加藤肇の「前向き!!投信ゼミナール!!」

・「よくわからないまま」投信を利用してる方!!

・銀行での投信窓販解禁以来、16年!!
・お客様向けセミナー講師回数3500回超!!
・指導した販売担当者は10000人以上!!
・お客様目線から「やさしく」「大事なとこだけ」
 解説します!!

【思考回路:440】20181219

文責:☆彡緋色の龍[暁天雄飛] ☆彡440


<トランプ米大統領>
 ・FRBはまだ「更なる」ミスを犯してはいない。
 ・FRBは市場の空気を読め!!
 ・意味のない数字に振り回せれるな!!
 ↓  ↓  ↓
●トランプ米大統領によるけん制はさておき…株式相場がこれほど悪化
している状況でFOMCが利上げに踏み切れば極めて異例。
 ・19日に大方の予想通り利上げに動けば…現状のように厳しい市場環境
 での金融引締は1994年以来初めて。
 ・現時点でS&P500種株価指数は過去3カ月と半年および1年の
 全期間で下落。…こうした状況での利上げは80年以降の76回中2回のみ。
●S&P500種株価指数の構成銘柄の半数は弱気相場入り
 ・銀行や運輸などの業種が連日大幅下落
◎一部の主要経済データは堅調でタカ派の主張を支えている。


∴投資家は以下2点に注目
 ・最近の市場の波乱が米金融当局者の注意を引いている兆候は?
 ・金融や市場の安定に関してどのような判断が示されるか?


 <デービッド・ローゼンバーグ>
  :グラスキン・シェフ&アソシエーツチーフエコノミスト兼ストラテジスト
  ・「これは連邦準備制度にとって興味深いジレンマだ。」
  ・「金融市場はこれ以上は不要だと告げているが…経済データは追加
  引き締めが依然として適切であることを示唆している。」


 >1980年以降…
  ☆利上げはほぼ全て株式相場が浮揚している中で実施されてきた。
   ▽*S&P500種株価指数*:過去の引き締め時直前の平均
    ・3カ月=+4.1% ・半年=+6.9% ・1年=+11%
    ※例外…70年代
     ・米金融当局は年率7%上っていたインフレ対策のため市場の混乱
     を顧みず金利を引き上げ。
 >足元の経済情勢…70年代とは異なる。
    *消費者物価*:過去6年間にわたり+3%を下回る水準に留まる。
    *経済成長率*:+3.5%…景気過熱の定義には入れにくい。
   ※逆に…リセッション(景気後退)への言及が専門家のコメントに増加。


  <FRB報告書:12月>:金融安定面の懸念はあまり大きくないとの認識
   ⇔
  現状=米株式市場の時価総額は▲3兆ドル(約338兆円)となる相場急落
   ∴利上げ停止を求める声が増加。


  <ストラテジストの一部>
   ・「まだデータに反映されていないメッセージを株式市場が送っている
   可能性あり。」
    ★米中通商対立 ★BREXIT ★世界的な景気減速など
    →米経済を脅かす ∴過去3年間で8回の利上げで十分!!


 <FOMC>:19日に2日間の会合を終えて政策決定を発表。
  ・ブルームバーグ調査…エコノミスト89人中2人以外は利上げを予想。
                            (出所:ブルムバーグより加藤要約)


 >>:金融政策の独立か市場との対話か…パウエルに最初の試練が来た。
++++++++++++++++++++++++++++++++++
++++++++++++++++++++++++++++++++++
<加藤:講演予定>:仕事ください!!(笑)
☆来年01月 小田原でセミナー
☆来年2月 富山で大学時代の後輩女史の関係するセミナ-講師
☆来年3月 ビジネス教育出版「FP継続教育:金融資産運用」講師
☆来年4月            〃
++++++++++++++++++++++++++++++++++


