加藤肇の「前向き!!投信ゼミナール!!」

・「よくわからないまま」投信を利用してる方!!

・銀行での投信窓販解禁以来、16年!!
・お客様向けセミナー講師回数3500回超!!
・指導した販売担当者は10000人以上!!
・お客様目線から「やさしく」「大事なとこだけ」
 解説します!!

【思考回路:294】20180427

文責:☆彡緋色の龍[暁天雄飛] ☆彡294


 ・「天気晴朗なれど波高し!!」
 ・「売ったらダメだよ、買いだよ!!」
 ・「高値に踊らず!! 安値にひるまず!!」
*************************************
【2018年第2回:前向き!!投信ゼミナール!!】 開催確定
>お知らせ
(1)@新宿 9…2018年05月19日(土)
 <前向き!!投信ゼミナール!!@新宿9>
 時間:11時15分~12時45分
 場所:東京都新宿区新宿2-15-29 ヂャックビル 2階 (MAP)
 ※最寄駅:新宿御苑前駅から徒歩3分・新宿三丁目駅から徒歩5分
 ★いつもの会場が使えないため別の会場です!!
 ★ちょっと古いビルですが「恐れずおこしください」(笑)
 受講料:1,500円
 定員:35名


(2)@大阪5…2018年05月20日(日)
 <前向き!!投信ゼミナール!!@大阪6>
 時間:13時~14時半
 場所:大阪市北区 西天満2-6-8 堂島ビルヂング地下1階(C-1会議室)
 ※最寄り駅:地下鉄御堂筋線「淀屋橋駅」徒歩3分(渡辺橋を渡ったビル)
 ☆前回と同じです。
 受講料:1,500円
 定員:30名


(3)@小田原12…2018年6月03日(日)
 場所:おだわら市民交流センター UMECO
  〒250-0011 小田原市栄町一丁目1番27号(小田原駅東口駐車場1階)
  TEL:0465-24-6611
  最寄駅:小田原駅から徒歩約2分 http://umeco.info/use/access/
  ☆前回と同じです
 <1>投資の窓口@小田原6…「為替・金利・株式の関連性」
  ※いくつかの例で代表的なパターンを知りましょう!!
  時間:12時半~14時
 <2>前向き!!投信ゼミナール!!@小田原13
  時間:14時半~16時


 受講料<1><2>各1,000円・両方受講は1,500円
 定員 <1><2>とも30名
 
>>:お申込み・お問合せは…mstb2021139@goo.jpまで
*************************************
*************************************
【注目】
 <トランプ米大統領>:金正恩氏との会談は実現しない可能性もある
*************************************
【市場概況】:20180426


◎国内株式市場◎【反発】
 *TOPIX*:終値=1772.13(前日比:+4.40 +0.20%)
 *日経平均株価*:終値=2万2319円61銭 (前日比:+104円29銭 +0.50%)
++++++++++++++++++++++++++++++++++++
 ◎反発。
  ☆米国長期金利上昇背景…為替のドル高・円安基調&決算内容を好感


 <アリアンツ・グローバル・インベスターズ・J:寺尾和之最高投資責任者>:*B
  ・「アジア株が下落する中…円安が企業業績アップへへ繋がる日本株の魅力が
  高まり…海外投資家の買いを誘っている。」
  ・「米金利の上昇は…アジア企業のドル調達コスト増と資本流出を招きやすく、
  アジア経済にとってマイナス。」


