加藤肇の「前向き!!投信ゼミナール!!」

・「よくわからないまま」投信を利用してる方!!

・銀行での投信窓販解禁以来、16年!!
・お客様向けセミナー講師回数3500回超!!
・指導した販売担当者は10000人以上!!
・お客様目線から「やさしく」「大事なとこだけ」
 解説します!!

【思考回路:132】20170810

:☆彡緋色の龍[暁天雄飛] ☆彡132


・昨日(8月9日)は「ハグの日」・「野球の日」だったようです。(笑)


・ちょっと諸事情でアップ遅れました。
・ごめんなさい。
***************************************
【注目】
 【北朝鮮】
  <NYタイムズ>
   ★北朝鮮に対するトランプ大統領の「炎と怒り」発言
    …その前にアドバイザーらが調整していたわけではない
    …ケリー大統領主席補佐官も不意を突かれたのが現実
    …北朝鮮には弾道ミサイル(ICBM)に搭載可能な小型核兵器を開発する能力がある
    とするワシントン・ポストの報道→大統領は好戦的なムードに


 <北朝鮮ウオッチャーの見方>
  ●米国は局地的攻撃を試せないのか?


  ★局地的攻撃は恐らく十分な効果を得られないだろう。
   ▼北朝鮮のミサイル・核施設は山間部に分散し隠されている。
   ▼一挙に全ての施設を破壊できなければ通常兵器ないし核ミサイルでの反撃を招く。
   ▼生命の危険にさらされる地域
    ・ソウルや東京都市圏といった人口密集地域
    ・北東アジアの数万人規模の米軍
   ▼米国が全施設の壊滅に成功したとしても…ソウルが砲撃を受ける可能性


 ⇒結論として「トランプは言ううだけだ」となるだろう…


  <マティス米国防長官>
   ・北朝鮮に関しては外交手段を使用したい。
   ・もちろん軍事オプションも我々にはある。
**************************************
**************************************
【8日のNY】
 ■NY株式市場■:地政学リスクへの警戒感広がる
  ・ダウ平均:22085.34 ▲33.08
  ・ナスダック:6370.46 ▲13.31
   ☆>序盤…主要小売決算好感→ハイテク大手を中心に上昇する展開
   ★<トランプ大統領>:核交渉を拒否した北朝鮮に対して厳しい姿勢示す
  →地政学リスクへの警戒感が高まる⇒引けにかけて再び下落に転じる


 ■NY為替市場■:地政学的リスク増大警戒…ドル反落
  *ドル・円*:1ドル=110円25銭から110円83銭まで上昇し…110円35銭で引け。
   ☆米国の6月JOLT求人件数(過去最高)>予想
    …年内の追加利上げ観測が強まる→米債利回り上昇⇒ドル買い加速
   ★3年債入札結果不調+北朝鮮問題の深刻化
    …米債利回り伸び悩み⇒ドル売り優勢に
  *ユーロ・ドル*:1ユーロ=1.1818ドルから1.1715ドルまで下落し…1.1754ドルで引け
   ★欧米金利差の拡大観測を受けたユーロ売り・ドル買いが再燃
  *ユーロ・円*:1ユーロ=130円43銭から129円60銭へ下落。
   ★北朝鮮問題の深刻化を嫌気したリスク回避の円買いが優勢に
  *ポンド・ドル*:1ポンド=1.3029ドルから1.2953ドルまで下落
  *ドル・スイス*:1ドル=0.9710フランから0.9773フランへ上昇(フラン下落)


 ■NY原油市場■:需要減少時期を迎えて在庫増加に対する警戒感
  *NYMEX原油9月限終値:49.17  ▲0.22
   ★ドライブシーズンで需要増が見込める夏季を過ぎると在庫増加の可能性が高まる
   
   >7日~8日
   ※OPEC加盟国と非加盟国会合
    …2018年3月まで実施予定の協調減産を順守を協議
    →減産が遅れている国に改善促す
    ・OPECが需要減を迎える時期にさらなる減産で対応しない場合…
    供給超過の状態を解消することは難しくなるとの声も
***************************************
【市場概況】:20170809
 ●国内株式市場●:【続落】
  *TOPIX*:終値=1617.90(前日▲17.42 ▲1.10%)
  *日経平均株価*:終値=1万9738円71銭
                (前日比▲257円30銭 ▲1.30%)
   ※両指数の下落率
    …ともに米国トランプ政権のロシア関連疑惑が強まった5月18日以来の大きさ。
  
