加藤肇の「前向き!!投信ゼミナール!!」

・「よくわからないまま」投信を利用してる方!!

・銀行での投信窓販解禁以来、16年!!
・お客様向けセミナー講師回数3500回超!!
・指導した販売担当者は10000人以上!!
・お客様目線から「やさしく」「大事なとこだけ」
 解説します!!

【思考回路:160】20170921

文責:☆彡緋色の龍[暁天雄飛] ☆彡160


☆彡:秋のセミナー:お申込み受付中!! (詳細一番下に)


***************************************
【注目】
 <ラガルドIMF専務理事>
  ◎このおばさんは時々真実を突く…
  ・トランプ大統領の北朝鮮に対する口調…「北朝鮮を完全に破壊する」は役に立たない。
  ・朝鮮問題には落ち着きと友好親善の姿勢が必要(≒独メルクル首相)
  ・制裁措置は効果的
  >>:ついでに日本の「オタンチン」首相にも言って欲しかったな。


  ・イバンカ・トランプ氏には女性の地位向上を期待


 <OECD世界経済見通し>:18年成長見通しを引き上げ
  ・世界経済成長率、2017年+3.5%、2018年+3.7%と予測
  ・2018年成長率見通しは6月時点から0.1ポイント上方修正
  ・利上げによるリスクを警戒
  ・成長の持続性が課題に
  ・米国の3-4%成長達成は極めて困難
  ・世界経済全般の成長は非常に良い状況
  ・米国の成長は2.1%見通しをやや上回る公算
***************************************
【市場概況】:20170920
※国内株式市場※:【小動き】
 *TOPIX*:終値=1667.92(前日+0.04 +0.00%)
 *日経平均株価*:終値=2万310円46銭 (前日比+11円08銭 +0.10%)


 ※主要株価指数…終日方向感に乏しい
  ☆投資家の過度なリスク回避姿勢が後退…ディフェンシブセクター軟調
  ※連邦公開市場委員会(FOMC)の結果を見極めたいとのムード強い


  <アリアンツ・グローバル・インベスターズ・ジャパン:寺尾和之最高投資責任者>:*B
   ・「企業業績は良好。第2四半期も順調にきていると推測される。」
   ・「ここのところ地政学リスクなどで上値を抑えられていた。」
   ・「決算で好調さが確認されれば…日経平均2万円定着もある。」
   ・「今回のFOMCは大きく材料視されず投資家の安心感につながる可能性がある。」
   ・「きょうディフェンシブ関連が売られたのも『リスクオフ』が和らいだため。」


 【チャート】 https://kabutan.jp/stock/chart?code=0000
   ※移動平均線循環分析
    *日経平均:短期>長期>中期…続伸…陽線
     ☆【上昇トレンド】突入!!
     >今年の3月末に似た動き⇒ここから一段高で20,500円か(・・?
     ★「北朝鮮」動向は当面要注意
     ※米国景気堅調との両天秤が続く
     ★さすがに、移動平均線とのこの乖離には調整が入るだろう
     ☆下げたら買い変わらず (目処18850円)
      (※秋に向けての一段高は依然として視界にある)…ほらね
     ※日経平均は年末2万円割れで終わる!! は変えず
     ★トランプ政権不安定化懸念でまだまだ高値波乱の様相も…
     ◆まだまだトランプ相場の「トランポリン」は続くだろう…
**************************************
◎NY株式市場概況◎【続伸】
 ・ダウ平均   22412.59(+41.79 +0.19%)
 ・S&P500    2508.24(+1.59 +0.06%)
 ・ナスダック   6456.04(▲5.28 ▲0.08%)
 ・CME日経平均先物 20305(大証終比:+165 +0.81%)


 ◎ダウ平均…続伸⇒最高値更新続く
 <FOMC>
  ☆予想以上にタカ派な印象。
  ☆FOMCメンバーの金利見通し
   ・中央値は6月時点と変わらず
   ・年内あと1回の利上げと来年3回の利上げを見込む
  ☆経済見通し…インフレ見通しは下方修正⇔GDP見通しは上方修正


