加藤肇の「前向き!!投信ゼミナール!!」

・「よくわからないまま」投信を利用してる方!!

・銀行での投信窓販解禁以来、16年!!
・お客様向けセミナー講師回数3500回超!!
・指導した販売担当者は10000人以上!!
・お客様目線から「やさしく」「大事なとこだけ」
 解説します!!

【昨日のマーケットから:151225】やってきたのは(・・?

□■前向き!!投信ゼミナール!!■□:第124号
*********************
>みなさん!! おはようございます!! 
・クリスマスが終わって、街は一気に「お正月」ムードへ…
・そんな中で、本日は来年1月のFP試験合格を目指す方の個別指導…
・その後は、友人二人と忘年会です…
*********************
※ご注意ください!! 
・本ブログの情報は…
 信頼できると判断した資料や私の経験をもとに提供させていただいておりますが、
 今後の投資成果を保証するものではありません。
・「投資」にあたっては「自己判断」「自己責任」で行っていただくようお願い致します。 
・*Bはブルンバーグから*nは日経電子版からの引用コメントです
*********************
>クリスマスの国内株式市場は5日続落…
・来週から新年相場入りもあって「無理せず…」「力を溜めて…」等々様々な思いがあるのだろう…

>欧米は休み…静かなクリスマスだった

>し・か・し…
・昨日も書いたが、なんか「為替」が気になる…
・日経電子版にこんなコラムが…(原文参考に加藤がまとめました)

【「死の交差」(デッドクロス)が示す円高】:経済部 佐伯遼
>2015/12/25 14:55

■年末を迎えた外国為替市場■
★対ドルの円相場がじり高の展開に
>25日:東京市場
▼1ドル=120円台前半…約2カ月ぶりの水準に高止まり
…米利上げで積上げた円売り・ドル買いの持ち高を解消する目的の円買いばかりが目立つ
…市場参加者の売り意欲乏しい

<テクニカル分析>
★先行きの円高を示すシグナル点灯
…これまでアベノミクスで進んできた円安・ドル高の流れが変わる可能性も

>「死の交差」(デッドクロス」発生
★100日移動平均線と200日移動平均線が交差
…100日移動平均線が200日移動平均線を円高方向に突き抜けた
※100日移動平均値が200日移動平均額よりも円高になった

>日銀の異次元緩和開始以降
▽100日移動平均線は200日移動平均線より常に円安の水準で推移していた

(あおぞら銀行の諸我晃市場商品部部長)
「他のテクニカル分析手法も同様にテクニカル分析では円高・ドル安が進みそうな地合い」

(外為どっとコム総合研究所の川畑琢也研究員)。
「テクニカル分析を好む個人投資家たちの一部は…
 ・まずは1ドル=118円程度を目標にして<円買い・ドル売り>に動き始めている」

※金利差や貿易収支など経済条件を基に為替相場を予測するファンダメンタルズ分析と比べて
テクニカル分析は根拠が乏しいとの声も

「市場の経験則の集まり」とも言えるテクニカル分析を好む市場参加者が多いのも事実。
∴円高シグナルが市場参加者の頭によぎるだけで円売り・ドル買いの手が鈍るきっかけとなる。
☆彡:加藤もNTAA(日本テクニカルアナリスト協会委員です…)

>現在…
★ファンダメンタルズ分析派からも来年の円高・ドル安を指摘する声が増えつつある
∵ドル高の悪影響などで米経済が停滞→FRBの利上げペースが想定より鈍くなるとの見方へ

>来年…アベノミクス下では初の円高・ドル安基調が訪れるかもしれない。


☆彡:年末の薄商いの中のデッドクロスだけに「信頼性」に疑問がつく…
☆彡:この記者のテクニカル分析に対する理解度が不明…
☆彡:しかし、意外とこういうちこから崩れだすこともあるので頭に入れておきたい…

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。