加藤肇の「前向き!!投信ゼミナール!!」

・「よくわからないまま」投信を利用してる方!!

・銀行での投信窓販解禁以来、16年!!
・お客様向けセミナー講師回数3500回超!!
・指導した販売担当者は10000人以上!!
・お客様目線から「やさしく」「大事なとこだけ」
 解説します!!

【昨日のマーケット:151118】


□■前向き!!投信ゼミナール!!■□:第102号
*********************
>みなさん!! こんにちは!! 加藤です!!
*********************
・昨日、昼前に、後輩から電話。「千葉まで来たのでお昼どうですか?」
・退職して独りで動いているとこういう電話は「覚えていてくれた」と感じてうれしいものです
・お昼食べながらとりとめのない話。でも、昔の感覚が戻るのがわかる…
・いい時間をありがとう…
*********************
※ご注意ください!! 
・本ブログの情報は…
 信頼できると判断した資料や私の経験をもとに提供させていただいておりますが、
 今後の投資成果を保証するものではありません。
・「投資」にあたっては「自己判断」「自己責任」で行っていただくようお願い致します。 
・*Bはブルンバーグから*nは日経電子版からの引用コメントです
*********************
>11/18 東京市場
*********************
>株式市場<
・日経平均     19649.18(+18.55 +0.09%) ・TOPIX    1586.53(+0.42 +0.03%)
・東証マザーズ 803.77(+14.51 +1.84%) ・ジャスダック  112.98(+0.11 +0.10%)
東証REIT指数   1730.00(-2.17 -0.13%)

▽日経平均株価:小幅続伸
>寄付直後…上げ幅200円→取引時間中としては8月20日以来の19800円台を付ける場面も
 ∵昨日…欧州株高+底堅く推移した米株→東京でも買いが先行
>午後失速
 ∵日中に為替が円高に+仏航空機の緊急着陸などの地政学リスクを意識させる場面も
・東証1部:売買代金=2兆2523億円

<三井住友信託銀行:瀬良礼子マーケット・ストラテジスト>:*B
 「米国景気に関してはそこそこ良い数字が出てきている」
 「ここから先は手掛かりがなかなか見えてこない」
 「実際に利上げをし、さらにファンダメンタルズが良ければ上値を追っていけるが
  米利上げまであと1カ月ある」

<SBI証券:鈴木英之投資調査部長>:*B
 「日経平均が2万円を意識して伸び悩んでいたところに爆破予告のニュースが出たため
  下押しした」
 「ただ、予告の段階で、いちいち気にしているときりがないため、これ以上は売り込めない」
 ⇒こういうアホが最後に相場を崩す…

>国内外為市場<
▽▲前日からのドル高水準での揉み合い
*ドル円*:123円台前半での取引
>朝方…日本株の上昇局面で上値を試す動きも…高値は123.48レベルまで
・上値には相応の売り注文が控えていそう
・米住宅市場・米金融当局者の発言・FOMC議事録公表などNY時間のイベントを控え模様眺めに
*ユーロドル*:1.06台半ばから1.0630台
*ポンドドル*:1.5220近辺から1.52割れ水準までのレンジ

*豪ドル*売り優勢
 ・10月:中国新築住宅価格:全70都市中・前月比27都市で上昇・前年比16都市で上昇
 ・10月:中国全国の新築住宅価格…14年8月以来、約1年ぶりに上昇に転じた
 →上海株が方向感の定まらない取引
*豪ドル円*:87.80近辺→87.40台へ
*豪ドル/ドル*:0.7110台から0.7090台へとジリ安

>午後:ドル円に調整の動き
 「パリ行きエールフランス2機が緊急着陸」 「離陸後に爆破警告の電話」
*ドル円*:123.20台へと小幅に下落

★テロ関連の報道で株式市場や為替相場に調整が促される場面にはまだ注意が必要

*********************
>11/18 中国株式市場(本土)
*********************
▼値下り
*上海総合指数*3568.47(前日比▲36.33ポイント ▲1.01%)…
∵(1)新規の買い材料に乏しい
∵(2)上海総合指数は前日に一時約3カ月ぶりの高値水準まで上昇…戻り売り圧力も意識
…引けにかけて売りの勢い増す

