加藤肇の「前向き!!投信ゼミナール!!」

・「よくわからないまま」投信を利用してる方!!

・銀行での投信窓販解禁以来、16年!!
・お客様向けセミナー講師回数3500回超!!
・指導した販売担当者は10000人以上!!
・お客様目線から「やさしく」「大事なとこだけ」
 解説します!!

【思考回路:262】20180313

文責:☆彡緋色の龍[暁天雄飛] ☆彡262


 ・「売ったらダメだよ、買いだよ!!」
 ・「高値に踊らず!! 安値にひるまず!!」


 ・今日はホワイトデー…ここが男性上司の度量のみせどころ…?(笑)
****************************************
【2018年第2回:前向き!!投信ゼミナール!!】 開催確定
 ◎新宿が5月19日・大阪は5月20日・小田原が6月3日。
****************************************
****************************************
【注目】
 【G20】:03/19~20日(ブエノスアイレス)
  ◎為替レートに関して
    ・力強いファンダメンタルズと健全な政策・柔軟性のある通貨制度が
    為替レートの安定に不可欠との新たな文言を追加
  ◎貿易問題に関して
    ・不公正な貿易慣行との闘いを表明
    ・保護主義など昨年ハンブルクで開かれたG20首脳会議の結論を改めて表明
    ⇒ルールに基づく貿易制度の重要な役割を強調。
 【OECD】:経済見通し…2018&19年成長見通し引き上げ
    ・2018年GDP見通し…+3.9%に引き上げ(11月時点+3.7%)
    ・2019年GDP見通し…+3.9%に引き上げ(11月時点+3.6%)
     ★貿易の保護主義が見通しにとってカギとなるリスク
     ☆米国の減税やドイツの刺激策が上方修正の背景
 【米国】:13日
  <トランプ米大統領>
   ★<ティラーソン国務長官>を解任!!
    ・1週間近くに及ぶアフリカ訪問から戻ったばかり…不意打ちを食らった格好。
    ・「イランとの核合意を含む重要な問題について意見の不一致があった。」
     …「レックス(ティラーソン氏)は今…ずっとハッピーだと思う。」
    ・<スティーブ・ゴールドスティーン国務次官>
     …「長官は、何が起きているのか理解に苦しんでいた。」
     …「知らされていなかったと続けた。」
  <トランプ米大統領>
    ・「ポンペオ中央情報局(CIA)長官を新しい国務長官に指名できて光栄に思う。」
     …「彼の知性に敬意を払う。」
    ・「<ハスペルCIA副長官>がポンペオ氏の後任として長官に就任。」
     …「CIAでは初の女性長官だ。」
  >>:今はないどこかの投信会社のアホ社長を思い出すのは…僕だけぇ…?
  >>:「権力を持ったアホ」ほど怖いものはない…(米国だけではないが…)
****************************************
【市場概況】:20180313


◎国内株式市場◎【4日続伸】
 *TOPIX*:終値=1751.03(前日比:+9.73 +0.60%)
 *日経平均株価*:終値=2万1968円10銭 (前日比:+144円07銭 +0.70%)
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
 ★国内外の政治不透明感…序盤安い
 ☆企業業績に対する安心感&投資指標からみた割安感
 ☆為替市場…円高の動きが限定的
 ⇒切返して4営業日続伸


 <東京海上日動火災保険ポートフォリオ運用グループ:桑山祐介課長代理>:*B
   ・「朝方の円高推移や森友問題を受けた政治のごたごたで株価はさえなかったが…
    好調な企業業績を支えに大きな下落は考えにくい。」
   ・「為替は…米国の財政悪化と米国以外の国の経済回復というドル安要因と
    日米金利差からのドル高要因は織り込み済み。」
   ・「ドル・円はしばらく1ドル=105円ー110円のレンジで安定した動きになる。」
  >>:張り切ってコメントしてみたものの「何言ってんだかわんない」な…(笑)


