加藤肇の「前向き!!投信ゼミナール!!」

・「よくわからないまま」投信を利用してる方!!

・銀行での投信窓販解禁以来、16年!!
・お客様向けセミナー講師回数3500回超!!
・指導した販売担当者は10000人以上!!
・お客様目線から「やさしく」「大事なとこだけ」
 解説します!!

【思考回路:388】20180929

文責:☆彡緋色の龍[暁天雄飛] ☆彡388


☆前期終了!! みなさん、お疲れさまでした!!


☆昨日はPC教室。自己流のスキルが体系的に繋がってくるのは楽しい。


☆今朝のリバイバル(11) <コスモス街道> 狩人


 https://www.youtube.com/watch?v=_GWZ_IXY7t0


*************************************
 ・「天気晴朗なれど波高し!!」 は継続
 →貿易摩擦問題深刻化
 ・「高値に踊らず安値に怯まず」を忘れずに!!
 →最終的には「売ったらだめだよ!!買いだよ!!」
*************************************
【2018年第3回:前向き!!投信ゼミナール!!】
★神奈川県のみなさん!!よろしくお願いします!!
  @小田原14…2018年10月08日(月)決定 …3連休最終日
  ・会場:おだわら市民交流センター UMECO
   ・〒250-0011 小田原市栄町一丁目1番27号(小田原駅東口駐車場1階)
   ・TEL:0465-24-6611
   ・最寄駅:小田原駅から徒歩約2分 http://umeco.info/use/access/
    <1>投資の窓口@小田原7…移動平均線の見方
    時間:12時半~14時
    <2>前向き!!投信ゼミナール!!@小田原14
    時間:14時半~16時
    ・受講料<1><2>各1,000円・両方受講は1,500円
    ・定員 <1><2>とも30名
【2018年第4回:前向き!!投信ゼミナール!!】 …実施日確定!!
  @新宿10…2018年012月01日(土)
  ・会場:SOBIZGATES 2FA会議室(東京都新宿区新宿5-11-2 SOBLD)
   ・都営新宿線「新宿三丁目」駅&都営副都心線「新宿三丁目」駅より徒歩1分
   ・JR山手線「新宿」駅より徒歩5分
  ・定員:30名(参加費:1500円)
  ・時間:11:15-12:45
  @京都01…2018年12月02日(日) …京都で初開催!!
  ・会場:〒6018003 京都府 京都市南区 東九条西山王町 1-15 三星ビル 303
   ・京都線 京都駅から徒歩5分
   ・近鉄京都線 京都駅から徒歩5分
   ・京都市営地下鉄烏丸線 京都駅から徒歩5分
   ・奈良線 京都駅から徒歩5分
    京都駅八条口から徒歩5分。
    竹田街道道沿い。1階に「コミックショック」が入っているテナントビルの3階です。
  ・定員:30名(参加費:1500円)
  ・時間:13:00-14:30


 >>:お申込み・お問合せは…mstb2021139@goo.jpまで
*************************************
*************************************
【注目】
+++++++++++++++++++++++++++
 ※加藤のハイソブ・トルコリラ(ご参考)
    ・個別元本:1195円 ・09/28時価:1267円△ ・評価 +72円 )
    ・分配金:08/17~:18日/月=15円(口数:837万口) (総計:2回:30円)
*************************************
【市場概況】:20180928


◎東京株式市場◎【急反発】
 *TOPIX*:終値=1817.25(前日比:+17.14 +1.00%)
 *日経平均株価*:終値=2万4120円04銭 (前日比:+323円30銭 +1.40%)
++++++++++++++++++++++++++++++++++++
 ◎反発…日経平均株価…日中ベースで26年10カ月(1991/11/14)ぶりの高値!!
  ☆貿易問題に対する過度な警戒感が後退
  ☆良好な米景気
  ☆為替市場…ドル・円相場が9カ月ぶり円安水準→業績期待高まる。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++
 <プリンシパル・グローバル・インベスターズ:板垣均社長>:*B
  ・「安倍首相が日米貿易摩擦をうまく切り抜けて為替が円安に振れたことで安心感が
  広がっている。」
  ・「米国株は政策金利引き上げにもびくともせず…長期の株高継続にも過熱感なし。」
  ・「米国株と比べて日本株は出遅れ感がある。」
  ・「日経平均は終値ベースでのバブル経済崩壊後高値の更新こそ逃したが…割安感
  だけでなく業績の良さが見直されている。」
  ・「日米とも今が株価のピークという感じはしない。」


