加藤肇の「前向き!!投信ゼミナール!!」

・「よくわからないまま」投信を利用してる方!!

・銀行での投信窓販解禁以来、16年!!
・お客様向けセミナー講師回数3500回超!!
・指導した販売担当者は10000人以上!!
・お客様目線から「やさしく」「大事なとこだけ」
 解説します!!

【思考回路:177】20171017

文責:☆彡緋色の龍[暁天雄飛] ☆彡177


【次回セミナー】 お申込み受付中!! ★10月のご予定のひとつに!!


●新宿 …終了致しました。(次回は2018年02月03日の予定です)
***************************************
◎大阪 …いよいよ今週末です!!…お友達もお誘いあわせの上ご参加を!!
  >10月21日(土)確定
   ・13時から14時半 「前向き!!投信ゼミナール!!@大阪4
  ・会場:NSE貸会議室B(大阪府大阪市北区西天満2-6-8 堂島ビルヂング1F)
   …前回と同じです
   …淀屋橋駅 徒歩3分(大阪市営地下鉄御堂筋線・京阪本線)
…大江橋駅 徒歩1分(京阪中之島線)・北新地駅 徒歩5分(JR東西線)
  ・定員35名
  ・参加料:お一人様1,500円
***************************************
◎小田原
  >10月22日(日)
  (1)11:00‐12:30 ★投資の窓口4(アセットアロケーション)…始めるならここから!! 
  (2)14:20-15:50 ★前向き!!投信ゼミナール!!@小田原11
  ・会場:小田原(おだわら市民交流センターUMECO…前回と同じです
  ・共催:(社)神奈川県ファイナンシャルプランナー連合会(小田原支部)
  ・定員:(1)15名(2)30名
  ・参加料:(1)・(2)とも…お一人様1,000円((1)・(2)両方参加の方は両方で1,500円)
  ※小田原は会場が公共施設で参加料に上限が設定されています


>>:お申込みは…mstb2021139@goo.jpまで
***************************************
【注目】
***************************************
【市場概況】:20171016
◎国内株式市場◎【続伸】
 *TOPIX*:終値=1719.18(前日比+10.56 +0.60%) …6連騰
 *日経平均株価*:終値=2万1255円56銭 (前日比+100円38銭 +0.50%)


 >>:やりすぎ…だろう


 ☆米国景気底堅い推移
 ☆過剰流動性の継続期待や株価の割安・出遅れ評価


 <アセットマネジメントOne:武内邦信シニアフェロー>:*B
  ・「世界の全地域が経済成長している中…国内の企業業績は全く問題なく…
  海外投資家が景気敏感株の日本株を買い進めている。」
  ・「ずっとアンダーウエートだった日本株のウエートを是正する動き。」
  ・「中でも金融株は…地銀・都銀・証券ともPBR1倍割れにある銘柄が目立つ。」
  ・「出遅れをキャッチアップする流れが続く。」


 【チャート】 https://kabutan.jp/stock/chart?code=0000
   ※移動平均線循環分析
    *日経平均:短期>中期>長期…続伸…陽線
     ☆【天井圏】継続
     ☆移動平均線の並びは上向き…当面強いだろう
     ★オシオレーター系の指標は再び「過熱」へ…本来なら調整だが
     ★「北朝鮮」動向は依然要注意
     ※米国景気堅調との両天秤が続く
     ※衆院選動向…どうやら日本国民は自ら「愚民」を証明しそうだ…
     ☆下げたら買い変わらず (目処18850円)
     ※日経平均は年末2万円割れで終わる!! は変えず
     ★トランプ政権不安定化懸念でまだまだ高値波乱の様相も…
     ◆まだまだトランプ相場の「トランポリン」は続くだろう…
**************************************
◎NY株式市場概況◎【反発】
 ・ダウ平均   22956.96(+85.24 +0.37%)
 ・S&P500    2557.64(+4.47 +0.18%)
 ・ナスダック   6624.00(+18.20 +0.28%)
 ・CME日経平均先物 21375(大証終比:+105 +0.49%)


