加藤肇の「前向き!!投信ゼミナール!!」

・「よくわからないまま」投信を利用してる方!!

・銀行での投信窓販解禁以来、16年!!
・お客様向けセミナー講師回数3500回超!!
・指導した販売担当者は10000人以上!!
・お客様目線から「やさしく」「大事なとこだけ」
 解説します!!

【思考回路:334】20180710

文責:☆彡緋色の龍[暁天雄飛] ☆彡334


★関西豪雨で被害にあわれた皆様、心よりお見舞い申し上げます。


★関西のみなさん!!次回セミナーですが…9月2日(日)と10月14日(日)とどちらが
ご都合よろしいでしょう? ご意見お聞かせくだされば助かります!!
*************************************
 ・「天気晴朗なれど波高し!!」 は継続
 →貿易摩擦問題深刻化
 ・「高値に踊らず安値に怯まず」を忘れずに!!
 →最終的には「売ったらだめだよ!!買いだよ!!」
*************************************
【2018年第3回:前向き!!投信ゼミナール!!】 予定
 @新宿10…2018年09月01日(土)決定
 @大阪07…2018年09月02日(日)or10月14日(日)予定 (ご希望、お聞かせください)
 @小田原14…2018年10月08日(月)決定 …3連休最終日
 場所:おだわら市民交流センター UMECO
  〒250-0011 小田原市栄町一丁目1番27号(小田原駅東口駐車場1階)
  TEL:0465-24-6611
  最寄駅:小田原駅から徒歩約2分 http://umeco.info/use/access/
  ☆前回と同じです
 <1>投資の窓口@小田原7…テーマ未定(ご希望お寄せください)
  時間:12時半~14時
 <2>前向き!!投信ゼミナール!!@小田原14
  時間:14時半~16時


 受講料<1><2>各1,000円・両方受講は1,500円
 定員 <1><2>とも30名
 
>>:お申込み・お問合せは…mstb2021139@goo.jpまで
*************************************
*************************************
【注目】
**************************************
【市場概況】:20180709


◎東京株式市場◎【反発】
 *TOPIX*:終値=1711.79(前日比:+20.25+1.20%)
 *日経平均株価*:終値=2万2052円18銭 (前日比:+264円04銭 +1.20%)
++++++++++++++++++++++++++++++++++++
 ◎続伸。
  ☆米国と中国の貿易問題を巡る警戒感弱まる。
  ☆米国経済の持続的な回復を評価する買いが優勢に。


 <三井住友アセットマネジメント:市川雅浩シニアストラテジスト>:*B
  ・「米中両国が関税発動で応酬したことは想定内。」
  ・「むしろ週末に貿易問題で対立が激化するに至らなかったことを受け先物などの
  売り方が買い戻しを余儀なくされた。」
  ・「今後もトランプ米大統領が160億ドル相当の追加関税発動の可能性はあるが… 
  ・「このまま貿易戦争に踏み込めば米国経済にも悪影響が及ぶため…関税の規模
  拡大を示唆しているのは交渉のカードではないか。」


 >>:最初からわかっていた話だとみなさんは思いますよね?


 【チャート】 https://kabutan.jp/stock/chart?code=0000
  <移動平均線循環分析>
    ※「想定の範囲内」!!
    ★日経平均:中期(25日)>長期(75日)>短期(05日)…陽線
    ★【下降変化期】から【安定下降期】(大底圏)へ循環
    ☆基調(長期的)は「買い」に変更なし
    ★参加者の「気迷い」状態 は依然強い
     ▼「落ちるなら急落」は依然続く
      ※次のチックポイント:★1:20,000円⇒★2:18,750円
     ▽「切返すなら一段高」 の出現か(・・? …
    ☆下げたら買い変わらず (目処18850円)
    ◆まだまだトランプ相場の「トランポリン」は続くだろう… 当面乱高下!!
*************************************
>欧州株式9日終値
 ・英FT100  7687.99(+70.29 +0.92%)
 ・独DAX  12543.89(+47.72 +0.38%)
 ・仏CAC40  5398.11(+22.34 +0.42%)
*************************************
◎NY株式市場概況◎【続伸】
 ・ダウ平均   24776.59(+320.11 +1.31%)
 ・S&P500    2784.17(+24.35 +0.88%)
 ・ナスダック   7756.20(+67.82 +0.88%)
 ・CME日経平均先物 22210(大証終比:+140 +0.63%)
+++++++++++++++++++++++++++++++++++
 ◎ダウ平均…3日続伸。
  ▽買いが強まりダウ平均の上げ幅は一時340ドルを超えた。
  ▽産業株と銀行株が上昇が相場をリード
  …産業株に関しては貿易問題への警戒感が一服していることがフォローに。