 >>:ちょっと「知ったか」コメントの感じが…


 【チャート】 https://kabutan.jp/stock/chart?code=0000
  <移動平均線循環分析>
    *日経平均:短期>長期>中期…陽線
    ☆04/24…短期が長期を上抜け…ゴールデンクロス!!
    ☆【上昇トレンド】突入…要経過観測
     …短期と中期はゴールデンクロス後の形が良化
    ☆基調(長期的)は「買い」に変更なし
    ★参加者の「気迷い」状態 は依然強い
     ▼「落ちるなら急落」は依然続く
      ※次のチックポイント:★1:20,000円⇒★2:18,750円
     ▽「切返すなら一段高」 の出現か(・・? …
     ★トランプ政権の「保護貿易主義」…中間選挙対策 →対中強化で懸念拡大
     ★トランプ政権不安定化懸念でまだまだ高値波乱の様相も… 現状!!
     ☆下げたら買い変わらず (目処18850円)
     ◆まだまだトランプ相場の「トランポリン」は続くだろう… 当面乱高下!!
*************************************
>欧州株式26日終値
 ・英FT100  7421.43(+42.11 +0.57%)
 ・独DAX  12500.47(+78.17 +0.63%)
 ・仏CAC40  5453.58(+40.28 +0.74%)
*************************************
◎NY株式市場概況◎【続伸】
 ・ダウ平均   24322.34(+238.51 +0.99%)
 ・S&P500    2666.94(+27.54 +1.04%)
 ・ナスダック   7118.68(+114.94 +1.64%)
 ・CME日経平均先物 22455(大証終比:+135 +0.60%)
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++
 ◎ダウ平均…続伸。
  ☆フェイスブックなど取引開始前までに発表になったIT・ハイテク株の決算好調
   ※フェイスブック決算…個人情報流出問題の悪影響なく予想上回り安心感与える。
  ☆半導体の決算が好調…懸念後退させている格好。
  ☆米国債利回り…上昇一服…10年債が再び3%を割り込む
  ⇒寄り付きから買い先行(ダウ平均は一時300ドル超上昇)


 【恐怖指数】VIXスポット(NY時間:16:09)
   ・スポット  16.29<20
          ※前日比:▲1.53 ▲8.58%


 【チャート】 https://kabutan.jp/stock/chart?code=0800
!!☆NYダウは「長期」>「短期」>「中期」
    ※上昇トレンドへの【移行期】 継続
    ★日経平均と異なりチャートの形は悪い
    ⇒26500を目指す動きの前の調整続く
    ★これは…上昇前の「腰抜け野郎」の振り落としだろう
    ★度々のトランプショックをどう調整するか
    ※この乱高下はまだまだ続くだろう
    ※NYダウはもう一段調整するのでは(・・? …下値=21830目処
   >>:今度は夏→秋か(・・?…
   ◆「トランポリン」相場はまだまだ続く
**************************************
◎NY外為市場概況◎ ■為替が一歩先に行く
 *ドル・円*:1ドル=109円07銭から109円42銭へ上昇し109円40銭で引け。
  ☆米週次新規失業保険申請件数
   ▽48年ぶり低水準記録…米国の労働市場ひっ迫確認
  ☆3月耐久財受注速報値>予想
  ⇒ドル買い継続
 *ユーロ・ドル*:1ユーロ=1.2210ドルへ上昇後…1.2096ドルへ反落…1.2100ドルで引け。
  ※ECB定例理事会…政策金利据置(市場予想通り)
  <ドラギ総裁>:会見
   ▽景気に楽観的な見方を再表明
   ▽為替の変動に関しても協議しなかったことを明らかに
   ⇒一時ユーロ買いが強まる。
   ▼一部の景気の減速も容認
    ・「景気の鈍化が一時的か恒久的な判断する必要がある。」
   ▼量的緩和(QE)の終了時期を示唆せず。
    …早期の出口戦略実施への思惑後退。
   ⇒ユーロの売戻に拍車
 *ユーロ・円*:1ユーロ=133円24銭へ上昇後…132円29銭へ反落。
  ★欧日金利差の拡大観測が大きく後退。
 *ポンド・ドル*:1ポンド=1.3998ドルへ上昇後…1.3906ドルへ反落。
 *ドル・スイス*:1ドル=0.9817フランから0.9896フランへ上昇。