 【チャート】 https://kabutan.jp/stock/chart?code=0000
  <移動平均線循環分析>
    *日経平均:長期>中期>短期…陰線
     ※【大底圏】継続(02/13以来弱気相場の継続中
     >05日の「陰のコマ」は「小休止」→「下げ終了」のサイン◎
      ※「捨て子底」を確認
  !!>13日は「陽の大引け坊主」…「強い上昇期待」?
  !!>12日の上影陰線を包み込んでいて2本合わせて反発示すが…
  !!>2日連続で25日移動平均線が下支えに
      ※基調は「買い」に変更はないが…
     ⇒上にも下にも米国株次第の動きが続く。
     ★参加者の「気迷い」状態 は依然強いことも判明
      ▼「落ちるなら急落」は依然続く
       ※次のチックポイント:★1:20,000円⇒★2:18,750円
      ▽「切返すなら一段高」 の出現か(・・? …
       ※余りにも「飛びすぎ」た下げ…2月末への戻りが早すぎたか?
     ★トランプ政権の「保護貿易主義」…中間選挙対策 …ずっと言ってたでしょ!!
     ★トランプ政権不安定化懸念でまだまだ高値波乱の様相も… 現状!!
     ★「北朝鮮」動向は依然要注意 …米朝首脳会談実現か!?
     ☆下げたら買い変わらず (目処18850円)
     ◆まだまだトランプ相場の「トランポリン」は続くだろう… 当面乱高下!!
****************************************
 >欧州株式12日終値
  ・英FT100  7214.76(▲9.75 ▲0.13%)
  ・独DAX  12418.39(+71.71 +0.58%)
  ・仏CAC40  5276.71(+2.31 +0.04%)
****************************************
●NY株式市場概況●【続落】
 ・ダウ平均   25007.03(▲171.58 ▲0.68%)…今日の東京は荒れるな
 ・S&P500    2765.31(▲17.71 ▲0.64%)
 ・ナスダック   7511.01(▲77.31 ▲1.02%)
 ・CME日経平均先物 21645(大証終比:▲155 ▲0.72%)
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
 >序盤…買い先行→終盤…売り強まる。
 ●ダウ平均…一時231ドル安まで下げ幅を拡大。
  ★<トランプ大統領>
     ・中国に対する大規模な関税と厳しい投資制限を望む考えを閣僚らに伝える。
     ・<ライトハイザーUSTR代表>
       ★年間300億ドル相当の中国からの輸入に賦課する関税案を提示
       ⇔大統領はそれ以上を望んでいる。


  ※米消費者物価指数(CPI)…予想通りの内容
     ▽インフレ懸念を強める内容とはならず。
     ▽FRBの利上げペース加速への警戒も一服
     →株式市場にとっては追い風
     ⇔
     ▼上げを先導してきたIT・ハイテク株に利益確定売り強まる
     ▼原油も戻り売りを強める


  ★<トランプ大統領>
     ・ティラーソン国務長官を解任→ポンペオCIA長官(対朝強硬派)を後任に
     …市場にも動揺が広がる⇒影響は限定的(・・?


  【恐怖指数】VIXスポット(NY時間:16:09)
   ・スポット  16.35<20
          ※前日比:+0.57 +3.61%
         
 【チャート】 https://kabutan.jp/stock/chart?code=0800
!!☆NYダウは「短期」>「長期」>「中期」…【天井圏】 へ逆循環
   ⇒26500を目指す動きの前の調整続く
   ☆3/2は「三手大黒線」で「買いサイン」だった◎
   ※この乱高下はまだまだ続くだろう
   ※NYダウはもう一段調整するのでは(・・? …下値=21830目処
   >>:今度は夏→秋か(・・?…
   ◆「トランポリン」相場はまだまだ続く
**************************************
●NY外為市場概況● ■為替が一歩先に行く
 *ドル・円*:1ドル=107円29銭へ上昇後…106円46銭まで下落して引け。
  ☆米国の2月消費者物価指数(CPI)=予想…ドル買いが優勢
  ★<トランプ米大統領>
    ・ティラーソン国務長官を更迭…後任としてポンペオ中央情報局(CIA)長官を指名
  →政局不安強まる⇒ドル売り+リスク回避の円買いに拍車。
 *ユーロ・ドル*:1ユーロ=1.2332ドルから1.2407ドルへ上昇…1.2390ドルで引け。
 *ユーロ・円*:1ユーロ=132円43銭から131円88銭まで下落。
  ★米国の政局不透明感…リスク回避の円買いが強まる。
 *ポンド・ドル*:1ポンド=1.3890ドルから1.3994ドルまで上昇。
 *ドル・スイス*:1ドル=0.9492フランから0.9430フランへ下落。


