加藤肇の「前向き!!投信ゼミナール!!」

・「よくわからないまま」投信を利用してる方!!

・銀行での投信窓販解禁以来、16年!!
・お客様向けセミナー講師回数3500回超!!
・指導した販売担当者は10000人以上!!
・お客様目線から「やさしく」「大事なとこだけ」
 解説します!!

【思考回路:121】20170725

:☆彡緋色の龍[暁天雄飛] ☆彡121
※120はmixiに


【注目】
 <国際通貨基金(IMF)>:四半期毎の最新の世界経済見通し
  ・世界経済成長率見通し…2017年3.5%・18年3.6%【据置】
  ・米経済成長率見通し…2017年2.1%・18年2.1%【据置】
  ・中国経済成長率見通し…2017年6.7%・6.4%【据置】
  ★世界経済のリスクは中期的にまだ下向き


 【米国】
 <ヒラリーがハリケーンに発達!!>:米国立ハリケーンセンター(NHC)
  ★米太平洋岸で発生している熱帯暴風雨「ヒラリー」
  …ハリケーンに発達したと発表。
   ▼明日…火曜日には大型のハリケーンに発達する可能性があると注意
  ※米国ではヒラリー・クリントン氏と同名で話題になっている
   <NHC>:これらの名前は政治とは無関係だと説明
    ・ハリケーンの名前
    …世界気象機関(WMO)が数年前に決定…順番が既に決まっている。


 >>:なんか可笑しい(笑)
****************
****************
 【市場概況】:20170724
●国内株式市場●:【続落】
 *TOPIX*:終値=1621.57(前日▲8.42 ▲0.50%)
 *日経平均株価*:終値=1万9975円67銭
                (前日比▲124円08銭 ▲0.60%)


  ★米国の政策不透明感から…
   ▼為替のドル安・円高に+米金利の低下…を嫌気


  <アセットマネジメントOn:荻原健チーフストラテジスト>
    ・米国企業の足元の決算はまちまち。
    ・米国株高は業績改善が大きな要因だっただけに…
    ★良い材料が無くなってくると政治面がフォーカスされてくる
    ★米企業の業績改善ペースが現状程度なら…
    …米国株中心にリスクオンの流れが後退⇒日本株にもマイナス要因


  【チャート】   https://kabutan.jp/stock/chart?code=0000
   ※移動平均線循環分析
   *日経平均:中期>短期>長期…続伸…陽線*
     ★下降トレンドへの【移行期】 へ(要経過観察)
     ☆中期線>長期線の上向き「帯」幅安定
     ★サポートラインの中期線(25日移動平均線)を大きく割り込む
     ★昨日の「トンボ」は微妙…強気・弱気両方のサイン
     ※秋に向けての一段高が視界に
     ※日経平均は年末2万円割れで終わる!! は変えず
     ★トランプ政権不安定化懸念でまだまだ高値波乱の様相も…
     ◆まだまだトランプ相場の「トランポリン」は続くだろう…


●NY株式市場概況●【ダウ続落】
 ・ダウ平均   21513.17(▲66.90 ▲0.31%)
 ・S&P500    2469.91(▲2.63 ▲0.11%)
 ・ナスダック   6410.81(+23.06 +0.36%)…史上最高値更新
 ・CME日経平均先物 19975(大証終比:+35 +0.18%)


 *ダウ平均*…様子見(利益確定売り続く)
  ★決算発表本格化
   …その内容が現在の株価のバリエーションを正当化するか判断中
   >今週…大手のIT・ハイテク株の決算発表も控える
  ★FOMC(~24日)
   …政策は据え置きが確実視
   …手掛かりは声明のみ
   …9月のバランスシート縮小開始に向けて何らかのヒントが出るか注目


  【チャート】 https://kabutan.jp/stock/chart?code=0800
    ★NYダウは「短期」>「中期」>「長期」…【天井圏】
    ☆日々線が短期銭に絡みついてあげる強い動き続く
    ◆「トランポリン」相場はまだまだ続く


  ■NY市場:ヒンデンブルグオーメン■発生中
  …詳細は【思考回路:92】ご参照
   ※一度サインが出ると「40営業日(約2カ月弱)は有効」
   ・・・「38」営業日経過
     ●77%(80%との意見も)の確率で…株価は5%以上下落
     ※6月20日の高値からの5%下落ならNYダウは20458ドル
     ●「パニック売り」となる可能性は41%
     ●「重大なクラッシュ」となる可能性は24%
    