☆今朝のリバイバル54 <いつかのメリークリスマス> 浜崎あゆみ


 https://www.youtube.com/watch?v=_LmlVJ4PajY
*************************************
 ・「天気晴朗なれど波高し!!」 は継続
 →貿易摩擦問題深刻化
 ・「高値に踊らず安値に怯まず」を忘れずに!!
 →最終的には「売ったらだめだよ!!買いだよ!!」
*************************************
【2019年第1回:前向き!!投信ゼミナール!!】 …鬼も聞きたい今後の市場
 @小田原14…2019年01月14日(月)…3連休最終日
  ・会場:おだわら市民交流センター UMECO
   ・〒250-0011 小田原市栄町一丁目1番27号(小田原駅東口駐車場1階)
   ・TEL:0465-24-6611
   ・最寄駅:小田原駅から徒歩約2分 http://umeco.info/use/access/
    <1>投資の窓口@小田原8…「ローソク足の見方(入門)」
    時間:13時~14時半
    <2>前向き!!投信ゼミナール!!@小田原14
    「現在の市場環境と投資信託動向」
    時間:15時~16時半
    ・受講料<1><2>各1,000円・両方受講は1,500円
    ・定員 <1><2>とも30名
 @新宿11…2019年03月02日(土) …予定
  ・会場:SOBIZGATES 2FA会議室(東京都新宿区新宿5-11-2 SOBLD)
   ・都営新宿線「新宿三丁目」駅&都営副都心線「新宿三丁目」駅より徒歩1分
   ・JR山手線「新宿」駅より徒歩5分
  ・定員:30名(参加費:1500円)
  ・時間:11:15-12:45
 @京都02…2019年03月03日(日) …予定…京都で聯足開催!!
  ・会場:〒6018003 京都府 京都市南区 東九条西山王町 16-5
   アーチウェイ HCビル 3階
   ・京都線 京都駅から徒歩3分
   ・近鉄京都線 京都駅から徒歩3分
   ・京都市営地下鉄烏丸線 京都駅から徒歩3分
   ※京都駅八条口から徒歩3分。アバンティの南となります。
   ※烏丸針小路通り南側です。
   ※1階に魚ゐ夷さん(飲食店)があるビルの5階です。
  ・定員:30名(参加費:1500円)
  ・時間:13:00-14:30


 >>:お申込み・お問合せは…mstb2021139@goo.jpまで
*************************************
*************************************
【注目】
●<習近平国家主席>:1978年改革開放40周年記念講話
 ・1978年の改革開始が中国にとってのターニングポイント
 ・覇権主義に断固反対。
 ・台湾の独立にも断固反対。
 ・中国は今や世界の中心に近づいている。
 ⇒「中華思想」「中国ファースト」はますます高まる!!
++++++++++++++++++++++++++++++++++
>ご参考
  ※加藤のハイソブ・トルコリラ
    ・購入価格:1195円 ・12/18(時価:1,445円:▲5円・評価 +250円 )
    ・分配金:08/17~:15日/月=5円(口数:837万口) (総計:5回:45円)
     ※2018/10/15より分配金5円(15円から減配)
    ☆新興国でもしっかりしてるものがあることがわかるでしょう(・・?
    ☆どこまで引っ張るかだな…
*************************************
【市場概況】:20181218


●東京株式市場●【大幅反落】
 *TOPIX*:終値=1562.51(前日比:▲31.69 ▲1.99%)
 *日経平均株価*:終値=2万1115円45銭 (前日比:▲391円43銭 ▲1.82%)
++++++++++++++++++++++++++++++++++++
 ●大幅反落。(▼TOPIX…年初来安値を更新。)
   ★米国の製造業や住宅指標の悪化…景気減速懸念強まる。
    *12月:NY連銀製造業景況指数*
      ・結果:10.9<市場予想(2017年5月以来の低水準)
    *12月:住宅市場指数*
      :全米ホームビルダー協会(NAHB)&ウェルズ・ファーゴ
      ・結果:56(3年ぶりの低水準)   
   ★中国株安…投資家心理悪化。
    <習近平国家主席>:改革開放40周年大会で演説
      ・「今後の政策について継続性を強調する以外ほとんど手掛かりを示さず。」
   ★為替相場の円高…業績圧迫要因と警戒。
    *ドル・円相場*:一時1ドル=112円47銭
      ⇔前日の日本株終値時点の113円48銭から約1円円高に振れた。


 <丸三証券:服部誠常務執行役員>:*B
  ・「18日から始まるFOMCでは来年以降の利上げ回数見通しが下方修正される
  ことがコンセンサスだ。」
  ・「米景気の減速で利上げペースが鈍化することがネガティブに捉えられている。」
  ・「米国の経済指標の悪化が景気減速懸念を高めるきっかけになった。」
  ・「米金融政策を見極めたいところで買いが入らない。」
   ※FOMCは19日に2日間の会合を終えて結果を発表。
 <岡三証券:山本信一シニアストラテジスト>:*B
  ・「足元の中国経済は弱い。」
  ・「習氏の演説を受けた中国株安が日本株にも影響した。」


