加藤肇の「前向き!!投信ゼミナール!!」

・「よくわからないまま」投信を利用してる方!!

・銀行での投信窓販解禁以来、16年!!
・お客様向けセミナー講師回数3500回超!!
・指導した販売担当者は10000人以上!!
・お客様目線から「やさしく」「大事なとこだけ」
 解説します!!

【昨日のマーケットから:160323】模索

□■前向き!!投信ゼミナール!!■□第182号

**日記**
>3月23日
・午後から銀行回り(一行に集中したいけど、まあ、これもお付き合いで)
・戻ってきてから大相撲テレビ観戦
・琴奨菊vs照富士…まあ、変化はいかんだろう大関として…しかし、それはファンの目からのこと…憮然とした琴奨菊にはガッカリした…お前は横綱を目指しているんじゃないのか(・・?
・稀勢の里vs白鵬…「弱っ!!」「強っ!!」…やっぱりプレッシャーかかると途端にダメになる…これまでのパターン…「稀勢の里が騒がれた場所は新しいヒーローが生まれる」…豪栄道ですかぁ!?
******************************
******************************
※ご注意ください!! 
・本ブログの情報は…
 信頼できると判断した資料や私の経験をもとに提供させていただいておりますが、
 今後の投資成果を保証するものではありません。
・「投資」にあたっては「自己判断」「自己責任」で行っていただくようお願い致します。 
・*Bはブルンバーグから*nは日経電子版から*Rはロイターからの引用コメントです
******************************
******************************

>>:ベルギーの惨劇を理解しておこう…

>22日:ロイターBREAKINGVIEWS]

【ベルギー同時攻撃で試されるEUの結束】<John Foley:「Reuters Breakingviews」;コラムニスト>
・「欧州連合(EU)を結束させる努力は1歩前進し…2歩後退したと言える。」
・「ベルギー首都ブリュッセルで22日発生し…少なくとも30人の命を奪った同時攻撃は…EUが団結心を示す最近の兆候を台無しにするものだ。」

・「暴力的な攻撃は…特に西欧では珍しいが…その影響力は甚大だ。」
・「EUの将来を決めるはずの繁栄と公平の問題が…脇へ追いやられてしまうリスクがある。」

・「EUの行政とインフラの中心であるザベンテム国際空港とEU関連機関に近い地下鉄マルベーク駅が攻撃の標的となった。」
・「欧州の結束に向けて当局者たちが尽力しているさなかの出来事だった。」*1

*1:難民に関するEUとトルコの合意
☆「欧州に押し寄せる難民をトルコに送還する見返りに…より組織だって難民を受け入れる」
…解決不可能に思える問題に実用的な解決策を提供
★メルケル独首相によって強行されたもの
★トルコの人権問題も事を複雑にする可能性
⇔今回の合意…欧州の指導者たちが団結して行動できるということを示した

・「しかしその真価は…ブリュッセルで起きたような大きな悲劇的事件によって問われることになった」
・「恐怖が…安全保障と自由な移動の問題を直ちに覆い尽くすだろう。」

・「(攻撃と)自由な移動との因果関係を指摘するのはなおさら容易なことではない。」
・「最近拘束されたパリ同時攻撃のサラ・アブデスラム容疑者はベルギー生まれだ。」
・「だが…同容疑者が自宅近くで見つかったことなど…ベルギー当局に大きな安全保障上の過失があった可能性は障害をもたらしかねない。」

・「ビザ(査証)なしで移動ができなくなると…モルガン・スタンレーの推定では…欧州の域内総生産(GDP)は0.2%減少する可能性がある。」★
・「だが多くの有権者にとっては…フェンスで囲まれている心理的な利得の方が価値があるように映るのようになるだろう。」

・「欧州の未来は…安全保障だけでなく…繁栄と公平によって決められるべきだ。」
・「繁栄と公平については…6月23日の国民投票で英国のEU離脱が決まった場合…雇用と成長にとって悪い結果となることが確固たる証拠となるだろう。」
・「だがそうした主張は…どちらの側にとっても決定打にはならない。」

・「ブリュッセルの悲劇に打ちのめされ…事実に集中したい気持ちが曇ってしまうようなら…誰にも幸福は訪れないだろう。」

>>:日本人にも負傷者がでた。
>>:後藤さんが無念の死を遂げた時、ISは安倍総理を名指しで非難し、日本人全体が彼らの標的に入ったことを宣言していることを忘れてはならない。
******************************
******************************