 >>:「日本株の出遅れ」は日米の関係を考えれば当たり前で「だから買われる」と
    いう理屈はおかしいな。
 >>:まあ、今日は月末・期末で上げにはみんなハッピーか…


 【チャート】 https://kabutan.jp/stock/chart?code=0000
  <移動平均線循環分析>
    ※これは「月末」&「期末」といえどさすがに「やりすぎ」だ。
    *日経平均*:短期(05日)>中期(25日)>長期(75日)…陽線
    ★09/28の上影陽線は「高値警戒感」の現れ…調整開始のサインか(・・?
    ☆【安定上昇期】(天井圏)へ逆循環中
    ★騰落レシオ…割高維持も急低下
    ☆基調(長期的)は「買い」に変更なし
    ★参加者の「気迷い」状態 は依然強い
     ▼「落ちるなら急落」は依然続く
      ※次のチックポイント:★1:20,000円⇒★2:18,750円
     ▽「切返すなら一段高」 の出現か(・・? …
    ☆下げたら買い変わらず (目処18850円)
    ◆まだまだトランプ相場の「トランポリン」は続くだろう… 当面乱高下!!
*************************************
 >欧州株式28日終値
  ・英FT100  7510.20(▲35.24 ▲0.47%)
  ・独DAX  12246.73(▲188.86 ▲1.52%)
  ・仏CAC40  5493.49(▲46.92 ▲0.85%)
*************************************
◎NY株式概況◎【小動き】
 ・ダウ平均   26458.31(+18.38 +0.07%)
 ・S&P500    2913.98(▲0.02 ±0.00%)
 ・ナスダック   8046.35(+4.38 +0.05%)
 ・CME日経平均先物 24185(大証終比:+65 +0.27%)
+++++++++++++++++++++++++++++++++++
 ◎底堅い。
  >寄付…伊財政赤字への懸念…売り先行
   ★<伊政府>
     ・来年の予算案…財政赤字=GDP比2.4%の水準を目指すことで合意。
     ・EU規則である3%以内には収まってはいる。
     →市場は不安感を高める。
     →きょうの伊国債…売りが強まり利回りは急上昇。
     →伊株式市場…銀行株急落
   ⇒その余波で米株式市場でも銀行株が下げを先導。


  >売り一巡後…買い戻し→ダウ平均はプラス圏に浮上
   ☆今週のFOMC通過…市場→米景気の先行き期待を再度意識
   ⇒株式市場は上値追いの動き継続。
  
 【恐怖指数】VIXスポット(NY時間:16:14)
  ・スポット  12.12(▲0.29 ▲2.34%)<20.00(実際は30以下なら問題ない)
    *カッコ内は(前日比、前日比%)
  
 【チャート】 https://kabutan.jp/stock/chart?code=0800
  ☆NYダウは「短期」>「中期」>「長期」
  ☆【安定上昇期】(天井圏)へ逆循環!!
  ★09/27で「三羽ガラス」完成か(・・?
  ※上昇前の「腰抜け野郎」の振り落としの動きはこれからも何度も出てくる
    ※この乱高下はまだまだ続くだろう
    ※NYダウはもう一段調整するのでは(・・? …下値=21830目処
   >>:今度は夏→秋か(・・?…
  ◆「トランポリン」相場はまだまだ続く
**************************************
◎NY外為市場概況◎ ■為替が一歩先に行く
++++++++++++++++++++++++++++++++++++
 *ドル円*:上値追いの動き続く。
  >ロンドン時間…★伊財政懸念…欧州株や米株先物が大きく下落⇒円高圧力
    ▼一時113.35円付近まで下落
  >NY時間…☆米株式市場…寄付で売り先行も次第に買戻し⇒ドル円も買戻しへ


  >前日…年初来高値を更新→上値期待高まる。
  >本日…そのモメンタムを堅持…上値追いの流れを持続。
   ※目先…昨年12月高値の113.75円付近が上値レジスタンスとして意識。


