加藤肇の「前向き!!投信ゼミナール!!」

・「よくわからないまま」投信を利用してる方!!

・銀行での投信窓販解禁以来、16年!!
・お客様向けセミナー講師回数3500回超!!
・指導した販売担当者は10000人以上!!
・お客様目線から「やさしく」「大事なとこだけ」
 解説します!!

【昨日のマーケット:151217】正論

□■前向き!!投信ゼミナール!!■□:第119号
*********************
>みなさん!! おはようございます!! 
・119…
・マーケットに「救急車」が出るような予感が依然続く今日この頃ですが…
*********************
※ご注意ください!! 
・本ブログの情報は…
 信頼できると判断した資料や私の経験をもとに提供させていただいておりますが、
 今後の投資成果を保証するものではありません。
・「投資」にあたっては「自己判断」「自己責任」で行っていただくようお願い致します。 
・*Bはブルンバーグから*nは日経電子版からの引用コメントです
*********************
【試される世界経済の実力:米利上げ・FRBの決断】  日経電子版
(ワシントン支局長 小竹洋之)
<ビル・グロス:米著名投資家=債券王>:市場関係者への警告
「カジノはいずれなくなり、ギャンブラーも家に帰る」
■宴の始まり■
●リーマンショック後…未曽有の危機にあえぐ世界経済の回復の2つの起点
<米連邦準備理事会(FRB)>
>2008年12月
◎異例の金融政策
(1)ゼロ金利政策を導入
(2)市場に供給する「資金量」を増やす量的緩和策も採用
<中国>
◎50兆円規模の財政出動
■宴の終わり■
<FRB>
>14年10月:量的緩和打切り
>15年12月:ゼロ金利解除(開始からちょうど7年)
∵景気回復の基盤が固まる…気になり始めたのは緩和の行き過ぎ
∴「極限まで踏み込んだアクセルを徐々に緩めたい」…FRBの意図
■<ビル・グロス:米著名投資家=債券王>■
「カジノはいずれなくなり、ギャンブラーも家に帰る」
・利上げの先にはグロス氏が言う「宴(うたげ)の終わり」が待ち受ける。
▼懸念1:世界経済(特に新興国)への懸念
<イエレンFRB議長>
 「米経済の基礎体力には自信がある」…緩やかな利上げを続ける考え示す

・問題はいまの世界経済にそれだけの耐久力があるかどうかだ。
∵(1)米国以外の成長エンジン
◆FRBの利上げ
>前回(2004年6月~2006年6月)
・主要国の「同時回復」→世界の実質成長率…5%前後に達していた時期
>今回(2015年12月~)
・心もとない米国以外のエンジン…15年の成長率見込みは「同時不況」の瀬戸際とされる3%前後
∵(2)膨らんだ世界の債務残高…利払い負担の増加
<国際金融協会(IIF)>
●世界の債務残高:官民合計=240兆ドル(金融危機後の7年間で50兆ドル増)
●もろさが目立つ世界経済を傷つけずに緩和の「出口」を探るのは至難の業
⇒新興国の景気減速や資本流出を誘発…新たな危機に追いやりかねない
▼懸念2:米国経済への懸念
<日米欧の金融政策>
>リーマンショック後
◎主要国…危機対応で足並みをそろえる
>現在……真逆の方向へ
◇追加緩和も辞さない日欧
◆引き締めに転じた米国
⇒ドル高や原油安を加速…米経済そのものを揺さぶる恐れも
※米国企業業績への影響
<米自動車大手FCAUS(旧クライスラー)>
・年末商戦…一部車種のローン金利を約6年間ゼロにするキャンペーン実施
・低利融資競争の効果…15年の米新車販売は過去最高の1740万台をうかがう勢い

