加藤肇の「前向き!!投信ゼミナール!!」

・「よくわからないまま」投信を利用してる方!!

・銀行での投信窓販解禁以来、16年!!
・お客様向けセミナー講師回数3500回超!!
・指導した販売担当者は10000人以上!!
・お客様目線から「やさしく」「大事なとこだけ」
 解説します!!

【思考回路:232】20180127

文責:☆彡緋色の龍[暁天雄飛] ☆彡232


**************************************
【新春第1回:前向き!!投信ゼミナール!!】お申込み受付中!!


 「天気晴朗なれど波高し」
 ・2018年の相場を表す言葉でしょう。
 ・2017年04月に強気転換して8カ月…
 ・じりじりと上げてきた株式市場は
 「リスク」の荒波に揉まれそうです。
 ・再度のチャート分析も含め、新年「初唸り」です!!


(1)@新宿 8…2018年02月03日(土)
 時間:11時15分~12時45分
 場所:SOBIZGATES(エスオービズゲイツ):東京都新宿区新宿5-11-2 SOBLD. 2階
 ※最寄駅:都営新宿線「新宿三丁目」駅より徒歩1分
        東京メトロ副都心線「新宿三丁目」駅より徒歩1分
        JR山手線「新宿」駅より徒歩5分
 受講料:1,500円


(2)@大阪5…2018年02月04日(日)
 時間:13時~14時半
 場所:大阪市北区 西天満2-6-8 堂島ビルヂング地下1階(C-1会議室)
 ※最寄り駅:地下鉄御堂筋線「淀屋橋駅」徒歩3分(渡辺橋を渡ったビル)
 受講料:1,500円


(3)@小田原12…2018年02月17日(土)…午前中に入門編「投資の窓口」5あり
 場所:おだわら市民交流センター UMECO
  〒250-0011 小田原市栄町一丁目1番27号(小田原駅東口駐車場1階)
  TEL:0465-24-6611
 最寄駅:小田原駅から徒歩約2分 http://umeco.info/use/access/
 <1>投資の窓口@小田原5…「投資のリスク」・「代表的なアノマリー」
  ※知っておきたい「リスク」と知っておくと便利な相場の「ジンクス」
  時間:10時半~12時
 <2>前向き!!投信ゼミナール!!@小田原12
  時間:13時半~15時


 受講料<1><2>各1,000円・両方受講は1,500円
 
>>:お申込み・お問合せは…mstb2021139@goo.jpまで
***************************************
***************************************
【注目】
 <SMBC日興証券>:1/26付:「DailyOutlook」
  ◎J-REITを巡る環境は好転してきている
   ・年初から東証REIT指数が堅調に推移している。
   ■チャート面
    ☆2016年6月以降のトレンドラインや2017年7月の戻り高値の1709といっ上値目途
    とみられる節目を今年に入って上抜け。
   ■需給面
    (1)昨年のJ-REIT軟調の一因である投資信託の売りは10月がピーク。
    (2)足元では11月・12月と縮小傾向に。
    (3)海外投資家は9~11月に買い越し。
    (4)地域金融機関もREIT-ETFを通じてJ-REITに投資する傾向に
    (5)REIT‐ETF組成に関わる証券自己の買い越しは継続
     …2017年は年間を通して約2,500億円の買い越し主体に。
    ⇒2018年もこれらが継続すれば…J-REITを巡る需給環境は徐々に改善傾向に!!
   ■ファンダメンタルズ面
    (1)2017年12月のオフィス平均賃料(三鬼商事、東京ビジネス地区)
      ・前年同月比+3.4%の上昇(10月・11月の+3.2%からやや加速)
      →好調なオフィス市況が続いている
    (2)2018~20年…オフィス供給量は増加⇔需要は堅調
      →大幅な空室率の上昇や賃料の下落リスクは小さい
  >>」森金融庁長官によって歪められた市場は正常化に向かう(読み通り!!)
***************************************
【市場概況】:20180126
●国内株式市場●【3日続落】
 *TOPIX*:終値=1879.39(前日比:▲5.17 ▲0.30%)
 *日経平均株価*:終値=2万3631円88銭 (前日比:▲37円61銭 ▲0.20%)
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
 ★海外原油市況下落+今後のマージン縮小懸念…石油・鉱業株安い
 ★米国長期金利の低下…金融株下げる
 ★米通商政策の保護主義リスク意識→円高への警戒続く