 *ユーロ*:NY時間に入って買戻し
   *ユーロドル*:1ユーロ=1.16台 
   *ユーロ円*:1ユーロ=132円 近辺で下げ渋る。
  
   ☆月内最終売買日…実需の動き
   ☆<伊:コンテ首相>
     ・「予算案の詳細が明らかになれば市場は財政を信頼するだろう。」


 [経済指標:カナダ]
  *GDP(7月)* >前月比 ・結果:+0.2%>予想:+0.1%(前回:±0.0%)
  *原材料価格指数(8月)*>前月比 ・結果:▲4.6%<前回:+0.7%
  *鉱工業製品価格指数(8月)*
   >前月比 ・結果:▲0.5%<予想:▲0.4%(前回:▲0.2%)
 [経済指標:米国]…総じて軟調★
  *PCEデフレータ(8月*
   >前年比 ・結果:+2.2%=予想:+2.2%(前回:+2.3%)
  *PCEコアデフレータ(8月)*
   >前月比 ・結果:±0.0%<予想:+0.1%(前回:+0.2%)
   >前年比 ・結果:+2.0%=予想:+2.0%(前回:+2.0%)
  *個人所得(8月)*
   >前月比 ・結果:+0.3%<予想:+0.4%(前回:+0.3%)
  *個人支出(8月)*
   >前月比 ・結果:+0.3%=予想:+0.3%(前回:+0.4%)
  *シカゴ購買部協会景気指数(9月)*
   ・結果 60.4<予想 62.0(前回 63.6)
  *ミシガン大学消費者信頼感指数・確報値(9月)*
   ・結果 100.1<予想 100.6(前回 100.8)
++++++++++++++++++++++++++++++++++++
 >現在値(ドル円):113.70円
     ※本日予想レンジ=113.25円⇔114.00円
     ※今週予想レンジ=111.80円⇔114.00円 (↑)
 
 【チャート】
  ☆短期>長期…08/24:ゴールデンクロス
  ☆短期>中期…08/28:ゴールデンクロス
  ☆短期>中期>長期…【安定上昇期】 へ 逆循環中
  ※揉み合いから一旦上抜け…高値もみ合いへ


  ※米国利上げは下支えながら更なる115円超のドル買いには新規材料必要
  ※市場のコンセンサス
    (1)企業決算堅調の変化注目
    (2)経済データに注目しつつ…トランプ政権による米国第一主義の行方を
     見極めるスタンス維持
    (3)「地政学的リスク」への懸念
    (4)「トランプリスク」
      ★現状「保護貿易主義」抬頭…中間選挙対策…対中国&欧州難航 
    (5)欧州・中東政局不安
   
   *豪ドル円*:引き続き米中摩擦が重しに
     現在値=82.05円
      ※本日予想レンジ=81.75円⇔82.35円
      ※今週予想レンジ=80.00円⇔82.45円
    [金融政策] :<豪中銀政策金利>:+1.50% 【据置】09/04
    [経済指標]
************************************
★各国中銀★
 <カナダ中銀:ボロズ総裁>:カナダ・ニューブランズウィック州モンクトン講演。
   >金融政策について
    ・様々な問題についての判断を更新し金利をより中立な水準に徐々に
    移行させていく。
    ・将来の不確実性は行動を行わないことを正当化しない。
    ・利上げがインフレ目標達成に向けて妥当なものかどうかの判断を継続
    ・利上げの判断が遅れれば…経済はその能力のキャパシティを超えてインフレを
    形成しかねない。こうした状況は確実に避けるべき。
************************************
【現在の懸念材料】
(1)米国動向
 ■トランプ政権
 ■貿易問題
 ■金融政策
  <政策金利(FF金利誘導目標)>:+2.00⇔+2.25% (18/09/26)【引上げ】


