加藤肇の「前向き!!投信ゼミナール!!」

・「よくわからないまま」投信を利用してる方!!

・銀行での投信窓販解禁以来、16年!!
・お客様向けセミナー講師回数3500回超!!
・指導した販売担当者は10000人以上!!
・お客様目線から「やさしく」「大事なとこだけ」
 解説します!!

【昨日のマーケット:151130】決意の週

□■前向き!!投信ゼミナール!!■□:第107号
*********************
>みなさん!! こんにちは!! 加藤です!!
・先週土曜日に卒業して37年ぶりに大学時代のサークルの同窓会に参加しました
・不思議です。会場・二次会の5時間の間だけ、少なくとも気持ちはあの時代に戻りました。
・ご想像できないでしょうが…児童文学を読み、書き、子供と遊んだ4年間でした…(笑)

>さて、本日から12月入り…気持ちよく年が越せますように!!
*********************

※ご注意ください!! 
・本ブログの情報は…
 信頼できると判断した資料や私の経験をもとに提供させていただいておりますが、
 今後の投資成果を保証するものではありません。
・「投資」にあたっては「自己判断」「自己責任」で行っていただくようお願い致します。 
・*Bはブルンバーグから*nは日経電子版からの引用コメントです

*********************
 【昨日のマーケット】
*********************
>11/30 国内市場
*********************
>株式市場<
■日本株概況■:続落…月ベースでは2ヶ月連続上昇
・日経平均     19747.47(-136.47 -0.69%)  ・TOPIX    1580.25(-14.20 -0.89%)
・東証マザーズ    867.03(+1.44 +0.17%)    ・ジャスダック  116.04(+0.19 +0.16%)
・東証REIT指数   1752.65(-12.83 -0.73%)

▼日経平均株価:続落…月ベースでは2ヶ月連続の上昇
∵(1)先週金曜日のNY市場…短縮取引+欧州株:反落
∵(2)本日のアジア株式市場:主要指数下落
⇒投資家心理暗い
  …東証1部:業種別指数(33業種)の30業種が下落・売買代金=2兆9090億円

 <しんきんアセットマネジメント投信:鈴木和仁シニアストラテジスト>:*B
  「日本株は高値にきており、材料待ち」
  「日経平均が2万円を超えて定着するには…
    ・さらなる円安による来年1-3月の業績上振れなどの材料が必要」

******
 経済指標
******
*ANZ(ニュージーランド)企業景況感(11月)9:00
 結果 14.6>前回 10.5

*********************
>11/30 アジア市場<
*********************
>中国株式市場(本土)<
*上海総合指数*:3445.40(前営業日比+9.10ポイント +0.26%)…3日ぶり反発

▽自律反発狙いの買い優勢
 ∵上海総合指数:先週末急落…今月に入ってからの上昇分をほぼ削る…値ごろ感着目
 ∵政策期待の高まり
   >12月上旬~中旬:「中央経済工作会議」(翌年度・経済政策の基本方針決定)開催予定

******
 経済指標
******
【インド】
*GDP(第3四半期)21:00
>前年比(結果)+7.4%>(予想)+7.3%(前回)+7.0%

*********************
>11/30 欧州市場
*********************
■欧州株式30日終値■
・英FT100  6356.09(-19.06 -0.30%) ・ 独DAX  11382.23(+88.47 +0.78%)
・仏CAC40  4957.60(+27.46 +0.56%)

▽3カ月ぶり高値
 ∵(1)欧州中央銀行(ECB)…12月3日:定例政策委員会→追加刺激策決定の期待の高まり
 ※ストックス欧州600指数…月間ベースで2カ月連続高
 ∵(2)ユーロ安:輸出銘柄への追い風…自動車関連銘柄は業種別19指数の中で上昇率が首位

 <ダンスケ銀行:チーフアナリスト;アラン・フォンメイレン>:*B
  「週内のECB会合を控えてポジションをチェックする動きに尽きる」
  「これで新年に向けての方向性がある程度出てくるかもしれない」
  「ドラギ総裁は何らかの策を出してくると思うが…
      市場では預金金利引き下げが既にかなり積極的に織り込まれている」
  「『うわさで買って事実で売る』という展開になるかもしれない」