 <岡三アセットマネジメント:前野達志シニアストラテジスト>:*B
  ・「現在のドル円は企業の想定為替レートに比べ若干円高水準。」
  ・「市場には円高イコール日本の輸出企業にマイナスというイメージがある。」
  ・「今は為替相場に振らされてしまうマーケット。」
  ・「来週30日にトランプ米大統領の一般教書演説を控える中で…
    (1)米国の保護主義政策 (2)日欧の金融正常化模索の流れ
   を受けて…ドル安・円高・ユーロ高の傾向が当面続く。」。


  【チャート】 https://kabutan.jp/stock/chart?code=0000
   ※移動平均線循環分析
    *日経平均:短期>中期>長期…陰線
     ☆【天井圏】維持
     ★思わぬ円高⇔「円安なき株高」へのチャレンジは一旦終了か?
     ★参加者の「気迷い」状態 は依然強いことも判明
     ※「落ちるなら急落」:下値は直近「窓空き」の21,500円か?
     ※「切返すなら一段高」 の出現か(・・?
     ★「北朝鮮」動向は依然要注意
     ※米国景気堅調との両天秤が続く …今後はピークアウト焦点
     ☆下げたら買い変わらず (目処18850円)
     ★トランプ政権不安定化懸念でまだまだ高値波乱の様相も…
     ◆まだまだトランプ相場の「トランポリン」は続くだろう…
**************************************
◎NY株式市場概況◎【3日続伸】
 ・ダウ平均   26616.71(+223.92 +0.85%)
 ・S&P500    2872.87(+33.62 +1.18%)
 ・ナスダック   7505.77(+94.61 +1.28%)
 ・CME日経平均先物 23750(大証終比:+120 +0.51%)


 ◎ダウ平均…3日続伸。
  ★米GDP<予想
  ☆市場の先行き期待は温存(インテルや薬の決算が好調)⇒買い継続
  ※GDP…輸入増が影響し純輸出の赤字が圧迫⇔個人消費は高い伸び
  …見た目ほど悪くはないとの指摘も


 【恐怖指数】VIXスポット(NY時間:16:09)
   ・スポット  11.08(▲0.50 ▲4.32%)


 【チャート】 https://kabutan.jp/stock/chart?code=0800
   ☆NYダウは「短期」>「中期」>「長期」…【天井圏】 継続
   ※05日移動平均に絡んでの動き継続からまたしても「上抜け」へ
   ※さすがに上げ過ぎと個人的には「ずーっ」と思っていますが…(笑)
   ※NYダウはどこかで調整するのでは(・・? …下値=21830目処
   ◆「トランポリン」相場はまだまだ続く
**************************************
●NY外為市場概況● ■為替が一歩先に行く
 <黒田日銀総裁>:ダボス会議
   ・日本は緩やかな景気拡大を続ける可能性が高い。
   ・日本は2%のインフレ目標にようやく近い状況にある。
   ・日本では労働力が不足しつつある。
  ※「日銀の出口戦略」:今年の市場の隠れたテーマ…市場は敏感に反応
  <日銀声明>
   ・黒田総裁はインフレ見通しを修正していない。…戻り鈍い。


 *ドル円*:前日サポートされていた1ドル=108.50円水準をブレイク…ストップを
 巻き込んで108.30円近辺まで一時急落。当面の下値目標として昨年9月につけた
 昨年安値107.30円付近が視野に入りそうな気配も
  ※ユーロ円やポンド円も下落…ユーロ円は一時134円台半ばまで下落。


 *ユーロドル*:1ユーロ=1.24ドル台前半で推移。ロンドン時間には1.25ドル台を
 試す動きも…下値での押し目買い意欲は根強い…きょうは小休止といったところ。
  ※<ドラギ総裁会見>:ユーロ高抑制という点では失敗に終わったムード。
  …1ユーロ=1.25ドルを超えるユーロドルの水準はインフレを押し下げる効果も
  ∴ECBも簡単には許容できない水準→今後もユーロ高けん制の語気を強める可能性も
 