  <バーキン・リッチモンド連銀総裁>
   ・経済は力強い。
   ・労働人口の伸びは非常に緩やか。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++
 ■経済指標
************************************
(2)中国動向 >来週…「国慶節」により10月1~5日休場
 ■要人発言
 ■貿易問題
 ■市場対策 ☆☆やると決めたら中国はやる!!☆☆(反対勢力なし!!)
  ◎国策期待家続
   ☆10月…個人所得税の減税実施
   ☆11月…一部製品の輸入関税引き下げ
   ⇒政府は内需の刺激に注力
  ◎海外マネーの流入期待
   ☆<英FTSEラッセル>
    >27日公表
     ・FTSEグローバル株式インデックス・シリーズ(FTSE GEIS)の
     エマージング・インデックスに中国A株を組み入れる。
   ☆<米MSCI>
     ・グローバル指数に組み入れているA株のウエート
     …大幅な引き上げを検討中と発表
 ■金融政策
 ■経済指標
*************************************
(3)地政学的リスク(IS国のテロ「拡散」 ・北朝鮮の自爆・中東緊張)
*************************************
(4)石米油価格動向
 >09月28日
  ◎NY原油先物11月限(WTI)(終値)◎:1バレル=73.25(+1.13 +1.57%)


   ☆米国の制裁によってイランの輸出量減少す…供給不足警戒
   ⇔
   ★サウジアラビアやロシア
    ・イランのほかベネズエラの減産をが増産して穴埋め
    ・協調するOPEC加盟国と非OPEC加盟国は需給バランスを維持図る
    ▼生産余力は潤沢ではない。
   
  >>40~50/バレル台で動いて入れば騒ぐ必要ない!! (どうせ談合市場だ)
   ※サウジアラビアの財政がかなり悪いことから$60/バレル台以上容認か?
   ※どこかで調整が入る(★米シェールの増産注意)
*************************************
(5)欧州動向 (含 欧州金融不安…消えては浮かぶタイマー付爆弾)
 ■金融政策:ECB政策金利:現状=0.00%【据置】18/09/13
 ■政局不安
  ●伊10年債利回り…急上昇2019年(一時3.101%と9月4日以来の高水準に)
   …伊予算案の発表を受けて
    <ECB:レーン理事:フィンランド銀行総裁>
   ・伊財政について12月の見通しで考慮する必要
   ・ECBにとって重要な点はユーロ圏の総合的なデータ
   ・ECBは力強い経済見通しと脆弱ではない戦略をもっている
 ■BREXIT
 ■経済指標
  *ユーロ圏消費者物価指数・速報値(9月)*
   >前年比 ・結果:+2.1%=予想:+2.1%(前回:+2.0%)
   >同コア  ・結果:+0.9%<予想:+1.1%(前回:+1.0%)
  *独雇用統計(9月)*
   >失業率   ・結果 5.1%<予想 5.2%(前回 5.2%)
   >失業者数 ・結果:▲2.3万<予想:▲0.9万人(前回:▲1.0万人↓▲0.8万人)
***********************************
(6)英国動向
 ■金融政策
  <政策金利>:+0.75% (08/02:+0.25%引上げ)…9対0で決定。
  <資産買入枠>:4350億ポンド(08/02:据置)…9対0で決定。



  <ラムスデン英中銀副総裁>
   ・量的緩和(QE)の拡大終了でも英中銀のバランスシートは金融危機前の
   水準よりも拡大したまま。
   ・労働市場のひっ迫や賃金上昇圧力が物価を押し上げる。
   ・国民投票以来…賃金の伸びは弱いまま。
   ・賃金の伸びには失望も物価は上昇。
   ・限定的で漸進的な利上げが必要。
   ・市場はEU離脱の結果を広範囲で織り込んでいる。
   ・あらゆるEU離脱の結果に対して…市場には2つのリスクがある。
    …良好な結果であれば、恐らく投資は拡大する。
    …過度に消費者物価を押し上げることはないでろう。 
+++++++++++++++++++++++++++++++++++
 ■BREXIT
 ■経済指標
  *GDP・確報値(第2四半期)*
   >前期比 ・結果:+0.4%=予想:+0.4%(前回:+0.4%)
   >前年比 ・結果:+1.2%<予想:+1.3%(前回:+1.3%)
************************************* 
(7)国内動向
 ■金融政策 (日銀政策金利:▲0.1%)【据置】 18/09/19  
+++++++++++++++++++++++++++++++++++ 
  <ETF購入> ※日銀のETF保有時価は21兆円を超えている!!
    >2018年09月28日:09月実績
     ・従来型ETF=0億円(09月購入06回・総額4218億円)
     ・設備・人材投資企業支援関連ETF=12億円購入
      (09月購入18回=計216億円)
     ・J-REIT=0億円(09月購入00回=0億円)
 ■経済指標
  *雇用統計*:8月
   >有効求人倍率 ・結果 1.63=予想 1.63(前回 1.63)
   >失業率 ・結果 2.4%<予想 2.5%(前回 2.5%)
  *鉱工業生産・速報値(8月)*
   >前月比 ・結果:+0.7%<予想:+1.5%(前回:▲0.1%)
   >前年比 ・結果:+0.6%<予想:+1.5%(前回:+2.2%)
  *対外・対内証券投資の状況*:財務省 (9月16日~9月22日)
   >対外証券投資
    ・株式:+2971億円 ・中長期債:+15050億円 ・短期証券:▲236億円
    =合計:+17785億円
   >対内証券投資
    ・株式:▲5198億円 ・中長期債:▲22976億円 ・短期証券:▲1485億円
    =合計:▲29658億円
*************************************
(8)新興国景気懸念…強いドルによる資金流出
 ※全体としての…☆サポート材料 ★懸念材料
 ☆中国経済指標堅調 ★★米トランプ大統領保護主義的通商政策 ☆石油価格安定


