加藤肇の「前向き!!投信ゼミナール!!」

・「よくわからないまま」投信を利用してる方!!

・銀行での投信窓販解禁以来、16年!!
・お客様向けセミナー講師回数3500回超!!
・指導した販売担当者は10000人以上!!
・お客様目線から「やさしく」「大事なとこだけ」
 解説します!!

【20160624のマーケットから】欧州分裂!?

□■前向き!!投信ゼミナール!!■□第233号

**日記**
>6月24日
・一日、英国の国民投票の行方を追う。
・あまりに乱高下に、途中から嫌気がさしていた。
・そして…「離脱」が決まった。

**英国のEU離脱**

・EUもユーロも米国主導から「黄昏の欧州」が抜け出す「壮大な実験」だった。
・実験には失敗がつきものだろう。
・そして実験である限り、そのデータを基により良いものを創るという志は貫かれなければならない。
・僅か2000万人弱の英国人のために「試験管」に入ったヒビをそのままにしてはいけない。
・そのヒビは英国の「若い世代」と「学びたい世代」の夢を奪うものだからだ。
・今回の投票(法的拘束力はない)は極めて「情緒的」なもので動いたと僕は思う。
・これからの2年間…欧州と世界はその「時代逆行」に挑む。

・ネットでは「安倍の予想が当たった!!」「やっぱり野党はだめだ!!」と理解不能の言葉が躍る…
・参議院選への政治利用が見え見えだ…この件の前に「アベノミクス」自体が崩壊していたのだから…

******************************
******************************
※ご注意ください!! 
・本ブログの情報は…
・信頼できると判断した資料や私の経験をもとに提供させていただいておりますが、
・今後の投資成果を保証するものではありません。
・「投資」にあたっては「自己判断」「自己責任」で行っていただくようお願い致します。 
・*Bはブルンバーグから*nは日経電子版から*Rはロイターからの引用コメントです
*****************************
*****************************

★懸念要因動向★
●米国利上げ…慎重論台頭
●原油価格…北海油田影響注意
●中国景気…成長率鈍化は明らか…人民元売り止まらず…今後の「売り」要因として注
--------------
●英国EU離脱…現実に…各国中央銀行の協調注目
●日銀追加緩和…英国ショック対応の必要性高まる

<昨日のマーケットから>
>>:僕も「残留」だと思っていた。

>>:ただ、去年の11月から「弱気」「慎重」に転向していたため、ポジュションは軽かったが…
★ちなみにあの15500は欲を出したため、前場終了時に「投げた」…

■エリオットの波■:日経平均(月足)では…「下げの鼓動」最後の調整波にある。
■移動平均線循環理論■日経平均(日足)では…「大底圏」へ逆循環

>>:結局、この2つのチャートが「離脱」を予測していた…と言える

>>:「今年はギリシャでなく英国が波乱を呼ぶ」…申し上げた記憶があるが本気度は薄かった…
>>:あらためてチャートの奥深さを知った一日だった。
>>:チャートは人間の心理を知らず知らずのうちに織り込んでいくのだ…

>昨日のマーケットから
*国内株式市場*…急反落
・日経平均 14952.02(▲1286.33 ▲7.92%):騰落レシオ83.5%・25日移動平均乖離率▲9.6%(割安)
・TOPIX   1204.48(▲  94.23 ▲7.26%)
・東証マザーズ    890.67(▲83.07 ▲8.58%)
・東証REIT指数  1732.29(▲86.28 ▲4.72%):利回り3.65%(リスクプレミアム=3.845%) ☆☆☆

※日経平均:日中変動幅1525.16円…2000年4月17日の1737円63銭に次ぐ変動幅

<内藤証券投資調査部:浅井陽造部長>:*B
・「一段安の場面で…投げ売りが相次いだ。」
・「指し値での買い注文が入っていないのを見て、下げが拡大した格好。」
<三井住友アセットマネジメント:市川雅浩シニアストラテジスト>:*B
・「数日でEU残留シナリオが盛り返した反動もあるが…これほど大きく下げるとは思わなかった。」
・「金融市場全てがリスク回避の方向にシフトし…日本株も、直近の楽観見通しで買った向きの投げとファンド勢などの売り仕掛けが殺到した。」
>>:まあ、呆然とした頭では実況中継が精いっぱいってとこか…