 【チャート】  https://kabutan.jp/stock/chart?code=0950
  ・長期(75日)>中期(25日)>短期(05日)
  【大底圏突入】 …反発の兆しから再び円高へ
   ★下値のペナントは「下抜け」か…!?
   >現在値:108.75
     ※本日予想レンジ=108.00円⇔109.00円
     ※今週予想レンジ=108.00円(↓↓)⇔111.55円


     ※米国利上げは下支えながら更なる115円超のドル買いには新規材料必要
     ※市場のコンセンサス
     (1)企業決算堅調も下支え材料に
     (2)経済データに注目しつつ…トランプ政権による税制改革などの行方を
      見極めるスタンス維持
     (3)「地政学的リスク」への懸念
     (4)「トランプリスク」
     ★「トランポリン相場」は続くだろう。
    
   *豪ドル円*: インフレ上昇予想で売りづらい
    現在値=88.10
     ※本日予想レンジ=87.75円⇔88.60円
     ※今週予想レンジ=87.35円(↓)⇔90.00円
    [経済指標]
****************************************
<各国金融政策>
 【カナダ】
 <ポロズ中銀総裁>:労働市場には相当なゆるみが残っている。
****************************************
【現在の懸念材料】
(1)米国動向
 ■トランプ政権
   <トランプ米大統領>
    ・公正で互恵的な貿易の実現を主張(ダボス会議で)
    ・DACAで合意する可能性はかなりある(CNBC)
     ※DACA:オバマ大統領が2012年に導入した移民政策。幼少期に不法入国した若者
     に対して強制退去を猶予する制度。
    ・ドルは偉大な準備通貨だ
    ・経済はドルをより強く&より強くする(stronger and stronger) (CNBC)
   <ムニューシン米財務長官>:発言は為替介入を狙ったものではない(米WSJ)
 ■金融政策
 ■経済指標
  【カナダ】
   *消費者物価指数(12月)*
    >前月比:結果▲0.4%<予想▲0.3%・前回+0.3%…カナダドル売りへ
    >前年比:結果+1.9%=予想+1.9%・前回+2.1%
  【米国】
   *実質GDP・速報値(第4四半期)*:前期比年率
    ・結果+2.6%<予想+3.0%・前回+3.2%
   *個人消費・速報値(第4四半期)*;前期比年率
    ・結果+3.8%<予想+3.7%・前回+2.2%
   *GDPデフレータ・速報値(第4四半期)*:前期比年率
    ・結果+2.4%>予想+2.3%・前回+2.1%
   *PCEコアデフレータ・速報値(第4四半期)*:前期比年率
    ・結果+1.9%=予想+1.9%・前回+1.3%
   *耐久財受注・速報値(12月)*
    >前月比:結果+2.9%>予想+0.8%・前回+1.7%(+1.3%から修正)
    >前年比:結果+0.6%=予想+0.6%・前回+0.3%(▲0.1%から修正)
****************************************
(2)地政学的リスク(IS国のテロ「拡散」 ・北朝鮮の自爆)
***************************************
(3)中国動向
 ■景気動向
 ■金融政策
  <中国人民銀行(中央銀行)>
   ◎元高容認姿勢鮮明に
     ☆人民元レートの対米ドル基準値…6日連日で元高方向に設定
     >25日…*人民銀*:15年8月の「実質切り下げ」以降で最高値水準を記録
 ■市場活性化
 ■経済指標
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
 ※主な「国家戦略」
  (1)稼働中…「国有企業改革」・「供給サイド改革」
     ※「混合所有制改革」…国有企業改革
     (中国聯合網絡通信集団(聯通集団)) (国有資産監督管理委員会)
     ※河北省の「雄安新区」設立
     …治水インフラ整備費⇒1000億人民元の予算投入
     ※「健康中国…国民の健康促進を目指す国家戦略     ※
  (2)繰上げ見込み
   「軍民融合発展」…軍事技術の民生利用と民間技術の軍事転用を計る


