加藤肇の「前向き!!投信ゼミナール!!」

・「よくわからないまま」投信を利用してる方!!

・銀行での投信窓販解禁以来、16年!!
・お客様向けセミナー講師回数3500回超!!
・指導した販売担当者は10000人以上!!
・お客様目線から「やさしく」「大事なとこだけ」
 解説します!!

【思考回路:245】20180218

文責:☆彡緋色の龍[暁天雄飛] ☆彡245


 「売ったらダメだよ、買いだよ!!」
**************************************
【新春第1回:前向き!!投信ゼミナール!!】無事終了!!


◎2月頭のNYの急落を受けて始まった新春セミナーも昨日(17日)の小田原で終了


◎新宿・大阪・小田原各会場でご参加いただいたみなさん、ありがとうございました!!


◎次回は…新宿が5月19日・小田原が6月3日が確定。大阪は5月6日か20日に…


◎またのご参加をお待ちしています!!
****************************************
****************************************
【注目】
 <米マクドナルド>
  ★子供向けセットメニュー「ハッピーミール」(日本での名称は「ハッピーセット」)から
  チーズバーガーをなくす。健康志向の高まりに対応する。
  ・米国の各種メニューに掲載される全てのハッピーミールの商品
  …6月までに600キロカロリー以下になる。
  …チーズバーガーは顧客から注文があれば提供可能
  …メニューではメイン料理としてハンバーガーかチキンナゲットを選択する形に。
  …ハッピーミール見直しの一環→チョコレートミルクの糖分をカット…ミネラルウオーターを
  メニューに加える。
  …2022年末までに120市場のメニューに掲載されている商品の少なくとも50%以上
  を600キロカロリー以下にすることを目指す。


  >米国
  ・子供の肥満率が1970年代以降にほぼ3倍に上昇。
  <マクドナルド>
   ・より健康的な食材の利用を目指す
   ・環境に配慮したパッケージを増やすことでイメージアップ


 >>:遅いわい!!(笑)
****************************************
【市場概況】:20180216
◎国内株式市場◎【続伸】
 *TOPIX*:終値=1737.37(前日比:+18.10 +1.10%)
 *日経平均株価*:終値=2万1720円25銭 (前日比:+255円27銭 +1.20%)
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
 ◎米国の足元の経済情勢や株式市場の落ち着きに安心感拡がる
  →リスク資産を見直す買いが継続


 <大和住銀投信投資顧問・経済調査部:門司総一郎部長>:*B
  ・「米国は持続的な景気拡大局面にある。」
  ・「減税やインフラ投資の効果を踏まえれば成長率は3%を超える可能性が高い。」
  ・「ファンダメンタルズ調整ではなく…需給調整による株安は終わった。」
  ・「本日の国内市場では電力などディフェンシブ業種が上げたことから…株高に懐疑的な
  向きも多いが…米国の株高が継続すれば…来週は製造業や金融など景気敏感セクター
  にも買いが入る。」


 【チャート】 https://kabutan.jp/stock/chart?code=0000
  <移動平均線循環分析>
    *日経平均:中期>長期>短期…陽線
     ★【下降トレンド】進行中
     ☆14日「たくり線」で…週明け陽線なら「赤三兵」で「三川明けからす」 で買い点灯
     ★参加者の「気迷い」状態 は依然強いことも判明
      ▼「落ちるなら急落」:下値は直近「窓空き」の21,500円…完結
       ※次のチックポイント:★1:20,000円⇒★2:18,750円
      ▽「切返すなら一段高」 の出現か(・・? …
       ※余りにも「飛びすぎ」た下げ…戻りは早いぞ!!
     ★「北朝鮮」動向は依然要注意
     ※米国景気堅調との両天秤が続く …今後はピークアウト焦点
     ☆下げたら買い変わらず (目処18850円)
     ★トランプ政権不安定化懸念でまだまだ高値波乱の様相も… 現状!!
     ◆まだまだトランプ相場の「トランポリン」は続くだろう… 当面乱高下!!
****************************************
 >欧州株式16日終値
  ・英FT100  7294.70(+59.89 +0.83%)
  ・独DAX  12451.96(+105.79 +0.86%)
  ・仏CAC40  5281.58(+59.06 +1.13%)
****************************************
◎NY株式市場概況◎【小幅続伸】
 ・ダウ平均   25219.38(+19.01 +0.08%)
 ・S&P500    2732.22(+1.02 +0.04%)
 ・ナスダック   7239.47(▲16.97 ▲0.23%)
 ・CME日経平均先物 21900(大証終比:+160 +0.73%)