・米自動車ローンの残高:1兆ドルを突破
・自動車向けのサブプライムローン(信用力の低い個人向け融資)の焦げつきを懸念する声も
・緩和マネーによるかさ上げ分はいずれはげ落ちる
・米自動車市場の本当の実力が見えてくる…
<キャタピラー>(米国建機大手)
・新興国の景気減速とドル高の打撃
>2016年:前年比▲5%(減収覚悟)
<シェブロン>(米石油メジャー)
・原油安
>2016年:設備投資:前年比▲24%
⇒試練は避けられない
※今後の展開は(・・?
□米国利上げのプラス面□
▽ドル高の裏側にある「新興国の通貨安」
・変化のスピードが緩やかなら…新興国の製造業が息を吹き返す足がかりにも
□日欧金融政策当局の追加緩和への期待□
・米利上げに伴う世界的な流動性減少への不安を和らげる面も
<フィリップ・スウェーゲル元米財務次官補>
「確かなことは『中央銀行』頼みの成長から脱却しなければならない時が来た…という事実だ」
☆彡私はかなり前から「金融政策から財政政策へ」と申し上げている
とともに、依然として
☆金融政策の正常化を軟着陸に導くFRBの手腕と各国当局のかじ取りが試される!!
そして
☆米利上げの先にある世界経済の変化への適応力が企業と個人にも問われている。
*********************
>上記コラムをお読みいただいてから昨日の日本と米国の株式市場を振り返るといかに日本の
市場が「刹那的」な動きをしているかおわかりいただけるだろう
>2016:12:17
・日経平均    19353.56(+303.65 +1.59%) ・TOPIX    1564.71(+23.99 +1.56%)
・東証マザーズ    893.19(+6.42 +0.72%)
・ジャスダック       116.01(+1.35 +1.18%)
・東証REIT指数    1718.69(+5.07 +0.30%)
▽米金融政策に対する不透明感の後退で朝方から幅広い業種が上昇
*日経平均*
…一時457円高の1万9507円まで上昇
=投資家の長期売買コストを示す200日移動平均線(1万9504円)に到達する場面も
▼午後は伸び悩み
∵(1)海外原油市況の下値不安*1がなお残る
∵(2)年末に接近…一気に上値を買い上げる動きは乏しい
*1:16日のニューヨーク原油先物
・1バレル=35.52ドル(前日比▲4.9%)…3日ぶりに大幅反落
<クレディ・スイス証券:バジリアス・ダン>:*B
「FOMC結果への「安心感から買いは入ったが…来週には海外投資家が休みとなる」
「今動く必要もなく買いが続くわけではない」
「投資家は既に来年のテーマを探している」
☆彡午後の伸び悩みが救いといえば救いか…
>さてNYは…
【原油下落きっかけに戻り売り】
NY株式17日(NY時間16:22)
・ダウ平均   17495.84(-253.25 -1.43%) ・S&P500    2041.89(-31.18 -1.50%)
・ナスダック   5002.56(-68.58 -1.35%)
・CME日経平均先物 19275(大証終比:-65 -0.34%)
▼大幅反落
・前日のFOMC後の流れを引き継いで買い先行で始まる
・原油が再び下値模索が強まったことで戻り売りが強まる
<BB&Tウェルス・マネジメント:シニアバイスプレジデント;ウォルター・ヘルウィグ>:*B
「原油安と世界的な景気の弱さという株式市場で長引く問題に注目が集まっている」
「来年の増益に対する懐疑的な見方が市場では懸念材料となるだろう」
☆彡NYはすでに「予想通りのFOMC」から「もっと深刻な問題」に目を移している
☆彡海外はクリスマス休暇に…年末、マーケットに戻ってきた海外勢はどううごく(・・?
☆彡当面…上に振れたら売り・下に振れたら静観


【昨日のマーケット:151216】予想通り(・・?

