加藤肇の「前向き!!投信ゼミナール!!」

・「よくわからないまま」投信を利用してる方!!

・銀行での投信窓販解禁以来、16年!!
・お客様向けセミナー講師回数3500回超!!
・指導した販売担当者は10000人以上!!
・お客様目線から「やさしく」「大事なとこだけ」
 解説します!!

【思考回路:234】20180130

文責:☆彡緋色の龍[暁天雄飛] ☆彡234


>はやくも1月末…良いスタートダッシュがきれましたでしょうか?


・YESの方はその調子で!! イマイチの方はまだまだ大丈夫!!


**************************************
【新春第1回:前向き!!投信ゼミナール!!】お申込み受付中!!


◎新宿・大阪 いよいよ今週末!!


 「天気晴朗なれど波高し」
 ・2018年の相場を表す言葉でしょう。
 ・2017年04月に強気転換して8カ月…
 ・じりじりと上げてきた株式市場は
 「リスク」の荒波に揉まれそうです。
 ・再度のチャート分析も含め、新年「初唸り」です!!


(1)@新宿 8…2018年02月03日(土)
 時間:11時15分~12時45分
 場所:SOBIZGATES(エスオービズゲイツ):東京都新宿区新宿5-11-2 SOBLD. 2階
 ※最寄駅:都営新宿線「新宿三丁目」駅より徒歩1分
        東京メトロ副都心線「新宿三丁目」駅より徒歩1分
        JR山手線「新宿」駅より徒歩5分
 受講料:1,500円


(2)@大阪5…2018年02月04日(日)
 時間:13時~14時半
 場所:大阪市北区 西天満2-6-8 堂島ビルヂング地下1階(C-1会議室)
 ※最寄り駅:地下鉄御堂筋線「淀屋橋駅」徒歩3分(渡辺橋を渡ったビル)
 受講料:1,500円


(3)@小田原12…2018年02月17日(土)…午前中に入門編「投資の窓口」5あり
 場所:おだわら市民交流センター UMECO
  〒250-0011 小田原市栄町一丁目1番27号(小田原駅東口駐車場1階)
  TEL:0465-24-6611
 最寄駅:小田原駅から徒歩約2分 http://umeco.info/use/access/
 <1>投資の窓口@小田原5…「投資のリスク」・「代表的なアノマリー」
  ※知っておきたい「リスク」と知っておくと便利な相場の「ジンクス」
  時間:10時半~12時
 <2>前向き!!投信ゼミナール!!@小田原12
  時間:13時半~15時


 受講料<1><2>各1,000円・両方受講は1,500円
 
>>:お申込み・お問合せは…mstb2021139@goo.jpまで
***************************************
***************************************
【注目】
 <米ゴールドマン・サックス・グループ>
  ・「世界的な株式相場調整を予想。」⇒「それは買いの好機。」


  <ピーター・オッペンハイマー率いる同社ストラテジスト・グループ>:29日付リポート
   ★今後数カ月に世界の株式相場が10ー20%下落する兆候がある。
    *ゴールドマンのリスクテーク意欲指数*
     ▼過去最高水準…投資家の楽観の高まりを示す
    *トレーダーら*
     ▼イタリア総選挙などの政治的リスクに対する油断が見られる
   ☆世界同時景気拡大が強気を維持する理由になる
   ⇒本格的な弱気相場入りのリスクは小さい。
   ◎「調整が長期化したりそのまま弱気相場入りするとは考えていない。」
****************************************
【市場概況】:20180130
●国内株式市場●【大幅反落】
 *TOPIX*:終値=1858.13(前日比:▲22.32 ▲1.20%)
 *日経平均株価*:終値=2万3291円97銭 (前日比:▲337円37銭 ▲1.40%)
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
 ●主要株価指数…下げ幅&下落率でことし最大を記録。
  ★米国の長期金利が約4年ぶりの高水準へ
  …過剰流動性の逆流や為替の円高リスクに対する警戒強まる。