◎NY外為市場概況◎  ■為替が一歩先に行く
 *ドル・円*:1ドル=110円77銭から111円32銭まで上昇。
  ☆今週:FOMC…米債利回り上昇に伴うドル買いが再開
 *ユーロ・ドル*:1ユーロ=1.1658ドルから1.1626ドルまで下落。
  ★ユーロ圏の製造業PMI<予想
  …早期のテーパリング観測を織り込むユーロ買いが後退。
 *ユーロ・円*:1ユーロ=129円02銭から129円49銭まで上昇。
 *ポンド・ドル*:1ポンド=1.3058ドルへ上昇後…1.3014ドルへ反落。
 *ドル・スイス*:1ドル=0.9452フランから0.9470フランへ上昇。


 [経済指標:米国]
  ・6月中古住宅販売件数:552万戸<予想:557万戸・5月:562万戸
  ・7月製造業PMI速報値:53.2>予想:52.3・6月:52.0
  ・7月サービス業PMI速報値:54.2=予想54.2・6月:54.2
  ・7月総合PMI速報値:54.2>6月:53.9←53.0


 【チャート】 https://kabutan.jp/stock/chart?code=0950
  ・中期(25日)>短期(07日)>長期(75日)
   ★【下降トレンド】 への移行期に
   ★長期線⇔中期線の「帯」反転…突発的円高注意 >>読み通り!!
    >現在値:111.15円:本日予想レンジ=110.55円⇔111.60円
                    今週予想レンジ=109.50円⇔112.50円
     ※米国利上げは下支えながら更なる115円超のドル買いには新規材料必要
     ※市場のコンセンサス
     …企業決算堅調も下支え材料に
     …経済データに注目しつつ…トランプ政権による税制改革などの行方を見極めるは維持も
     …「地政学的リスク」への懸念依然残る
     …「トランプリスク」も加わった
    ★「トランポリン相場」は続くだろう。
    
   *豪ドル円*:豪準備銀副総裁の発言が重しに
    >現在値=88.05円:本日予想レンジ=87.60円⇔88.35円
                   今週予想レンジ=86.60円⇔89.85円


   [経済指標]


 【各国金融政策】
  【スイス】
   <ジョルダン・スイス中銀総裁>
     ・スイスフランは過大評価 ・マイナス金利や介入の方針は維持
     ・必要ならバランスシートを調整する余裕がある。


****************
****************
 【現在の懸念材料】
(1)米国動向


 【カナダ】
  <フィッチ・レーティングズ>
    ☆カナダの格付けの「AAA」を確認
    ☆見通しも「安定的」
     ・2017年の成長見通し…2.5%(2019年までには1.6%に鈍化)


 (2)中国動向
  <中国人民銀行(中央銀行)>:資金供給拡大
   >24日…リバースレポ実施
    ☆計3500億人民元(約5兆7370億円)を市場に供給
    ▽1日当たりの供給規模…今年1月18日以来、約半年ぶりの大きさ
    ▽満期を迎える過去実施分との差し引き…2200億人民元の供給超
  [経済指標]
   
(3)石米油価格動向… 【続落】
 >07月24日
   :NY原油先物8月限(WTI)(終値)=46.34(+0.57 +1.25%)


   ☆<サウジアラビア・ファリハ・エネルギー相>
     ・8月の原油輸出を日量660万バレル…前年を約100万バレル下回る
      水準に制限すると表明
     ・ロシアで行われた共同閣僚監視委員会(JMMC)
      …OPEC加盟国&非加盟国⇒ナイジェリアに生産枠設定


   >>:$40~50/バレル台で動いて入れば騒ぐ必要ない!!
      (どうせ談合市場だ)


(4)欧州動向 (含 欧州金融不安…消えては浮かぶタイマー付爆弾)


 [経済指標]
  *ユーロ圏製造業PMI・速報値(7月)*
   ・結果 56.8<予想 57.2・前回 57.4
  *ユーロ圏非製造業PMI・速報値(7月)*
   ・結果 55.4=想 55.4・前回 55.4
  *独製造業PMI・速報値(7月)*
   ・結果 58.3<予想 59.2・前回 59.6  
  *独非製造業PMI・速報値(7月)*
   ・結果 53.5<予想 54.3・前回 54.0


(5)BREXIT
 <ドイツ銀行>
   ★3000億ユーロ規模の資産をロンドンからフランクフルトへ移転を計画
   …2018年9月から実施→2019年3月には完了する計画
 [経済指標]