**昨日の各市場概況**
【国内株】:反落
掲載日時: 2016年3月23日(水)15:50:00
・日経平均  17000.98(-47.57 -0.28%)
・TOPIX    1364.20(-5.73 -0.42%)
・東証マザーズ    962.41(+2.52 +0.26%)
・ジャスダック    109.15(+0.11 +0.10%)
・東証REIT指数    1913.28(-13.92 -0.72%)

▼昨日のベルギー爆発テロ嫌気…重い展開
▼ドル円…円安→朝高も上値は限定⇔下値も限定的…年度末ムード

※東証1部(売買代金):1兆7399億円…年初来最低水準。

<大和住銀投信投資顧問株式運用部:小出修グループリーダー>:*B
・「モメンタム(市場の動きの強弱を見て取引する)相場が続く中…モメンタムで買える銘柄がなくなってきている」
・「原油価格が底入れ反転し…世界的にリスクオンの状況になりつつある上…国内には政策期待もあるが…グロースがないのが今の日本市場。」
・「海外から長期資金が入ってこない」
>>:全く現況分析をなさってないようで…

<岩井コスモ証投資調査部:堀内敏一課長>:*B
・「投資家は強気になり切れていない。」
・「日本株は出遅れており…為替が安定すれば…もっと買いが入ってもいい」
・「手掛かり材料がない。来期業績への警戒感もある」
>>:うーん。営業トークだよなぁ…どう聞いても(笑)

>>:ベルギーの惨劇をどう判断したらよいのか…国内市場は理解できず海外の動きを見守っている・・・ということなんだろう

【欧州株式】:まちまち
欧州株式23日終値
・英FT100  6199.11(+6.37 +0.10%)
・独DAX  10022.93(+32.93 +0.33%)…一時+1.2%(首相:歳出+2.7%の予算案承認)
・仏CAC40  4423.98(-7.99 -0.18%)…原油安を受けての仏石油大手トタルの下げなどが重石に

【米国株】:下落
NY株式23日(NY時間16:44)
・ダウ平均   17502.59(-79.98 -0.45%)
・S&P500    2036.71(-13.09 -0.64%)
・ナスダック   4768.86(-52.80 -1.09%)

▼イースターを前に薄商い
▼原油などの商品価格の大幅安嫌気*1…商品関連株などに売り集中

*1:NY原油先物市場:WTI先物
▼6週間ぶりの大幅安
∵米エネルギー省の統計:原油輸入拡大→在庫が約80年ぶりの高水準に増加…売り膨らむ

<投資家>:景気や金融政策の方向性を見極める上でさらなる手掛かりを模索へ

<ミトン・グループ:「USオポチュニティーズ・ファンド」運用担当;ヒュー・グリーブス>:*B
・「市場は一服し…今年上半期の景気動向を示すより確かな情報を待っている」
・「投資家は差し迫ったリセッションの恐怖を乗り越えたものの…第1四半期の決算シーズンを控えて引き続き神経質だ」

>>:結局、欧米もベルギーについて話題にせず…「業績」見極めに注目となっている

【NY外為】 :
>ロンドン市場→NY市場朝
▽ドル高優勢
∵米連銀総裁:4月利上げ可能性言及続く
…前日:ウィリアムズSF連銀総裁&ロックハート・アトランタ連銀総裁
…本日:ブラード・セントルイス連銀総裁
>NY午前
▼*ドル円*…113円をつけきれず…やや頭の重い展開に
▼*ユーロドル*…1ユーロ=1.115ドル
>NY午後
▼リスク回避の円買いへ
…在庫増などを嫌気…原油大幅安…商品関連株の売り→米株軟調
*ドル円*…112円台前半へ
*ユーロドル*…1.11台後半までドル高⇔基調が円高だけに値幅は限定的

*米ドルカナダドル*
▼原油安の動きを嫌気したカナダ売り+ブラード地区連銀総裁発言を受けてのドル買い
▼朝方に大きく上昇(カナダドル下落)…1米ドル=1.30カナダドル台半ばから1.32台まで上値伸ばす
▼地政学的に近い米国の金利の変化に対する思惑にカナダは神経質に反応しやすい面も
▼商品安を受けての資源国通貨売りの動き