 <SMBC信託銀行投資調査部:佐溝将司マーケットアナリスト>:*B
   ・「米国の長期金利上昇で流動性相場の逆回転が意識された。」
   ・「『適温相場』のゆがみが見えてきたことを嫌気した。」
   ・「米長期金利は2016年12月と17年3月に2.6%を上限としていたが…2014年以来の
   2.7%台へ…この水準を抜けてきたことで上昇に弾みがつきやすくなった。」


  【チャート】 https://kabutan.jp/stock/chart?code=0000
   ※移動平均線循環分析
    *日経平均:短期>中期>長期…陰線
     ☆【天井圏】維持
     ★29日の三羽烏…下落相場への転換か?
     ★思わぬ円高⇔「円安なき株高」へのチャレンジは一旦終了か?
     ★ここに来て米長期金利上昇が「適温相場」の終了懸念へ
     ★参加者の「気迷い」状態 は依然強いことも判明
     ※「落ちるなら急落」:下値は直近「窓空き」の21,500円か?
     ※「切返すなら一段高」 の出現か(・・?
     ★「北朝鮮」動向は依然要注意
     ※米国景気堅調との両天秤が続く …今後はピークアウト焦点
     ☆下げたら買い変わらず (目処18850円)
     ★トランプ政権不安定化懸念でまだまだ高値波乱の様相も…
     ◆まだまだトランプ相場の「トランポリン」は続くだろう…
**************************************
●NY株式市場概況●【大幅安】
 ・ダウ平均   26076.89(▲362.59 ▲1.37%)
 ・S&P500    2822.43(▲31.10 ▲1.09%)
 ・ナスダック   7402.48(▲64.03 ▲0.86%)
 ・CME日経平均先物 23210(大証終比:▲50 ▲0.22%)


 ●ダウ平均…一時411ドル超急落。
  ★アジアや欧州など世界的に株式市場が調整の動きを強める
  ★米国株にも利益確定売りが強まる。
   ▼米10年債利回りが上昇+原油相場も売りに押される


  ※市場…あくまで調整の範囲でバーゲン・ハンティングの好機との見方も
  ∵マクロ指標も好調→下げたところでは買いを推奨する向きも少なくない。


  ※月末が接近
  ※トランプ大統領の一般教書演説
 、※FOMCの結果発表
  ※雇用統計…
  ⇒ポジション調整を早めたの可能性も…


 【恐怖指数】VIXスポット(NY時間:16:09)
   ・スポット  14.79(+0.95 +6.86%)


 【チャート】 https://kabutan.jp/stock/chart?code=0800
   ☆NYダウは「短期」>「中期」>「長期」…【天井圏】 継続
   ※05日移動平均に絡んでの動き継続からまたしても「上抜け」へ
   ※さすがに上げ過ぎと個人的には「ずーっ」と思っていますが…(笑)
   ※NYダウはどこかで調整するのでは(・・? …下値=21830目処
   ◆「トランポリン」相場はまだまだ続く


●欧州株式:30日終値
 ・英FT100  7587.98(▲83.55 ▲1.09%)
 ・独DAX  13197.71(▲126.77 ▲0.95%)
 ・仏CAC40  5473.78(▲47.81 ▲0.87%)
**************************************
◎NY外為市場概況◎ ■為替が一歩先に行く
 *ドル・円*:1ドル=108円42銭へ下落後…108円94銭まで上昇。
  ☆米国の1月消費者信頼感指数>予想
  ☆ムニューシン米財務長官(上院議会証言):長期的な国益に叶うドル高を断然支持する
  …米国のドル高政策を確認
  →ドル買い強まる。
 *ユーロ・ドル*:1ユーロ=1.2454ドルへ上昇後…1.2384ドルへ反落。
 *ユーロ・円*:1ユーロ=135円19銭から134円75銭へ下落。
  ★株安を嫌気したリスク回避の円買いが優勢に。
 *ポンド・ドル*:1ポンド=1.4099ドルから1.4167ドルへ上昇。
 *ドル・スイス*:1ドル=0.9310フランへ下落後…0.9362フランまで上昇。