   ●日経平均…午後に先物主導で一時300円以上の下げ
    ★北朝鮮を巡る地政学リスクからボラティリティー(変動性)指標上昇
    ★相場の波乱リスクや為替の円高推移


   <りそな銀行:戸田浩司チーフ・ファンド・マネジャー>
    ★この時期…決算発表が峠を越えて買い材料が乏しくなり…思惑で動きやすい
     ▼好決算を発表しても利益確定売りに押される銘柄が目立つ
    ⇒投資家は様子見ムードに…
    ★夏季休暇入り…好材料に対しての買いが止まる中で悪材料にのみ反応
    ⇒結果的に値幅が大きくなった


   【チャート】   https://kabutan.jp/stock/chart?code=0000
   ※移動平均線循環分析
   *日経平均:中期>短期>長期…続落…大陰線
     ★下降トレンドへの【移行期】 へ
     ★中期線>長期線の上向き「帯」幅縮小へ
     ☆下げたら買い (目処18850円)
     ※秋に向けての一段高が視界に
     ※日経平均は年末2万円割れで終わる!! は変えず
     ★トランプ政権不安定化懸念でまだまだ高値波乱の様相も…
     ◆まだまだトランプ相場の「トランポリン」は続くだろう…
**************************************
●NY株式市場概況●【続落】
 ・ダウ平均   22048.70(▲36.64 ▲0.17%)
 ・S&P500    2474.02(▲0.90 ▲0.04%)
 ・ナスダック   6352.33(▲18.13 ▲0.28%)
 ・CME日経平均先物 19765(大証終比:+35 +0.18%)


  ●利益確定売り
   ★北朝鮮への警戒感強まる→株式市場もリスク回避の雰囲気強まる。
   ★トランプ大統領…「米国を脅かせば炎と怒りに直面」と北朝鮮をけん制
   ★北朝鮮側…「グアムへのミサイル攻撃を検討」と応酬


   ※舌戦の範囲…夏休みで市場参加者も少なく手掛かり材料に乏しい中で
 、事態がエスカレートした場合のリスクを市場も意識
  
  ●ダウ平均…一時2万2000ドルを割込むも…押し目買いも出てその水準は維持


  【チャート】 https://kabutan.jp/stock/chart?code=0800
    ★NYダウは「短期」>「中期」>「長期」…【天井圏】
    ☆日々線が短期銭に絡みついてあげる強い動き続く
    ※移動平均線との乖離が大きくなったところでの調整
    ◆「トランポリン」相場はまだまだ続く
**************************************
●NY外為市場概況● ■為替が一歩先に行く
 *ドル・円*:1ドル=109円56銭まで下落後…110円17銭まで反発し109円80銭で引け。
  ★米国と北朝鮮の関係緊迫化…リスク回避のドル売り・円買いが強まる
  ☆予想を上回った米国経済指標を受けドル買い再燃
  ⇒地政学的リスクへの懸念が根強く…上昇は限定的
 *ユーロ・ドル*:1ユーロ=1.1689ドルまで下落後…1.1762まで反発し1.1755ドで引け。
  ★ユーロクロス絡みの売りが優勢に
 *ユーロ・円*:1ユーロ=128円44銭へ下落後…129円33銭へ反発
 *ポンド・ドル*:1ポンド=1.2970ドルへ下落後…1.3011ドルまで反発
 *ドル・スイス*:1ドル=0.9613フランから0.9672フランへ上昇。


 [経済指標:米国
  ・4~6月期非農業部門労働生産性速報値:前期比年率
   結果:+0.9%>予想:+0.7%・1~3月期:+0.1%←0.0%
  ・4~6月期単位労働コスト速報値:前期比年率
   結果:+0.6%<予想:+1.1%・1~3月期:+5.4%←+2.2%
  ・6月卸売在庫改定値:前月比+0.7%>予想:+0.6%・速報値:+0.6%
  ・6月卸売売上高:前月比+0.7%>予想:0.0%・5月:▲0.1%←-0.5%


 【チャート】  https://kabutan.jp/stock/chart?code=0950
  ・中期(25日)>長期(75日)>短期(05日)
   ★【下降トレンド】
   ★長期線⇔中期線の「帯」反転…突発的円高発生(読み通り)
   ★上記「帯」再反転(長期>中期)近い…短期の反発待って円高へ?
    >現在値:110.10円:本日予想レンジ=109.40円⇔110.50円
                    今週予想レンジ=108.65円⇔112.35円
     ※米国利上げは下支えながら更なる115円超のドル買いには新規材料必要
     ※市場のコンセンサス
     …企業決算堅調も下支え材料に
     …経済データに注目しつつ…トランプ政権による税制改革などの行方を
      見極めるは維持も
     …「地政学的リスク」への懸念依然残る
     …「トランプリスク」も加わった
    ★「トランポリン相場」は続くだろう。
    