  ※貿易問題…特にポジティブな材料はない。
   >先週金曜日
    <トランプ大統領>:対中制裁関税措置の第1弾発動
    <中国>:即座に報復する方針示す
    ⇒米中貿易戦争への懸念が強まっている。   
    ⇔先週の市場の反応は意外に冷静
    ∴ひとまず一服感に広がっているものと見られる。


   ⇒市場…今回の関税措置に対するマクロ経済への影響を見極めたい雰囲気へ


  【恐怖指数】VIXスポット(NY時間:16:09)
  ・スポット  12.69<20
          ※前日比:▲0.68 ▲5.09%


 【チャート】 https://kabutan.jp/stock/chart?code=0800
  ☆NYダウは「中期」>「長期」>「短期」
  ★【下降変化期2】(下降相場幕開け)へ急速循環!!
  ★チャートの形が崩れる …06/21で「三羽カラス」出現
  ※06/29の上影陰線が失望感の現れならもう一段下げも…
  ※夏→秋に予想した調整が前倒しで来る可能高まる
  ☆とりあえず貿易問題からファンダメンタルズへ注目は移動か(・・?
  ※上昇前の「腰抜け野郎」の振り落としの動きはこれからも何度も出てくる
    ※この乱高下はまだまだ続くだろう
    ※NYダウはもう一段調整するのでは(・・? …下値=21830目処
   >>:今度は夏→秋か(・・?…
  ◆「トランポリン」相場はまだまだ続く
**************************************
◎NY外為市場概況◎ ■為替が一歩先に行く
 *ドル・円*:1ドル=110円43銭から110円90銭まで上昇…110円85銭で引け。
  ☆日米金利差の拡大観測&株高に連れたリスク選好の動き→ドル買い・円売り再燃
 *ユーロ・ドル*:1ユーロ=1.1791ドルから1.1733ドルまで下落し1.1745ドルで引け。
  ★ドラギECB総裁:欧州連合(EU)議会証言
   ・「少なくとも2019年夏終わりまで金利が据え置かれる見通しだ。」と繰返す。
   →ユーロ買い後退。
 *ユーロ・円*:1ユーロ=130円26銭まで上昇後130円01銭へ弱含む。
 *ポンド・ドル*:1ポンド=1.3351ドルから1.3190ドルまで下落。
  ●英国政局不透明感拡大…ポンド売り加速
   ★デービスEU離脱担当相
   ★ボリス・ジョンソン外相(EU離脱を巡りメイ首相の方針に反発)
   →辞任表明
  ⇔
  ◎ほとんどの与党議員が依然メイ首相を支持していることが明らかに
   →メイ首相の辞任の憶測を受けたポンド売り後退。


 【経済指標:米国】
  *5月消費者信用残高*
   ・結果:+246億ドル>予想:+120.億ドル(4月:+102.73億ドル←+92.62億ドル)  
++++++++++++++++++++++++++++++++++++
++++++++++++++++++++++++++++++++++++


 >現在値(ドル円):110.85円
     ※本日予想レンジ=110.45円⇔111.25円
     ※今週予想レンジ=110.20円⇔111.90円


 【チャート】
  ☆短期<中期…06/08:ゴールデンクロス
  ☆短期>中期>長期…【安定上昇期】
  ※長期線が横ばいに…ここが下支えか(・・?
  ★米中貿易問題懸念拡大
  ☆上値のペナント出現…定石なら「上抜け」(円安)だが…


