番27号(小田原駅東口駐車場1階)
  TEL:0465-24-6611
 最寄駅:小田原駅から徒歩約2分 http://umeco.info/use/access/


 <1>投資の窓口@小田原5…「投資のリスク」・「代表的なアノマリー」
  ※知っておきたい「リスク」と知っておくと便利な相場の「ジンクス」
  時間:10時半~12時
 <2>前向き❢❢投信ゼミナール❢❢@小田原11
  時間:13時半~15時


>>:お申込み・お問合せは…mstb2021139@goo.jpまで
***************************************
【注目】
 <マネックス証券:チーフ・ストラテジスト:広木隆>:「今週のマーケット展望」
  >先週の日経平均
   ・「崩れかかる一歩手前でなんとか持ちこたえた。」
   ・「結果的に2万2500円の節目を意識するような動きとなった。」
   ・「週末の米国市場でダウ平均が最高値を再び更新したことは…日経平均がこの水準で
   値固めすることの支援材料となるだろう。」
   ・「今週の最大のハイライトは『米国の税制改革法案の成立』が挙げられる。」
   ・「週内に可決される公算が高く…その際の市場の反応が注目点だ。」
   ・「米国株は減税法案の期待で上昇してきただけに…強烈な材料出尽くしとなって売られる
   リスクもある。」
   ・「あるいは不透明材料が決着したことを素直に好感して一段高となるか?」
   ・「個人的には…その両者が合い混じり…売り買い交錯で結果的に無反応(のように
   見える)というものではないかと予想する。」
   ・「今週は今年最後の日銀金融政策決定会合が開催されるものの…現状維持が
   コンセンサスとなっている。」
   ・「主要経済指標の発表も少なく…今週は名実ともに海外勢のクリスマス休暇入りで動意の
   乏しい週になるというのが大方の見方だろう。」
   ・「しかし…先週からすでに海外勢はクリスマス休暇入りで動かないといった観測もあったが
   実際に米国株は先週末に高値をとってきている。」
   ・「みんながみんな休むわけではなく…むしろひとが休んでいるときこそ稼ぎ時と思う
   投資家もいるはずだ。」
   ・「コンピュータによるプログラム取引なら…ひとが休んでいる間にも機械が取引してくれる。」
   ・「全体的に薄商いの中で…意外に値が飛ぶリスクも頭にいれておこう。」
   ・「特に上述した税制改革法案成立を受けた米国株の反応には注意したい。」
 ***************************************
【市場概況】:20171219
◎国内株式市場◎【大幅反発】
 *TOPIX*:終値=1817.90(前日比+24.47 +1.40%)
 *日経平均株価*:終値=2万2901円77銭 (前日比+348円55銭 +1.50%)
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
 ◎TOPIX…終値ベースで1991年11月以来の高値
  ☆米国税制改革法案…年内成立見込み強まる
  ☆為替相場…ドル高・円安に⇒業績期待が高まる


 <三井住友アセットマネジメント:石山仁チーフストラテジスト>:*B
  ・「米税制改革は来年に持ち越されるとの見方も出ていたが…
  予想以上に早く減税が決まる見通しとなり…センチメントに非常にプラスに効いた。」
  ・「米国の減税は…米国外企業の投資を呼び込むきっかけになり…そうした企業の
  利益拡大への期待が続く。」


 >>:こういう誰でも言えるコメントは意味がない…


 【チャート】 https://kabutan.jp/stock/chart?code=0000
   ※移動平均線循環分析
    *日経平均:短期>中期>長期…陽線
     ☆【天井圏】維持
     ※05日線を上抜け
     !!オシオレーター系の指標は過熱感一旦停止
     ※昨日の「クロス」(「転換点」or「加速」を示す。)
      ※少なくとも買い方は「気迷い」状態
      ※「落ちるなら急落」:下値は直近「窓空き」の21,500円か?
      ※「切返すなら一段高」 も依然生きている
     ☆再び小さなペナント作り…まだ上抜けには至らず
     ★「北朝鮮」動向は依然要注意
     ※米国景気堅調との両天秤が続く …「税制改革」動向注意
     ☆下げたら買い変わらず (目処18850円)
     ※日経平均は年末2万円割れで終わる!! は変えず
     ★トランプ政権不安定化懸念でまだまだ高値波乱の様相も…
     ◆まだまだトランプ相場の「トランポリン」は続くだろう…
**************************************
◎NY株式市場概況◎【反落】
 ・ダウ平均   24792.20(+140.46 +0.57%)
 ・S&P500    2690.16(+14.35 +0.54%)
 ・ナスダック   6994.76(+58.18 +0.84%)…ザラ場で史上初の7000超!!
 ・CME日経平均先物 23005(大証終比:+125 +0.54%)