   *豪ドル円*:
    >現在値=86.95円:本日予想レンジ=86.40円⇔87.50円
                   …今週予想レンジ=86.40円⇔88.90円
  [経済指標]
  *Westpac消費者信頼感指数(8月)*:前月比
   ・結果:▲1.2%<前回+0.4%
          
【各国金融政策】
 【NZ】中銀政策金利(10日6:00):結果+1.75%【据置】=予想
 <中銀精米>
  ・政策は相当な期間緩和的。
  ・不確実性が多く残る…政策は調整必要な可能性。
  ・19年第1四半期にインフレ率は2%達すると予想
  …従来の19年第2四半期から前倒し。
  …インフレ率は18年第1四半期に0.7%に鈍化予想。
****************
****************
 【現在の懸念材料】
(1)米国動向
 <ブラード・セントルイス連銀総裁>
  ・インフレが年内に上昇するとさほど楽観していない。
   …インフレが弱く予防的に行動する必要はない。(株には+・ドルに▲)
   …金利を現行水準で維持したままデータ分析も可能。
   …FOMCは下向きのインフレに驚いている。
  ・欧州の景気回復でドル安は妥当。
  ・景気後退の兆しはないが…何があるか分からない。
  ・米経済成長…今後数年は2%前後で推移する可能性。
 <エバンス・シカゴ連銀総裁>
  ・バランスシート縮小が金融環境に大きく影響する可能性低い
  ・最近の弱いインフレは見通しに疑問を生じさせる。
  ・賃金鈍化は労働市場が更に拡大する余地を残す。
  ・インフレは2%から高過ぎるよりも低過ぎるほうが負担は大きい。


(2)中国動向
 ☆彡1:稼働中「国家戦略」
   「国有企業改革」・「供給サイド改革」
 ☆彡2:国家戦略繰上げ見込み
   「軍民融合発展」…軍事技術の民生利用と民間技術の軍事転用を計る


       
 [経済指標]
  *消費者物価指数(7月)*:前年比
   ・結果+1.4%<予想+1.5%・前回+1.5%
  *生産者物価指数(7月)*:前年比
   ・結果+5.5%<予想+5.6%・前回+5.5%
  
(3)石米油価格動向… 【小反落】
 >08月07日
   :NY原油先物9月限(WTI)(終値)=49.39(▲0.19 ▲0.38%)


   ★リビアの生産量回復
    …OPECを中心とした協調減産の効果が削がれるとの警戒感抬頭
   ★今週7~8日:OPEC加盟国⇔非加盟国の専門家会合(@アブダビ首長国)
    …減産遵守率の向上が目的の会合←追加的な施策にはつながらない見通し。


    *EIA週間石油在庫統計*:バレル・前週比(在庫総量)
     ・原油▲645.1万(4億7544万)・ガソリン+342.4万(2億3110万)
     ・ 留出油 ▲172.9万(1億4769万)
     (クッシング地区)・原油+56.9万(5637万)
 *()は在庫総量
  
  >>:$40~50/バレル台で動いて入れば騒ぐ必要ない!! (どうせ談合市場だ)


(4)欧州動向 (含 欧州金融不安…消えては浮かぶタイマー付爆弾)
  
 [経済指標]


(5)BREXIT


 [経済指標]
  
(6)日銀緩和政策
  <ETF購入>:8月09日
   ・従来型ETF=733億円(8月購入3回・総額2932億円)
   ・設備・人材投資企業支援関連ETF=12億円購入
   (8月購入07回=計84億円)
   ・J-REIT=12億円(8月購入1回=12億円)


  [経済指標]
             
(7)新興国景気懸念…強いドルによる資金流出
  ※全体としての…☆サポート材料 ★懸念材料
  ☆中国経済指標堅調 ★★米トランプ大統領保護主義的通商政策 ☆石油価格安定