   ※米国利上げは下支えながら更なる115円超のドル買いには新規材料必要
   ※市場のコンセンサス
     (1)企業決算堅調の変化注目
     (2)経済データに注目しつつ…トランプ政権による米国第一主義の行方を
      見極めるスタンス維持
     (3)「地政学的リスク」への懸念
     (4)「トランプリスク」
      ★現状「保護貿易主義」抬頭…中間選挙対策…対中国&欧州難航 
     (5)欧州政局不安再台頭…ほぼ鎮静化
   
   *豪ドル円*:中国株安で買いづらい
     現在値=81.75円
      ※本日予想レンジ=81.45円⇔82.15円
      ※今週予想レンジ=80.60円⇔82.50円
    [金融政策] :<豪中銀政策金利>:+1.50% 【据置】07/03
    [経済指標]
     *貿易収支(5月)*
      ・結果:+8.27億豪ドル<予想:+12.00億豪ドル(前回:+9.77億豪ドル)
     *小売売上高(5月)*
      >前月比 ・結果:+0.4%>予想:+0.3%(前回:+0.4%)
************************************
★各国中銀★
************************************
【現在の懸念材料】
(1)米国動向
 ■トランプ政権政策
 ■貿易問題
 ■金融政策 :政策金利(FF金利誘導目標):+1.75⇔+2.00% (18/06/13)FOMC
 ■経済指標
*************************************
(2)中国動向
 ■貿易問題
  >香港:サウス・チャイナ・モーニング紙
   ・「中国政府は地元のメディアに対し…トランプ大統領への非難に関して過激な言葉
   を控えるよう要請。」
  <李克強首相>:訪問中のブルガリアで
   ・」「中国経済のファンダメンタルズは良好。」
   ・「対外開放をさらに進める」
 ■市場対策
  ◎マーケットへの資金流入期待強まる。
  <中国証券監督管理委員会(証監会)>:8日
   ・「条件を満たした『外国自然人』に域内上場企業への直接投資を認める方針表明
 ■金融政策
 ■経済指標
*************************************
(3)地政学的リスク(IS国のテロ「拡散」 ・北朝鮮の自爆・中東緊張)
 ■米朝問題
  <トランプ大統領>
   ・中国が北朝鮮にネガティブな圧力を行使している可能性。
   ・金委員長は署名した文書を尊重すると信じている。
*************************************
(4)石米油価格動向
 >07月09日
  ◎NY原油先物8月限(WTI)(終値)◎:1バレル=73.85(+0.05 +0.07%)


   ☆ベネズエラやリビアの減産
   ☆米国の制裁によってイランの生産量が減少していく可能性高い
   …米国はイランの原油輸出をゼロにすることを目指している。
   →供給ひっ迫警戒
   ★サウジアラビアやロシアが供給不足を補うように増産
   ★カナダのシンクルードの生産が想定より早く復旧…今月中にも再開
   …9月までフル稼働は行われない見通し。
   →上値を抑える。することも重し。
 