 >NY株式市場…戻り売り優勢。
  ▽落ち着きを取り戻しつつある中で今週のNY株式市場は買い戻し続く
  ▼週末で明日から3連休…さすがに利益確定売りも
  ▽下押す動きまでは見らず
  ⇒ダウ平均…小幅ながら6日続伸。
  ※VIX…一時17台まで低下(株式市場は次第に安定を取り戻している証)


 >午後
  <モラー特別検察官>:米選挙中のハッキングでロシア人13人を訴追
   →戻り売りが強まる。
   ⇒ダウ平均…一時232ドル高まで上昇→一時マイナスに転じる場面も。


 【恐怖指数】VIXスポット(NY時間:16:09)
   ・スポット  19.49<20
          ※前日比:+0.34 +1.78%
  
 【チャート】 https://kabutan.jp/stock/chart?code=0800
   ★NYダウは「中期」>「短期」>「中期」…【下降トレンド】 への移行期に逆循環
   ⇒26500を目指す動きか(・・?
   ※NYダウはもう一段調整するのでは(・・? …下値=21830目処
   >>:今度は夏→秋か(・・?…
   ◆「トランポリン」相場はまだまだ続く
**************************************
◎NY外為市場概況◎ ■為替が一歩先に行く
 ◎ドル買い戻し強まる。
  ※特段のドル買い材料は見当たらず。
  >週末…短期筋の利益確定のショートカバー中心(NY市場…明日から3連休)


 *米ドル*:依然として上値は重い印象。
  ・株式市場…落ち着きを取り戻しつつある。
  ・米利上げ期待やインフレ警戒の高まりは依然残る。
  ∴ドル売りのシナリオ…違和感
  ⇔
  ※経済・雇用重視のトランプ政権…株高・「ドル安」がベストシナリオ
  ∴市場も受け入れやすいか(・・?


 >今回のドル安(様々な見方)
  (1)長期的ドル安では一致
   ・大型減税やインフラ拡大などによる財政赤字拡大への懸念
   ・ECBや日銀と比較してFRBの出口戦略の余力は小さい 等々
  (2)短期的ドル高期待
   ・財政刺激策による景気拡大やインフレ期待の高まり
   →FRBの予想以上の利上げも見込まれる


 *ドル円*:一時1ドル105.55円付近まで下落…106円台に戻す
  ・ドル円は下げ過ぎ感も…105円台に入ると押し目買い
  ⇔上値は依然として重い印象。
 *ユーロドル*:一時1ユーロ=1.23ドル台に下落する場面も
  ・東京時間に一時1.2550ドル近辺まで上昇
  …ロンドンからNYにかけて戻り売りに押される。
  …直近高値を上抜いたことで達成感も。
  ・目先の下値サポート
   ・1ユーロ=1.2380ドル付近(フィボナッチ50%戻し)
   ・1.23ドル台…上値期待を高めているロング勢からの買いオーダーが下支え。


 【チャート】  https://kabutan.jp/stock/chart?code=0950
  ・長期(75日)>中期(25日)>短期(05日)
  【大底圏突入】 …反発の兆しから再び円高へ
   ★下値のペナントは「下抜け」か…!?
   >現在値:106.30
     ※本日予想レンジ=105.80円⇔107.00円
     ※今週予想レンジ=105.70円(↓↓)⇔109.80円