 [経済指標:米国]
  *11月S&PコアロジックCS20都市住宅価格指数*
   >前年比:+6.41%>予想:+6.30%・10月:+6.32%←+6.38%
  *1月消費者信頼感指数*:結果:125.4>予想:123.0・12月:123.1←122.1


 【チャート】  https://kabutan.jp/stock/chart?code=0950
  ・長期(75日)>中期(25日)>短期(05日)
  【大底圏突入】 …反発の兆しから再び円高へ
   ★下値のペナントは「下抜け」か…!?
   >現在値:108.80
     ※本日予想レンジ=108.00円⇔109.40円
     ※今週予想レンジ=108.00円⇔110.85円


     ※米国利上げは下支えながら更なる115円超のドル買いには新規材料必要
     ※市場のコンセンサス
     (1)企業決算堅調も下支え材料に
     (2)経済データに注目しつつ…トランプ政権による税制改革などの行方を
      見極めるスタンス維持
     (3)「地政学的リスク」への懸念
     (4)「トランプリスク」
     ★「トランポリン相場」は続くだろう。
    
   *豪ドル円*: 景気指標の改善下支え
    現在値=87.95
     ※本日予想レンジ=87.65円⇔88.35円
     ※今週予想レンジ=87.00円⇔90.00円
    [経済指標]
****************************************
<各国金融政策>
****************************************
【現在の懸念材料】
(1)米国動向
 ■トランプ政権
  <ムニューシン米財務長官>
   ・長期的な米国の利益にかなう強いドルを支持☆
    …介入のない自由な為替市場を支持。
   ・トランプ大統領は一般教書演説でインフラについて話す。
   ・今年は3%成長を見込む。
 ■金融政策
 ■経済指標
****************************************
(2)地政学的リスク(IS国のテロ「拡散」 ・北朝鮮の自爆)
***************************************
(3)中国動向
 ■景気動向
 ■金融政策
 ■市場活性化
 ■経済指標
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
 ※主な「国家戦略」
  (1)稼働中…「国有企業改革」・「供給サイド改革」
     ※「混合所有制改革」…国有企業改革
     (中国聯合網絡通信集団(聯通集団)) (国有資産監督管理委員会)
     ※河北省の「雄安新区」設立
     …治水インフラ整備費⇒1000億人民元の予算投入
     ※「健康中国…国民の健康促進を目指す国家戦略     ※
  (2)繰上げ見込み
   「軍民融合発展」…軍事技術の民生利用と民間技術の軍事転用を計る


 ※市場対策
  「国家隊」…政府系の機関
     >今年第2四半期(4~6月)
      …深セン証券取引所のベンチャー企業向け市場「創業板」に大口資金投入
  「養老保険基金(年金基金)」(新規定)…運用スタート


***************************************  
(4)石米油価格動向
 >01月30日 【続落】
 ●NY原油先物03月限(WTI)(終値)●=64.50(▲1.06 ▲1.62%)
  ★米エネルギー情報局(EIA)週報発表控え…原油在庫の減少記録が10週連続でSTOP
  →積み増しに向かう予測⇒利益確定の売り誘う。
  ※米原油在庫の市場予想…前週比+90万バレル。


 >:$40~50/バレル台で動いて入れば騒ぐ必要ない!! (どうせ談合市場だ)
 >>:どこかで調整が入る(米シェールの増産注意)
***************************************
(5)欧州動向 (含 欧州金融不安…消えては浮かぶタイマー付爆弾)
 ■独政局
 ■金融政策
 ■南欧問題
 ■BREXIT  
 ■経済指標
  *ユーロ圏GDP・速報値(第4四半期)*
   >前期比:結果+0.6%=予想+0.6%・前回+0.7%(+0.6%から修正)
   >前年比:結果+2.7%=予想+2.7%・前回+2.8%(+2.6%から修正)
  *ユーロ圏消費者信頼感・確報値(1月)*:結果 1.3=予想&前回
  *ユーロ圏業況判断指数(1月)*:結果 1.54<予想 1.68・前回 1.60(1.66から修正)