  >>40~50/バレル台で動いて入れば騒ぐ必要ない!! (どうせ談合市場だ)
   ※サウジアラビアの財政がかなり悪いことから$60/バレル台以上容認か?
   ※どこかで調整が入る(★米シェールの増産注意)
*************************************
(5)欧州動向 (含 欧州金融不安…消えては浮かぶタイマー付爆弾)
 ■移民問題
 ■貿易問題
 ■政局不安
 ■BREXIT
 ■金融政策:ECB政策金利:現状=0.00%【据置】18/06/14
  <ドラギECB総裁>
   ・ファンダメンタルズの基調は引き続き底堅い。
   ・保護主義の高まりによる脅威がより一層顕著に。
   ・最近の賃金の状況は改善が継続を示唆。
   ・インフレの道筋は自律継続的になってきている。
   ・ECBの金利は来年夏まで据え置かれる。
   ・債券の再投資にコミットする。
   ・通貨同盟は依然として不完全…脆弱性を有する。
   ・欧州は一段と集中統合する必要。
   ・ECBは辛抱強く・継続的に・慎重になれる。
  <ノボトニー・オーストリア中銀総裁>
   ・デフレの恐れは終了した
   ・貿易戦争には通貨戦争が加わる可能性高い
   ・現時点では、貿易戦争の影響を予測することは不可能
   ・ECBにおける物価安定の使命を後退させることは視野狭窄だ
   ・マイナス金利にはネガティブな波及効果のおそれ
   ・マイナス金利は必要に応じて適用されるべきもの
   ・低金利がバブルを引き起こさないよう注意すべき
   ・ECBはかなり目標を達成している
   ・金利の構造を正常化すべき
   ・経済にとってかなりのイールドカーブのスティープ化が重要
   ・10年前と比較すると銀行システムは改善している
 ■経済指標
  *7月:センティックス投資家信頼感*
   ・結果:12.1>予想9.0(前回:6月9.3)
    ▼今回…前回値は上回ったものの…5月データ以前の数字には届かず。
    →回復の動きは弱い。(1月の32.9からは低下傾向が続いている)
  *独貿易収支(5月)*:ユーロ
   ・結果:+197億>予想:+195億(前回:+201億←204億)
  *独経常収支(5月)*
   ・結果:+126億ユーロ<前回:+227億ユーロ
************************************
(6)英国動向
 ■メイ政権
  ★ジョンソン外相辞任…メイ英首相がジョンソン外相の辞任を受理。
  >英BBC
   <メイ英首相>:ジョンソン外相あての手紙の中で…金曜日の協議後に同外相
   から辞任の手紙を受け取ったことに関して「さほど驚きはない」と言及していた。
  ☆<ドミニク・ラーブ氏>をEU離脱担当相に任命
 ■BREXIT
  <メイ英首相>
   ・離脱の移行期間が延長されることはない。
   ・離脱後に欧州裁判所が英国で権限を持つこはない。
   ・離脱後のサービス業にはより柔軟性維持が重要。
   ・サービス業の地位維持に必要な整備に自由であることが望ましい。
 ■金融政策 :<政策金利>:+0.50% <資産買入枠>:4350億ポンド (06/21据置)
 ■経済指標
************************************* 
(7)国内動向
 ■金融政策 (日銀政策金利:▲0.1%)
  <ETF購入> ※日銀のETF保有時価は20兆3千億円を超えている!!
    >2018年07月09日:7月実績
    ・従来型ETF=0億円(07月購入01回・総額705億円)
    ・設備・人材投資企業支援関連ETF=12億円購入
     (07月購入06回=計72億円)
    ・J-REIT=0億円(07月購入00回=0億円)
 ■経済指標
  *国際収支(5月)*
   >経常収支・結果:+19383億円>予想:+12531億円(前回:+18451億円)
   >同季調済・結果:+18500億円>予想:+11900億円(前回:+18855億円)
   >貿易収支・結果:▲3039億円>予想:▲4862億円(前回:▲5738億円)
*************************************
(8)新興国景気懸念…強いドルによる資金流出
 ※全体としての…☆サポート材料 ★懸念材料
 ☆中国経済指標堅調 ★★米トランプ大統領保護主義的通商政策 ☆石油価格安定


 【ブラジル】 <ブラジル中銀政策金利>:+6.50% (06/21:据置)
 【ロシア】 <中銀政策金利>:+7.25%
 【インド】 <中銀政策金利>:+6.25% (06/05:+0.25%↑)
**************************************
(9)仮想通貨対応
**************************************
【今週の新規投信設定】 火曜日に掲載
>2018/7/9 ファンド名/投信会社
 ・米国銀行株式ファンド(資産成長型)/マニュライフアセットマネジメント
>2018/7/13 ファンド名/投信会社
 ・ジャパン成長株ファンド/いちよしアセットマネジメント
**************************************
※随時受付中…
◎「受かるぞ!!FP」…2級・3級講座(個別指導&グループ指導):回数・費用はご相談
◎「受かるぞ!!証券外務員」…1種・2種(個別指導&グループ指導):回数・費用はご相談
◎「マーケット基礎知識」…初心者向け


 >>上記 お申込み・お問い合わせは…future1139blue@yahoo.ne.jp まで
 >>「ストリートアカデミー」 https://www.street-academy.com/steachers/62329
 でもお申込みいただけます!!(除 セミナー)
・日程・時間はいかようにもアレンジ可能です。おひとりでもグループ(割引あり)でもお受け
します!!
 ************
 ************
※加藤の夢…もう一度「東京フォーラム」でセミナーを!!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。