 ◎ダウ平均…最高値更新
   ※上値は重くなってきている印象もあるものの底堅さは堅持。
   ☆今週から本格化する決算が現在の株価水準は正当化されるとの期待感も
   ☆<ロシア:インタファクス通信>
     ・「米国と北朝鮮の外交当局者がモスクワで会談する可能性がある。」
     ⇔<米CNN>:「北朝鮮は外交交渉を当面拒否している。」


 【チャート】 https://kabutan.jp/stock/chart?code=0800
  ☆NYダウは「短期」>「中期」>「長期」…【天井圏】 継続
  ☆史上最高値更新後の調整は読み通りだったが更に上昇力強い
  ※「上値のペナントは上抜け」が続く
  ※さすがに上げ過ぎと個人的には思うが…
  ※NYダウは年末に向け調整するのでは(・・? …下値=21830目処
  ◆「トランポリン」相場はまだまだ続く
**************************************
◎NY外為市場概況◎ ■為替が一歩先に行く
 *ドル・円*:1ドル=111円68銭から112円29銭まで上昇し112円25銭で引け。
  ☆米国:10月NY連銀製造業景気指数…3年ぶりの高水準
  ☆核問題…米国と北朝鮮が外交的解決を目指しているとの期待
  →リスク選好のドル買い・円売りが優勢に
 *ユーロ・ドル*:1ユーロ=1.1819ドルから1.1786ドルまで下落し…1.1790ドルで引け。
  ★欧州の政局不安・英国のEU離脱問題の深刻化がユーロ売りに
 *ユーロ・円*:1ユーロ=131円72銭から132円36銭まで上昇。
  ☆米朝関係の改善期待にリスク選好の円売りが優勢に
 *ポンド・ドル*:1ポンド=1.3301ドルから1.3225ドルまで下落。
  ★離脱資金に関し…欧州連合(EU)と英国の意見が食い違い11月の危機説も
  →警戒感がポンド売りへ
 *ドル・スイス*:1ドル=0.9730フランまで下落後…0.9766フランへ上昇。


 [経済指標:米国]・10月NY連銀製造業景気指数:結果:30.2>予想:20.4・9月:24.4


 【チャート】  https://kabutan.jp/stock/chart?code=0950
  ・短期(05日)>中期(25日)>長期(75日)
   ☆【天井圏】で推移
   >現在値:112.15円:本日予想レンジ=111.70円⇔112.85円
                   今週予想レンジ=111.10円⇔113.40円


     ※米国利上げは下支えながら更なる115円超のドル買いには新規材料必要
     ※市場のコンセンサス
     …企業決算堅調も下支え材料に
     …経済データに注目しつつ…トランプ政権による税制改革などの行方を
      見極めるスタンス維持
     …「地政学的リスク」への懸念
     …「トランプリスク」
    ★「トランポリン相場」は続くだろう。
    
   *豪ドル円*:中国インフレ指標を好感
    現在値=88.05円:本日予想レンジ=87.50円⇔88.55円
                …今週予想レンジ=87.10円⇔89.00円
  
***************************************
【各国金融政策】
***************************************
【現在の懸念材料】
(1)米国動向
 >トランプ政権
 <コーン米国家経済会議(NEC)委員長>
  ・大統領は税制改革の年内実現がいかに重要かを強調し始める。
  ・税制改革は年内実現が必須だとトランプ大統領に言われた。
  ・議会は税制改革法案を完結させるため、休会返上を余儀なくさせられる。
  ・年内の法案成立は現実的に可能だと考えている。
  …極めて重要。☆


 >FRB次期議長人事
 <トランプ大統領>
  >先週:<スタンフォード大:テイラー教授>と面談(ケリー首席補佐官同席)
   ※次期FRB議長候補としてトランプ大統領の高い評価を得た
  >18日
   <イエレン現FRB議長>と面談予定
 <バーナンキ前FRB議長>
  ・イエレン議長は良い仕事をしている。
  …次期FRB議長にはイエレン議長の再任を支持する。
  ・トランプ大統領の減税は短期的には効果が感じられないかもしれない。