  *独調和消費者物価指数・速報値(1月)*
   >前月比:結果▲1.0%<予想▲0.7%・前回+0.8%
   >前年比:結果+1.4%<予想+1.6%・前回+1.6%


  *仏GDP・速報値(第4四半期)*
   >前期比:結果+0.6%=予想+0.6%・前回+0.5%(+0.6%から修正)
   >前年比:結果+2.4%>予想+2.3%・前回+2.3%
***************************************
(6)英国動向
 ■メイ政権
 ■BREXIT
  ●EU離脱による英成長への影響を分析した英政府内の秘密文書漏洩
   *3つのシナリオを想定*
    (1)EUとの通商協議が決裂した場合は大打撃
    (2)ハード・ブレクジットなら向こう15年で最大8%成長は縮小
    (3)ソフト・ブレクジットなら2%成長を押し下げ…など
  【英政府】:文書の存在を認めている。(閣僚決済なし…正式なものではないと釈明)
 ■金融政策
  <カーニー英中銀総裁>:議会証言
   ・トランプ大統領のドルに関する発言を評価。
   ・インフレ目標の枠組みは適切。
   ・実質所得の伸びは年後半に回復する。
   ・設備投資は上昇したものの世界的な需要を考慮すれば不十分。
   ・2019年も設備投資は上向きを予想。
   ・英EU離脱交渉が明確になれば設備投資を支援。
   ・英EU離脱交渉に関してはバイアスを持っていない。
   ・ポンド安はインフレを通してなお影響している。
 ■経済指標
*************************************** 
(7)国内動向
 ■景気動向 
 ■金融政策
  <ETF購入>
    >2018年01月30日
    ・従来型ETF=735億円(01月購入06回・総額4410億円)
    ・設備・人材投資企業支援関連ETF=12億円購入
     (01月購入18回=計216億円)
    ・J-REIT=0億円(01月購入03回=36億円)
   ※日銀のETF保有時価は20兆3千億円を超えている!!
 ■経済指標
  *失業率(12月)*:結果 2.8%>予想 2.7%・前回 2.7%
  *有効求人倍率(12月)*:結果 1.59>予想 1.57 前回 1.56
****************************************
(8)新興国景気懸念…強いドルによる資金流出
 ※全体としての…☆サポート材料 ★懸念材料
 ☆中国経済指標堅調 ★★米トランプ大統領保護主義的通商政策 ☆石油価格安定


 【ブラジル】
 【ロシア】
 【インド】
****************************************
(9)仮想通貨対応
  <英国中央銀行:カーニー総裁>
   :世界金融安定理事会(global Financial Stability Board、FSB)の一員
   >30日:議会証言
   ●仮想通貨での支払い…マネーローンダリング・資金洗浄といった違法行為に利用
   …身元が当局に隠されるべきではない。
   ●ディジタル通貨の利用に関して国際規制当局の中で懸念がある。
   ●次回の20か国財務相・中央銀行総裁会議(G20)で議題になる。
   …仮想通貨が一般的に伝統的な金融システムにどの程度、統合されるべきか決定を
   迫られることになるだろう。
****************************************
【今週の新規投信設定】 火曜日に掲載
****************************************
※随時受付中…
◎「受かるぞ!!FP」…2級・3級講座(個別指導&グループ指導):回数・費用はご相談
◎「受かるぞ!!証券外務員」…1種・2種(個別指導&グループ指導):回数・費用はご相談
◎「マーケット基礎知識」…初心者向け


 >>上記 お申込み・お問い合わせは…future1139blue@yahoo.ne.jp まで
 >>「ストリートアカデミー」 https://www.street-academy.com/steachers/62329
 でもお申込みいただけます!!(除 セミナー)
・日程・時間はいかようにもアレンジ可能です。おひとりでもグループ(割引あり)でもお受け
します!!
 ************
 ************
※加藤の夢…もう一度「東京フォーラム」でセミナーを!!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。