 【チャート】 https://kabutan.jp/stock/chart?code=0800
  ☆NYダウは「短期」>「中期」>「長期」…【天井圏】 へ逆循環
  ※「高値のペナントは上抜け」の定石を果たす(ほぼ読み通り)
  ★これまで史上最高値更新後は調整しているので「高値追い」は禁物…現状無視
  ※NYダウは年末に向け調整するのでは(・・?
  ◆「トランポリン」相場はまだまだ続く
**************************************
◎NY外為市場概況◎ ■為替が一歩先に行く
 *ドル・円*:1ドル=111円12銭から112円53銭まで上昇した。
  <FOMC>
   ・市場の予想通り利上げ見送り
   ☆10月からのBS縮小開始計画示す
   ☆四半期ごとに発表されるFRBの見通し
    …メンバーの殆どが2017年あと一回の利上げ&2018年に3回の利上げを予想
   →米債利回り上昇⇒ドル買いに拍車
 *ユーロ・ドル*:1ユーロ=1.2033ドルから1.1862ドルまで下落。
 *ユーロ・円*:1ユーロ=134円09銭へ上昇後…133円26銭へ反落。
 *ポンド・ドル*:1ポンド=1.3657ドルへ上昇後…1.3453ドルへ反落。
 *ドル・スイス*:1ドル=0.9590フランから0.9718フランへ上昇。


 [経済指標:米国]
  ・8月中古住宅販売件数:535万戸<予想:545万戸・7月:544万戸


 【チャート】  https://kabutan.jp/stock/chart?code=0950
  ・長期(75日)>短期(05日)>中期(25日)
   ☆【大底圏】 から【上昇トレンドへの移行期】へ
   >現在値:112.25円:本日予想レンジ=111.55円⇔112.60円
                   今週予想レンジ=109.90円⇔113.00円


      ※米国利上げは下支えながら更なる115円超のドル買いには新規材料必要
      ※市場のコンセンサス
     …企業決算堅調も下支え材料に
     …経済データに注目しつつ…トランプ政権による税制改革などの行方を
      見極めるは維持も
     …「地政学的リスク」への懸念
     …「トランプリスク」
    ★「トランポリン相場」は続くだろう。
    
   *豪ドル円*:豪中銀の中立的姿勢を意識
    現在値=90.10円:本日予想レンジ=89.40円⇔90.70円
                …今週予想レンジ=87.00円⇔90.70円
   <エリス豪中銀総裁補>
     ・世界経済の拡大は一時的なものにはとどまらない
     ・世界的に賃金とインフレは上向く見込み
     ・豪州の労働市場には依然としてかなりのスラック(余剰能力)がみられる
     ・シドニーやブリスベンでは住宅価格上昇は鈍化している


   [経済指標]
    *Westpac先行指数(8月)*>前月比:結果▲0.08%<前回+0.12%
***************************************
【各国金融政策】
***************************************
【現在の懸念材料】
(1)米国動向
 【FOMC】…予想以上に「タカ派」的内容…ドル買い加速
  <金融政策>
   ・米連邦公開市場委員会(FOMC)・政策金利(フェデラルファンドFF金利の誘導目標)
    発表:+1.00~+1.25%【据置】
  <FOMC声明>
   ・バランスシートは10月に縮小開始。☆為替★株式・債券
   ・ハリケーンは中期的な経済コースを変える可能性低い。
   ・労働市場は力強い。
   ・景気は緩やかに上昇。
   ・インフレは今年鈍化した。
   ・市場ベースのインフレは低水準。
   ・エネルギー高が短期的にインフレを押し上げる可能性。
   ・短期的にはハリケーンの影響が出る。


