加藤肇の「前向き!!投信ゼミナール!!」

・「よくわからないまま」投信を利用してる方!!

・銀行での投信窓販解禁以来、16年!!
・お客様向けセミナー講師回数3500回超!!
・指導した販売担当者は10000人以上!!
・お客様目線から「やさしく」「大事なとこだけ」
 解説します!!

【160919のマーケットから】

□■前向き!!投信ゼミナール!!■□第279号


**日記**
>9月19日
・DVD「砂上の法廷」を観る。続けて観るとキアヌリーブスとトムハンクスの格の違いがわかる…
******************************
******************************
※ご注意ください!! 
・本文中の情報は…
・信頼できると判断した資料や私の経験をもとに提供させていただいておりますが、
・今後の投資成果を保証するものではありません。
・「投資」にあたっては「自己判断」「自己責任」で行っていただくようお願い致します。 
・*Bはブルンバーグから*nは日経電子版から*Rはロイターからの引用コメントです.
*****************************
*****************************
●<ドル円> チャート
■移動平均大循環理論■(5日‐25日‐75日移動平均ベース)
  https://kabutan.jp/stock/chart?code=0950
★長期>短期>中期=位置的には…上昇トレンドへの「移行期」から「大底圏」への逆行の可能性が…
…19日のNYでは25日線で支えられたが…
…トピックスとチャートを睨んだ攻防が続く
●<日経平均>チャート
 https://kabutan.jp/stock/chart?code=0000
■エリオットの波■:(月足)では…「下げの鼓動」最後の調整波にある。
・2016年5月31日の17251.36円を抜くと「上昇波動」の復活の可能性強まるが…
■移動平均大循環理論■(5日‐25日‐75日移動平均ベース)
・中期>短期>長期=「下降トレンド」への移行ゾーンに入る(75日線で一応止まったが…)
…ローソク足も「窓」が空いており波乱注(読み通り…当面続く)
■騰落レシオ■>9月16日:(6日)=64.79(25日)=94.13(6日「売られ過ぎ」ゾーン入り)


★気になる…
>19日:フランクフルト市場
●ドイツ銀行株…続落(ここ2日で10%強下落)
<ソシエテジェネラル:アナリスト;アンドルー・リム>:*B
・「住宅ローン担保証券(RMBS)販売問題で米司法省が支払いを求める140億ドル(約1兆4250億円)の減額を勝ち取ったとしても…増資が必要になる可能性がある。」
・「最終的に引当金の範囲内での支払額で米当局と合意したとしても…ドイツ銀は『大幅な資本不足』に直面するだろう。」
・「合意額が54億ドルを上回れば…この支払いの資金確保だけでも増資が必要になる。」


※54億ドル…同行の1-6月(上期)末時点の法的問題引当金とほぼ同額。
※ドイツ銀…ほかにもロシア事業でのマネーロンダリング(資金洗浄)疑惑などに直面中。
>>:予想以上の大きい和解金に市場は動揺
>>:ドイツ銀行の自己資本比率低下…更なる増資の必要性
>>:リーマンショックを耐え抜いた欧州金融機関のトップに凋落の兆し…
>>:【新騰落表】をお読みの方は為替欄の潜在的リスクを確認していただきたい…
****************************
****************************
【懸念要因動向】 (■=更新)
■米国利上げ
>今週のFOMC…市場コンセンサス
・「FOMCでは利上げ見送りはほぼ確実。」
・「イエレン議長の会見・経済見通し・FOMCメンバーの金利見通しに注目。」
・「メンバーの中には慎重派も少なく無く…成長見通しも前回6月から下方修正してくる可能性も。」
・「金利見通しでは年内は利上げ無しの予想に投票してくるメンバーがいないとも限らない。」
・「見通しは立てづらい状況ではあるが…思ったほどタカ派な雰囲気はない。」
・「FOMC後の為替市場の反応はドル売りになるのでは…(・・?」


