加藤肇の「前向き!!投信ゼミナール!!」

・「よくわからないまま」投信を利用してる方!!

・銀行での投信窓販解禁以来、16年!!
・お客様向けセミナー講師回数3500回超!!
・指導した販売担当者は10000人以上!!
・お客様目線から「やさしく」「大事なとこだけ」
 解説します!!

【思考回路:152】20170907

文責:☆彡緋色の龍[暁天雄飛] ☆彡152


☆彡:秋のセミナー:お申込み受付中!!
***************************************
 【注目】
***************************************
 【市場概況】:20170906
●国内株式市場●:【まちまち】
  *TOPIX*:終値=1592.00(前日+1.29 +0.80%)
  *日経平均株価*:終値=1万9385円81銭 (前日比▲27円84銭 ▲0.10%)
**************************************
 <ニッセイアセットマネジメント:久保功株式ストラテジスト>:*B
  ・「北朝鮮情勢は9日の建国記念日までは何が突発的に起こるか分からず、
   買いづらい。」
  ・「米長期金利の低下はリスク回避の動きや米金融政策のハト派的可能性など
   を織り込んでいるが…地政学リスクが一時的要因なら、いずれまた戻る。」
  ・「このため、日本株も当面は、現状程度で横ばいが予想され、本格的調整に
   入ったとは思っていない。」


 【チャート】 https://kabutan.jp/stock/chart?code=0000
   ※移動平均線循環分析
    *日経平均:長期>中期>短期…続落…陰線
      ★【下降トレンド】 継続
      >今年の3月末に似た動き…北朝鮮リスクで仕切り直し
      ★「北朝鮮」動向は当面要注意…6日のNYは下げ止まり
      ※米国景気堅調とも両天秤が続く
     ☆下げたら買い変わらず (目処18850円)
      ※秋に向けての一段高は依然として視界にある
     ※日経平均は年末2万円割れで終わる!! は変えず
     ★トランプ政権不安定化懸念でまだまだ高値波乱の様相も…
     ◆まだまだトランプ相場の「トランポリン」は続くだろう…
**************************************
◎NY株式市場概況◎【小反発】
 ・ダウ平均   21807.64(+54.33 +0.25%)
 ・S&P500    2465.54(+7.69 +0.31%)
 ・ナスダック   6393.31(+17.74 +0.28%)
 ・CME日経平均先物 19465(大証終比:+125 +0.64%)


  ☆北朝鮮問題への懸念は依然として根強いものの…目先は軍事衝突の最悪の事態は
  避けられるとの楽観的な見
  ☆米経済自体は底堅さを堅持しているものの…年内の追加利上げ期待は一旦低下し
  流動性市場継続は株式市場にとって追い風との見方
  ☆トランプ大統領と米議会がハリケーン「ハービー」救済への短期の歳出と債務
      上限引き上げを抱き合わせで合意
      …債務上限引き上げ問題がひとまずクリアしたことを好感


  ★北朝鮮問題は一服しているとは言え懸念は依然として根
  ★ハリケーン「イルマ」がカリブ海で発達…フロリダ半島に上陸する恐れ高まる
  ⇒そのため買い戻しにも慎重さが


