加藤肇の「前向き!!投信ゼミナール!!」

・「よくわからないまま」投信を利用してる方!!

・銀行での投信窓販解禁以来、16年!!
・お客様向けセミナー講師回数3500回超!!
・指導した販売担当者は10000人以上!!
・お客様目線から「やさしく」「大事なとこだけ」
 解説します!!

【思考回路:183】20171027

文責:☆彡緋色の龍[暁天雄飛] ☆彡183


※ドラフト会議
 ・日ハムが「外れクジ:を引いてくれたな…
 ・中日とロッテはいい補強をした…井口、安田を頼むぞ!!


※次回セミナー予定(前向き!!投信ゼミナール!!)
(1)@新宿 8…2018年02月03日(土)
(2)@小田原12…2018年02月17日(土)…午前中に入門編「投資の窓口」5あり
(3)@大阪5…2018年02月18日(日)
>>:お申込み・お問合せは…mstb2021139@goo.jpまで
***************************************
【注目】
***************************************
【市場概況】:20171026
◎国内株式市場◎【小反発】
 *TOPIX*:終値=1753.90(前日比+2.47 +0.10%)
 *日経平均株価*:終値=2万1739円78銭 (前日比+32円16銭 +0.10%)


 ☆動きからは…金融相場から業績相場への移行をイメージさせる


 <三井住友アセットマネジメント:株式運用グループ;平川康彦ヘッド>:*B
  ・「決算は予想していた通りに良い。」
  ・「今期経常利益は会社計画の7ー8%増益から最終的には15%増益程度へ
   高まりそうな上…来期も5ー10%伸びる可能性がある。」
  ・「まだ1株利益の上昇分はあっても良い。」
  ・「ただし…今月は一貫して株価が上昇してきた経緯を踏まえれば…いったん
   日柄調整があるのは自然。」


  【チャート】 https://kabutan.jp/stock/chart?code=0000
   ※移動平均線循環分析
    *日経平均:短期>中期>長期…小反発…陽線
     ☆【天井圏】継続
     ☆移動平均線の並びは上向き…当面強いだろう
     ※オシオレーター系の指標は再び120割超へ
     ※これは「落ちるなら急落」パターンだろう。
     ※取り敢えずは下値は直近「窓空き」の21,500円か?
     ★「北朝鮮」動向は依然要注意
     ※米国景気堅調との両天秤が続く
     ☆下げたら買い変わらず (目処18850円)
     ※日経平均は年末2万円割れで終わる!! は変えず
     ★トランプ政権不安定化懸念でまだまだ高値波乱の様相も…
     ◆まだまだトランプ相場の「トランポリン」は続くだろう…
**************************************
◎NY株式市場概況◎【反発】
 ・ダウ平均   23400.86(+71.40 +0.31%)
 ・S&P500    2560.40(+3.25 +0.13%)
 ・ナスダック   6556.77(▲7.12 ▲0.11%)
 ・CME日経平均先物 21880(大証終比:+110 +0.50%)


 ◎ダウ平均…反発。
  ☆米税制改革への期待+企業決算を受けた買い継続
   ※決算発表…中間時点折り返し…概ね予想を上回る内容
   ⇒過去5四半期で最も強い決算となりそう。☆
  ⇔
  ★株価は既に最高値を更新…好調な決算も織込み済み
   ⇒次第に上値にも慎重さが見られ始めている様子も


  ※税制改革…米下院が僅差で予算決議案を可決。
    ・予算決議案…減税を受け財政赤字の今後10年間で最大1.5兆ドル拡大を許容する内容
    →減税計画の年内実現に向けた動きが一歩前進(・・?


