加藤肇の「前向き!!投信ゼミナール!!」

・「よくわからないまま」投信を利用してる方!!

・銀行での投信窓販解禁以来、16年!!
・お客様向けセミナー講師回数3500回超!!
・指導した販売担当者は10000人以上!!
・お客様目線から「やさしく」「大事なとこだけ」
 解説します!!

【昨日のマーケット:151104】狂宴

□■前向き!!投信ゼミナール!!■□:第92号
>みなさん!! おはようございます!! 加藤です!!
・朝起きて メルマガを書いていると 「寒いな」と感じるようになりしました。
・最後にNYに行った1998年9月に買ったNYヤンキースのウィンドブレーカーを
 また羽織る季節になりました…
>昨日は東京市場は郵政3社上場に湧きました…
・かんぽ生命は売り出し価格を56%上回ったとか…引け成り利食いでしょうね…
・祭りの後は、さて…
<日本郵政>
▼2016年3月期の純利益見込:3700億円(前期比▲23%)
 ∵(1)収益貢献の大きいゆうちょ銀が減益に
 ∵(2)郵便・物流事業の日本郵便…全国一律のユニバーサルサービスを義務付けられており業績低迷
 ※1987年に上場したNTT株…初値が売り出し価格を3割上回った
              ⇔直近の株価…その初値を実質4割下回る水準
⇒「市場からの評価が定まるには数カ月かかる」(大手証券幹部)
<石井雅実・かんぽ生命保険社長>:*n
 >保険業界はかんぽ生命を意識した再編の動きがある。上場で競争関係は変わるか。
 「小口で簡易な商品を高齢者や主婦に売っていくというビジネスモデルはユニークで…
  ・民間とは一定のすみ分けがある」…まだ民間じゃないのか?
 「高齢者市場はまだまだ拡大するので上場でモデルを変えるつもりはない」
 「生保業界全体の信頼性をあげる取り組みは各社と連携できる」
  …あくまで「かんぽ」が最上位にいるってことか(笑)
******************
*****************
※ご注意ください!! 
・本ブログの情報は…
 信頼できると判断した資料や私の経験をもとに提供させていただいておりますが、
 今後の投資成果を保証するものではありません。
・「投資」にあたっては「自己判断」「自己責任」で行っていただくようお願い致します。 
・*Bはブルンバーグから*nは日経電子版からの引用コメントです
******************
>11/04:東京時間
******************
*9:30
>経済指標<
【豪州】
*貿易収支(9月)
(結果)▲2317百万豪ドル(予想)▲2900百万豪ドル(前回)▲2711百万豪ドル(▲3095百万豪ドルから修正)
*小売売上高(9月)
>前月比(結果)+0.4%(予想)+0.4%(前回)+0.4%
15:40
>国内株式市場<
・TOPIX     1540.43(+13.46 +0.88%)  ・ 日経平均   18926.91(+243.67 +1.30%)
・東証マザーズ  792.75(-11.91 -1.48%)  ・ジャスダック   110.42(-0.16 -0.14%)
・東証REIT指数 1707.36(-0.69 -0.04%)
*日経平均株価▽反発
∵(1)昨晩の欧米株高+対ドルでの円安進行 ∵(2)郵政3社の上場
∵(3)アジア株全般も上昇
⇒後場に入って日経平均は上げ幅を450円超に伸ばす
⇔かんぽ生命保険が値幅制限上限に達するなど買いが膨らむ…換金売りも入り日経平均は急速に伸び悩む
※東証1部:売買代金=3兆3892億円…10月29日以来の高水準
<ベイビュー・アセット・マネジメント:佐久間康郎執行役員>
「夏の急落要因となった中国の景気減速と米国の利上げが織り込まれて底値固めのプロセスに入った」
 ☆:中国…(1)金融緩和の累積効果が出てくる(2)構造問題は変わらないにせよ安定化が視野に入り始めた
 ☆:米国利上げ…非常に大きな不確実要因⇒12月ということでほぼはっきりしてきた
⇒極めて「真っ当」だ。現状を完璧に表現している!!
******************
17:05
>中国本土株式市況<
▽大幅値上がり
*上海総合指数:3459.64(前日比+142.95 +4.31%)…4日ぶり反発→約2カ月半ぶりの高値水準回復
∵(1)政策期待
・第13次5カ年計画(2016~20年)草案…3日公表
 →中高程度の成長を維持する方針示す
<習近平・国家主席>「同計画の期間中は年平均で6.5%以上の経済成長が必要」