*カナダ円*
▼86円20銭台から一気に85円台半ばまで売り→NY午後の円高を受けて85円割れまで売られる

>>:やっぱり…為替が一歩進んでいるか…
*****************************
******************************
■エリオットの波■は日経平均では…「下げの鼓動」最後の調整波にあり、その中での(下げ)→(上げ)→(下げ)か(・・?
■エリオットの波■:加藤のチャート利用法
※mixiコミュ:「SCMTBはじめくん」に掲載!!
******************************

※こんな時だからこそ…確認しておこう…振り落とされないために…しっかりつかまっているために…

<偉大な先達「山崎和邦」氏(元野村證券営業本部長)の見通し…>
<当面の注意事項>
(1)これからの上昇は「中間反騰」だから戻りのメドを見切って…出来るだけ沢山売っておくことだ。
(2)そのあとにバーゲンセールが来る。
(3)その時は何を買っても儲かる。⇔怖い自己を乗り越える自律が必要…それが儲ける資格!!
※買下がり戦略は第152号ご参照

<加藤補足>
>日経平均で17000円までの戻りは「想定の範囲内」である…突破「18000円」が想定内に
☆:25日移動平均線との▲12%乖離超(1月21日と同様)で反発すると予測
※2月12日で▲13.5%→反発した(騰落レシオも58.67%<70%と割安ゾーン入りしていた)
※3月23日で乖離は+2.4%・騰落レシオは125.4%(乖離率:通常・騰落レシオ>120%…過熱)

>世界全体の「金融政策」協調に加え「財政政策」での協調がない限り上昇には限界
●今回のような「意味不明」の上昇には必ずそれ以上の「咎め」が…
>一旦の戻りの後…「作られた」金融不安などを起因に再び下落へ…
※覚悟すべき目処(山崎氏):1万4809円!!(始動点から大天井までの半値押し)
…このころ世間はみんな弱気になる…だからこそ安値で買えるのだ…と山崎氏は言う
******************************

<加藤の予測>
【当面見通し&方針:1511末時点】 (追加(6)・…訂正(4)&(3)…2回目)
(1)年初急落…持ち直しは年央以降…年末急伸
(2)日経平均は14000円(ちょい割れあり)から22000円
(3)ドル円は110円(ちょい割れあり)から125円(リスクは円高に
  訂正前:ドル円は113円(ちょい割れあり)から125円 (年央までなら120円)
  ※03月01日の時点で円高目処を112.30円→111.50円→110.90円 と算出
  ※現在値(03/24):112.45円水準では113.06円が上値抵抗に。112.11円が下値抵抗
  ★為替は苦手だぁ!!
(4)反発のきっかけは「インフラ公共投資」の推進を相場が認めること (金融政策ではない!!)
  訂正前:「中国」の「本格的財政」出動を相場が認めること
(5)新興国関係は「腹を決めて」金利を取るに徹する(投信で言えば基準価額が20%下がったら
買い下がる)
(6)買い下がったもので利益が出たものは10%毎に利食い
******************************

**お知らせ**
■4月のセミナー■:「前向き!!投信ゼミナール!!」
>4月23日(土) 11:15-12:45(時間が15分後ろにずれました)
・会場:SOBIZGATES 2FA会議室(東京都新宿区新宿5-11-2 SOBLD)…前回と同じです
・都営新宿線「新宿三丁目」駅&都営副都心線「新宿三丁目」駅より徒歩1分
・JR山手線「新宿」駅より徒歩5分
・定員:36名(参加費:1000円)
※なんと…九州からもご参加申し込みあり!!
>4月24日(日) 13:30‐15:00 
・会場:小田原(おだわら市民交流センターUMECO…前回と同じです
・小田原FP事務所さんのご協力をいただいています
・小田原駅から徒歩1分)
・定員:20名(参加費:1000円…リピーター・ペア割引あり)


※まだまだ予断許さぬマーケット…新宿会場満席!!小田原もあと僅かです…
※新宿会場は今後のお申込み次第では会場変更の可能性あり。
※お早目のご予約を!!
※お問い合わせは…mstb2021139@goo.jpまで

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。