  ◎続伸…米税制改革への期待からの買い継続
   ☆ダウ平均…最高値更新続く。
    ▼減税の経済的効果には疑問符も多い
    ⇔
    ▽短期的には…
     ・企業の税引き後の最終利益押し上げ→自社株買いや配当への期待感
  
 ※ダウ平均…一時224ドル高まで上昇
   ▽このまま年内を終えることができれば2013年以来の上昇幅となる。


 【恐怖指数】VIXスポット(NY時間:16:09)
   ・スポット  9.53(+0.11 +1.17%)


 【チャート】 https://kabutan.jp/stock/chart?code=0800
   ☆NYダウは「短期」>「中期」>「長期」…【天井圏】 継続
   ☆「上値のペナントは上抜け」…が続く
   ※さすがに上げ過ぎと個人的には思うが…
   ☆「赤三平」からの押上げの可能性も高まった…
   ※NYダウは年末に向け調整するのでは(・・? …下値=21830目処
   ◆「トランポリン」相場はまだまだ続く
**************************************
※NY外為市場概況※ ■為替が一歩先に行く
 *ドル・円*:1ドル=112円31銭まで弱含んだのち112円61銭まで上昇。
  ☆米国の12月NAHB住宅市場指数…18年ぶりの高水準を記録。
  ☆米国の税制改革の年内成立を織り込むドル買いに底堅い展開に。
 *ユーロ・ドル*:1ユーロ=1.1834ドルまで上昇後…1.1774ドルへ反落。
  ★根強い域内の金利先高感…ユーロ買い優勢→戻り高値からはドル買い意欲も強い。
 *ユーロ・円*:1ユーロ=133円01銭へ上昇後…132円55銭へ反落。
 *ポンド・ドル*:1ドル=1.3370ドルから1.3418ドルまで上昇。
 *ドル・スイス*:1ドル=0.9882フランから0.9940フランへ下落。 


 [経済指標:米国]
  *12月NAHB住宅市場指数*:74>予想:70・11月:69←70


 【チャート】  https://kabutan.jp/stock/chart?code=0950
  ・短期(05日)>中期(25日)>長期(75日)
   ☆【天井圏】
   >現在値:112.55
     ※本日予想レンジ=112.15円⇔113.30円
     ※今週予想レンジ=111.50円⇔113.75円


     ※米国利上げは下支えながら更なる115円超のドル買いには新規材料必要
     ※市場のコンセンサス
     (1)企業決算堅調も下支え材料に
     (2)経済データに注目しつつ…トランプ政権による税制改革などの行方を
      見極めるスタンス維持
     (3)「地政学的リスク」への懸念
     (4)「トランプリスク」
     ★「トランポリン相場」は続くだろう。
    
   *豪ドル円*: 財政改善見通し好感して買い
    現在値=86.25
     ※本日予想レンジ=85.75円⇔86.75円
     ※今週予想レンジ=85.40円⇔87.00円
   [経済指標]
***************************************
【各国金融政策】
*************************************
【現在の懸念材料】
(1)米国動向
 >トランプ政権


 >金融政策
  <ウィリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁>
   ・来年3回の利上げは妥当。
   ・来年の米国経済のモメンタムは良好。
  <カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁>
   ・低インフレとイールドカーブのフラット化が反対した理由。
   ・利上げは賃金の伸びを不必要に抑える可能性。
   ・米国債市場はリセッションのリスク上昇を示唆。
   ・現段階では金融市場の安定に差迫ったリスクがあるとは見ていない。


 [経済指標]
***************************************
(2)地政学的リスク(IS国のテロ「拡散」 ・北朝鮮の自爆)
  <トランプ大統領>:米政府「安全保障戦略」公表
   ・北朝鮮封じ込めであらゆる必要な措置をとる。
   ・反勢力は中国とロシア。
   ・イスラム国との戦いでは良い仕事をした。
   ・GDPの成長も米国の最大の武器の一つ。
   ・南部国境の安全保障で壁建設が必要。
***************************************
(3)中国動向
 ●上海総合指数…先週末:約4カ月ぶりの安値…本日は自律反発
 >18日:「中央経済工作会議」(翌年度・経済政策の基本方針決定)開催


 [経済指標]
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
 ※主な「国家戦略」
  (1)稼働中…「国有企業改革」・「供給サイド改革」
     ※「混合所有制改革」…国有企業改革
     (中国聯合網絡通信集団(聯通集団)) (国有資産監督管理委員会)
     ※河北省の「雄安新区」設立
     …治水インフラ整備費⇒1000億人民元の予算投入
     ※「健康中国…国民の健康促進を目指す国家戦略     ※
  (2)繰上げ見込み
   「軍民融合発展」…軍事技術の民生利用と民間技術の軍事転用を計る


 ※市場対策
  「国家隊」…政府系の機関
     >今年第2四半期(4~6月)
      …深セン証券取引所のベンチャー企業向け市場「創業板」に大口資金投入
  「養老保険基金(年金基金)」(新規定)…運用スタート