     ※米国利上げは下支えながら更なる115円超のドル買いには新規材料必要
     ※市場のコンセンサス
     (1)企業決算堅調の変化注目
     (2)経済データに注目しつつ…トランプ政権による税制改革などの行方を
      見極めるスタンス維持…現状はインフレによるマイナス面に注目
     (3)「地政学的リスク」への懸念
     (4)「トランプリスク」
     ★「トランポリン相場」は続くだろう。
    
   *豪ドル円*:中銀総裁の発言受けて売り
    現在値=84.10
     ※本日予想レンジ=83.75円⇔84.60円
     ※今週予想レンジ=83.75円(↓)⇔87.15円


   <ロウ豪中銀総裁>:半期議会証言
    >金融政策について
     ・将来的に金融政策を変更するタイミング…失業率の低下とインフレ目標に向けた
     進展とに左右される。
     ・現状では進捗は着実だがゆっくりなもの
      ∴当面は金融政策調整の強い論拠があるとは判断していない。
     ・雇用市場…豪州の労働市場の改善はこれまでの見通しよりも力強い
***************************************
<各国金融政策>
****************************************
【現在の懸念材料】
(1)米国動向
 ■トランプ政権
  <モラー特別検察官>:特別検察官が米選挙中のハッキングでロシア人13人を訴追。
  <米商務省>:ブルームバーグ
   ・全ての国からのアルミニウム輸入に7.7%の関税を課すことを提案
   …アルミニウムと鉄鋼の両方の輸入関税について会見する予定
   …中国・ロシア・ベネズエラ・ベトナムからの金属輸入には23.5%を提案。
 ■景気動向
 ■金融政策
 ■経済指標
  *住宅着工件数(1月)*
   ・結果 132.6万件>予想 123.4万件・前回 120.9万件(119.2万件から修正)
  *住宅建設許可件数(1月)*
   ・結果 139.6万件>予想 130.0万件・前回 130.0万件(130.2万件から修正)
  *ミシガン大学消費者信頼感指数・速報値(2月)*
   ・結果 99.9>予想 95.3・前回 95.7
  *アトランタ連銀「GDPナウ」:第1四半期見通し*
   >16日時点:+3.2%(14日時点と変わらず)
****************************************
(2)地政学的リスク(IS国のテロ「拡散」 ・北朝鮮の自爆)
***************************************
(3)中国動向
 ■景気動向
 ■金融政策
 ■市場活性化
  ※本土市場…春節(旧正月)で15~21日休場
 ■経済指標
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
 ※主な「国家戦略」
  (1)稼働中…「国有企業改革」・「供給サイド改革」
     ※「混合所有制改革」…国有企業改革
     (中国聯合網絡通信集団(聯通集団)) (国有資産監督管理委員会)
     ※河北省の「雄安新区」設立
     …治水インフラ整備費⇒1000億人民元の予算投入
     ※「健康中国…国民の健康促進を目指す国家戦略     ※
  (2)繰上げ見込み
   「軍民融合発展」…軍事技術の民生利用と民間技術の軍事転用を計る


 ※市場対策
  「国家隊」…政府系の機関
     >今年第2四半期(4~6月)
      …深セン証券取引所のベンチャー企業向け市場「創業板」に大口資金投入
  「養老保険基金(年金基金)」(新規定)…運用スタート
***************************************  
(4)石米油価格動向
 >02月15日 【続伸】
 ◎NY原油先物03月限(WTI)(終値)◎=61.68(+0.34 +0.55%)


 *米原油リグ稼働数*:米大手石油ガス開発;ベーカー・ヒューズ
  ・結果 798基(前週比+7基)