□中国景気…成長率鈍化は明らか…人民元売り止まらず…今後の「売り」要因として注不気味
・中秋節連休で目立った動きなし。


■原油価格…値ぶれ大きいが安定目指す($40~$50/Bの安定目指す)
>160919:小反発
◎NY原油先物10月限(WTI)(終値):1バレル=43.30(+0.27 +0.63%)
▽リビアで武力衝突のためラスラヌフ港からの2年ぶりの石油輸出再開が停止
▽<石油輸出国機構(OPEC)のバルキンド事務局長>
・来週の非公式協議で石油市場安定化で合意に至れば緊急会合を開催する可能性を示唆
>>:1バレル=$40~$50なら「大騒ぎ」する必要はないだろう…


■欧州経済…英国EU離脱…長期戦へ
【ユーロ圏】
*ユーロ圏経常収支(7月)*(季調済)
・結果+210億ユーロ<前回+295億ユーロ(282億ユーロから修正)


■日銀追加緩和…政府経済対策をサポート(・・?
<ゴールドマンサックス:アナリスト;ロビン・ブルックス>:*B
・「日銀は…今週の会合で緩和を続ける。」
・「中銀預金金利の一段の引き下げの可能性が高いが当社は楽観していない。」
・「日銀の焦点はインフレ目標達成のための追加刺激策から…既存の政策姿勢を持続可能にすることに移った。」
・「3カ月後の円相場予想を1ドル=108円と115円から引き上げ…1年後も115円(従来125円)に修正。」


(ETF買入状況):判明分
●従来型ETFの買入実施せず (02日・08日)
◎従来型ETFの買入実施
・12日:737億円 ・13日:733億円 ・14日:733億円
*****************************
*****************************
【160919のマーケットから】
**国内株式市場**:休場


**NY株式市場**:一旦上昇も小幅安
>NY株式19日(NY時間16:25)
ダウ平均   18120.17(▲3.63 ▲0.02%)
S&P500    2139.12(▲0.04 0.00%)
ナスダック   5235.03(▲9.54 ▲0.18%)
CME日経平均先物 16330(大証終比:▲20 ▲0.12%)


>序盤上昇
▽商品市場…原油が反発
▽金融株に買戻し(先週末:ドイツ銀行vs米司法省で売られる)
…ダウ平均は序盤に130ドル超上昇する場面も
>その後は伸び悩む
▼今週のFOMCや日銀決定会合といった重要イベントを前に積極的な取引は手控えられる。


<ロバート・W・ベアード:チーフ投資ストラテジスト;ブルース・ビトルズ>:*B
・「ボラティリティが続く可能性はある。」
・「金融当局が利上げの道筋についての不透明感を拭い去ることはないと考えられるためだ。」
・「米当局は今週利上げしないだろう。」
・「しかし…今後利上げがあるという積極的な文言は声明に盛り込むだろう。」


**NY外為市場** :政策会議待ち…小動き
*ドル・円*:1ドル=101円58銭へ下落→101円86銭まで上昇…101円70銭で引け。
▼米国債券利回りの低下に伴うドル売り
▽米9月NAHB住宅市場指数>予想(ほぼ1年ぶりの高水準)…ドル売り後退
*ユーロ・ドル*:1ユーロ=1.1161ドル→1.1198ドルへ上昇…1.1180ドルで引け
▽欧米金利差縮小…ユーロ買い、ドル売りが強まる
*ユーロ・円*:1ユーロ=113円56銭から113円94銭へ上昇


<ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント>*B…16日のリポート
・「中期から長期にかけ…ドルはG10通貨や新興国通貨に対して弱含むとの予想を継続している。」
・「今週の米連邦公開市場委員会(FOMC)では利上げしないが…年内の利上げは依然として可能性があると示唆すると見込む。」
・「引き締めのペースはこれまでのFOMC予測よりも浅く且つ緩やかだろう。」


[経済指標]
【米国】
*9月NAHB住宅市場指数*:65(予想:60、8月:59←60)
※一戸建て販売の現況指数:71(前月比+6)
※向こう6カ月の販売見通し:71(前月比+5)…11カ月ぶりの高水準
※購買見込み客指数:48(前月比+4)