 [経済指標:米国]
  *耐久財受注速報値(3月)*
   >前月比:+2.6%>予想:+1.6%・2月:+3.5%←+3.0%
  *耐久財受注(輸送用機除く:3月)*
   >前月比:±0.0%<予想:+0.5%・2月:+0.9%←+1.0%)
  *製造業出荷・資本財(航空機を除く非国防:3月)*
   >前月比:▲0.7%<予想:+0.3%・2月:+1.0%←+1.4%
  *先週分新規失業保険申請件数*
   ・結果:20.9万件<予想:23.0万件・前回:23.3万件←23.2万件
  *失業保険継続受給者数*
   ・結果:183.7万人<予想:185.0万人・前回:186.6万人←186.3万人
  *卸売在庫速報値(3月)*
   >前月比:+0.5%<予想:+0.7%・2月:+1.0%
  *前渡商品貿易収支(3月)*
   ・結果:▲680憶ドル<予想:▲750憶ドル・2月:▲759憶ドル←▲754憶ドル
  *カンザスシティ連銀製造業活動(4月)*
   ・結果:+26>予想:+17・3月:+17


 【チャート】  https://kabutan.jp/stock/chart?code=0950
  ・短期(05日)>長期(75日)>中期(25日)
   ※【天井圏】 突入
************************************   
   >現在値:109.30(▲0.05)
     ※本日予想レンジ=109.00円⇔109.80
     ※今週予想レンジ=106.30円⇔109.25円 (↑↑)


     ※米国利上げは下支えながら更なる115円超のドル買いには新規材料必要
     ※市場のコンセンサス
     (1)企業決算堅調の変化注目
     (2)経済データに注目しつつ…トランプ政権による米国第一主義の行方を
      見極めるスタンス維持
     (3)「地政学的リスク」への懸念 …現状↓
     (4)「トランプリスク」
      ★現状「保護貿易主義」抬頭…中間選挙対策…次第に沈静化?
      ★相手を中国としたために危機感増大…これは中間選挙対策を飛び越す恐れあり
      ★人事政策懸念…継接ぎ人事による国力衰退
   
   *豪ドル円*:利上げ急がないとの見方で買いづらい
     現在値=82.55(▲0.50)
      ※本日予想レンジ=82.05円⇔83.10円
      ※今週予想レンジ=82.05円⇔84.50円
    [金融政策]
    [経済指標]
************************************
 ★各国中銀★
 【ECB理事会】
 <ECB政策金利>:結果:±0.00%【据置】予想通り
 <ECB声明>
  ・現状の金利水準をQE終了まで継続。
  ・QE終了後もかなりの間、現状の金利水準に留まる。
  ・保有債券の償還元本は必要な限り再投資する。
  ・資産買入はインフレ軌道が持続的となるまで継続。
 【スウェーデン】
 <スウェーデン中銀>:政策金利:▲0.5%【据置】(予想通り)
************************************
【現在の懸念材料】
(1)米国動向
 ■トランプ政権
  <米上院>:ポンペオCIA長官の国務長官指名を承認。
  
  <クドロー米国家経済会議(NEC)委員長>
   ・ムニューシン米財務長官とともに自身も訪中する。
   ・中国と会合に高い期待を持っている。
   ・中国とはあらゆる問題を協議する。
 ■金融政策
 ■経済指標
*************************************
(2)中国動向
 ■市場活性化
  ●規制強化の動き不安視。
   ・「当局は資産管理業務の新たな規制を週内に正式発表する。」
    ▼金融リスクを抑えるためとして…100兆人民元規模の資産を対象に。
    …マーケットの収縮も懸念。
 ■貿易問題
  ●米中関係の悪化警戒
   <米司法省>:中国通信機器メーカー大手の華為技術(ファーウェイ)の捜査に着手
 ■金融政策
 ■経済指標
*************************************
(3)地政学的リスク(IS国のテロ「拡散」 ・北朝鮮の自爆)
*************************************
(4)石米油価格動向
 >04月26日 【続伸】
  ◎NY原油先物6月限(WTI)(終値)◎:1バレル=68.19(+0.14 +0.21%)


   ☆米国…イランの核開発制限の多国間合意から離脱…経済制裁再開へ
   →イランの供給減少警戒の買い優勢に。
   ☆経済危機のベネズエラで減産が続いていることも買い要因。
   ★ドルインデックス…1月以来の高水準を更新(反発鏡面入り?)
   ⇒方向感ははっきりせず。