******
 経済指標
******
【独逸】
*小売売上高(10月)16:00
>前月比(結果)▲0.4%<(予想)+0.4%(前回)+0.0%
>前年比(結果)+2.1%<(予想)+2.9%(前回)+3.5%(3.4%から修正)

*消費者物価指数・速報値(11月)22:00
>前月比(結果)+0.1%=(予想)+0.1%(前回)+0.0%
>前年比(結果)+0.4%=(予想)+0.4%(前回)+0.3%

*********************
>11/30 NY市場
*********************
■NY株式30日(NY時間16:15)■
 ・ダウ平均   17719.92(-78.57 -0.44%) ・S&P500    2080.41(-9.70 -0.46%)
 ・ナスダック   5108.67(-18.86 -0.37%)
 ・CME日経平均先物 19800(大証終比:+50 +0.25%)

 ▼ダウ平均は続落
  ∵今週は重要イベントも目白押し…月末ということもあり売りが優勢に
 ※感謝祭翌日:「ブラックフライデー商戦」
          ・オンライン販売は好調・店舗販売はそこそこ
 <テミス・トレーディング:株式トレーダー;マーク・ケプナー>
  「木曜日のECBから金曜日の米雇用統計へと続く今週はかなり重要な一週間になる」
  「市場は12月の米利上げとECBの追加緩和を見込んでいる」
  「年末にかけての方向を決める重要な2週間になりそうだ」

◆NY為替概況◆:月末要因…フィキシングにかけドル買い強まる

>NY外為市場
▽ドル買い優勢
 ∵今週:ECB理事会や米雇用統計&FRBの利上げが確実視…ドル先高感は根強い
   ⇔本日発表のシカゴPMIや住宅指標といった米経済指標は弱い内容
 ∵月末要因…日本時間1日1時のロンドン・フィキシング*1にかけてドル買い強まる。

 ※ドル円※
 ・フィキシングにかけて123.35付近まで上昇する場面も
 ・フィキシング通過後は伸び悩んだものの…123円台をしっかりと維持
 ⇒上値追いの体勢堅持…テクニカル的にも21日線で反転し10日線も上回る動き。
 <黒田日銀総裁>:本日会見
  「必要があればいつでも躊躇無く調整する」…日銀の追加緩和への期待も温存


 *ユーロドル*
 ・一時1.0550付近をうかがう展開も
 ・今週のECB理事会を巡ってユーロは下値模索続く…ファンド勢&個人投資家…積極的な売り

⇔ユーロのショートポジション積上げ大…ユーロは利益確定の買い戻しの反応を見せるリスクも
   ※ECB理事会の翌日には米雇用統計

 *1:ロンドンフィキシング
    ・ロンドン市場の16時(夏時間15時)=日本時間の25時(夏時間24時)のある
    ・フィキシング(値決め)のこと
     ※正確には…金(Gold)のスポット価格を決定することを意味
       …この時間帯は、外国為替市場では有価証券の決済に絡んだオーダーが多い
******
 経済指標
******
【カナダ】
*経常収支(第3四半期)22:30
 (結果)▲162.1億カナダドル<(予想)▲152.0億カナダドル(前回)▲165.7億カナダドル
                                         (▲174.0億カナダドルから修正)
【米国】
*シカゴ購買部協会景気指数(11月)23:45
 (結果)48.7<(予想)54.0(前回)56.2

*中古住宅販売成約指数(10月)1日0:00
 >前月比:(結果)+0.2%(予想)+1.0%(前回)▲1.6%(▲2.3%から修正)

*****
 ニュース
*****
<IMF>
 >2016年10月1日付け
  ☆人民元をSDRの構成通貨に入れることを決定
    ※SDRの新バスケットの構成比率
     ・米ドル:41.7%・ユーロ30.93%・人民元:10.92%・円:8.33%・ポンド:8.09%


+++++++++++++
  >加藤私見
+++++++++++++
・いずれにしても、「利食い」優先
・年明けまでに「利食い」できなかったものは「1年以上」の長期戦覚悟
・分配金受取目当てのファンドは覚悟決めて保有
・年末までの「吹き上げ」局面逃さないこと
・逆に「急落」局面あっても慌てないこと


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。