【チャート】 https://kabutan.jp/stock/chart?code=0800
  ★NYダウは「中期」>「短期」>「長期」…下降トレンドへの【移行期】 入り
  …要経過観察
   ※短期上昇でゴールデンクロスの可能性出る
  ※移動平均線との乖離が下に開けば反発へ
  ※「高値のペナントは上抜け」が定石だが…北朝鮮リスク再燃
   ◆「トランポリン」相場はまだまだ続く
**************************************
◎NY外為市場概況◎ ■為替が一歩先に行く
 *ドル・円*:1ドル=108円71銭へ下落後…109円40銭まで上昇。
  ★<フィッシャー米FRB副議長>:辞任表明
    …タカ派で年内あと一回の利上げを支持していた→ドル売り優勢に
  ☆<トランプ米大統領>
    ・「北朝鮮に関して軍事行動が最初の選択ではない」
    ・議会と債務上限の3カ月の引き上げで合意
   ⇒リスク回避のドル売り・円買いが後退
 *ユーロ・ドル*:1ユーロ=1.1950ドルから1.1911ドルまで下落。
  ★<関係筋>以下の可能性指摘
    ・欧州中央銀行(ECB)によるQEに関する決定が10月26日以降になる
    ・インフレ見通し引き下げ
   ⇒ユーロ売りが強まる。
 *ユーロ・円*:1ユーロ=129円63銭から130円40銭まで上昇。
   ⇒リスク選好の円売り再燃。
 *ポンド・ドル*:1ポンド=1.3082ドルまで上昇後…1.3038ドルまで反落。
 *ドル・スイス*:1ドル=0.9530フランへ下落後…0.9582フランへ反発。
   ⇒安全通貨としてのフラン買いが後退。


 [経済指標:米国]
 ・7月貿易収支:▲437億ドル>予想:▲447億ドル・6月:▲435億←▲436億
 ・8月ISM非製造業景況指数(総合):55.3<予想:55.6・7月:53.9
  ※詳細( * )は前回
   ・ 総合 55.3(53.9)
     ・事業活動 57.5(55.9) ・ 新規受注 57.1(55.1)
     ・雇用  ☆56.2(53.6) ・ 入荷水準 50.5(51.0)
     ・仕入価格 57.9(55.7) ・ 輸出   55.0(53.0)
        ・輸入   50.5(51.5)
   
 【チャート】  https://kabutan.jp/stock/chart?code=0950
  ・長期(75日)>中期(25日)>短期(05日)
    ☆上昇トレンド(円安)への【移行期】から【大底圏】へ逆循環
    ☆長期線⇔中期線の「帯」反転…長期>中期へ
   …短期の反発待って円安へ (ほぼ読み通り) …北朝鮮リスク再台頭
    >現在値:109.25円:本日予想レンジ=108.55円⇔109.80円
              今週予想レンジ=107.80円⇔111.45円
      ※米国利上げは下支えながら更なる115円超のドル買いには新規材料必要
      ※市場のコンセンサス
     …企業決算堅調も下支え材料に
     …経済データに注目しつつ…トランプ政権による税制改革などの行方を
      見極めるは維持も
     …「地政学的リスク」への懸念再台頭 ★
     …「トランプリスク」も加わった
    ★「トランポリン相場」は続くだろう。
    
   *豪ドル円*: 豪GDPの下振れを嫌気も
    現在値=87.40円:本日予想レンジ=86.85円⇔88.05円
                   …今週予想レンジ=84.50円⇔88.50円
    [経済指標]
   *GDP(第2四半期)*
    >前期比:結果+0.8%<予想+0.9%・前回+0.3%
      >前年比:結果+1.8%=予想+1.8%・前回+1.7%     
 ***************************************     【各国金融政策】
 <ブラジル中銀政策金利>
  ・結果+8.25%【引下げ】=予想+8.25%・現行+9.25%
 <カナダ中銀政策金利>
  ・結果+1.00%【引上げ】>予想+0.75%・前回+0.75%
 <カナダ中銀声明>
  ・未来の政策は事前に決定されていない。
  ・刺激策の解除が正当化される。
  ・カナダの成長は安定してきている。
  ・過剰な労働市場が賃金上昇を抑制。
  ・利上げに対する経済の反応を注意深く見ている。
  ・地政学リスクや交易条件の不透明さ、カナダドル高を注視。
 <ポーランド中銀政策金利>
  ・結果+1.50%【据置】…予想通り
 *************************************** 【現在の懸念材料】
 (1)米国動向 
 ★FRB:金融政策
  <カプラン・ダラス連銀総裁>
    ・米FRBは早期にバランスシートの縮小に着手をするべき。
    ・同件のタイミングに関しては、ハリケーン・ハービー影響はない。
          ・ハービーを受けてのガソリン価格の上昇は一時的なものであるが、
    どの程度続くかは不明。