□■前向き!!投信ゼミナール!!■□:第118号
*********************
>みなさん!! おはようございます!! 
・118号…大晦日を前に118
・「煩悩」は今年も「マーケット」の世界を駆け巡りました…
・FRB利上げでまたまた新しい「煩悩」の誕生か(・・?
*********************
※ご注意ください!! 
・本ブログの情報は…
 信頼できると判断した資料や私の経験をもとに提供させていただいておりますが、
 今後の投資成果を保証するものではありません。
・「投資」にあたっては「自己判断」「自己責任」で行っていただくようお願い致します。 
・*Bはブルンバーグから*nは日経電子版からの引用コメントです
*********************
 【昨日のマーケット】 (☆彡加藤つぶやき)
*********************
>2015/12/16 (水) 15:39
・日経平均   19049.91(+484.01 +2.61%) ・TOPIX   1540.72(+38.17 +2.54%)
・東証マザーズ  886.77(+13.63 +1.56%)
・ジャスダック    114.66(+0.66 +0.58%)
・東証REIT指数 1713.62(+27.00 +1.60%)
▽日経平均株価:19049.91円(前日比+484.01円)…3営業日ぶりの反発
∵(1)欧米株は上昇
∵(2)ドル円は121円台後半まで円安進行
→幅広い銘柄に買いが入る
※東証1部:業種別指数33業種で空運業を除いた32業種が上昇・売買代金:2兆5293億円
☆彡:正直「やりすぎ。はしゃぎすぎ」もっと正直「アホちゃうか!!」
☆彡:今後、上がる下がるでなく、この日の環境の中では「下品な」上げと思います。
<ピクテ投信投資顧問:松元浩常務執行役員>:*B
「直近の株式市場は…
・株式を買い持ちしたまま米国の連邦公開市場委員会(FOMC)を迎えるのは怖いため
・「ロングオンリーの投資家もヘッジ売りを出して相場を崩していた印象だった」
「しかし…FOMC後にはヘッジを外さなければならない投資家がい、・随分と値幅も出たので
・一部を買い戻す動きが先物主導で出た」
☆彡:だそうだ…
>そうは言っても…NYは「下げていた分」を徐々に取り戻しに入った…
【利上げ開始も緩やかな利上げ強調で安心感】
>NY株式16日(NY時間16:17)
・ダウ平均      17749.09(+224.18 +1.28%)       ・S&P500    2073.07(+29.66 +1.45%)
・ナスダック      5071.13(+75.78 +1.52%)
・CME日経平均先物 19380(大証終比:+290 +1.52%)
▽大幅続伸
∵FOMCの結果発表(予想通り2006年以来の利上げが開始)
…声明やイエレン議長の会見では「緩やかな利上げ」が強調
→株式市場はポジティブな反応
→ダウ平均は終盤にかけて上昇を加速し…200ドル超上昇
>むしろ、こっちを読んどきましょう…
【FOMC後は上下動 株高でドル円は終盤上昇も】
>FOMC後の為替市場
◇上下動こそしたものの、明確な流れは出なかった印象
⇔米株に買いが強まる→終盤にはドル円中心にドル高の動きも
<FOMC>
○政策金利:予想通り0.25%の利上げを開始
○声明
「緩やかな利上げを当分正当化」
…「緩やか」という文言を複数回使用…FRBが強調したい意図もうかがえる(ある程度予想通り)
→経済見通しは若干だが上方修正
○FOMCメンバーの金利見通し(市場の関心高い)
>2016年末:1.375%(7人で最多)
・来年の金利水準:1.25~1.50%水準…0.25%つづで年4回の利上げを見込んでいると観測される
・中央値:1.4%=前回⇔メンバーのバラつきは全体的に低めによった印象も
○今後の利上げ
・「指標次第という一言が最も適切な判断」というこれまでのスタンス継続(・・?
*ドル円*
・一時121.40近辺まで下落→122円台半ばまで上昇
*ユーロドル*
・1ユーロ=1.10米ドル台に瞬間上昇する場面も⇔ドル円の動きが波及…1..09台前半に戻す
<テミス・トレーディング:株式トレーダー;マーク・ケプナー>
「すべて予想通りのようだ」
「市場は軒並み持ちこたえている」
「債券市場も落ち着いており…株式市場も今では上昇傾向にある」
「利上げ決定が全会一致だったのは重要だ」
「FOMCのメンバー全員が確信を持っていることが望ましいからだ」
☆彡:ミセス・ワタナベは勝ったな…メリークリスマス!!
☆彡:はしゃいだら危ない!!もし20000という数字が見えたら…
    間違いなく、迷うことなく「売り」だ!!
☆彡:おそらく「為替」が正しい道を示し始めるはずだ…