***************************************  
(4)石米油価格動向
 >12月18日 【反落】
 ●NY原油先物01月限(WTI)(終値)●=57.16(▲0.14 ▲0.24%)


  
  >>:$40~50/バレル台で動いて入れば騒ぐ必要ない!! (どうせ談合市場だ)
***************************************
(5)欧州動向 (含 欧州金融不安…消えては浮かぶタイマー付爆弾)
 >独政局
 
 >金融政策
 >南欧問題


 >BREXIT
  <ECB>:英国のEU離脱は2018年の銀行監督の主要課題に
  
 [経済指標]
  *ユーロ圏消費者物価指数・確報値(11月)*
   >前月比:結果+0.1%=予想+0.1%・前回+0.1%
   >前年比:結果+1.5%=予想+1.5%・前回+1.5%
   >同コア :結果+0.9%=予想+0.9%・前回+0.9%
***************************************
(6)英国動向
 >メイ政権
 >BREXIT
 >金融政策


 [経済指標]
  *12月:英CBI製造業受注指数*
    ・結果:17>予想15・前回:17
    ※水準的には1988年8月以来の高水準続く
***************************************   
(7)日銀緩和政策
  >金融政策
   <ETF購入>
    >12月18日現在
    ・従来型ETF=0億円(12月購入05回・総額4266億円)
    ・設備・人材投資企業支援関連ETF=12億円購入
     (12月購入12回=計144億円)
    ・J-REIT=12億円(12月購入01回=12億円)
  >日銀のETF保有時価は20兆3千億円を超えている!!


  [経済指標]
   *通関ベース貿易収支(11月)*
    >季調前:結果+1134億円>予想▲518億円・前回+2846億円(↓+2854億円)
    >季調後:結果+3641億円>予想+2548億円・前回+3229億円
****************************************
(8)新興国景気懸念…強いドルによる資金流出
 ※全体としての…☆サポート材料 ★懸念材料
 ☆中国経済指標堅調 ★★米トランプ大統領保護主義的通商政策 ☆石油価格安定


 【ロシア】
  ●<ウリュカエフ前経済発展大臣>
   ★有罪確定(最高裁…8年の禁固刑宣告)
  ◎<ロシア中央銀行>:15日…政策金利を8.25%から7.75%まで引き下げると発表
 【インド】
  ◎成長ペースの回復観測
   <スタンダード・チャータード>:最新リポート
    ・「インド経済がすでに底を打った。」
    ・「向こう数四半期の成長率が7%台に回復…数年後は7.5%まで加速すると予測。」
****************************************
【今週の新規投信設定】 火曜日に掲載
 >2017/12/18 ファンド名/投信会社*
 *レッグメイソンAM
  ・アジア・オセアニア・インカム資産ファンド(3ヵ月決算型)
  ・LM・アジア・オセアニア・インカム資産ファンド(毎月分配型)
  ・LM・アジア・オセアニア・インカム資産ファンド(年2回決算型)


  ・DCダイワ・グローバルREITアクティブ・ファンド/大和アセットマネジメント


 >2017/12/19 ファンド名/投信会社
  ・<パートナーズ>つみたてNISA日本株式 日経225/農林中金全共連AM
  ・<パートナーズ>つみたてNISA米国株式 S&P500/農林中金全共連AM
  ・SBI資産設計オープン(つみたてNISA対応型)/三井住友AM
  ・GSビッグデータ・ストラテジー(外国株式)/ゴールドマンアセットマネジメント
  ・日本株4.3ブル/SBIアセットマネジメント
  ・日本株3.7ベアⅡ/SBIアセットマネジメント


 >2017/12/21 ファンド名/投信会社
  ・ターゲット・リターン戦略ファンド/損保ジャパン日本興亜


 >2017/12/22 ファンド名/投信会社
  ・国際インド債券オープン(年1回決算型)/三菱UFJ国際投信
  ・DC・PIMCO・世界インカム戦略ファンド(為替ヘッジあり)/野村アセットマネジメント
***************************************
***************************************
※随時受付中…
◎「受かるぞ!!FP」…2級・3級講座(個別指導&グループ指導):回数・費用はご相談
◎「受かるぞ!!証券外務員」…1種・2種(個別指導&グループ指導):回数・費用はご相談
◎「マーケット基礎知識」…初心者向け


 >>上記 お申込み・お問い合わせは…future1139blue@yahoo.ne.jp まで
 >>「ストリートアカデミー」 https://www.street-academy.com/steachers/62329
 でもお申込みいただけます!!(除 セミナー)
・日程・時間はいかようにもアレンジ可能です。おひとりでもグループ(割引あり)でもお受け
します!!
 ************
 ************
※加藤の夢…もう一度「東京フォーラム」でセミナーを!!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。