 [経済指標:米国]
  *消費者物価指数(2月)*
   >前年比:結果:+2.2%=予想:+2.2%・1月:+2.1%
   >同コア :結果:+1.8%=予想:+1.8%・1月:+1.8%)
   >前月比:結果:+0.2%=予想:+0.2%・1月:+0.5%)
   >同コア :結果:+0.2%=予想:+0.2%、1月:+0.3%)


 【チャート】  https://kabutan.jp/stock/chart?code=0950
  ・長期(75日)>中期(25日)>短期(05日)
   ※【大底圏突入】
   ★再び大きなペナント形成へ…下値のペナントは・・・
   
   >現在値:106.45(▲0.10)
     ※本日予想レンジ=106.00円⇔106.95円
     ※今週予想レンジ=105.60円⇔107.25円


     ※米国利上げは下支えながら更なる115円超のドル買いには新規材料必要
     ※市場のコンセンサス
     (1)企業決算堅調の変化注目
     (2)経済データに注目しつつ…トランプ政権による税制改革などの行方を
      見極めるスタンス維持…現状はインフレによる長期金利上昇に注目
     (3)「地政学的リスク」への懸念
     (4)「トランプリスク」 …現状「保護貿易主義」抬頭…中間選挙対策…次第に沈静化?
    
   *豪ドル円*: 豪企業景況感の上昇好感
    現在値=83.65(▲0.10)
     ※本日予想レンジ=83.15円⇔84.25円
     ※今週予想レンジ=81.65円⇔84.25円 (↑↑)
****************************************
<各国金融政策>
 【カナダ】
  <ポロズ中銀総裁>
    ・「カナダ中銀は将来の利上げについてなお慎重なまま。」(慎重姿勢を再度強調)
    ・インフレなき成長への可能性にも言及。
****************************************
【現在の懸念材料】
(1)米国動向
 ■トランプ政権
  <トランプ大統領>
   ・ティラーソン国務長官を解任。
   ・ポンペオCIA長官を国務長官に指名する。
   ・ティラーソン氏とはイランに関する意見が食い違った。
   ・北朝鮮については自分で決めた。
   ・コーン氏の後継にクドロー氏の可能性極めて高い。
   ・中国に対して、300億ドル相当の輸入関税を検討。
    ※政治専門メディアのポリティコ
  <ティラーソン米国務長官>
   ・今月の31日に退任する。
    …スムーズな引継ぎが重要。
   ・北朝鮮への最大限の圧力は期待以上に成功した。
   ・命を救うためのシリアの停戦を成し遂げたが…もっとできたかもしれない。
   ・民間人に戻る。
 ■景気動向
 ■金融政策
 ■経済指標
****************************************
(2)中国動向
 ■景気動向
  <中国:保険業界>:今年1月…収入保険料が約6年ぶりにマイナス成長
 ■金融政策
 ■市場活性化
 ■経済指標
***************************************
(3)地政学的リスク(IS国のテロ「拡散」 ・北朝鮮の自爆)
***************************************
(4)石米油価格動向
 >03月13日 【反落】
 ●NY原油先物03月限(WTI)(終値)●=60.89(▲0.47 ▲0.77%)
  ★米国…シェールオイル増産継続
  ★OPEC⇔ロシアなどによる協調減産…米国の増産によって相殺される見通し
  ★ティラーソン米国務長官解任による買いは続かず・