  *米地区連銀報告(ベージュブック)*
   ・経済活動は緩慢ないし緩やかに拡大。
   ・物価は緩やかに上昇。仕入れコスト全般に高い。
   ・仕入れの価格転嫁は限定的。住宅価格は上昇。
   ・賃金上昇圧力は限定的。賃金の伸び緩やか。
   ・住宅、商業不動産は若干上昇。
   ・製造業は緩やかに拡大。自動車はまちまち。
   ・自動車産業の減速長期化を懸念する報告があった。
   ・設備投資は増加。
   ・ハービーの影響を判断には時期尚早。
   ・様々な地域で人手不足。


 ★議会運営
  <トランプ大統領と議会>
   ・ハリケーン「ハービー」の救済に短期歳出と債務上限抱き合わせで合意
    …12月15日までの債務上限引き上げ合意。
    ※米下院=ハリケーン「ハービー」被害救済法案を可決


 ★その他
 <フィッシャーFRB副議長>
  ・フィッシャーFRB副議長が10月中旬に辞任。
  ・トランプ大統領に辞表提出。
  ・辞任理由は個人的問題としている。


※アトランタ連銀「GDPナウ」※:第3四半期*
  >8月31日時点:予想=年率換算+3.3%(25日時点の3.4%から下方修正)
   ▼今週発表された7月:卸売在庫速報値
   ▼前渡商品貿易収支 …のデータから純輸出や在庫投資を下方修正
   ※次回の発表は9月1日(金)を予定
 ***************************************
 (2)中国動向
  ◎政策期待高まる
  ・中国本土と香港…「一帯一路」に関するフォーラムがこのところ相次ぐ。
  ・「雄安新区」の進展も伝えられている
   
  ※主な「国家戦略」
   (1)稼働中…「国有企業改革」・「供給サイド改革」
      ※混合所有制改革」…国有企業改革
      (中国聯合網絡通信集団(聯通集団)) (国有資産監督管理委員会)
      ※河北省の「雄安新区」設立
        …治水インフラ整備費⇒1000億人民元の予算投入
   (2)繰上げ見込み
   「軍民融合発展」…軍事技術の民生利用と民間技術の軍事転用を計る
 ※市場対策
   「国家隊」…政府系の機関
     >今年第2四半期(4~6月)
      …深セン証券取引所のベンチャー企業向け市場「創業板」に大口資金投入
   「養老保険基金(年金基金)」(新規定)…運用スタート


 [経済指標]
***************************************  
 (3)石米油価格動向… 【続伸】
  >09月06日
    :NY原油先物10月限(WTI)(終値)=49.16(+0.50 +1.03%)
   
    ※ハリケーン「ハービー」の影響…製油所の一部はまだ復旧していない
    ☆全体的には再開に→原油消費量が従来の水準に回復するとの見通し
    ☆大型ハリケーン「イルマ」…フロリダ州へ上陸すると予報
     →米国の原油消費を妨げない見通し


  >>:$40~50/バレル台で動いて入れば騒ぐ必要ない!! (どうせ談合市場だ)
 ***************************************
 (4)欧州動向 (含 欧州金融不安…消えては浮かぶタイマー付爆弾)
★要人発言
 <ECB関係筋>
 ・量的緩和(QE)に関して10月26日まで決定に至る公算は小さい。
 ・スタッフ見通しの草案では2018~19年のインフレ見通しを小幅下方修正へ。
 ・来年のシナリオに関する文書を検証中。
 ・QEのパラメータについて検討。
 <ドンブレット独連銀理事>
 ・銀行は英EU離脱を受けた本拠地移転計画を確定すべき
    ・本拠地移転でフランクフルトとダブリンが恩恵受ける
 [経済指標]
 *欧州主要国:小売PMI(8月)*
  ・独:53.0>前回:50.7(大幅改善) ・仏:50.4<前回:54.1(大幅低下)
  ・伊:48.0>前回:47.3(改善も引き続き好悪判断の分岐点50を割込む)
  ・ユーロ圏全体:50.8<前回51.0(小幅低下)
 *独製造業受注(7月)*
  >前月比:結果▲0.7%<予想+0.2%・前回+0.9%(+1.0%から↓修正)
  >前年比:結果+5.0%<予想+5.8%・前回+5.1%
***************************************
 (5)BREXIT
    