 【チャート】 https://kabutan.jp/stock/chart?code=0800
  ☆NYダウは「短期」>「中期」>「長期」…【天井圏】 継続
  ☆史上最高値更新後も更に上昇力強い
  ※「上値のペナントは上抜け」が続く
  ※さすがに上げ過ぎと個人的には思うが…
  ※NYダウは年末に向け調整するのでは(・・? …下値=21830目処
  ◆「トランポリン」相場はまだまだ続く
**************************************
◎NY外為市場概況◎ ■為替が一歩先に行く
 *ドル・円*:1ドル=113円62銭まで弱含み…114円04銭へ上昇後…113円90銭で引け
  ★ドル売り要因…米国の9月卸売在庫&9月中古住宅販売成約指数<予想
  ☆ドル買い要因…米下院が共和党上院の予算決議案を可決…税制改革前進
 *ユーロ・ドル*:1ユーロ=1.1786ドルから1.1650ドルまで下落し…1.1650ドルで引け
  ★ECB(定例理事会で異例な金融緩和の維持決定)
   ・年末に期限がくる資産購入プログラムで規模を減額(少なくとも9カ月延長)
  →ユーロ売りがした。
 *ユーロ・円*:1ユーロ=133円96銭から132円77銭へ下落。
 *ポンド・ドル*:1ポンド=1.3221ドルから1.3150ドルまで下落。
 *ドル・スイス*:1ドル=0.9916フランから0.9978フランまで上昇。
  ★安全通貨としてのフラン買いが後退


 [経済指標:米国]
  *先週分新規失業保険申請件数*
   ・結果=23.3万件<予想:23.5万件・前回:22.3万件←22.2万件
  *失業保険継続受給者数*
   ・結果=189.3万人<予想:189.0万人・前回:189.6万人←188.8万人
  *9月卸売在庫速報値*前月比+0.3%<予想:+0.4%・8月:+0.9%
  *9月小売在庫*前月比▲1.0%<8月+0.6%←+0.7%
  *9月中古住宅販売成約指数*前月比±0%<予想:+0.5%・8月:▲2.8%←▲2.6%)
  *10月カンザスシティ連銀製造業活動*:結果=23>予想17・9月17


 【チャート】  https://kabutan.jp/stock/chart?code=0950
  ・短期(05日)>中期(25日)>長期(75日)
   ☆【天井圏】で推移
   >現在値:114.10  本日予想レンジ=113.55円⇔114.50円
                   今週予想レンジ=112.00円⇔114.50円


     ※米国利上げは下支えながら更なる115円超のドル買いには新規材料必要
     ※市場のコンセンサス
     (1)企業決算堅調も下支え材料に
     (2)経済データに注目しつつ…トランプ政権による税制改革などの行方を
      見極めるスタンス維持
     →現状(1)と(2)がプラス方向に働いている
     (3)「地政学的リスク」への懸念
     (4)「トランプリスク」
    ★「トランポリン相場」は続くだろう。
    
   *豪ドル円*:早期利上げ観測が一段と後退
    現在値=87.35円:本日予想レンジ=86.80円⇔87.75円
                …今週予想レンジ=86.80円⇔89.70円
  [経済指標]
***************************************
【各国金融政策】
 <トルコ中銀政策金利>:結果+8.00%【据置】=予想=現行
 <ノルウェー中銀政策金利>:結果+0.50%【据置】=予想=現行
 <スウェーデン中銀政策金利>:結果▲0.50%【据置】=予想=現行
***************************************
【現在の懸念材料】
(1)米国動向
 >トランプ政権
 <米下院>
  ・2018会計年度(17年10月~18年9月)連邦予算決議案を可決。
  ・採決は賛成216vs反対212と拮抗。
  ⇒上院へ


 >FRB次期議長人事
 >金融政策
 
 [経済指標]
***************************************
(2)地政学的リスク(IS国のテロ「拡散」 ・北朝鮮の自爆)
***************************************
(3)中国動向
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
 ※主な「国家戦略」
  (1)稼働中…「国有企業改革」・「供給サイド改革」
     ※「混合所有制改革」…国有企業改革
     (中国聯合網絡通信集団(聯通集団)) (国有資産監督管理委員会)
     ※河北省の「雄安新区」設立
     …治水インフラ整備費⇒1000億人民元の予算投入
     ※「健康中国…国民の健康促進を目指す国家戦略     ※
  (2)繰上げ見込み
   「軍民融合発展」…軍事技術の民生利用と民間技術の軍事転用を計る