<NAHBのチーフエコノミスト:ロバート・ディエツ>:*B
・「新築と中古住宅の在庫がひっ迫した状態。」
・「建設業者は建てた分だけ売れるとの自信を抱いている。」
>>:こういう指標が出るからまたまた悩ましい…
*****************************
*****************************
◆ETFおよびETN売買状況◆:19日 休場
・合計売買代金:億円(前日比%)
※日経平均株価に連動するETF(含 ベアETF・レバレッジETF)20銘柄の売買代金
・合計:億円(前日比%)
(個別銘柄)
◎上昇
●下落
◆新規投信設定◆
******************************
******************************
<加藤の予測>
【当面見通し&方針:1511末時点】 (追加(6)・…訂正(4)&(3)…3回目)
(1)年初急落…持ち直しは年央以降…年末急伸
(2)日経平均は14000円(ちょい割れあり)から22000円
(3)ドル円は106円(ちょい割れあり)から125円(リスクは円高に)…160408
  訂正前:ドル円は110円(ちょい割れあり)から125円(リスクは円高に)
  訂正前:ドル円は113円(ちょい割れあり)から125円 (年央までなら120円)
  ★03月01日の時点で円高目処を112.30円→111.50円→110.90円 と算出…突破!!
  ★04月08日の時点で円高目処を108.00円→106.50円→105.20円と算出…突破 !!
  ★06月17日の時点で円高目処を103.44円→103.06円→102.27円と算出…突破!!
  ★06月27日の時点で円高目処を101.40円→ 99.00円→ 97.37円と算出
  ※現在の水準101.80円(09月20日午前4時45分…先週予想レンジ下値⇔中央値)
   ※本日(160920)予測レンジは…100.65円⇔103.05円
  ※週間(160919-23)予測レンジは…99.85円⇔103.30円
  ★為替は苦手だぁ!!
(4)反発のきっかけは「インフラ公共投資」の国際協調による推進を相場が認めること
    訂正前:「中国」の「本格的財政」出動を相場が認めること
(5)新興国関係は「腹を決めて」金利を取るに徹する(投信で言えば基準価額が20%下がったら
買い下がる)
(6)買い下がったもので利益が出たものは10%毎に利食い
*****************************
*****************************
**お知らせ**
『前向き投信ゼミナール!!』: 2016年秋(年末から年始へ)
(1)開催日直近まだのトピックスからマーケットの大きな流れを解説
(2)チャート(移動平均線大循環理論)を基に当面の「日経平均」「NYダウ」「ドル円」の動きを予測
(3)投資信託情報 など…


<ついに…関西進出!!>
>10月29日(土) 13:00-14:30 @大阪1★(今回新設!!)
・会場:NSEリアルエステート堂島淀屋橋店C-2会議室
・〒530-0047:大阪市北区西天満2-6-8 堂島ビルヂング(地下)
【アクセス】・ 地下鉄御堂筋線「淀屋橋駅」徒歩4分
・ 御堂筋に面した大阪市役所北向かいの大型ビル
・ 1階が「池田泉州銀行」「ドトールコーヒー」
http://www.nse-r.net/dojima/index.html
・定員:25前(参加費:1000円)
★関西のみなさま!!お待たせしました!!
★久々の「加藤節」をご堪能ください!!(お知合いにもご紹介くださいm(__)m)
★10月ですので…ゆっくりご検討を!!


<いつもの…小田原・新宿も>
>10月23日(日) 13:30‐15:00  @小田原7★(感無量…7回目です!!)
・会場:小田原(おだわら市民交流センターUMECO…前回と同じです
・小田原FP事務所さんのご協力をいただいています
・小田原駅から徒歩1分
http://umeco.info/use/access/
・定員:30名(参加費:1000円…リピーター・ペア割引あり)
★前回はおかげさまで満席になりました!!お早目のご予約を!!


>11月12日(土) 11:15‐12:45 @新宿4★(開場の都合で日程が変更になりましたm(__)m)
・会場:SOBIZGATES2階A会議室
・住所:東京都新宿区新宿5-11-2 SOBLD
http://www.kaigi-room.com/build/access/c001346.php
・定員36名
★毎回満席…ありがとうございます…お早目のお申込みを!!


※ご参加お申込みは…mstb2021139@goo.jpまで


>随時開講中
・新入銀行員のためのマーケット知識基礎講座
・FP2級・FP3級受験講座(短期間で効率よく合格へ!!)
…「ストリートアカデミー」 https://www.street-academy.com/steachers/62329
・日程・時間はいかようにもアレンジ可能です。おひとりでもグループ(割引あり)でもお受けします!!


※上記、お問い合わせは…mstb2021139@goo.jp

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。