<三菱UFJ国際投信・戦略運用部:石金淳チーフストラテジスト>:*B
・「金融の世界に身を置く立場からすると…英国のEU離脱はまさに想定外。」★
・「直近の調査などで残留期待が高まっていたため…余計にマーケットが荒れた。」
・「当面の日本株は…主要中央銀行による流動性供給や主要国(G7)の協調で一時的に戻す場面があっても…市場心理の冷え込みによって慎重なポジション運営が続き、上値は相当重い。」

>>:★「理屈」でなく「情緒」で動いた2000万人弱の英国民が世界を震撼させた
…次第に自分たちが震撼する番になるのだが…

**欧州株式24日終値**
・英FT100  6138.69(-199.41 -3.15%)…ポンド安で「輸出株」買われる
・独DAX  9557.16(-699.87 -6.82%)
・仏CAC40  4106.73(-359.17 -8.04%)

<バンクハウス・ランプ:ストラテジスト;ラルフ・ツィマーマン>:*B
・「歴史的な出来事だ。未知の領域に踏み込みつつある。」
・「向こう数日は大きなボラティリティを見込んでいる。」
・「銀行が最も打撃を受けるだろう。」
・「英国経済への打撃の度合いや欧州他国が後に続くかどうかなど…長期にわたって不安定な局面にある。」

**NY外為市場**
*日本円*:急騰
>アジア時間
・一時:99.02円(2013年11月以来初めて1ドル=100円超え)
・主要31通貨全てに対して値上がり

※今年に入ってからの円上昇=日銀による過去最大規模の量的緩和の効果の多くが消える恐れ
∴投資家&アナリスト
・「1ドル=100円を超えて円高が進んだ場合…日本の当局に円売り介入の圧力がかかる。」
<日銀:黒田東彦総裁>
・「流動性の供給に万全を期すことを通じて金融市場の安定確保に努めていく。」☆
>>:☆各国中銀の用意はできている(スイス中銀為替介入実施)

<みずほ銀行:シニアエコノミスト;ビシュヌ・バラサン>:*B
・「ひどい混乱状態になっている。」
・「唯一確実なのは円・米国債・金を買って…じっと静観することだ。」
>>:短期的にはこうなるだろう。

*NY株式市** :急落
NY株式24日(NY時間16:25)
・ダウ平均   17399.86(-611.21 -3.39%)
・S&P500    2037.30(-76.02 -3.60%)…年初来上昇分失う
・ナスダック   4707.98(-202.06 -4.12%)
・CME日経平均先物 15245(大証終比:+295 +1.93%)

■銀行など金融株が下げをリードする格好。
▼安全資産への逃避…国債市場に資金流入…利回り急低下嫌気
▼金融機関の英国からの離脱も想定

※恐怖指数:VIXスポット(NY時間:16:26)
・スポット  24.83(+7.58 +43.9%) *カッコ内は(前日比、前日比%)

<ポイント72アセット・マネジメント:チーフエコノミスト;ディーン・マキ>:*B
・「市場参加者が懸念するのも無理はない。」
・「これはまさにリスク回避の出来事だ。」
・「この結果…成長が弱くなる可能性が高く、市場がそれに反応しているのは当然だ。」
・「輸出は弱くなる可能性が高く、企業業績は輸出の関数の一つだ。」
・「米輸出企業は再びドル高への対応を迫られるだろう。」

>>:僕のセミナーや勉強会にご参加いただいた方はご記憶にあるだろう…
>>:「世界は協調する」のだ。同時多発テロもユーロ危機もリーマンショックも世界経済は各国の協調のもと切返してきた。今回の「不幸な」出来事には…すでに中央銀行が動き出している。
>>:昨年年末から待ちに待った「買い場」が近づいているのだけは確かだろう。
>>:前向きの心を忘れないように!!