  [経済指標] 
***************************************    
 (6)日銀緩和政策
  <ETF購入>:9月06日
   ・従来型ETF=739億円(9月購入03回・総額2217億円)
   ・設備・人材投資企業支援関連ETF=12億円購入
    (9月購入04回=計48億円)
   ・J-REIT=12億円(9月購入03回=36億円)
   [経済指標]
***************************************     (7)新興国景気懸念…強いドルによる資金流出
  ※全体としての…☆サポート材料 ★懸念材料
  ☆中国経済指標堅調 ★★米トランプ大統領保護主義的通商政策 ☆石油価格安定 
***************************************
 (8)地政学的リスク(IS国のテロ「拡散」 ・北朝鮮の自爆) 
***************************************
 【今週の新規設定】火曜日版に掲載
 ***************************************
 【次回セミナー】 お申込み受付中
◎新宿  
  >10月14日(土)確定
  ・会場:SOBIZGATES2階A会議室 …前回と同じです
 ・住所:東京都新宿区新宿5-11-2 SOBLD
 http://www.kaigi-room.com/build/access/c001346.php
 ・定員35名
  ・参加料:お一人様1,500円
 ***************************************
◎大阪
  >10月21日(土)確定
   ・13時から14時半 「前向き!!投信ゼミナール!!@大阪3」
  ・会場:NSE貸会議室B(大阪府大阪市北区西天満2-6-8 堂島ビルヂング1F)
   …前回と同じです
  …淀屋橋駅 徒歩3分(大阪市営地下鉄御堂筋線・京阪本線)
…大江橋駅 徒歩1分(京阪中之島線)・北新地駅 徒歩5分(JR東西線)
  ・定員35名
  ・参加料:お一人様1,500円
 ***************************************
◎小田原
  >10月22日(日)
  (1)11:00‐12:30 ★投資の窓口4(アセットアロケーション)…始めるならここから!! 
  (2)14:20-15:50 ★前向き!!投信ゼミナール!!@小田原11
  ・会場:小田原(おだわら市民交流センターUMECO…前回と同じです
  ・共催:(社)神奈川県ファイナンシャルプランナー連合会(小田原支部)
  ・定員:(1)15名(2)30名
  ・参加料:(1)・(2)とも…お一人様1,000円((1)・(2)両方参加の方は両方で1,500円)
  ※小田原は会場が公共施設で参加料に上限が設定されています





>>:お申込みは…mstb2021139@goo.jpまで
***************************************
※随時受付中…
◎「受かるぞ!!FP」…2級・3級講座(個別指導&グループ指導):回数・費用はご相談
◎「受かるぞ!!証券外務員」…1種・2種(個別指導&グループ指導):回数・費用はご相談
◎「マーケット基礎知識」…初心者向け





 >>上記 お申込み・お問い合わせは…future1139blue@yahoo.ne.jp まで
 >>「ストリートアカデミー」 https://www.street-academy.com/steachers/62329
 でもお申込みいただけます!!(除 セミナー)
・日程・時間はいかようにもアレンジ可能です。おひとりでもグループ(割引あり)でもお受け
 します!!
 ************
 ************
※加藤の夢…もう一度「東京フォーラム」でセミナーを!!


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。