(6)日銀緩和政策
 <ETF購入>:7月24日
    ・従来型ETF=707億円(7月購入5回・総額3535億円)
    ・設備・人材投資企業支援関連ETF=12億円購入
    (7月購入15回=計180億円)
    ・J-REIT=0億円(7月購入6回=72億円)
  [経済指標]
   *景気先行指数・改定値(5月)*:結果 104.6<前回 104.7
   *景気一致指数・改定値(5月)*:結果 115.8>前回 115.5
       
(7)新興国景気懸念…強いドルによる資金流出
  ※全体としての…☆サポート材料 ★懸念材料
  ☆中国経済指標堅調 ★★米トランプ大統領保護主義的通商政策 ☆石油価格安定


(8)地政学的リスク(IS国のテロ「拡散」 ・北朝鮮の自爆)
****************
****************
 【今週の新規設定は火曜日版で更新】


>2017/7/24 ファンド名/投信会社
 ・ショートデュレーション円インカムオープン(ラップ向け)/三菱UFJ国際投信
 ・米国国債7-10年ラダーファンド(為替ヘッジあり)(ラップ向け)/三菱UFJ国際投信
 ・中短期債券ファンド(毎月決算型)/ピクテ投信
 ・中短期債券ファンド(1年決算型)/ピクテ投信
 ・セキュリティ・ファンド(為替ヘッジあり)/ピクテ投信


>2017/7/27 ファンド名/投信会社


 ・世界好利回りCBファンド2017-07(為替ヘッジあり)(限定追加型)/三菱UFJ国際投信
 ・世界好利回りCBファンド2017-07(為替ヘッジなし)(限定追加型)/三菱UFJ国際投信


>2017/7/28 ファンド名/投信会社


 ・アセアン・オーナーズ・ファンド(為替ヘッジなし)損保ジャパン日本興亜アセットマネジメント
 ・四国アライアンス 地域創生ファンド(年1回決算型)/大和アセットマネジメント
 ・四国アライアンス 地域創生ファンド(年2回決算型)/大和アセットマネジメント
 ・たわらノーロード バランス(8資産均等型)アセットマネジメントOne
 ・プロテクト&スイッチファンド/アムンディジャパン
 ・米国小型株式アクティブファンド/カレラアセットマネジメント
****************
****************
【次回セミナー】
◎小田原
  >10月22日(日)
  (1)11:00‐12:30 ★投資の窓口4(アセットアロケーション)…始めるならここから!! 
  (2)14:20-15:50 ★前向き!!投信ゼミナール!!@小田原11
  ・会場:小田原(おだわら市民交流センターUMECO…前回と同じです
  ・共催:(社)神奈川県ファイナンシャルプランナー連合会(小田原支部)
  ・定員:(1)15名(2)30名
  ・参加料:(1)・(2)とも…お一人様1,000円((1)・(2)両方参加の方は両方で1,500円)
  ※小田原は会場が公共施設で参加料に上限が設定されています


◎新宿  
 >10月14日(土)予定
 ・会場:SOBIZGATES2階A会議室 …前回と同じです
 ・住所:東京都新宿区新宿5-11-2 SOBLD
 http://www.kaigi-room.com/build/access/c001346.php
 ・定員35名
  ・参加料:お一人様1,500円


◎大阪
  >10月21日((土))予定
  ・13時から14時半 「前向き!!投信ゼミナール!!@大阪3」
  ・会場:NSE貸会議室B(大阪府大阪市北区西天満2-6-8 堂島ビルヂング1F)…前回と同じです
  …淀屋橋駅 徒歩3分(大阪市営地下鉄御堂筋線・京阪本線)
   …大江橋駅 徒歩1分(京阪中之島線)・北新地駅 徒歩5分(JR東西線)
  ・定員35名
  ・参加料:お一人様1,500円


※随時受付中…
◎「受かるぞ!!FP」…2級・3級講座(個別指導&グループ指導):回数・費用はご相談
◎「受かるぞ!!証券外務員」…1種・2種(個別指導&グループ指導):回数・費用はご相談
◎「マーケット基礎知識」…初心者向け


 >>上記 お申込み・お問い合わせは…future1139blue@yahoo.ne.jp まで
 >>「ストリートアカデミー」 https://www.street-academy.com/steachers/62329
 でもお申込みいただけます!!(除 セミナー)
・日程・時間はいかようにもアレンジ可能です。おひとりでもグループ(割引あり)でもお受けします!!
 ************
 ************
※加藤の夢…もう一度「東京フォーラム」でセミナーを!!



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。