■エリオットの波■は日経平均(月足)では…「下げの鼓動」最後の調整波にある。
■エリオットの波■:加藤のチャート利用法
※mixiコミュ:「SCMTBはじめくん」に掲載!!
******************************
******************************
※こんな時だからこそ…確認しておこう…振り落とされないために…しっかりつかまっているために…

<偉大な先達「山崎和邦」氏(元野村證券支店長:現武蔵野大学大学院教授)の見通し…>
<日経平均は二番底をつけたか?>
(1)2011年1月安値から2015年6月高値(20952円)までの上げ幅の半値押し
…2016年02月12日(一番底)14865円
(2)一番底からの半値戻し…2016年4月21日17381円…この後、少し上げて下げへ
(3)1990年代以降…一番底→二番底の平均日数=54日…5月18日!!16513円…
(4)つまり、今年のセルインメイはすでに通過したことになる…
(5)これは二番底なのか?
(6)山崎師は「中間反騰に過ぎず」と切り捨てる。 ☆☆☆
(7)ここからは師の経験に基づくものだが…「大相場=日経平均が2~2.5倍になる相場(アベノミクスを含め過去50年で5回)には大天井から4月21日までの日数が11カ月と短すぎる」と言う。
(8)そして…師は更に2016年が二黒の年であり、過去「9」(2+0+1+6=9)に係わった年は非常に強い何か(よくも悪くも)を生み出す…としている…
(9)二番底がまだついていない…とすれば…当面続くと思われる上げは「売り場」ということになるが…

<加藤の予測>
【当面見通し&方針:1511末時点】 (追加(6)・…訂正(4)&(3)…3回目)
(1)年初急落…持ち直しは年央以降…年末急伸
(2)日経平均は14000円(ちょい割れあり)から22000円
(3)ドル円は106円(ちょい割れあり)から125円(リスクは円高に)…160408
  訂正前:ドル円は110円(ちょい割れあり)から125円(リスクは円高に)
  訂正前:ドル円は113円(ちょい割れあり)から125円 (年央までなら120円)
  ★03月01日の時点で円高目処を112.30円→111.50円→110.90円 と算出…突破!!
  ★04月08日の時点で円高目処を108.00円→106.50円→105.20円と算出…突破 !!
  ★06月17日の時点で円高目処を103.44円→103.06円→102.27円と算出…突破!!
  ※現在の水準102.35円(06月25日朝)で日中予測レンジは上値-円・下値-円
  ★為替は苦手だぁ!!
(4)反発のきっかけは「インフラ公共投資」の推進を相場が認めること (金融政策ではない!!)
  英国EU離脱によるマイナスを埋めるためにも早急な発動必要
  訂正前:「中国」の「本格的財政」出動を相場が認めること
(5)新興国関係は「腹を決めて」金利を取るに徹する(投信で言えば基準価額が20%下がったら
買い下がる)
(6)買い下がったもので利益が出たものは10%毎に利食い
******************************

**お知らせ**
<セミナー>
>7月10日(日) 13:30‐15:00 
・会場:小田原(おだわら市民交流センターUMECO…前回と同じです
・小田原FP事務所さんのご協力をいただいています
・小田原駅から徒歩1分)
・定員:20名(参加費:1000円…リピーター・ペア割引あり)

>7月30日(土) 17:00-18:30
・会場:日本カルチャー協会 東村山教室:Studio Avanti(スタジオ・アヴァンティ) 
・住所:東京都東村山市本町 2-21-3
・電話番号:042-397-1475
・体験講座として実施(体験講座料 500円)
・今後の定期的開催を予定しております(曜日・時間は再度見直し予定)

>5月28日 から開講しております。
・新入銀行員のためのマーケット知識基礎講座
…「ストリートアカデミー」 https://www.street-academy.com/steachers/62329
・日程・時間はいかようにもアレンジ可能です。おひとりでもグループ(割引あり)でもお受けします!!


※上記、お問い合わせは…mstb2021139@goo.jpまで

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。