 >金融政策
 <フィッシャーFRB副議長>
  ・更なるインフレを望む。
  ・減税は短期的には成長を引き上げる。
   ⇔財政赤字には影響
  ・より多くの設備投資や消費の余地
  ・金融規制緩和は大きな間違い。
   …現段階では懸念。
  ・トランプ大統領はイエレン議長を再任すべき。
 <ローゼングレン・ボストン連銀総裁>
  ・低失業率とインフレ見通しは引き締めを正当化
  ・2018年には基調インフレが2%に近づくだろう
  ・インフレ動向が変化したとみるのは時期尚早
  ・労働市場の逼迫で賃金は上昇…物価にも波及するだろう
  ・ハリケーンの経済統計への影響には留意すべき
  ・2017年下期の米GDP成長はおおむね2.5%に
  ・米失業率は4%割れとなる可能性も
  ・低金利が長期化すれば金利上昇を加速させるリスクに
  ・正常化を進める背景のひとつ
  ・今後1~2年での米景気後退は予想せず
  ・FRB議長はその他メンバーと協調できる人に
  
 [経済指標]
***************************************
(2)地政学的リスク(IS国のテロ「拡散」 ・北朝鮮の自爆)
  <ロシア:インタファクス通信>
   ・「米国と北朝鮮の外交当局者がモスクワで会談する可能性がある。」
   ⇔<米CNN>:「北朝鮮は外交交渉を当面拒否している。」
  <英紙「デイリー・メール」>
   ・「イギリス軍は北朝鮮に対する作戦計画を作成。」
   ・「有事の場合…クイーン・エリザベス号航空母艦が45型駆逐艦や23型フリゲート艦と
   共に参戦する可能性が高い。」
  <英紙「デイリー・スター」>
   ・「英国特殊部隊SASが米韓特殊部隊と金正恩暗殺を計画したが、成功率が40%を割る
   との理由で中止された。」
***************************************
(3)中国動向
 >18日:第19回共産党大会開幕
 [経済指標]
  *9月:貿易統計*(人民元ベース):まちまちの内容。
   ★輸出の伸び:結果+9.0%<予想+10.9%
   ☆輸入の伸び:結果+19.5%>予想+16.5%
  *9月:貿易収支(ドルベース)
   ・結果+284.7億ドル<予想+380.0億ドル・前回+419.2億ドル
   >前年比
    ・輸入:結果+18.7%>予想+14.7%・前回+13.5%
    ・輸出:結果+ 8.1%<予想+10.0%・前回+  5.6%
  *消費者物価指数(9月)*前年比
    ・結果+1.6%=予想+1.6%・前回+1.8%
  *生産者物価指数(9月)*前年比
    ・結果+6.9%>予想+6.4%・前回+6.3%
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
 ※主な「国家戦略」
  (1)稼働中…「国有企業改革」・「供給サイド改革」
     ※混合所有制改革」…国有企業改革
     (中国聯合網絡通信集団(聯通集団)) (国有資産監督管理委員会)
     ※河北省の「雄安新区」設立
       …治水インフラ整備費⇒1000億人民元の予算投入
  (2)繰上げ見込み
   「軍民融合発展」…軍事技術の民生利用と民間技術の軍事転用を計る


 ※市場対策
  「国家隊」…政府系の機関
     >今年第2四半期(4~6月)
      …深セン証券取引所のベンチャー企業向け市場「創業板」に大口資金投入
  「養老保険基金(年金基金)」(新規定)…運用スタート


***************************************  
(4)石米油価格動向
 >10月16日 【続伸】
    :NY原油先物11月限(WTI)(終値)=51.87(+0.42% +0.82%)


   ☆クルド自治区が実効支配する油田都市キルクークにイラク軍が侵攻
    …この地域からの供給が滞るリスクを意識
    ※イラク北部のクルド自治区=日量で約60万バレルを輸出
    …イラク軍やクルド自治区の治安部隊の双方に死傷者は出たものの
    大規模な交戦には発展せず
    …イラク軍がキルクークを制圧→高値から押し戻されて引け。


   >>:$40~50/バレル台で動いて入れば騒ぐ必要ない!! (どうせ談合市場だ)
***************************************
(5)欧州動向 (含 欧州金融不安…消えては浮かぶタイマー付爆弾)
 >南欧問題
  <スペイン副首相>
   ・「カタルーニャ州政府には19日までに修正する機会与える。」
   ・」対話は法の下において議会でのみ可能。」
  <カタルーニャ州首相>:ラホイ首相への書簡で対話を求める