∵(2)過度の景気不安後退
・財新・中国サービス業PMI 10月(結果)52.0(前月)50.5…3カ月ぶりの高水準回復
******************
>11/04 欧州時間
******************
>経済指標<
17:56*ドイツ非製造業PMI・確報値(10月)(結果)54.5(予想)55.2(前回)55.2
18:00*ユーロ圏非製造業PMI・確報値(10月)(結果)54.1(予想)54.2(前回)54.2
18:30*CIPS非製造業PMI10月)(結果)54.9(予想)54.5(前回)53.3
02:34
>欧州株式4日終値<
・英FT100:6412.88(+29.27・+0.46%)・独DAX:10845.24(-105.91・-0.97%)
・仏CAC40:4948.29(+12.11・+0.25%)
<マニュライフ・アセット・マネジメント:欧州株式責任者;デービッド・ハッセイ>
「ドラギ総裁の昨日の発言が目先の支援材料なのは明らかだ」
「期待は高くなかったものの…決算シーズンはこれまでほどほどの内容となっている」
「景気回復が続きマージンがこれまでの水準に戻る可能性を見込めば…
              欧州株の価値は引き続き適切な水準であるようにみえる」
******************
>11/04 NY時間
******************
>経済指標<
【ブラジル】
20:00
*鉱工業生産(9月)>前年比(結果)▲10.9%(予想)▲11.3%(前回)▲9.0%
【米国】
21:00
*MBA住宅ローン申請指数(30日までの週)>前週比(結果)▲0.8%(前回)▲3.5%
22:15
*ADP雇用者数(10月)(結果)+182千人(予想)+180千人
           (前回)+190千人(200千人から修正)
22:30
*貿易収支(9月)(結果)▲408.1億ドル(予想)▲410.0億ドル
                (前回)▲480.2億ドル(▲483.3億ドルから修正)
0:00
*ISM非製造業景況指数(10月)(結果)59.1(予想)56.5(前回)56.9
0:30
*EIA週間石油在庫統計(バレル)
・原油在庫+285万 ・ガソリン▲330万 ・精製品▲130万
・製油所稼働率 88.7(+1.1)(%)
(クッシング地区)
・原油在庫▲21.2万
【カナダ】
22:30
*国際商品貿易(9月)(結果)▲17.3億カナダドル(予想)▲17.5億カナダドル
           (前回)▲26.6億カナダドル(▲25.3億カナダドルから修正)
>要人発言<
*イエレンFRB議長(質疑応答)
「米経済のパフォーマンスは良好」
 …「雇用拡大のペースは一部減速が見られた」「インフレは目標水準に戻るだろう」
「12月利上げは可能性がある」
 …「データ次第で何も決まっていない」「利上げのペースは緩やかになるだろう」
 …「住宅市場に障害になるような金利の急上昇は見込んでいない」
「中国は人民元の下落圧力を受けて米国債を売っている」
「もし…景気が大きく劣化すれば…マイナス金利など全ての手段が選択肢に入る」
>米国株式市場<
【イエレン証言受け利益確定売り】
NY株式4日(NY時間16:21)
・ダウ平均     17867.58(-50.57 -0.28%)  ・S&P500 2102.31(-7.48 -0.36%)
・ナスダック     5142.48(-2.65 -0.05%)
・CME日経平均先物  19090(大証終比:+190 +0.99%)
▼反落…利益確定売りが優勢
∵イエレンFRB議長の議会証言
「米経済は良好で指標次第では12月利上げの可能性はある」
 …年内の利上げ期待を高めたことも株式市場の利益確定売りを誘う。
<ソーンバーグ・インベストメント・マネジメント:株式トレーディング責任者:トーマス・ガルシア>:*B
「9月末以来…大きく戻してきたが…最高値をすぐに更新するわけではないだろう」
「12月の利上げを占う材料として…今週の経済指標の発表が待たれている」
「本日…上値を追わなかったのはテクニカル要因も影響しているかもしれない」
******************
>さて…またまた市場は米国雇用統計へ当面の動きを託すと…
******************

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。