 ※市場対策
  「国家隊」…政府系の機関
     >今年第2四半期(4~6月)
      …深セン証券取引所のベンチャー企業向け市場「創業板」に大口資金投入
  「養老保険基金(年金基金)」(新規定)…運用スタート


***************************************  
(4)石米油価格動向
 >01月26日 【反発】
 ◎NY原油先物03月限(WTI)(終値)◎=66.14(+0.63 +0.96%)
  ※とくに新たな独自材料なし
   ☆為替が再びドル安に+米株も堅調に推移→買い優勢
   ★米国内の稼働中原油掘削装置(リグ)…前週から急増


  *米国内・原油掘削装置(リグ)稼動数*:ベーカー・ヒューズ(米大手石油ガス開発)
    >結果759基(先週比:+12基)


 >:$40~50/バレル台で動いて入れば騒ぐ必要ない!! (どうせ談合市場だ)
 >>:どこかで調整が入る(米シェールの増産注意)
***************************************
(5)欧州動向 (含 欧州金融不安…消えては浮かぶタイマー付爆弾)
 ■独政局
 ■金融政策
  <クーレECB理事>
   ・インフレは引き続き低水準
   ・賃金が上昇し始めている
   ・ユーロ圏のコアインフレが上向いている
   ・QEは際立った成功を収めてきている
 ■南欧問題
 ■BREXIT  
 ■経済指標
***************************************
(6)英国動向
 ■メイ政権
 ■BREXIT
  <カーニー英中銀総裁>:EU離脱ではEUとの関係が深まるほど英経済成長には良い
 ■金融政策
 ■経済指標
  *GDP・速報値(第4四半期)*
   >前期比:結果+0.5%>予想+0.4%・前回+0.4%
   >前年比:結果+1.5%>予想+1.4%・前回+1.7%
*************************************** 
(7)国内動向
 ■景気動向 
  <麻生財務相>
    ・ドル安を肯定したムニューシン米財務長官の発言についてはコメントしない。
    ・トランプ大統領がTPP復帰を示唆したことは歓迎すべきこと。
    ・財政の健全化については…夏までに具体的な計画を示す。
    ・歳出と歳入の改革方針を定めることが重要。
  <西村官房副長官>:為替の安定が重要…市場の動向注視したい
 ■金融政策
  <ETF購入>
    >2018年01月26日
    ・従来型ETF=0億円(01月購入03回・総額3675億円)
    ・設備・人材投資企業支援関連ETF=12億円購入
     (01月購入16回=計192億円)
    ・J-REIT=0億円(01月購入02回=24億円)
   ※日銀のETF保有時価は20兆3千億円を超えている!!
 ■経済指標
  *全国消費者物価指数(12月)*
   >前年比:結果+1.0%<予想+1.1%・前回+0.6%
   >同コア:結果+0.9%=予想+0.9%・前回+0.9%(除:生鮮食品)
****************************************
(8)新興国景気懸念…強いドルによる資金流出
 ※全体としての…☆サポート材料 ★懸念材料
 ☆中国経済指標堅調 ★★米トランプ大統領保護主義的通商政策 ☆石油価格安定


 【ブラジル】
 【ロシア】
 【インド】
  ●銀行の貸倒引当金…新基準で引き上げ
   ★銀行業界の貸倒引当金は8900億ルピーが必要(・・?
****************************************
【今週の新規投信設定】 火曜日に掲載
***************************************
***************************************
※随時受付中…
◎「受かるぞ!!FP」…2級・3級講座(個別指導&グループ指導):回数・費用はご相談
◎「受かるぞ!!証券外務員」…1種・2種(個別指導&グループ指導):回数・費用はご相談
◎「マーケット基礎知識」…初心者向け


 >>上記 お申込み・お問い合わせは…future1139blue@yahoo.ne.jp まで
 >>「ストリートアカデミー」 https://www.street-academy.com/steachers/62329
 でもお申込みいただけます!!(除 セミナー)
・日程・時間はいかようにもアレンジ可能です。おひとりでもグループ(割引あり)でもお受け
します!!
 ************
 ************
※加藤の夢…もう一度「東京フォーラム」でセミナーを!!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。