  >>40~50/バレル台で動いて入れば騒ぐ必要ない!! (どうせ談合市場だ)
   ※サウジアラビアの財政がかなり悪いことから$60/バレル台以上容認か?
  >>:どこかで調整が入る(★米シェールの増産注意) …ここだよ!!
*************************************
(5)欧州動向 (含 欧州金融不安…消えては浮かぶタイマー付爆弾)
 ■貿易問題
 ■BREXIT
  <バルニエEU離脱担当官>:英国の動向に対応するあらゆる選択肢を用意すべき
 ■金融政策
  <ドラギECB総裁>
   >金融政策
    ・現状の金利水準をかなりの期間継続。
    …金利はQEの終了後も相当な期間現在の水準に留まる。
    ・潤沢な水準の金融緩和が必要。
    ・社債購入の削減は季節的な要因によるもの、特定の戦略はない。
    ・金融政策そのものについては議論しなかった。
    ・為替水準を注視し続けている。
   >インフレ
    ・総合インフレ率は年内1.5%前後で推移する見込み。
    ・インフレコントロールに対する自信はゆるぎない。
   >景気動向
    ・ECBの政策が国内需要を下支え。
    ・最新のデータは景気拡大ペースの緩和を示唆。
    ・ECBは成長は引き続きしっかりと広範にわたると見ている。
    ・雇用の拡大が個人消費の下支え。
     …賃金については力強い兆候がみられた。
    ・一部の指標の悪化は想定外だった。
    ・需要が緩んでいること示す可能性。
     …データを注意深くみていく。
     …減速が一時的なのか、長期的なのかどうかを精査する必要。
    ・保護主義のリスクはより明白になった。
   >その他
    ・6月の理事会については議論しなかった。
 ■経済指標
  *独GFK消費者信頼感(5月)*:結果 10.8=予想 10.8・前回 10.9
************************************
(6)英国動向
 ■BREXIT
 ■金融政策 :<中銀政策金利>:+0.50% <資産買入枠>:4350億ポンド
 ■経済指標
  *英CBI小売調査指数(4月)*
   ・結果:▲2<予想:▲3・3月:▲8
    ▼2ケ月連続のマイナス(連続マイナスは2013年4-5月以来)
************************************* 
(7)国内動向
 ■金融政策 (日銀政策金利:▲0.1%)
  <ETF購入> ※日銀のETF保有時価は20兆3千億円を超えている!!
    >2018年04月26日
    ・従来型ETF=0億円(04月購入03回・総額2142億円)
    ・設備・人材投資企業支援関連ETF=12億円購入
     (04月購入19回=計228億円)
    ・J-REIT=0億円(04月購入02回=24億円)
 ■経済指標
*************************************
(8)新興国景気懸念…強いドルによる資金流出
 ※全体としての…☆サポート材料 ★懸念材料
 ☆中国経済指標堅調 ★★米トランプ大統領保護主義的通商政策 ☆石油価格安定


 【ブラジル】
 【ロシア】 <中銀政策金利>:+7.25%
 【インド】 <中銀政策金利>:+6.00%
**************************************
(9)仮想通貨対応
**************************************
【今週の新規投信設定】 火曜日に掲載
**************************************
※随時受付中…
◎「受かるぞ!!FP」…2級・3級講座(個別指導&グループ指導):回数・費用はご相談
◎「受かるぞ!!証券外務員」…1種・2種(個別指導&グループ指導):回数・費用はご相談
◎「マーケット基礎知識」…初心者向け


 >>上記 お申込み・お問い合わせは…future1139blue@yahoo.ne.jp まで
 >>「ストリートアカデミー」 https://www.street-academy.com/steachers/62329
 でもお申込みいただけます!!(除 セミナー)
・日程・時間はいかようにもアレンジ可能です。おひとりでもグループ(割引あり)でもお受け
します!!
 ************
 ************
※加藤の夢…もう一度「東京フォーラム」でセミナーを!!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。