【昨日のマーケット:151215】狼狽と必然

□■前向き!!投信ゼミナール!!■□:第117号
*********************
>みなさん!! おはようございます!! 
・昨日は京都で昔の仲間と忘年会でした。
・やはり話題は旧知の仲間の近況確認…
・みんなが煌めいていた頃の思い出…歳です(笑)
*********************
※ご注意ください!! 
・本ブログの情報は…
 信頼できると判断した資料や私の経験をもとに提供させていただいておりますが、
 今後の投資成果を保証するものではありません。
・「投資」にあたっては「自己判断」「自己責任」で行っていただくようお願い致します。 
・*Bはブルンバーグから*nは日経電子版からの引用コメントです
*********************
 【昨日のマーケット】 (☆彡加藤つぶやき)
*********************
☆彡:おそらく、日本株は今日は日本株は買われるだろうが…
>2015/12/15 (火) 15:36
・日経平均      18565.90(-317.52 -1.68%)  ・TOPIX    1502.55(-25.33 -1.66%)
・東証マザーズ    873.14(-25.83 -2.87%)
・ジャスダック      114.00(-1.19 -1.03%)
・東証REIT指数   1686.62(-32.15 -1.87%)  ☆彡リートが崩れたのも「弱さ」の象徴
▼日経平均株価…10月22日以来の安値
▼東証1部の業種別指数33業種すべてが下落する全面安
∵(1)原油相場の不安定な値動き
∵(2)低格付け債市場の混乱
∵(3)17日NY市場で発表されるFOMC声明への警戒感
⇔昨日の米株が上昇したことは小幅な支えに留まるもある。
※東証1部:売買代金=2兆2806億円。
<三井住友トラスト・アセットマネジメント:三沢淳一チーフファンドマネジャー>:*B
「原油価格が反発したとはいえ海外の市場は不安定な状況」
「そういう環境下では積極的に手を出しづらい」
「株価水準が下がり…ファンダメンタルズで拾うチャンス」
「基本的に買いの目でみているが…大きく資金を傾けるまでにはいかない」
「あらかじめ調整し…米利上げが行われた後にどういうアクションをするのか読みにくい」
☆彡↑典型的な「評論家」タイプ…さていつ「お買い」になりいつ「お売り」になるのか…(・・?
■外国人投資家はどうみてるのか(・・?■:*n
▼弱気派▼:「国内景気や企業業績の先行きに不安材料」
<米フランクリン・テンプルトン・インベストメンツ:ポートフォリオマネージャー;アラン・チュア>
●16年末の日経平均…1万9500円を下回るところでの値動きになる
●日本経済は数年前より回復はしているが…
・インフレ率は安倍晋三政権が描くほど上がっていない
・経済も力強さに欠けている」
◎2015年に「世界で最も上昇した」日本株
∵(1)円安進行による輸出関連企業の業績改善
∵(2)訪日外国人(インバウンド)観光客の急増による消費増 が背景
●投資魅力は低下傾向に…
∵(1)17年4月:消費税率引上げ(8%→10%)…個人消費への影響など読み切れない点が多い
∵(2)消費の先行きに不透明感→小売りなど内需株の先行きは厳しい
∵(3)2015年の急ピッチな大幅上昇の反動が出る(☆彡無理したところも効いてくる)
⇒「日本株の割安感は薄れた」
∴投資判断は『オーバーウエート』から『ニュートラル』かやや『アンダーウエート』に変更
▼弱気派▼:「世界経済の鈍化が足かせに」
<オーストラリア系:マッコーリーキャピタル証券調査部;ピーター・イードン・クラーク>
●円安進行による収益押し上げ効果が薄まる
→17年3月期:東証1部上場企業の平均増益率…6~7%にとどまる
●日経平均の構成銘柄(多くの先進国市場と同様に)…大規模な多国籍企業が多い
→世界経済の鈍化が足かせに
●東証株価指数(TOPIX)の向こう1年間の目標水準は1670
…今年8月に付けた年初来高値(1691)には及ばない
∴投資判断は…当初設定した資産配分を下回る『アンダーウエート(弱気)』に変更
●構造改革が進むという明確な買い材料(カタリスト)が出てくるまでは…
・海外勢がポートフォリオに占める日本株の比率を引き上げることはないだろう
☆彡「弱気派」はアベノミクスの底の浅さ・限界を気づき始めている!!


◇強気派◇
<香港系:CLSA証券ストラテジスト;ニコラス・スミス>:「コーポレートガバナンス改善が支援材料に」
◎2016年:TOPIXは1750まで上昇
∵(1)投資尺度面で割安感
▽企業の利益水準は「過去最高を更新」
⇔TOPIXは07年に付けた直近高値を約15%下回る!!
▽利益率が主要国で最も高い⇔相場が利益成長のペースに追いついていない!!
∵(2)海外勢は日本株をポジティブにとらえている
▽日本企業のコーポレートガバナンス(企業統治)が改善へと向かっている
▽企業への信認上昇(アベノミクスが始まった当初…投資家が信じていたのは日銀のみ)
⇒「日本の株式市場に長期的な変化の兆しが出てきた」
●米利上げが原油安とあわせて市場の緊張感につながっている
>利上げ後
▼短期・中期・長期いずれにおいても円高が進む可能性が高い
⇒「株価には一定の調整があるとみるべき」
⇔「日本企業の収益は円高への耐性が強いことは過去の推移から分かっている」
●中国景気の減速懸念
「中国の経済成長と日本の企業収益の間には強い相関関係はない」
「注目すべきは…世界の消費地である欧米の消費動向」
「欧米の消費が堅調である限り中国景気の減速にそれほど気をもむ必要はない」
☆彡「強気派」の見方のひとつの典型だろう…「欧米」が世界経済を依然引っ張っている…
>NY株式15日(NY時間16:25)
・ダウ平均   17524.91(+156.41 +0.90%)
・S&P500    2043.41(+21.47 +1.06%)
・ナスダック   4995.36(+43.13 +0.87%)
・CME日経平均先物 18925(大証終比:+375 +1.98%) ☆彡昨日の分だけ戻したか…
☆彡:昨日は海外は株も為替も「買戻し」の日だろう
☆彡:はしゃぎすぎで狼狽した「日本株」は今日も「狼狽買戻し」になる可能性大
☆彡:このコメント↓が「真っ当」だろう…きちんとポジュション整理してNYはFOMCを迎える
<チャールズ・シュワブ:チーフ債券ストラテジスト;キャシー・ジョーンズ>:*B
「極めて慎重な雰囲気が広がっている」
「はっきりしていないことがあまりに多く、大きなポジションを取りたいとは誰も思わないだろう」