 >金融政策
  >BREXIT


  >財政不安
   
 [経済指標]
 *ユーロ圏貿易収支(8月)*:ユーロ
  >季調済:結果+216億>予想+202億・前回+179億(+186億から修正)
  >季調前:結果+161億<予想+233億・前回+232億
***************************************
(6)英国動向
 >BREXIT
 <メイ英首相>:英FT紙
  ・「EU離脱に伴い英国がEUに支払う負担金を200億ユーロから増額するつもりはない。」
  ※EU側の試算では600億ユーロを支払う必要があるとの見解も


 >金融政策
   
 [経済指標]
***************************************   
(7)日銀緩和政策
 >金融政策
  <ETF購入>
  >10月16日
   ・従来型ETF=0億円(10月購入00回・総額0億円)
   ・設備・人材投資企業支援関連ETF=12億円購入
    (10月購入10回=計120億円)
   ・J-REIT=13億円(10月購入03回=38億円)


  [経済指標]
  *鉱工業生産・確報値(8月)*
  >前月比:結果+2.0%<前回+2.1%
  >前年比:結果+5.3%<前回+5.4%
  *設備稼働率(8月)*
  >前月比:結果+3.3%>前回▲1.8%
****************************************
(8)新興国景気懸念…強いドルによる資金流出
 ※全体としての…☆サポート材料 ★懸念材料
 ☆中国経済指標堅調 ★★米トランプ大統領保護主義的通商政策 ☆石油価格安定


 【ブラジル】
 <S&Pグローバル・レーティング>
  ★ブラジルの年金改革が予想以上に遅れた場合、同国の格下げの可能性を示唆
 【ロシア】
  ★トルコを含む周辺諸国における地政学リスク高まる
 【インド】
  ☆8月の鉱工業生産…前年同月比+4.3%(9カ月ぶりの高水準)
   …祭りシーズンによる需要の増加が寄与
***************************************
【今週の新規投信設定】 火曜日に掲載
 >2017/10/16 ファンド名/投信会社
  ・コムジェスト新興国成長株ファンド(資産成長型)/ニッセイアセットマネジメント
  ・コムジェスト新興国成長株ファンド(年2回決算型)/ニッセイアセットマネジメント
  ・米国株式LSファンド(SMA専用)/三井住友アセットマネジメント


 >2017/10/17 ファンド名/投信会社
  ・オーストラリア配当株投信(資産成長型)/フィデリティ投信
  ・ニューワールド・ファンドF(米ドル売り円買い)/キャピタルアセットマネジメント
  ・グローバル中期債ファンドF(米ドル売り円買い)/キャピタルアセットマネジメント


 >2017/10/18 ファンド名/投信会社
  ・JP4資産均等バランス/JPモルガンアセットマネジメント


 >2017/10/19 ファンド名/投信会社
  ・ジャナス米国中型グロース株ファンド(為替ヘッジあり)/大和アセットマネジメント
  ・ジャナス米国中型グロース株ファンド(為替ヘッジなし)/大和アセットマネジメント


 >2017/10/20 ファンド名/投信会社


  ・グローバルM&Aフォーカスファンド(為替ヘッジあり)/東京海上アセットマネジメント
  ・グローバルM&Aフォーカスファンド(為替ヘッジなし)/東京海上アセットマネジメント
***************************************
***************************************
※随時受付中…
◎「受かるぞ!!FP」…2級・3級講座(個別指導&グループ指導):回数・費用はご相談
◎「受かるぞ!!証券外務員」…1種・2種(個別指導&グループ指導):回数・費用はご相談
◎「マーケット基礎知識」…初心者向け


 >>上記 お申込み・お問い合わせは…future1139blue@yahoo.ne.jp まで
 >>「ストリートアカデミー」 https://www.street-academy.com/steachers/62329
 でもお申込みいただけます!!(除 セミナー)
・日程・時間はいかようにもアレンジ可能です。おひとりでもグループ(割引あり)でもお受け
します!!
 ************
 ************
※加藤の夢…もう一度「東京フォーラム」でセミナーを!!


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。