 ※市場対策
  「国家隊」…政府系の機関
     >今年第2四半期(4~6月)
      …深セン証券取引所のベンチャー企業向け市場「創業板」に大口資金投入
  「養老保険基金(年金基金)」(新規定)…運用スタート


***************************************  
(4)石米油価格動向
 >10月26日 【反発】
    :NY原油先物11月限(WTI)(終値)=52.64(*0.46% +0.88%)


   <サウジアラビア:サルマン国王>
    ・「2018年末までの協調減産延長を支持する。」


  >>:$40~50/バレル台で動いて入れば騒ぐ必要ない!! (どうせ談合市場だ)
***************************************
(5)欧州動向 (含 欧州金融不安…消えては浮かぶタイマー付爆弾)
  >金融政策
  <ECB政策金利>:結果±0.00%=予想±0.00%・現行±0.00%
  <ECB声明> 
   ・債券購入を18年9月まで延長…月額は300億ユーロに減額。
   ・必要ならばQEの規模や期間を拡大する選択肢を残す。
   ・QE終了後も長期間にわたり保有債券の償還元本を再投資。
  <ドラギECB総裁>
   ・QEは少なくとも来年9月まで継続。
   ・大規模な刺激策が引き続き必要。
   ・成長への下方リスクには為替相場が含まれる。
   ・コアインフレはまだ上昇トレンドを確信させず。(中期的に上昇に向かう。)
   ・総合インフレ率は年末を挟んで低下する見込み。
   ・他のQEシナリオについては議論しなかった。
   ・QEの調整は物価に関する自信を反映したもの。
   ・本日の決定は全会一致ではなかった。
   ・QE期限をオープンエンドにすること大多数が支持。


  >南欧問題
  >BREXIT


 [経済指標]
  *独GFK消費者信頼感(11月)*:結果 10.7<予想 10.8・前回 10.8
***************************************
(6)英国動向
 >BREXIT
 >金融政策
  
 [経済指標]
***************************************   
(7)日銀緩和政策
 >金融政策
  
  <ETF購入>
  >10月26日
   ・従来型ETF=0億円(10月購入00回・総額0億円)
   ・設備・人材投資企業支援関連ETF=12億円購入
    (10月購入16回=計192億円)
   ・J-REIT=0億円(10月購入07回=90億円)


  [経済指標]
   *対外・対内証券投資状況*:財務省
     (10月15日~10月21日)
   >対外証券投資
    ・株式:+551億円 ・中長期債:+109億円 ・短期証券:▲255億円
    ・合計:+405億円
   >対内証券投資
    ・株式:+6860億円 ・中長期債:▲4103億円 ・短期証券:▲5836億円
    ・合計:▲3080億円
****************************************
(8)新興国景気懸念…強いドルによる資金流出
 ※全体としての…☆サポート材料 ★懸念材料
 ☆中国経済指標堅調 ★★米トランプ大統領保護主義的通商政策 ☆石油価格安定


 【ブラジル】
  >25日 <ブラジル中央銀行>政策金利=+7.5%(0.75%【引下げ】)=予想
        *10月:消費者信頼感指数*:結果=83.7>前月=82.3
 【インド】
  ◎税収好調
   *9月:物品・サービス税(GST)徴収額*
     ・結果=9215億ルピー(約1兆6126億円)>前月=148億1000万ルピー
****************************************
【今週の新規投信設定】 火曜日に掲載
***************************************
***************************************
※随時受付中…
◎「受かるぞ!!FP」…2級・3級講座(個別指導&グループ指導):回数・費用はご相談
◎「受かるぞ!!証券外務員」…1種・2種(個別指導&グループ指導):回数・費用はご相談
◎「マーケット基礎知識」…初心者向け


 >>上記 お申込み・お問い合わせは…future1139blue@yahoo.ne.jp まで
 >>「ストリートアカデミー」 https://www.street-academy.com/steachers/62329
 でもお申込みいただけます!!(除 セミナー)
・日程・時間はいかようにもアレンジ可能です。おひとりでもグループ(割引あり)でもお受け
します!!
 ************
 ************
※加藤の夢…もう一度「東京フォーラム」でセミナーを!!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。