 【チャート】 https://kabutan.jp/stock/chart?code=0000
  <移動平均線循環分析>:日経平均225
   >12/18
    ●長期(75日)>中期(75日)>短期(05日)
     ・【安定下降期】(大底圏)へ逆循環中
    ★12/04の大陰線は「大幅安」暗示が的中…
    ☆12/10のローソク足は微妙…「明けの明星」っぽくもある…
    ★12/18の「下方窓開け」は一段安の可能性示す
    !!20,000円割れから買い場探す用意を!!
  <騰落レシオ>:☆割安 ★割高 12/17
    ・6日:☆62.66 10日:☆48.86 15日:☆867.97 25日:☆74.53
    ※騰落レシオはすべて割安へ!!(反発力秘めるが…)


  <基本的スタンス>
    ☆基調(長期的)は「買い」に変更なし
    ★参加者の「気迷い」状態 は依然強い
     ▼「落ちるなら急落」は依然続く
      ※次のチックポイント:★1:20,000円⇒★2:18,750円
     ▽「切返すなら一段高」 の出現か(・・? …
    ☆下げたら買い変わらず (目処18850円)
    ◆まだまだトランプ相場の「トランポリン」は続くだろう… 当面乱高下!!
*************************************
>欧州株式18日終値
 ・英FT100  6701.59(▲71.65 ▲1.05%)
 ・独DAX  10740.89(▲31.31 ▲0.29%)
 ・仏CAC40 4754.08(▲45.79 ▲0.96%)
*************************************
◎NY株式市場概況◎【伸び悩む】
 ・ダウ平均   23675.64(+82.66 +0.35%)
 ・S&P500    2546.16(+0.22 +0.01%)
 ・ナスダック   6783.91(+30.18 +0.45%)
 ・CME日経平均先物 21055(大証終比:▲15 ▲0.07%)
+++++++++++++++++++++++++++++++++++
 ◎ダウ平均…一時300ドル超上昇。(大幅下落の昨日の反動)
 ⇔
 ●原油相場が急落
  ・株式市場はエネルギー株中心に急速に戻りが強まる。
   …一時マイナスに転じる場面も
  ※原油相場…世界経済への先行き不透明感が高まる
   …米国やロシアなど産油国が増産しており過剰供給が懸念されている。
 
 【恐怖指数】VIXスポット(NY時間:16:14)
  ・スポット  25.11(+3.48 +16.09%)>20.00(実際は30以下なら問題ない)
    *カッコ内は(前日比、前日比%)
  
 【チャート】 https://kabutan.jp/stock/chart?code=0800
  *NYダウ*
   >12/14
   ◎長期(75日)>中期(25日)>短期(05日)
    【安定下降期】(大底圏)へ循環
    ★12/04の大陰線…下げサインがいまだに光る
  
   ※上昇前の「腰抜け野郎」の振り落としの動きはこれからも何度も出てくる
    ※この乱高下はまだまだ続くだろう
    ※NYダウはもう一段調整するのでは(・・? …下値=21830目処 ★
  ◆「トランポリン」相場はまだまだ続く
**************************************
●NY外為市場概況● ■為替が一歩先に行く
++++++++++++++++++++++++++++++++++++
++++++++++++++++++++++++++++++++++++
 >現在値(ドル円):112.32円
     ※本日予想レンジ=112.00円⇔113.00円
     ※今週予想レンジ=112.00円⇔114.15円
 
 【チャート】 東京終了時
  >12/18:短期(05日)>中期(25日)>長期(75日)
  ★日々線が長期線をブレイク
  ★【下降変化期1】(上昇相場の終焉)へ再循環 !! …要経過観測
  …ドル円はしぶとい!!
  ※米国利上げは下支えながら更なる115円超のドル買いには新規材料必要
  ※市場のコンセンサス
    (1)企業決算堅調の変化注目
    (2)経済データに注目しつつ…トランプ政権による米国第一主義の行方を
     見極めるスタンス維持
    (3)「地政学的リスク」への懸念
    (4)「トランプリスク」
      ★現状「保護貿易主義」抬頭…中間選挙対策…対中国&欧州難航 
    (5)欧州・中東政局不安
   
   *豪ドル円*:習近平中国国家主席講話材料にならず
     現在値=80.80円
      ※本日予想レンジ=80.35円⇔81.40円
      ※今週予想レンジ=80.00円⇔82.25円
    [金融政策] :<豪中銀政策金利>:+1.50% 【据置】12/04
************************************
★各国中銀★
<ハンガリー中銀:政策金利>:+0.90%【据置】(予想通り)
************************************
【現在の懸念材料】
(1)米国動向
 ■トランプ政権
 ■貿易問題
  <ムニューシン米財務長官>
   ・1月に米中が協議する予定。
   ・大統領が表明した中間層向け減税は19年の優先課題ではない。
 ■金融政策
  <政策金利(FF金利誘導目標)>:+2.00⇔+2.25% (18/11/08)【据置】