   ※ FOMC経済見通し:GDPは上方修正・インフレは下方修正: (  )は6月時点 
    *実質GDP* 
     17年 +2.4%増(+2.2%) ・18年 +2.1%(+2.1%)
     19年 +2.0%増(+1.9%) ・20年 +1.8%  長期+1.8%(+1.8%)
    *失業率* 
     17年 4.3%(4.3%) ・18年 4.1%(4.2%) ・19年 4.1%(4.2%)
     20年 4.2% ・長期 4.6%(4.6%)
    *PCE*  
     17年 1.6%(1.6%) ・18年 1.9%(2.0%) ・19年 2.0%(2.0%)
     20年 2.0% ・長期 2.0%(2.0%)
    *PCEコア*
     17年 1.5%(1.7%) ・18年 1.9%(2.0%) ・19年 2.0%(2.0%)
     20年 2.0%
    * FOMCメンバーによる金利見通し*
      ◎年内あと1回の利上げ&来年3回で変わらず
    *FOMCメンバーによる金利見通し(ドットチャート)*
     >2017年
      ~1.125% 4人 ~1.375% 11人 ~1.500% 0人 ~1.625% 1人
      ※中央値は1.375%・年内あと1回の利上げ
     >2018年
      ~1.125% 2人 ~1.625% 1人 ~1.875% 2人 ~2.000% 0人
      ~2.125% 6人 ~2.250% 0人 ~2.375% 3人 ~2.500% 1人
      ~2.625% 1人 ~2.750% 0人 ~2.875% 0人 ~3.000% 0人
      ~3.125% 1人 ~3.250% 1人 ~3.375% 1人 
      ※中央値は2.125%・来年3回利上げ


 <イエレンFRB議長>
  ・緩和政策が労働市場を支援。
  ・バランスシートの縮小は緩やかかつ予測可能に。
  ・第3四半期のGDPはハリケーンの影響で鈍化見込む。
  ・9月の雇用者数に影響が出る可能性も。
  ・ハリケーンの被害にあった人の回復はしばらく時間がかかる。
  ・インフレ鈍化は一時的要因。
  ・低インフレは経済全体を反映していない。
  ・インフレは目標に向かって上昇見込む。
  ・インフレに対する我々の理解力は完全ではない。


※アトランタ連銀「GDPナウ」※:第3四半期*
 >8月31日時点:予想=年率換算+3.3%(25日時点の3.4%から下方修正)
  ▼今週発表された7月:卸売在庫速報値
  ▼前渡商品貿易収支 …のデータから純輸出や在庫投資を下方修正
***************************************
(2)中国動向
  
 ※主な「国家戦略」
  (1)稼働中…「国有企業改革」・「供給サイド改革」
     ※混合所有制改革」…国有企業改革
     (中国聯合網絡通信集団(聯通集団)) (国有資産監督管理委員会)
     ※河北省の「雄安新区」設立
       …治水インフラ整備費⇒1000億人民元の予算投入
  (2)繰上げ見込み
   「軍民融合発展」…軍事技術の民生利用と民間技術の軍事転用を計る


 ※市場対策
  「国家隊」…政府系の機関
     >今年第2四半期(4~6月)
      …深セン証券取引所のベンチャー企業向け市場「創業板」に大口資金投入
  「養老保険基金(年金基金)」(新規定)…運用スタート


***************************************  
(3)石米油価格動向… 【反発】
 >09月20日
    :NY原油先物10月限(WTI)(終値)=50.69(+0.79% +1.58%)


    >先週:OPECや国際エネルギー機関(IEA)…需要見通しを上方修正
    >今週:<イラク石油相>:追加減産や減産期間のさらなる延長に言及
    ⇒世界的な需給改善期待膨らむ。
    
    *米エネルギー情報局(EIA)週報*
     ・石油製品の在庫が一段と減少し…供給逼迫感が強まっていることも支援要因


    *EIA週間石油在庫統計:バレル・前週比:(在庫総量)
     ・原油=+459.1万(4億7283万) ・ガソリン=▲212.5万(2億1831万)
     ・留出油=▲569.3万(1億3886万)
     (クッシング地区)・原油=+70.3万(5976万)


   >>:$40~50/バレル台で動いて入れば騒ぐ必要ない!! (どうせ談合市場だ)
***************************************
(4)欧州動向 (含 欧州金融不安…消えては浮かぶタイマー付爆弾)
 <クノット・オランダ中銀総裁>:ユーロ圏は政策の再調整が必要
     