 >4日
  【ブラジル】
   ☆テメル大統領の汚職裁判…下院の投票結果で裁判回避→構造改革進展期待
  【ロシア】
   ★欧州連合(EU)…対ロシア経済制裁を追加
   ★米国との関係悪化懸念が高まる
***************************************
(8)地政学的リスク(IS国のテロ「拡散」 ・北朝鮮の自爆)
 <英外務省>:北朝鮮の行動は不安を呼び非合法的なもの
 <独政府>:北朝鮮の軍事的な威嚇に警告する
 <ティラーソン米国務長官>
  ☆北朝鮮からの差し迫った脅威はみられない
 <韓国:国営機関・大韓貿易投資振興公社>:7月下旬に発表したレポート
  ★昨年の北朝鮮の対中貿易は全体の92.5%を占める
  …過去最高で(3年連続90%台の高水準)⇒中国は「やっている」のだ…


 ●北朝鮮に対して現在どのような選択肢が残っているか?
  <ミドルベリー国際大学院::ジェフリー・ルイス*>
   *東アジア核不拡散プログラムディレクター
   ☆現在目指す価値のある目標
    ・北朝鮮が熱核反応兵器ないしさらに高度の固体燃料ミサイルの完成を阻止すること
   ☆(受け入れにくいかもしれないが)
    ・北朝鮮に見返りをちらつかせて交渉のテーブルに就ける必要がある
    …北朝鮮を念頭に置いた米国主導の軍事演習の規模を縮小すること
  <ソウル:延世大学:ジョン・デラリー准教授>
   ★国民・議会・北朝鮮と議論すべきなのは戦争のシナリオに関する空想事ではない
   ★北朝鮮に何を提示できるかという問題だ
   ★現実的な選択肢は事態進展の速度を落とすという外交的選択肢だ
    …これには多くの協議が必要になろう
  >>:結局…金正恩の作戦勝ちなのか…?
**************************************
 【今週の新規設定】火曜日版に掲載
 >2017/8/7 ファンド名/投信会社
 ・8資産アロケーション・ファンド/大和アセットマネジメント
 ・ロシア・ボンド・オープン(毎月決算型)/大和アセットマネジメント
 ・ボンド・オープン(年1回決算型)/大和アセットマネジメント


 >2017/8/10 ファンド名/投信会社


 ・オーストラリア好利回りバランス・ファンド(為替ヘッジあり)/明治安田AM
 ・オーストラリア好利回りバランス・ファンド(為替ヘッジなし)/明治安田AM
 ・オーストラリア好利回りバランス・ファンド(毎月決算型)/明治安田アセットマネジメント


**************************************
**************************************
【次回セミナー】 確定しました!!
◎新宿  
 >10月14日(土)確定
 ・会場:SOBIZGATES2階A会議室 …前回と同じです
 ・住所:東京都新宿区新宿5-11-2 SOBLD
 http://www.kaigi-room.com/build/access/c001346.php
 ・定員35名
  ・参加料:お一人様1,500円


◎大阪
  >10月21日(土)確定
  ・13時から14時半 「前向き!!投信ゼミナール!!@大阪3」
  ・会場:NSE貸会議室B(大阪府大阪市北区西天満2-6-8 堂島ビルヂング1F)
  …前回と同じです
  …淀屋橋駅 徒歩3分(大阪市営地下鉄御堂筋線・京阪本線)
…大江橋駅 徒歩1分(京阪中之島線)・北新地駅 徒歩5分(JR東西線)
  ・定員35名
  ・参加料:お一人様1,500円


◎小田原
  >10月22日(日)
  (1)11:00‐12:30 ★投資の窓口4(アセットアロケーション)…始めるならここから!! 
  (2)14:20-15:50 ★前向き!!投信ゼミナール!!@小田原11
  ・会場:小田原(おだわら市民交流センターUMECO…前回と同じです
  ・共催:(社)神奈川県ファイナンシャルプランナー連合会(小田原支部)
  ・定員:(1)15名(2)30名
  ・参加料:(1)・(2)とも…お一人様1,000円((1)・(2)両方参加の方は両方で1,500円)
  ※小田原は会場が公共施設で参加料に上限が設定されています


>>:お申込みは…mstb2021139@goo.jpまで


※随時受付中…
◎「受かるぞ!!FP」…2級・3級講座(個別指導&グループ指導):回数・費用はご相談
◎「受かるぞ!!証券外務員」…1種・2種(個別指導&グループ指導):回数・費用はご相談
◎「マーケット基礎知識」…初心者向け


 >>上記 お申込み・お問い合わせは…future1139blue@yahoo.ne.jp まで
 >>「ストリートアカデミー」 https://www.street-academy.com/steachers/62329
 でもお申込みいただけます!!(除 セミナー)
・日程・時間はいかようにもアレンジ可能です。おひとりでもグループ(割引あり)でもお
受けします!!
 ************
 ************
※加藤の夢…もう一度「東京フォーラム」でセミナーを!!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。