++++++++++++++++++++++++++++++++++
 ■経済指標
  *米国証券投資(10月)*:結果:313憶ドル>9月:308憶ドル
************************************
(2)中国動向
 ■市場動向
 ■貿易問題
 ■市場対策 ☆☆やると決めたら中国はやる!!☆☆(反対勢力なし!!)
 ■金融政策
 ■不良債権問題
 ■経済指標
*************************************
(3)地政学的リスク(IS国のテロ「拡散」 ・北朝鮮の自爆・中東緊張)
*************************************
(4)石米油価格動向 >12月18日
  ●NY原油先物01月限(WTI)(終値)●:1バレル=46.60(▲3.60 ▲7.17%)


   ★<習近平・中国国家主席>:改革開放40周年大会で演説
    ・米国など他国の圧力に対抗する姿勢を示す
    …米中貿易戦争の長期化連想。
   ★原油価格下げの中…米国のシェールオイル生産が拡大する見通し


   >>40~50/バレル台で動いて入れば騒ぐ必要ない!!(どうせ談合市場だ)
   ※サウジアラビアの財政がかなり悪いことから$60/バレル台以上容認か?
   ※どこかで調整が入る(★米シェールの増産注意)
*************************************
(5)欧州動向 (含 欧州金融不安…消えては浮かぶタイマー付爆弾)
 ■主要国動向
 ■要人発言
 ■貿易問題
 ■金融政策
 ■政情不安
 ■金融・財政不安
  <イタリア財務省筋>
   ・イタリア政府とEUが2019年の予算案で合意。
   ・明日正式発表へ。



  *ユーロ圏10年国債利回り格差*:(対独国債)
   ・独:0.234% 
   ・仏:0.705%(+47↑) ・伊:2.943%(+271↑) ・西:1.378%(+114)
 ■BREXIT
 ■経済指標
  *独IFо景況感:12月*
   ・結果:101.1<予想:101.7(11月:102.0)
    ★世界的な成長鈍化見通し…景況感予想以上に悪化
  <独IFоエコノミスト>
    ・不透明感が一層増している。(特にBREXIT)
    ・輸出期待は2016年以来の低水準
    ・個人消費は所得や雇用の増加を背景に上向く可能性
************************************
(6)英国動向
 ■要人発言
 ■金融政策:2018/11/01【据置】
  <政策金利>:+0.75% (08/02:+0.25%引上げ)…9対0で決定。
  <資産買入枠>:4350億ポンド(08/02:据置)…9対0で決定。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++
 ■BREXIT
  <メイ首相>:来年の議会採決に向けてEUとの交渉を継続。
 ■経済指標
************************************* 
(7)国内動向
 ■要人発言
 ■金融政策 (日銀政策金利:▲0.1%)【据置】 18/09/19  
+++++++++++++++++++++++++++++++++++
  <ETF購入> ※日銀のETF保有時価は21兆円を超えている!!
    >2018年12月実績 12/18
    ・従来型ETF=703億円(12月購入06回・総額4218億円)
     ・設備・人材投資企業支援関連ETF=12億円購入
      (12月購入11回=計132億円)
     ・J-REIT=12億円(12月購入02回=24億円)
  ■経済指標
*************************************
(8)新興国景気懸念…強いドルによる資金流出
 ※全体としての…☆サポート材料 ★懸念材料
 ☆中国経済指標堅調 ★★米トランプ大統領保護主義的通商政策 ☆石油価格安定


 【ブラジル】 <ブラジル中銀政策金利>:+6.50% (11/01:据置)
 【ロシア】 <中銀政策金利>:+7.25% (10/26:据置)
 【インド】 <中銀政策金利>:+6.50% (12/05:据置)
*************************************
(9)仮想通貨対応
**************************************
【今週の新規投信設定】 火曜日に更新
**************************************
※随時受付中…
◎「受かるぞ!!FP」…2級・3級講座(個別指導&グループ指導):回数・費用はご相談
◎「受かるぞ!!証券外務員」…1種・2種(個別指導&グループ指導):回数・費用はご相談
◎「マーケット基礎知識」…初心者向け


 >>上記 お申込み・お問い合わせは…future1139blue@yahoo.ne.jp まで
 >>「ストリートアカデミー」 https://www.street-academy.com/steachers/62329
 でもお申込みいただけます!!(除 セミナー)
・日程・時間はいかようにもアレンジ可能です。おひとりでもグループ(割引あり)でもお受け
します!!
 ************
 ************
※加藤の夢…もう一度「東京フォーラム」でセミナーを!!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。