 【ブラジル】 <ブラジル中銀政策金利>:+6.50% (08/02:据置)
 【ロシア】 <中銀政策金利>:+7.25% (07/27:据置)
 【インド】 <中銀政策金利>:+6.50% (08/01:+0.25%↑)
**************************************
(9)仮想通貨対応
**************************************
【今週の新規投信設定】 火曜日に更新
>2018/9/25 ファンド名/投信会社
 ・システマティック・グローバル・マクロ戦略ファンド(投資一任サービス向け)/野村AM
 ・米国株式配当貴族・為替ヘッジあり型(投資一任サービス向け)/野村AM
 ・米国株式配当貴族・為替ヘッジなし型(投資一任サービス向け)/野村AM
 ・グローバル中小型バリュー株ファンド/楽天アセットマネジメント
 ・スタイル・リスク・プレミア戦略ファンド/楽天アセットマネジメント
 ・「みのりの投信(投資一任専用)/ポートフォリア
>2018/9/26 ファンド名/投信会社
 ・DC年金インデックス(国内株式)/三菱UFJ国際投信
 ・DC年金インデックス(先進国株式)/三菱UFJ国際投信
 ・DC年金インデックス(先進国債券)/三菱UFJ国際投信
 ・北欧小型株ファンド(為替ヘッジあり)/三菱UFJ国際投信
 ・北欧小型株ファンド(為替ヘッジなし)/三菱UFJ国際投信
 ・ターゲット・デート・ファンド(ベーシック)2060/フィデリティ投信
 ・ターゲット・デート・ファンド(アクティブ)2060/フィデリティ投信
 ・プルーデント・ファンド(米ドル売り円買い)/MFSインベストメントマネジメント
>2018/9/28 ファンド名/投信会社
 ・デンマーク・カバード債券ファンド2018-09(為替Hり)/ニッセイAM
 ・ゴールドマン・サックス社債/国際分散投資戦略ファンド2018-09/AMOne
 ・世界分散セレクト(Aコース)/アセットマネジメントOne
 ・世界分散セレクト(Bコース)/アセットマネジメントOne
 ・世界分散セレクト(Cコース)/アセットマネジメントOne
 ・日本中小型株式ファンド/りそなアセットマネジメント
**************************************
※随時受付中…
◎「受かるぞ!!FP」…2級・3級講座(個別指導&グループ指導):回数・費用はご相談
◎「受かるぞ!!証券外務員」…1種・2種(個別指導&グループ指導):回数・費用はご相談
◎「マーケット基礎知識」…初心者向け


 >>上記 お申込み・お問い合わせは…future1139blue@yahoo.ne.jp まで
 >>「ストリートアカデミー」 https://www.street-academy.com/steachers/62329
 でもお申込みいただけます!!(除 セミナー)
・日程・時間はいかようにもアレンジ可能です。おひとりでもグループ(割引あり)でもお受け
します!!
 ************
 ************
※加藤の夢…もう一度「東京フォーラム」でセミナーを!!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。