 >:$40~50/バレル台で動いて入れば騒ぐ必要ない!! (どうせ談合市場だ)
 >>:どこかで調整が入る(★米シェールの増産注意) …ここだよ!!
***************************************
(5)欧州動向 (含 欧州金融不安…消えては浮かぶタイマー付爆弾)
 ■景気
 ■独政局
 ■金融政策
  <クーレECB理事>
   ・緩和策が成長と投資を持ち上げてきた。
   ・貿易の回復は主に循環的な諸要因によるもの。
   ・貿易の成長は金融危機前の水準には戻し切れていない。
 ■経済指標
***************************************
(6)英国動向
 ■メイ政権
 ■BREXIT
 ■金融政策 :<中銀政策金利>:+0.50% <資産買入枠>:4350億ポンド
 ■経済指標
  *小売売上高(1月)*
   >前月比:結果+0.1%<予想+0.5%・前回▲1.4%(▲1.5%から修正)
   >前年比:結果+1.6%<予想+2.5%・前回+1.5%(+1.4%から修正)
*************************************** 
(7)国内動向
 ■市場動向
  <麻生財務相>
   ・為替市場の安定は重要…必要な場合に対応するという方針に変わりはない。
   ・引き続き為替市場の動向を緊張感もって対応していく。
   ・特定の為替水準を念頭において為替政策を行っているわけではない。
  <浅川財務次官>
   ・為替…安定的に推移するのが望ましい。緊張感もって注視する。
   ・ドル円と株価は短期的に連動性が離れている。
 ■金融政策
  <黒田日銀総裁>
   ・2%目標に着実に向かっている。
   ・強力な金融緩和を粘り強く続けていく。
   ・出口の対応を示していく段階ではない。
   ・時期尚早な出口戦略の提示は市場の攪乱要因となる。
   ・ETFを売ったことはない。買い入れについて現時点では必要と考えている。
  <麻生財務相>
   ・財政健全化に向けて実行性の高い計画を示し市場の信任を確保していく。
   ・金利が上昇すれば政策的な経費が圧迫されて財政が硬直化する。
   ・ブロックチェーンは注目すべき技術、うまく育てば育つと考えている。
  <ETF購入>
    >2018年02月16日
    ・従来型ETF=0億円(02月購入05回・総額3659億円)
    ・設備・人材投資企業支援関連ETF=12億円購入
     (02月購入11回=計132億円)
    ・J-REIT=0億円(02月購入06回=72億円)
   ※日銀のETF保有時価は20兆3千億円を超えている!!
 ■経済指標
  *対外・対内証券投資の状況*:財務省 (2月4日~2月10日)
   >対外証券投資
    ・株式:▲448億円 ・中長期債:▲9732億円 ・短期証券:+1420億円
    =合計:▲8761億円
   >対内証券投資
    ・株式:▲4295億円 ・中長期債:+417億円 ・短期証券:+8073億円
    =合計:+4194億円
****************************************
(8)新興国景気懸念…強いドルによる資金流出
 ※全体としての…☆サポート材料 ★懸念材料
 ☆中国経済指標堅調 ★★米トランプ大統領保護主義的通商政策 ☆石油価格安定


 【ロシア】<ロシア中央銀行>:9日*政策金利*+7.75%から+7.50%に引き下げ
 【インド】
  ◎インフレ率の鈍化…インド準備銀行(中央銀行)…8月にも利下げ(・・?
****************************************
(9)仮想通貨対応
  【日本】:浅川財務官…G20で仮想通貨の取引業者に規制すべきか議論
****************************************
【今週の新規投信設定】 火曜日に掲載
****************************************
※随時受付中…
◎「受かるぞ!!FP」…2級・3級講座(個別指導&グループ指導):回数・費用はご相談
◎「受かるぞ!!証券外務員」…1種・2種(個別指導&グループ指導):回数・費用はご相談
◎「マーケット基礎知識」…初心者向け


 >>上記 お申込み・お問い合わせは…future1139blue@yahoo.ne.jp まで
 >>「ストリートアカデミー」 https://www.street-academy.com/steachers/62329
 でもお申込みいただけます!!(除 セミナー)
・日程・時間はいかようにもアレンジ可能です。おひとりでもグループ(割引あり)でもお受け
します!!
 ************
 ************
※加藤の夢…もう一度「東京フォーラム」でセミナーを!!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。