*********************
>11/18 欧州市場
*********************
>欧州株式市場<
欧州株式18日終値
・英FT100  6278.97(+10.21 +0.16%)・ 独DAX  10959.95(-11.09 -0.10%)
・仏CAC40 4906.72(-30.59 -0.62%)
▽▲ほぼ変わらず…昨日の大幅高の見極め

<ロバート・W・ベアード:株式担当副会長;パトリック・スペンサー>:*B
 「相場が大きく上昇した後で…目先の利益を確保する動きがあった」
 「これに加えて(前日発表された)米インフレ率が力強い数値だったため…
  米利上げの可能性が高まった]
 「企業の借り入れコスト上昇につながることから…欧州株にとっては懸念材料だ」

>欧州債券市場<
・ユーロ圏の10年債利回り(日本時間18:50時点)(%)
 独 0.508 仏 0.833 伊 1.545 西 1.75
・独2年国債利回り ▲0.38%…過去最低水準

<ソシエテ・ジェネラル:欧州金利戦略責任者;シアラン・オヘイガン>:*B
 「ECBが具体的にどう行動するかについてはそれほど明確になっていないが…
  少なくとも会合まで相場を支援する材料になるだろう」
 「利回り全体が恩恵を受けている」

*********************
>11/18 NY市場
*********************
・NY株式概況:大幅高
【FOMC議事録にポジティブな反応】
・NY株式18日(NY時間16:21)
 ・ダウ平均   17737.16(+247.66 +1.42%) ・S&P500 2083.58(+33.14 +1.62%)
 ・ナスダック   5075.20(+ 89.19 +1.79%)
 ・CME日経平均先物 19955(大証終比:+265 +1.34%)

<FOMC議事録>
 「理事の大半が利上げ条件は12月会合までに整うと予想」
  …市場の12月利上げ期待を追認する内容
 ⇔
 「段階的な緩和解除で大部分の当局者が合意」
、「海外金融市場の不安定さは消えた」
 …株式市場にとってはポジティブ材料と受け止め

※株式市場=12月利上げに関してはほぼ織り込み→年以降の動向に焦点をシフトしつつあるのかも

>NY為替概況<
【FOMC議事録の内容のわりにはドル買いの反応限定的】
<FOMC議事録>
 「理事の大半が利上げ条件は12月会合までに整うと予想」
  …市場の12月利上げ期待を追認する内容

※今回の議事録からすればドル買いの反応が強まってもよさそうな内容だったが…
  ・上下に激しく振幅したのみでドルの水準が切り上がることは無し
∵(1)事前にドルが上昇…材料出尽くし感?
∵(2)利上げ期待…ドルロングも積み上げ大…来週は感謝祭ウィーク→ポジション調整

*ドル円*
>議事録発表直後…瞬間的に123.75付近まで上昇する場面も
…直ぐに押し戻さる
…ポイントとなっている123.50/60水準には到達→上値追いの動きは堅持
*ユーロドル*
・1ユーロ=1.0620米ドル近辺まで下落する場面も…1.06台は維持
*ユーロ円*
・上値は重いものの131円台は維持。

<エバーバンク・ワールド・マーケッツ:クリス・ギャフニー社長>:*B
 「ドルは12月利上げを織り込んだ」
 「FOMC議事録では利上げ開始時期をめぐる見方は変わらなかったと思う」
 「利上げが12月に実施されることは確実でその後は段階的なものになるだろう」

>NY債券概況<
【FOMC議事録後に10年債利回りは上げ帳消しに】
・米国債利回り(NY時間16:28)
  02年債  0.876(+0.025)  10年債  2.273(+0.007)  30年債  3.042(-0.012)

▼FOMC議事録発表後に10年債利回りは序盤の上げを帳消しにする反応
∵(1)利回りは12月利上げをだいぶ織り込んでいた
∵(2)段階的な緩和解除も強調
→材料出尽くし感…
∵(3)原油が一時40ドルを割り込む動きを見せていたこと
⇔政策金利に敏感な2年債利回りは上昇

*********************
>11/18 加藤私見
*********************
・リスクオンとリスクオフ…
・その使い分けを誤ると「咎め」は大きいという思いは変わらない…
・ただ、米国は堅調は今年初めから申し上げてきたことであり…
・その意味では、今のマーケットの動きはあっていいのだが…
・ちょと「曲がっている」かもしれない(笑)
*********************

写真


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。