 [経済指標]
***************************************
(5)BREXIT
  [経済指標]
  *小売売上高(8月)*
  >前月比:結果+1.0%>予想+0.2%・前回+0.6%(+0.3%から修正)
  >前年比:結果+2.4%>予想+1.1%・前回+1.4%(+1.3%から修正)
 ***************************************    
(6)日銀緩和政策
 <ETF購入>:9月20日
   ・従来型ETF=0億円(9月購入02回・総額1478億円)
   ・設備・人材投資企業支援関連ETF=12億円購入
    (9月購入12回=計144億円)
   ・J-REIT=0億円(9月購入03回=36億円)
 [経済指標]
  *通関ベース貿易収支(8月)*
   >季調前:結果+1136億円>予想+1087億円・前回+4217億円(+4188億円から修正)
   >季調後:結果+3673億円<予想+4047億円・前回+3374億円
***************************************     (7)新興国景気懸念…強いドルによる資金流出
 ※全体としての…☆サポート材料 ★懸念材料
 ☆中国経済指標堅調 ★★米トランプ大統領保護主義的通商政策 ☆石油価格安定


 >19日
 【ブラジル】<テメル大統領>:「ブラジル経済は回復している」


  **************************************
(8)地政学的リスク(IS国のテロ「拡散」 ・北朝鮮の自爆)
 <日本:安倍首相>:ニューヨークで講演
  ・北朝鮮への制裁は完全に履行されなくてはならない。
  ・今は対話の時ではない、圧力をかけるべきだ。
  ・今の道を続けるなら北朝鮮に将来はない。
 >>:議会を解散して国民に信を問おうとしている男がいううべきことではない。
 >>:世界の首脳は心から「こいつはオタンチンだ」と思っただろう。
 >>:喜んだのはトランプだけだ…
***************************************
【今週の新規投信設定】 火曜日に掲載
***************************************
【次回セミナー】 お申込み受付中
◎新宿  
  >10月14日(土)確定
  ・会場:SOBIZGATES2階A会議室 …前回と同じです
 ・住所:東京都新宿区新宿5-11-2 SOBLD
 http://www.kaigi-room.com/build/access/c001346.php
 ・定員35名
  ・参加料:お一人様1,500円
***************************************
◎大阪
  >10月21日(土)確定
   ・13時から14時半 「前向き!!投信ゼミナール!!@大阪3」
  ・会場:NSE貸会議室B(大阪府大阪市北区西天満2-6-8 堂島ビルヂング1F)
   …前回と同じです
  …淀屋橋駅 徒歩3分(大阪市営地下鉄御堂筋線・京阪本線)
…大江橋駅 徒歩1分(京阪中之島線)・北新地駅 徒歩5分(JR東西線)
  ・定員35名
  ・参加料:お一人様1,500円
***************************************
◎小田原
  >10月22日(日)
  (1)11:00‐12:30 ★投資の窓口4(アセットアロケーション)…始めるならここから!! 
  (2)14:20-15:50 ★前向き!!投信ゼミナール!!@小田原11
  ・会場:小田原(おだわら市民交流センターUMECO…前回と同じです
  ・共催:(社)神奈川県ファイナンシャルプランナー連合会(小田原支部)
  ・定員:(1)15名(2)30名
  ・参加料:(1)・(2)とも…お一人様1,000円((1)・(2)両方参加の方は両方で1,500円)
  ※小田原は会場が公共施設で参加料に上限が設定されています


>>:お申込みは…mstb2021139@goo.jpまで
***************************************
※随時受付中…
◎「受かるぞ!!FP」…2級・3級講座(個別指導&グループ指導):回数・費用はご相談
◎「受かるぞ!!証券外務員」…1種・2種(個別指導&グループ指導):回数・費用はご相談
◎「マーケット基礎知識」…初心者向け


 >>上記 お申込み・お問い合わせは…future1139blue@yahoo.ne.jp まで
 >>「ストリートアカデミー」 https://www.street-academy.com/steachers/62329
 でもお申込みいただけます!!(除 セミナー)
・日程・時間はいかようにもアレンジ可能です。おひとりでもグループ(割引あり)でもお受け
します!!
 ************
 ************
※加藤の夢…もう一度「東京フォーラム」でセミナーを!!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。