 >:$40~50/バレル台で動いて入れば騒ぐ必要ない!! (どうせ談合市場だ)
  ※サウジアラビアの財政がかなり悪いことから$60/バレル台容認か?
 >>:どこかで調整が入る(★米シェールの増産注意) …ここだよ!!
***************************************
(5)欧州動向 (含 欧州金融不安…消えては浮かぶタイマー付爆弾)
 ■貿易問題
  <ユンケル欧州委員長>
   ・「トランプ大統領の鉄鋼・アルミ関税はお互いに失うもの多い政策。」
 ■政局
  【伊太利亜】 
  <サビーニ伊同盟書記長>
   ・伊民主党との連携を拒否
  <マルティーナ伊民主党暫定党首>
   ・下野して議会少数派として働く
   ・五つ星運動や中道右派とは連立せず
 ■BREXIT
  <ユンケル欧州委員長>
   ・英国とのEU離脱交渉は緊急性が高まっている
   ・英国は…離脱に関する演説の詳細について明らかにすべき
  <BDI:独産業連盟>
   ・企業はハード・ブレグジットに対する準備が必要に
   ・EUと英国の間の関税同盟が良い解決法となろう
 ■金融政策
 ■経済指標
***************************************
(6)英国動向
 ■メイ政権
 ■BREXIT
  <英OBR(予算責任局)>:EU離脱精算金を371億ポンドと想定
 ■金融政策 :<中銀政策金利>:+0.50% <資産買入枠>:4350億ポンド
 ■経済指標
  <英財務相>::2018年成長率見通しを+1.5%に上方修正(従来+1.4%)
   <英OBR>::インフレ率は1年以内に中銀目標への低下を見込んでいる。
**************************************** 
(7)国内動向
 ■市場動向
 ■金融政策
  <日銀政策金利>:結果:▲0.1%【据置】予想通り
  <ETF購入>
    >2018年03月13日
    ・従来型ETF=0億円(03月購入03回・総額2201億円)
    ・設備・人材投資企業支援関連ETF=12億円購入
     (03月購入09回=計108億円)
    ・J-REIT=0億円(03月購入04回=48億円)
   ※日銀のETF保有時価は20兆3千億円を超えている!!
 ■経済指標
****************************************
(8)新興国景気懸念…強いドルによる資金流出
 ※全体としての…☆サポート材料 ★懸念材料
 ☆中国経済指標堅調 ★★米トランプ大統領保護主義的通商政策 ☆石油価格安定


 【ブラジル】
  *小売売上高(1月)*
   >前年比:結果:+3.2%<予想:+3.4%・前回:+4.0%(+3.3%から修正)


****************************************
(9)仮想通貨対応
****************************************
【今週の新規投信設定】 火曜日に掲載
 >2018/3/12 ファンド名/投信会社
  ・世界テクノロジー株式ファンド(年1回決算型)/三菱UFJ国際投信
 >2018/3/16 ファンド名/投信会社
  ・次世代モビリティ社会創生株ファンド/三菱UFJ国際投信
****************************************
※随時受付中…
◎「受かるぞ!!FP」…2級・3級講座(個別指導&グループ指導):回数・費用はご相談
◎「受かるぞ!!証券外務員」…1種・2種(個別指導&グループ指導):回数・費用はご相談
◎「マーケット基礎知識」…初心者向け


 >>上記 お申込み・お問い合わせは…future1139blue@yahoo.ne.jp まで
 >>「ストリートアカデミー」 https://www.street-academy.com/steachers/62329
 でもお申込みいただけます!!(除 セミナー)
・日程・時間はいかようにもアレンジ可能です。おひとりでもグループ(割引あり)でもお受け
します!!
 ************
 ************
※加藤の夢…もう一度「東京フォーラム」でセミナーを!!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。